トップページ > ロックマン > ロックマンワールド2

ロックマンワールド2

・発売日 1991年12月20日発売   発売価格 3,500円(税込) 2M
・ジャンル アクション
・対応ハード ゲームボーイ・ライト・カラー・アドバンス・アドバンスSP


 ロックマンワールドシリーズの2作目。
 今回は前作で残ったロックマン2と新たにロックマン3から4体ずつのボスが登場。
 そして、今回の作品の面白い所は、未来で家庭用に戻されているロックマンが、
 Dr.ワイリーの手で改造されてクイントとして登場している所だ。
 自分自身で未来の自分を倒してしまうという、ロックマンの結末を明かしてしまう衝撃の作品でもある。
 前作からスライディングやお馴染みのサポートメカ、ラッシュが使えるようになってアクションの幅が広がった。

 個人的にワールドシリーズの作品の中では好きな作品の1つであります。
 未来のロックマンが改造されて登場するという点で興味深い作品です。
 最終的には、クイントは倒されずに逃げ出したような感じはありましたが、彼の行方も気になる所です。
 そして、何よりこの作品をきっかけにバンダイから出た、
 ロックマン&フォルテ〜未来からの挑戦者〜に話が繋がるとは、この時誰も思わなかったでしょうね(苦笑

コンテンツ
パスワード 各種パスワードです
ボスの弱点武器一覧 ボスに有効な弱点武器の一覧表です
アイテム ゲーム中で手に入るアイテムについて
特殊武器 ボスを倒して手に入れる特殊武器について
ザコ・ボスデータ ゲームで登場するザコやボスのデータです
ステージ攻略 各ステージ毎の攻略です

パスワード   ↑TOPへ

前半4ボス戦後 後半4ボス戦後
 
A
B
C
D

ボスの弱点武器一覧   ↑TOPへ

前半4ステージ

ボス名 弱点武器(入手ボス)
D.W.N.009 メタルマン
クラッシュボム(CL) (クラッシュマン)
D.W.N.010 エアーマン
リーフシールド(WD) (ウッドマン)
D.W.N.013 クラッシュマン
エアーシューター(AR) (エアーマン)
D.W.N.016 ウッドマン
メタルブレード(ME) (メタルマン)

後半4ステージ

ステージ配置表

ハードマン タップマン
マグネットマン ニードルマン
ボス名 弱点武器(入手ボス)
D.W.N.017 ニードルマン
タップスピン(TP) (タップマン)
D.W.N.018 マグネットマン
ニードルキャノン(NE) (ニードルマン)
D.W.N.020 ハードマン
マグネットミサイル(MG) (マグネットマン)
D.W.N.021 タップマン
ハードナックル(HA) (ハードマン)

後半4ステージ後

ボス名 弱点武器
クイント ハードナックル(HA)

ワイリーステーション

ボス名 弱点武器
ワイリーマシンワールド2号

ロックバスター(P)
サクガーン(SG)


アイテム   ↑TOPへ

   アイテムは敵を倒して手に入れたり、ステージ中に置いてあるものを取る事で入手出来ます。

ライフエネルギー(小) ライフを2メモリ回復します
ライフエネルギー(大) ライフを8メモリ回復します
武器エネルギー(小) ロックマンが装備している特殊武器のエネルギーが2メモリ回復します
武器エネルギー(大) ロックマンが装備している特殊武器のエネルギーが8メモリ回復します
1UP
(ロックマンの顔の形)
ロックマンの残り人数が1人増えます(最大9人まで)
E(エネルギー)缶

武器選択画面で使用するとロックマンのライフが全回復します。
ステージ中に置いてあるものから入手する事が出来ます。
最大で4個までストック出来ます。


特殊武器   ↑TOPへ

   ボスを倒す事によって手に入る特殊武器の解説です。
   管理人の主観も入っていますが、参考程度に。
   アイコンの方はカラーになっていますが、実際は白黒になっています。
   *アイコンは以前、カプコンファンクラブで配布されていた物を使っています。

特殊武器名
(略称名)
アイコン
有効なボス 解説
ロックバスター
(P)
−−−

ロックマンが最初から装備している標準武器。
速度は遅いが、画面内に3発まで撃てる。
武器エネルギーを使用しないので、何発でも撃てます。

ラッシュコイル
(RC)
−−−

クラッシュマンを倒す事で手に入るサポートメカ。
呼び出すとラッシュが現れて、
上に乗ると大きなジャンプが出来ます。
通常のジャンプでは届かない所などで使います。
ラッシュが現れている時にロックバスターも撃てます。

ラッシュマリン
(RM)
−−−

メタルマンを倒す事で手に入るサポートメカ。
水中でのみ呼び出す事が可能。
呼び出すと水中仕様に変形して、
乗り込むと水中を上下左右に移動できます。
搭乗中は、ロックバスターで攻撃も出来ます。
乗り込んでいる間は、エネルギーが減り続けます。

