ティーグラウンド前からコースの左側に流れるクリークが、ちょうどランディングエリア辺にまたフェアウエーを横切り、ティーショットが非常に打ちにくい。ただ、クリークは浅く、打ち込んでもボールはなくさない(ドロップした方がいいけど)。クリークはグリーンの右横の池に流れ込む。よって、一ホールに2回同じクリークを越えることになる。

 

⇒The 500 Greatest Golf Holes (109)

⇒"1001 Holes": #26

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

 

ティーショットは池越えだが、右の方にも逃げられる。グリーン手前にディッチがあり、2打目をショートをしないように。

 

コースガイドはここをクリック

 

戻る

 

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

比較的真直ぐなホールであるが、右側が池であるため、フック、ドローしない方が良い。右にスライスしても、隣のホールから打てば良い。

コースガイドはここをクリック

 

戻る

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

長いショート。周りにバンカーだらけだし、アゲンストの日にはワンオンが難しい。

コースガイドはここをクリック

 

戻る

 

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

真直ぐのミドル、フェアウエーバンカーが多い気がした。フェアウエーは広く、ランディングエリアも大きい。

 

コースガイドはここをクリック

 

戻る

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

フェアウエーは比較的広いが、2打目から、右にある池が気になる。池手前からグリーンまで200ヤード。

 

 

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

コースガイドはここをクリック

 

戻る

池越えファーストショットのミドル。目の錯覚で、思うより長く、しっかり打たないと、1打目から池ポチャ。

コースガイドはここをクリック

 

戻る

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

右側バンカーの他、そんなに障害物がないホールフェアウエーも広い。

 

コースガイドはここをクリック

 

戻る

 

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

右側にクリークがフェアウエーを横切る右ドッグのロング。グリーンの横には池に変わる。ショートカットしたかったら、池越えのしょっとになる。

ティーショットは右クリークのため左の方を狙った方が良い。2オンはもともと難しいと思われる。

 

course guide:  (c)1996, Golf Links, Inc. Manila, Philippines

 

コースガイドはここをクリック

 

戻る

前半に戻る

Legends Courseにジャンプ