弘前

追手門 弘前城天守


 2014年5月2日弘前城を訪問。
弘前は江戸時代は津軽藩(弘前藩)10万石でした。陸奥の小京都と呼ばれるところで弘前は
「ひろさき」と読みます。弘前城は津軽統一を成し遂げた津軽為信が計画し、二代藩主信枚に
よって1611年に完成しています。

左は弘前城への入り口となる追手門です。弘前城にはソメイヨシノやしだれ桜を中心に2600本の
桜があります。東内門には日本最古(1882年)のソメイヨシノがあります。
2014年のソメイヨシノは4月27日に満開となり、5月2日は桜吹雪のあとの美しさを堪能できました。
追手門の手前の堀の中に白く浮かんでいるのは桜の花びらです。

右の写真は弘前城天守です。1611年の築城時には現在の場所よりも岩木山側のところに5層の天守が
ありましたが、1627年落雷により焼失、現在の天守は1811年に隅櫓の改築として完成したものです。
江戸時代の天守としては全国に12箇所残るのみで、東北地方としては、ここ弘前のみです。
この城の石垣が1983年の日本海中部地震などの影響で修理が必要となり、今年の桜祭りが終了後、
天守閣を移動し、石垣を解体修理、工事が完了するのは10年後とのこと。ちなみに100年前にも同様な
修理をしたそうです。


次へ

日本の旅へ戻る

ルーツの広場へ戻る

トップへ戻る