roaf

(2008/12/09)
nProtectが削除された新ROクライアントをroafが検出しない、という報告が。
もう同期落ちもなくなったみたいだし完全にお役御免だと思っていたのですが、まだ動かしたいという方が いらっしゃるようなので対応してみました。

新ROクライアント(2008/12/3以降)対応版

新クライアントではProcessAPIが一部ブロックされているようです。OpenProcess()まではいけますが、 モジュール名を取得するのにEnumProcessModules()を使うとエラーが返ります。 タスクマネージャでプロセスは見えるけどタスクが見えなかったり、ウィンドウハンドル列挙でROウィンドウが見えなかったりするので、 そっち系のAPIも同様なんじゃないでしょうか。
MicrosoftのProcess Explorerを使うとRagexe.exeにAffinity値を設定出来ますので、とりあえずプロセス名の取得をProcessAPIから ToolHelp32系のAPIに変更して対応しました。

将来ToolHelp32APIもブロックされた場合、おそらく対応は出来なくなると思います(不正対策の方針に逆らうつもりはありませんので)。



(2008/11)
公式で症状が改善したらしいです(これ)。
雰囲気的にクライアントもしくはサーバで通信タイムアウト値を緩和したのかなという感じですが、ほとんどの人は問題なくなったようで。
RTMの遅れは治ったという人とまだ発生するという人の双方報告があって謎な感じ。
もうこれも要らないかなと思いつつ、何かの時のために放置しておきます。



マルチCPUコア環境下でROクライアントを1コアでのみ動作させようとする試み。

roaf.zip (※2008/12/3以降のROクライアントには対応してません)
使い方
---
958 ◆hEsAku.mLk