ラッシュジェット
(RJ)
−−−

エアーマンを倒す事で手に入るサポートメカ。
陸上でのみ呼び出す事が可能。
呼び出すと飛行形態に変形して、
乗り込むと空中を上下左右に移動できます。
登場中は、ロックバスターで攻撃も出来ます。
乗り込んでいる間は、エネルギーが減り続けます。

メタルブレード
(ME)
ウッドマン

メタルマンを倒す事で手に入る特殊武器。
十字キーを入れた方向に丸いノコギリ刃が飛んでいく。
上下左右、斜め方向の8方向に飛ばす事が出来る。
1発で倒せる相手には貫通性能をもつ。
効率や連射性、威力、どれをとっても優秀な武器。

エアーシューター
(AR)

クラッシュマン
ニードルマン

エアーマンを倒す事で手に入る特殊武器。
小型の竜巻を斜め上に3発発射する。
連射性はないが、貫通性能がある。
上空の敵に対して有効な武器である。

クラッシュボム
(CL)
メタルマン

クラッシュマンを倒す事で手に入る特殊武器。
横方向のみに針付の時限爆弾を飛ばす。
壁に刺さると、一定時間後に爆発を起こす。
エネルギー効率が非常に悪く、4発しか撃てない。
メタルマン専用の武器と考えた方がよいかもしれない。

リーフシールド
(WD)
エアーマン

ウッドマンを倒す事で手に入る特殊武器。
ロックマンの周りに回転する木の葉を発生させ、
十字キーを押した方向に木の葉が飛んでいく。
敵が多い所で使うと、威力を発揮するので
アイテム稼ぎなどで使えます。

ニードルキャノン
(NE)
マグネットマン

ニードルマンを倒す事で手に入る特殊武器。
横方向のみに連射出来る針を飛ばす。
連射性はあるが、威力はさほどないのが欠点。

マグネットミサイル
(MG)
ハードマン

マグネットマンを倒す事で手に入る特殊武器。
横方向のみにU型磁石を発射し、
敵が斜め上などにいる場合、
最初は横に飛んでいき、敵の真下に来ると1回だけ
たてに方向を変えて敵に飛んでいきます。
そういった意味で使いやすいですが、
エネルギー効率が悪いので、多用出来ないのが欠点。

ハードナックル
(HA)

タップマン
クイント

ハードマンを倒す事で手に入る特殊武器。
横方向のみに大きなパンチを発射する。
発射後は、十字キーの上下で軌道を修正出来ます。
速度は遅いが、威力はとても高い。
1発で倒せる相手には貫通性能をもつ。

タップスピン
(TP)
ニードルマン

タップマンを倒す事で手に入る特殊武器。
ジャンプした際にBボタンを押すと高速で回転し、
敵に体当たりする事によってダメージを与える。
FC版と違い、エネルギーの急激な減りは無くなった。
威力は高いが、移動できない所が欠点かも。

サクガーン
(SG)
ワイリーマシンワールド2号

クイントを倒す事で手に入る特殊武器。
ホッピング状の削岩機を呼び出し、
乗り込んでジャンプして、敵の上から攻撃するが、
1発で倒せない相手などでは、相撃ちになる。
乗り込んでいる間は、エネルギーが減り続ける。
ワイリーマシンには効くが、
使っている間に相撃ちになって死ぬ可能性が高い。
効率、使い道、威力、どれも悪いので
使いどころは無いに等しいといえます。


ザコ・ボスデータ   ↑TOPへ

   敵として登場するザコキャラやボスのデータベースです。
   こちらのは参考程度で、詳しい詳細はこちらへ(検索が大変ですが><;)

