第6回 ロリー・ギャラガー
トリビュート・フェスティバル
in JAPAN

出演バンド発表(6/17)



ENGLISH page

Facebook



<日時>
2018年10月6日(土)
open 17:00
start 17:30

<会場>
Rock & Live Bar Crawdaddy Club
(クロウダディ・クラブ)

東京都新宿区歌舞伎町2-28-15 KビルB1
TEL 03-5155-5253
アクセスマップ

<チャージ>
2500円(+ドリンク別途)



▼ 2018年の出演バンド

Blueprint(初登場)

Angillous

Little Wing
- SARTANA (guitar/vocals)
- きよぴょん (bass)
- Atsushi (drums)
- えまちん (keyboard)

O.E. Gallagher
- 大井貴之 (guitar/vocals)
- 香川浩則 (bass)
- 上田周一 (drums)
- 渡部直美 (keyboard)


▼ ゲスト&セッション参加プレイヤー

鈴木Johnny隆

他に出演交渉中、随時発表


▽ セッション出演者募集中

セッション枠であと1組、ソロまたはバンドでのご出演が可能です。持ち時間は10分程度(タイムテーブル調整後相談)ですが、ロリーの曲またはロリーにゆかりの曲を1~2曲演奏してくださる方を募集しています。ギタリストに限らず、また、プロ・アマを問いません。8月末までに、下記ロリーフェス実行委員までお問い合わせください。(8月末の期限前に出演枠が埋まりました場合は募集を打ち切らせていただきます。)



▼ タイムテーブル 後日発表



フェスティバル開催中はステージの熱演とあわせて、クロウダディ・クラブのドリンクとお食事をお楽しみください。ビール/ウィスキー/スピリッツ類/ワイン/カクテル/ソフトドリンク各種/おつまみ&オリジナルの軽食など、充実したバーメニューからお選びいただけます。

会場フロアはテーブル席、また後方にカウンター席もございますが、お席のリザーブは承っておりません。テーブルはご相席でお願いいたします。また。ご来場が多くなると一部立ち見になる場合もございます。あらかじめご了解のうえ、譲り合って楽しくお過ごしくださるよう、よろしくお願い申し上げます。

煙草を吸われる方は周囲へのご配慮をお願いいたします。当日は会場フロア後方に喫煙エリアを指定させていただきます。

化粧室(トイレ)はお客様と出演者の共用です。会場には楽屋・バックステージがありません。出番を控えたミュージシャンが化粧室の優先使用をお願いする時は、あたたかく順番をお譲りいただければ幸いです。

終演は21時20分ごろの予定です。終演後、会場は深夜0時まで通常バー営業となります。演奏を終えたバンドメンバーを交えて、ロリーファンどうし、お時間のある方は閉店まで語り合いましょう。

会場専用駐車場のご用意はありません。



▼ チャージについて

ご予約・当日とも 2500円

チャージは当日ご来店時に現金でお支払いください。
またその際に、店のドリンクメニューから1ドリンク、チャージとは別料金でお買い求めください。



▼ ご予約について

ご予約も当日もチャージは同金額ですが、準備の都合上できればフェスティバル前日までに、お名前とご予約人数をメールまたはFacebookへのメッセージでお知らせください。

ご予約なしでも、またフェスティバル開催中プログラム途中からでも、ご入場いただけます。

お席のリザーブは承っておりません。お早めのご来店で良いお席をお取りください。



▼ お問い合わせ先

ロリーフェス実行委員(担当マンザキ)へのメールで...
rory_festival@yahoo.co.jp

Facebookへのメッセージで...

Facebook page of
Rory Gallagher Tribute Festival in Japan



▼ ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル in JAPAN について

ロリー・ギャラガー Rory Gallagher は、1948年3月2日、アイルランド北西部の小さな町バリーシャノンに生まれ、南部の中都市コークで育ちました。トレードマークとなった塗装のはげたストラトキャスターを手に、1960年代から90年代前半までバンドとともに世界中を飛び回った彼は、圧倒的な迫力のライブパフォーマンスで一般の音楽ファンのみならず、同業のミュージシャンたちからも熱烈に支持されてきました。3人組のバンド「テイスト」として4枚、独り立ちしてからは14枚のオリジナル・アルバムをリリースし、数多くのフェスティバルにも出演してきましたが、肝臓移植に伴う合併症で1995年6月14日、47歳の若さで他界してしまいました。コーク市内の教会で執り行われた葬儀には大勢のミュージシャンやファンが世界中から駆けつけ、哀しみの中、彼は郊外の墓地に埋葬されました。

ロリーが亡くなってから20年以上が経ちましたが、今でもその音楽と飾らない人柄とがファンの心を捉えて離さず、故郷アイルランドをはじめとした世界各地でロリーを偲ぶトリビュート・イベントが定期的に開催されています。日本でもファンサイトの管理人たちが中心となって、2010年秋に第1回ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル(愛称ロリーフェス)を開催。出演バンドの素晴らしい演奏と毎回多くのご来場者で盛り上がり、FacebookやYouTubeを介して、また『Rory Gallagher The Official Website』公認のイベントとして世界中のロリーファンに認知されるようになり、今年6回めを迎えます。

1974年、75年、77年、そして1991年と生涯に4度来日し、計24回ものライブコンサートを日本各地でおこなったロリーを慕うファンは多く、「○○年の来日公演を見た」という方々がこのロリーフェスにも毎回必ずいらっしゃいます。また、「ロリー・ギャラガーは僕のギター・ヒーローでした」、「自分が10代の頃に初めて人前で演奏したのがロリーの曲だった」といったお話を、ロック/ブルースのジャンルを問わず現在活躍中のギタリストの方々からお聞きするたび、いかにロリーの魅力と音楽的な影響が大きいかをあらためて知るのです。

私たちはこれからも日本でロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバルの開催を継続していくことで、ロリーの音楽に敬意を表し、感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。昔からのファンはもちろん、最近ロリーの音楽を聴き始めたばかりという方もぜひご来場ください。一緒にロリーの音楽を楽しみましょう。



主催: ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル実行委員会

Special thanks to Daniel Gallagher and Rory Gallagher | The Official Website (www.rorygallagher.com)



過去開催のロリーフェス:
2010 | 2012 | 2014 | 2016 | 2017



Copyright © 2018 the Organizers of Rory Gallagher Tribute Festival in Japan. All rights reserved.



以下の広告と当ロリーフェスとの関係はありません。