ポストの色は何故赤い?

わが国最初のポスト

*わが国最初のポスト

日本の郵便制度が始まったのは明治4年(1871年)です。今から133年前です。
この時にわが国最初のポストとして使われたのが上の写真(逓信博物館所蔵)です。
このポストは当時は「書状集箱」と称していました。色は木の色そのものですから
勿論赤ではありませんでした。

*世界のポスト

世界では様々な色のポストが使われています。
ドイツのポストは黄色です。アメリカのポストは青です。
中国のポストは緑です。しかし香港のポストは日本と同じ赤です。
香港と日本の共通点は何でしょうか?それはイギリスとの関係です。
ロンドンに行かれた方は街角で赤いポストを見かけたことと思います。

*日本はイギリスの郵便制度を導入した

1840年イギリスで近代郵便制度が創設された31年後に日本はイギリスに学んで
1871年(明治4年)に郵便の制度を発足させました。
そのときのポストが前述の「書状集箱」です。

*イギリスのポストも最初は赤ではなかった

日本はイギリスの郵便制度を導入したため現在では赤いポストになっています。
しかしイギリスのポストも最初は赤ではなかったのです。
ロンドンの郵便博物館のポストの色には緑色のものもあります。
しかしその後イギリスはポストの色は赤にしました。その理由は何でしょう?

*赤は遠くからでもよく見える!

その理由をイギリスの郵便関係者に伺ったところ、答えは「遠くからでもよく見えるように」
ということでした。人間の心理は古今東西同じですね。
日本が赤いポストを導入したのは最初のポスト導入から37年後の1908年(明治41年)
のことです。


ルーツの広場へ戻る

トップへ戻る