アイ
コン
名前 説明 弱点武器
  帰ってきたモンキング

森林作業用のサル型ロボットモンキングを改造。
以前造ったモンキングは体が重過ぎたので、
今回は軽量化をおこない実戦に投入。

タップスピン
  カミナリゴロー

元は気象データを集めるロボットで、
雨風等の天候の耐性には強い。
手に持っている雷型の武器を
投げつけて攻撃してくる。

エアーシュータ
  クック

元は森を見守る偵察ロボット。
Dr.ワイリーが改造した為、故障して暴走。
ジャンプしながらこちらに向って突進するので、
ジャンプした時に避けよう。

 
  ゴブリン

ロボットサーカス団のリーダーだったが
改造され、たくさん量産された。
角を一定時間で引っ込めたり出したり、
両脇からプチゴブリンを出してくる。

−−−
  コマサブロー

マタサブローを改良したバリケードロボット。
お腹からコマを出して攻撃してくる。
コマは地面をはって移動するので、
コマサブローも高台にいる事が多い。

 
  ジャイアントスプリンガー

『でかくすれば強いだろう』と、
安易に造られたロボット。
誘導ミサイルは早めに倒そう。

 
ショットマン

元は消防隊で働いていた消火用ロボット。
水を出していたものをショット攻撃が
出来るように改造されてしまった。

 
  スクワーム

ワイリーが改造に失敗した
鉄パイプを延々と造り出す鉄パイプ製造機。
ロックバスターが届かない高さに
配置されている事が多い。

 
  スプリンガー

クレイジーレイジーの
壊れた残骸で造られたロボットで、
動きはガビョールと酷似している。

クラッシュボム
  タマ

昔ライト博士が『世界のネコ展』の為に
造ったネコ型ロボット。
マリを2つ出してきたり、ノミを3体飛ばして
攻撃を仕掛けてくる所がいかにも猫らしい。

 
  チビィ

細かい気象データを集める為に
造られた小型ロボット。
集めたデータはハブスピィが持っている
巣にストックされる。

 
テリー

家庭や会社用のガードシステムロボット。
カメラアイで侵入者を録画する
仕組みになっている。
穴などから出現し、
ロックマンを追い詰めようとする。

 
  ニードルプレス

胴体センサーによって作動するトラップ。
破壊は不可能なので、
上手くタイミングを計って突破するしかない。

−−−
ニューショットマン

ショットマンの改良型、
水の代わりに弾を撃ち出す様に改造された。
前回は発射角を変えて
弾を撃ち出す事しか出来なかったが、
スプリンクラーのように頭を回転させる事が出来、左右方向と上に弾を飛ばしてくる。

 
  バットン

森林用監視ロボットだが、
ペットにして飼っている人もいるらしい。
天井に張り付いている時は、
翼で本体を守っているので無敵である。

 
  ハブスビィ

気象データ探査ロボットで、
チビィのベースでもある。
チビィから集められた細かい気象データは
全てここに集まる。

 
  ハリハリー

ハリネズミ型の
エネルギー資源採掘場のガードマンロボット。
丸まっている時は攻撃が効かない。
体中から針を発射してから、
丸くなりこちらに向ってくる。

 
  ハンマージョー

スナイパージョーシリーズのフルアーマー版で、今回はハンマーを投げてくる。
ハンマーを振り回している時は無敵。

 
  ピエロボット

元ロボットサーカス団で
一番人気のあるロボットだった。
歯車の上に乗りながらロックマンに迫ってくるが、歯車を破壊すると落下してしまう。

 
  ビッキー

整地作業用の大型ロボット。
ジャンプしている最中しか攻撃を与えられないので、逃げる事も1つの手。

 
  ピッケルマンブル

ピッケルマン用のブルドーザー。
整地作業が目的なので、攻撃機能は一切無い。
ブルドーザーは攻撃が効かないので、
ピッケルマンを狙おう。

 
ピピ

空中監視用ロボで、
地上からの侵入者を監視・攻撃するのが目的。
卵型のカプセルを落とし、中から出てくる
大量の子ピピで侵入者を攻撃する。

 
  ブーンブロック

消えたり出現したりするブロック。
上手い具合に移動しないと中々渡れない。
出現するパターンを見極めて渡ろう。

−−−
  プチゴブリン

元ロボットサーカス団の団員。
イベント用なので動きが遅いのが難点。
ゴブリンの脇から片方づつ出てきて、
ゴブリンに乗っているロックマンに迫ってくる。

 
  フライボーイ

おもちゃを改造して、
プレス攻撃するように改造された。
クラッシュマンステージの最後で出現するが、
中々現れないので無視してよいだろう。

 
  プレス

センサーで敵を感知し、
近づいてきた敵を攻撃するトラップ。
破壊は不可能なので、
タイミングを計らって避けよう。

−−−
  フレンダー

元は森林保護用の犬型ロボット。
しっぽから消化液が出る仕組みだったが、
炎が出るように改造された。
吐き出す炎も、2種類のタイプが存在する。

 
  ブロッキー

元ロボットサーカス団の団員で一番の人気者であった。
漫才をやっていたらしく、ピエロボットがツッコミで、ブロッキーがボケだった。
4つのブロックを少しづつ動かしながら移動する。
目玉の部分を破壊すると、他のブロックが飛んでくるが、その後はまたすぐに再生。
再生後に目玉の部分を破壊すると、倒せる。

