実際に練習する前に知っておきたい事をば…
これを知っただけでカナリ上達するかと思います。
あと、ジョニーに限らず全キャラ共通な事も多いのでその辺ヨロシク。
小さな事からコツコツ身に付けていくのが強くなるための第一歩です(`・ω・´)

▲フォルトレスディフェンス・直前ガード(直ガ―)・ノックバック等防御関連全般▲
ギルティギアには相手反対方向入力での【通常ガード】、
TGを消費し、ガードによる体力減少を抑えるボタン2つ同時押し+ガードの【FD】、
FDと同じ効果を持ち、空中ガード不能技をガードできる【空中FD】、
相手の攻撃から8F以内でのガード入力により発生する【直ガー】、
しゃがみ通常ガードすることでガード方向を一定時間自動で調整してくれる【セルフディフレクション】、

相手を殴ることで相手が離れていく【アウェイ効果】
画面端で相手を殴ると自分が離れてしまう【ノックバック効果】
相手に技をHITさせる事で減少し、ガードさせることで増加する【ガードレベルゲージ】
相手に攻撃を連続ヒットさせる事でおこる【コンボ】
コンボ(多段攻撃)によるダメージ減少のペナルティー【コンボペナルティー】

特定の技にある、HIT後ジャンプによる硬直キャンセルできる【ジャンプキャンセル】
ダッシュをFDで強制ストップさせる【ブレ―キング効果】
ダッシュor高速移動技(ディバイン等)直後にラッシュを仕掛けることにより発生する【慣性効果】
ダッシュ慣性を残したままブレ―キング効果後すぐ歩く事により発生する【マッハダッシュ】
カウンター、しゃがみくらい等で発生する【のけぞり効果】


まずはこれ全部覚えてください(´・ω・`)…
一応全キャラ対応です。
結構戦ってたら覚えやすいかと…。
このあたりが結構知られてるところですが、次に「初心者は知らないだろう」的な
ねたを披露したいと思います。

初心者の方、上級者と戦ってると妙に投げられたりしませんか?
実はギルティギアには【仕込み】といういわば保険のようなカンジのシステムがあります。
「〇ボタンで投げ発動だけど、ミスした時の隙が大きいから…」
なぁ〜んてはじめての人はどうも投げることに遠慮がちになってしまいます。
そこで役立つのが【仕込み】保険です!!!(`・ω・´)
簡単に言うと「〇を押してもHSがでない&ガードしながら投げられる!!!」
という優秀すぎるぐらいのシステムです。
入力方法はカンタンwギルティは投げ方向を方向キーで決める事が出来ます、
よって、【ガード方向と〇でも投げられる】わけです。
しかし…これでは投げる時に失敗してしまったら〇(HS)が出てしまいますよね?
そこでFDというシステムを応用します。
フォルトレスディフェンスは【ボタン2つ同時押し】。
もう解りましたか?そうです【ガード方向+FD(〇ボタン&D以外の攻撃ボタン)】
これでガードしながら投げる事が可能です。
でも…なかなか成功しませんよね?
実は【ズレもなく完璧に同時押しすると完全なFDになってしまうのです】
そこで必要な技術が【ズラシ入力】です(`・ω・´)
これには少し隠し的なシステムが関ってきます。
とっても重要なんで覚えておいてください(・∀・)
実は攻撃動作などあらゆるボタン動作には【発動優先順位】というものが決められています。
内容は[優先度:(高)バースト>D>投げ>FD>P>K>S>HS(低)]
見方は「SとKを同時に押したとき優先度の高いKが発生する」ということです。
FDに関しては、優先と言うよりFDで技をキャンセルといった方がいいかもしれません。
もう解ったでしょう?
そうです、【ガード方向+FD(〇ボタン&D以外の攻撃ボタン)】ではなく、
精密には【ガード方向+〇ボタン&D以外の攻撃ボタンのズラシ押し】で、
その結果起こる行動が優先順位の高いFDというわけですw
注意して欲しいのが「ズラシ押し」といって極端に間隔を開けてボタンを押しても、
優先順位は反映されないんでご注意を(´・ω・`)
練習するなら【ガード方向+〇&D以外の攻撃ボタンのズラシ押し】で
FDが出るようであれば大方成功しているはずです。失敗するとHSがでます。

