レインボー!ブラボー! 
ゲイ・パレード! heavy編。


ドイツでは、人口の約5%が同性愛者だそうです。

そんなドイツでは、同性同士で結婚することができます。
異性婚とほぼ同じ法的権限を、得ることができるのです。

さらに、ベルリン市長(クラウス・ヴォーヴェライト氏)はゲイです。
しかも市長選挙前にカミングアウトし、圧倒的な支持を得て当選しました。

やはりヨーロッパは凄いなぁ・・・って思うのは、こういうときです。
徹底的に合理的。
「そういう現実がある。 じゃあどうすれば良いのか考えましょう」
そういう考え方。

こういうところこそ、日本も見習ったほうがいいのでは 。
年金未払いでモメてる場合でしょうかね?



↑手をつなぐラブラブ・ゲイカップル。
ちなみに、ヤセのっぽ&ポッチャリちいさめカップル。


6月28日、ベルリン市内で行われるゲイ・パレードを見てきました。
今回(2003年)で、既に25回目。
ゲイであるベルリン市長の合図でパレードがスタート!
ルートは、
クーダム→ブランデンブルグ門→勝利の女神像(『ベルリン天使の詩』で天使が休んでた像)。
山車や、着飾った人々や、普通の人たち、若者からお年寄りまで、
エレクトロミュージックにのってみんなで踊りながら、パレード。



↑こういうトラックというか、山車がたくさん出ます。
大音量でエレクトロミュージックをかけて、
皆さんトラックの上で踊り、咆え、叫び・・・


↑トラックはもちろん、メルツェデス。
ドイツ・エイズ救済(?)の協賛のようです。



正式名は、クリストファー・ストリート・デイ(Christopher street day)のデモ。
1969年6月28日に、N.Yマンハッタンのクリストファー・ストリートで、
同性愛者たちによる、差別撤廃デモが起こりました。
それを記念して、この日は世界各地でゲイ・パレードが行われているそうです。




↑レインボーカラーは、ゲイ・レズビアンのシンボルカラー 。



そして、この日最大の呼び物は・・・、
奇抜で、派手で、悪趣味で、阿呆で、
つまり・・・、fabulous!な仮装!!!

そんなわけで、
Web上 仮装選手権はじまりまじまり〜〜。


 
↑「見りゃわかるだろ?くもの巣にかかった蝶!(キメ!)」
名前「M雄」


↑「ホモっぽいって・・・だからホモなんだってば・・・」
名前「嘆きの天使」


↑「あら!アンタ!こないだ2丁目の蕎麦屋にいたわよねぇっ!(キメツケ)」
名前「星人」


↑「あ。もしかして覗いてるんだー?」
名前「さやか」


↑「最高だよ!!毎日がこうならいいのに!(号泣)」
名前「シャイニング息子。」


↑「自転しながら公転中です」
名前「宇宙くん」


↑「っーか前にいるオヤジ、マジうざいマジきもいこっち見んなよ!」
名前「マルキュー」


↑「・・・何か?」
名前「仙人」


↑「(鏡に向かって)ギョエー!カーラー巻いたままだったー!」
名前「サザエ」


↑「ヨハンよ!これが伯林(ベルリン)だ」
名前「トマス・ウォルフガング・アッシェンバッハ」




ものスゴイ仮装をしている人々の一方で、
ふつう(?)のゲイファッションでパレードしている方もたくさん。
特にドイツですから・・・、
まあいろいろな特徴がありました。

分類すると、以下のようになります。
●ミリタリー (兵士、軍人系)
●マドロス (水兵さん)
●レザー (合皮、ビニールも含む)
●ネット (網々シャツなど)
●ピチピチシャツ (タンクトップも含む)
●ホットパンツ (マイクロミニのもの)
●裸 (できるだけ露出)

別に、ゲイファッションに限らないものもありますね。
特にミリタリーは、やっぱりドイツに多いファッションでしょう。
あと、できるだけ露出するっていうのも、ヨーロッパに多いかも。
ヨーロッパの人たちは私たち東洋人には考えられないほど、暑さに弱いそうなので
何かとすぐ脱ぎたがります (その代わり、寒さに強い)。

そんなわけで、Web上ゲイファッションショウ、はじまりはじまり〜〜。



↑かなりヤバイおやじ三人衆、 緊張の激写!
真ん中の人、ジローラモ?


↑「ゲイ諸君に告ぐ!」
キャプテン・マイヤー、登場。


「お〜い。次、誰だぁ?」
戦う気マンマン・・・。

で、この人が振り返って驚愕。


わあ!!!
鼻輪・・・じゃなくて、鼻棒?!
びっくりしたー。。。



↑乳首ピアスにグラサンを引っ掛ける。
わーー !グッドアイデアだーーー!!!(ヤケ気味)


↑・・・えっと、、ちょっとなごみましょう。。。
マドロスとおばあちゃんです。


↑「趣味? 筋トレとプロテイン摂取。」


↑「この袖のデザインもうちょっと凝れば良かった・・おかしくないかしら・・・ 」

 
↑パレードしながら脱いで・・・、黒レザーのホットパンツに変身。
この方は、彼女がいるようですね。
裸+リュック、っていうのもかなりポピュラー。
(単に暑いからだと思う)


↑小学1年生ではありません。


 
↑わ。竹中直人かと思った。 網々シャツなおふたり。


なんと、、完全に裸!の2人組がパレード。
ちょっと有名な方々らしい・・・(そりゃそうだろう)。
不快な方もいると思うので、小さめに・・・。


↑性別は不明です。。。
胸はあるけど・・・下もあるっていうか・・・



強烈な写真ばかりで、ちょっと疲れてきました・・・(笑)。
でも本当に楽しかったんですよー、ゲイパレード。
ベルリンでイチバン面白かったイベントかも。。

皆な自由に思い思いの格好で楽しんでいて。
何しろユーモラスなのが良いですね。
自分を笑える余裕があります。
気取ったり、真面目ぶったり、賢ぶったりしてないところが、
たまらなく好きです。


とりあえず、ゲイ・パレード・レポート第1弾はここまで。。
第2弾に続きます〜♪



「ララララララ〜」






レインボー!ブラボー!ゲイ・パレード! light編。 次へ。
TOPへ。 TOPへ。