 
ぺターキー

大きな目玉のついた偵察用ロボット。
攻撃能力は無いが
ひたすら地面を歩き回っており、
下に降りる段差が大きくても平気で降りてしまう。

 
  ホウダイ

エネルギー資源をエイリアン(宇宙人)から
守る為に配備された砲台。
攻撃時にシールドが開くので
その時に攻撃しよう。

 
マグフライ

磁力により磁性のある鉄材を
吸いつけて運ぶロボット。
空から左右に現れ、
磁力で運ばれてしまうので注意。

 
  マタサブロー

エアーマンの試作型ロボットを量産したもの。
お腹にあるファンで敵を吹き飛ばそうとするが、
過去に自分自身が
ファンの力に負けて飛ばされていた。

 
  メカッケロ

カマドーマーのモデルチェンジ版で
同じく農業用害虫駆除メカ。
以前に比べて活発性が無くなっている。
止まっている時はロックバスターが届かないので、ジャンプしている最中に攻撃しよう。

 
メットールDX

ネオ・メットールの改良型。
ネオ・メットールとは大差はほとんど無いが、
ショットの幅が広くなって、
移動がゆっくりになった。

 
  モール

元々は家庭用に発売されていた小型穴掘り機。
安かったので、ワイリーが大量に購入して攻撃用ドリルに改造した。
特定の通路の天井や地面から大量に出現する。

 
  ヤンボー

農作物を守るトンボ型ロボット。
メカッケロよりも有能なので、
水田では農家の方々から人気がある。
飛び方や攻撃方法は決まっているので、簡単に倒せるが、耐久力もそれなりにある。

 
  ロビット

元は森を見守るウサギ型偵察ロボット。
ジャンプしながら移動し、
ニンジン型ミサイルを武器として攻撃してくる。

 
  ワナーン

違法侵入者用トラップ。
侵入者がトラップの上部を通ると
挟み込んで捕らえる
仕組みになっているので、さっさと通り抜けよう。

−−−
  メタルマン

カットマンをベースに製作した
ワイリー初の人型ロボット。
特殊武器のメタルブレードはセラミカルチタン製で、8方向に撃ち分ける事が出来る。
ロックマンが何も攻撃しないと、
こちらも攻撃してこない。

クラッシュボム
エアーマン

後々にエアーマンタイプと言われる言葉を生んだ独特なデザインのロボット。
完全な人型よりも
対戦者に恐怖を与えるデザイン。
腕の先から出せるエアーシューターは、
以前これを使って凧揚げをしようとして失敗した経緯がある。
お腹にあるファンをまわして強風を発生させる事が出来、
台風ほどの風を起こすことも可能である。

リーフシールド
  クラッシュマン

いつもはおとなしいが、怒ると手がつけられなくなると製作者のDr.ワイリー談。
見た目とは裏腹に
爆風にも耐えられる体をしている。
武器は一定時間経つと爆発する
クラッシュボムを装備している。

エアーシューター
ウッドマン

ボディは総天然木を使用し
内部メカまで木で造られている総ヒノキ製。
特殊コーティングし高級感あふれるが、
もちろん火気厳禁。
性格はとても優しくて力持ちで
自然を愛する持ち主。
特殊武器のリーフシールドは、
攻撃・防御一体型である。

メタルブレード
ニードルマン

エアーマンタイプのボディ、
メタルマンの行動プログラムの発展型を使用。
エネルギー資源発掘のため、
鉱山などで岩を削っていた。
飛び上がり連射が可能な
ニードルキャノンで敵を滅多打ちにし、
頭の針でダメージを与えようとする。

タップスピン
マグネットマン

強力な磁石を操りサーチ型マグネットミサイルで攻撃し、マグネットバリアで身を固める。
攻撃時はジャンプしながら
マグネットミサイルを放ち、
マグネットバリアでロックマンを引き寄せる。

ニードルキャノン
  ハードマン

セラミカルチタンを特殊加工したボディで、
3トンの体重をもつ超重量級ロボット。
その重い体重を利用して
整地用作業ロボットして働いていた。
小型ロケットでジャンプするプレス攻撃と、
両腕から放つハードナックルが武器。

マグネットミサイル
タップマン

高速回転させて、攻撃を無効にする
シールドシステムを持つコマ型ロボット。
頭からコマを出すので、
お正月の人気者であった。

ハードナックル
  クイント 未来のロックマンを未来のDr.ワイリーと結託して、無理やり連れて来て改造したもの。
未来のロックマンは攻撃機能が付いていない家庭用ロボットに戻されているので、
代わりに工事現場で使われているサクガーンを攻撃武器として利用している。
ハードナックル
  ワイリーマシンワールド2号

ロックマンワールドシリーズのワイリーマシンというか、本体を乗り換える事によって
3タイプのマシンに
乗り換えるといった感じである。
最初は、ドクロロボタイプで爆弾と爪による攻撃。
2番目は戦車型で、ビーム2発と飛び散る爆弾。
最後は、恐竜型でゆっくりと飛んでくるミサイルとしっぽから4つの爆弾を投げつけてくる。

ロックバスター
サクガーン

 

トップページ > ロックマン > ロックマンワールド2