優先順位を覚えた所でチョッと応用編をやってみましょう(^-^)
FD投げ仕込みは覚えましたね?wこれはもちろん空中でも可能です。
上級者の勝負をよ〜く見ていると飛び込み際等にチカッチカッとFDを小刻みに発動しています。
わかった人もいるでしょう(^-^)wそうです。まさに「投げ仕込み」をしています。
FDで〇(HS)をキャンセルしてるわけですから、何度でも仕込めます。
その結果チカッチカッとなるわけです。
ガードも出来るし、投げる事も出来る…使わない手は無いでしょう(・∀・)

FD投げ仕込みは「ガード&投げで何度でも仕込める」というのが大きなメリット、
でも攻めながら投げを仕込めないだろうか?
…可能です(≧∀≦)w
ひらめいた人はかなりのツワモノw
優先順位を思い出してください。HSは最も優先されないわけです。
ということは、〇+D以外の他の攻撃ボタンをズラシ押しすると
〇とD以外の攻撃が発動する事になります。
このとき注意する事は【方向キーは相手方向】ということです。
でないとFD仕込み投げになってしまいます。
FD仕込みができればコチラもできるはず(・∀・)
カンタンに言うと、HSとKをズラシ押しするとKが発動する、でも
投げる事ができる場合、Kよりも優先される投げが発動する。というしくみ。

この他にも【バースト仕込み投げ】というものがあります。
簡単に言うと【投げをミスした時優先順位の高いバーストが発動する】
というもの、これは少し難しく、Dのタイミングが早すぎればバーストが
投げの判定を待つ前に出てしまうし、遅すぎればHSが発動してしまう
ので、
ちょっといつもより気持ち遅い目でDを押すようにして練習してみてください。

仕込み関係の投げはコレくらいですが他にも、FDを生かした投げがあります。
投げはダッシュの途中に発動する事はありません。
もし、高速で近づいてそれでいてガード不能の投げを出来ればかなり強いですよね?
じつはそれに似たようなことが可能なのです(`・ω・´)
方法は2つ。
1、【ブレ―キング効果】で相手の目の前で停止、直後投げる。
これはFDでダッシュ自体を強制キャンセルして半ば強制的に投げると言うものです。
コマンドは【ダッシュ>投げ間合いでFD>投げ】ですが、
「投げ」の部分をFD仕込み投げにしてもいいと思います。パチパチっと2回押す感覚です。
2、【マッハダッシュ】で相手に高速で近づいてそのまま投げる。
マッハダッシュは上記の「ダッシュ>FD」のあとスグに前方向にレバーを入力する事で、
超高速の“歩き”が可能となります。システムはFDでダッシュをキャンセルしても、
慣性まではキャンセルできていないというもので、歩きに慣性がかかって高速歩きが可能になります。


これで普段の立ち回り中の投げについてはわかったと思います。
あとは起き上がりです。
自分がダウンしてしまった。
後はあいてのなすがまま…、
という絶望的状況を少しはやわらげてくれるものがあります。
それは、起き上がりと同時に投げる。というものです。
ただしこの辺はハッキリ言って読みあいです。
これに対抗する「重ね」というものも存在します。
しかし、覚えておいて損はないので覚えておいてください。
方法はカンタンで、そのまんまで起き上がりと同時に投げるのです。
使えないと思った人(`・ω・´)!
そんな事はありませんよ。
コレの強みは、起き上がりは全キャラ無敵時間があるということと、
起き上がった瞬間投げる事ができるということ。
うまくやれば、エディの「移動攻撃(電動ノコ上半分攻撃)」を重ねられていても、
本体を投げる事が出来ます。

