ロードサービスのポータルサイト
トップ > アシスタンス会社の功績


アシスタンス会社の功績

アシスタンス会社とは
ロードサービスの手配業務をメーカーや各種保険会社、カード会社から代行して行う会社である。

一部には、ロードサービス以外にも宿泊手配や、各種相談窓口も対応している所もある。

業務業務の内容の中には、レンタカーやタクシー、遠方時の車両故障時の宿泊施設の手配なども行っている。

 


アシスタンス会社の功績
近年、自動車保険やクレジットカード等に広く付帯サービスとして扱われ始めました。

これは、アシスタンス会社の功績が大きいと言える。

作業範囲の拡大、出動件数の増加。なにより一般のユーザーにロードサービスを身近に感じさせた事は賞賛に値すると思っている。

従来のロードサービスだけでは、ここまで広く普及しなかった。

故障車、又は事故車にしか対応しないロードサービスには、保険会社やクレジット会社も大きな興味は示さなかった。

 


サービスの一角を担う程になったのだろうか?
ではなぜ今ロードサービスに興味を示し、TVコマーシャルで放送する程、サービスの一角を担う様になったのだろうか?

簡単に言えば、アシスタンス会社のサービスの厚さである。

ただ車を運ぶ事からサービス範囲の拡大、ユーザーへのケア、作業料金の明確さ、低金額が付帯サービスとして扱う事のメリットとしてとらえられたのだろう。

ロードサービス事業者だけでは対応出来なかった事である。

 


身近に感じさせた賞賛の意味
各種付帯サービスを実現し、無料ロードサービスの定着が、自動車ユーザーにとって身近に感じさせた一番の要因である。

その次に、作業範囲の明確表示と拡大であると思う。

作業範囲の明確さや拡大は、ユーザーのロードサービス利用の目安を作りやすく、不安感を取り除く効果があったといえる。

そして、今までの高いレッカー代金と言うイメージを変えた事はシステムの変化と、出動件数の増加による事で起こった事たど思う。

 


システムの変化と出動件数増加に伴う料金の低価格化
まずシステムの変化であるが、ロードサービス業者は今も昔も下請けと言う弱い立場は変わらないが、依頼システムが変わった事がユーザーの高いと思い込んでいた事を起さなくなった。

今までは故障や事故などに対処してきた窓口は、各ディーラーや整備工場などであったが、作業料金の手数料が上乗せされてユーザーに請求される事になる為、作業代金が高額なものになってしまっていた。

現在はアシスタンス会社から、保険会社やカード会社に直接請求が行われる為、ユーザーには分かりにくいが上乗せされる金額が低くなった。

そして、料金単価引き下げを目的に、作業範囲の拡大がユーザーに更なる出動件数増加を後押しした事である。

 


アシスタンス会社の問題点
全てのアシスタンス会社とは言わないが、新たなクライアント獲得等を理由に、ロードサービス事業者に作業料金単価の引き下げを迫る等の行為が行われている。

現場より遠方であっても安い料金の業者に依頼するなど、料金重視の考え方が見え隠れしている。

当然、現場到着時間が掛かるほど二次事故の起こる可能性は高くなるし、ユーザーにとっては無駄な時間が過ぎるだけである。

装備も乏しい安い業者では対応できない場合は、また業者を手配しなければならない。手配する側もされる側も無駄骨を折る事になる事に気づいてほしいものである。

本来のユーザー第一の考え方であったなら、料金が少々高くても近くて技術力のある所に依頼するべきだ。

一部のアシスタンス会社は、ユーザーのケアを考えて行動を起しているが、業界内では賛否両論の波紋を呼んでいる、ユーザーや現場の声からは実質の作業には、まだまだ対応策が必要だと痛感する事が多い。

多くの問題点を抱えていると思うが業界を変えていこうと言う思いは、アシスタンス会社もロードサービス事業者も同じ気持ちだ。

各アシスタンス会社のトップが、もう少し現場の声を聞く耳をもってもらえると、変わっていくはずである。

 




(C) 2005.road-services Laboratories. all rights reserved. 無断転載禁止

当サイトはリンクフリーです。 リンク希望の方はトップページにお願いします。