これを上手く使えば、相手も自由には攻めてこれないでしょう。


さて・・・
これだけ【投げ】について語りましたが
投げはとてつもなく強いようですが、上記のものはほとんどの人が使用してきます。
もちろんこれらの方法に対抗する技もイロイロあります。
その1つに【投げ無敵】という隠し効果をもった技も存在します。
それらを覚えていき実践になれば、いざ読みあい!となるでしょう。
そのへんがギルティの面白さでもあります(^-^)



▲ジャンプキャンセルと慣性効果・ダメージ量について▲
ギルティはコンボが非常につながりやすいゲームです。
だからこそ(?攻撃面でもいろいろなシステムがあります。
まず、【ジャンプキャンセル】。
説明書にも載ってますが…(;´Д`)
通常技の硬直をジャンプでキャンセルし次の技に繋げることができるものです。
実はこのジャンプキャンセル、技自体に【属性】を付ける事が出来ます。
種類は2つ。
1、「必殺技の受付時間を利用した超低空での発動」
これは、技の発動条件を利用した技です。
まず、技が発動されるまでですが、
[コマンドの方向キー入力>ボタン入力>発動]
というのが一応の流れですが、実は方向キー入力からボタンが押されるまでの
少しの間、受付時間というのが存在します。
その時間を利用して、[コマンドキー入力>ジャンプ>ボタン入力]
とすることで超低空(飛び上がり時)に技を発動させる事が出来ます。
これを利用して、【412369(8)>HS】とすることで
「低空燕穿牙」を発動できます。
2、「バグを利用したジャンプキャンセル」
なんかすごい事かいてますが…(((゜Д゜;))))ぁゎゎ
実は、ジャンプキャンセルを出来ないはずなのに、
できてしまうと言うバグが存在します。
もちろん、コレを利用したコンボは沢山ありどれも恐ろしい威力を誇ります。
方法は[ジャンプキャンセル可能技を相手に当てる>上方向にキー入力>ジャンプする前に
次の技を出す]これでその後に出す特定の技はジャンプキャンセル可能になります。
ジョニーで言うとディバインがそれに当たります。
特別なものに、ディバイン(追加)>青キャン>空中ジャンプと言うのが可能。
これは、ディバイン単発にジャンプキャンセルを仕込むと言うもの、
ディバイン発射じに上方向まで入力して青キャンすると、
出来ないはずの2段ジャンプができるというバグ。
ここからの2択も悪くわないです(・∀・)


次にダメージ量について…
ギルティはコンボがよく繋がりますが、
じつは、ダメージ減少というシステムがあります。
1、「コンボ数によるダメージ減少」
これは、コンボのHIT数が多くなればなるほどダメージが減っていくと言うもので、
あまりコンボ数は叩き込まないほうが良いということです。
コレに関連するのが、
2、「GG減少によるダメージ減少」
これも同様、技を当てる(HIT)させる事により減少し、
ガードさせることにより増加させることのできるシステムです。
減少すればダメージはHSがP以下にもなりますし、
逆に増加し点滅状態なら「ダメージがカウンターHIT扱い」になります。
ジョニーのような爆発力のあるキャラなら、
GGMAX状態からの即死コンボもあるほど
ダメージ量があがります。
ちなみに、今回のジョニーは6KによるGG減少量が
半端でないため、6Kからの追撃はなるべく控えましょう。

3、「ダメージ補正」
特定の技にはダメージ補正が存在します。
これはその技をHITさせる事により、その後の技ダメージが、
減少してしまうというシステム。
4、「ダウン後の追い討ち」
これはいうまでもなくチリほどしかダメージを与えられなくなります。
ダウンしている特定の相手にコイン>俺の名も一応入りますが、
全くといっていいほどダメージがありません。
このときに活躍するのがコインでしょう。
ダメージに関係なくミストさえ上昇すればいいわけですからw