2013年 2月27日更新
★トップページに戻る

MSX−FILES

MSXの自作ソフトと健忘録。
------------------------------
2013年 2月27日

前回から10年以上経ってた。
ある日、マイクロソフトのSmallBasicで何かちょろっとしたゲームでも作ってみたいなーとか思ってみる。
んが、プログラムなんて思いっきり忘れてるので、昔やってたMSXから何かヒントでもとココの自作のMP3を使ってみる。
しかし、うまくロードできず。んがっ。
10年前の俺、もっとしっかりMP3にしとけ!この出来損ないめ!!
昔のよねみちさん「ひぃぃぃー、10年後の俺、ごめんなさい!
と言うことで、当時使ってたMSX、ラジカセ、カセットテープを押入れから引っ張り出して、自作プログラムを発掘してみた。
なぜか、本から打ち込んで保存してた人様のプログラムはうまく読み込めるのに、自作のはCLOAD?で読み込みエラー連発。ムキィーーー!
ラジカセのボリュームをいじくりまくって、なんとかほぼ全部を今のパソコンに音ファイル(WAVE)として取り込めた。
えらい時間かかったぞ。
その後、フロッピーディスクドライブのゴムを直してフロッピーのも発掘。
すると、テープのプログラムがほぼ全てフロッピーにも保存してありましたとさ。ぎゃふん!
やるじゃないか、昔の俺。(笑)
ま、そんな話はどうでもよくてだな、発掘した物の中からバグや個人情報漏れ等の修正をほぼしなくていい物を、ちょろっと修正して公開。
------------------------------
ドラゴンキラーズ

RPG 1992/2013 よねみちソフト
2人プレイできるアクション風のRPG。

実機用のCLOADの音ファイル
★ dk_mp3.mp3 MP3形式 3.00MB(3,146,188バイト)
2分37秒ほど、1200ボーでCSAVEした。
プログラムファイル名は DK
CLOAD後、RUNで。
MSX2+ で動作確認。
MSX2以降のパレット命令を使ってるけど、バージョンチェック入れてるので MSX(1) でも動くはず。

エミュレーター用のCASファイルを圧縮したZIPファイル
★ dk_cas.zip ZIP形式 7.79KB(7,978バイト)
おそらくCAS形式のファイルはホームページに置けないと思うので、サイズ的に圧縮しなくてもいいのにZIP化。
これを解凍。
dk_cas.cas の名前で 14.7KB(15,112バイト)になる。
プログラムファイル名は実機と同じく DK
エミュでもCLOAD後、RUNで。
blueMSX で動作確認。

プログラムリスト
★ dk_txt.txt テキストファイル
文字バケする半角ひらがなや記号等は、全角に修正。
そう、このリストを発掘したかったわけだ。
自分以外の人は特に必要無いかもだけど、せっかくなので公開。
スペースが全く無くて読みにくいけど、当時のPC本に載ってたプログラムなんて意味不明な記号の羅列で入力するの面倒だったから。
それと比べたら読みやすいですよ。(笑)

最初に作ったRPGが1986年なので、RPG作成歴が6年目で、たしかMSXでは最後に作ったRPGのはず。
なので遊べられるとは思う。面白いかどうかは別として。
ザックリと手軽にちゃっちゃと作った記憶があるけど。

ゲーム画面


RUNした直後。
スプライト等のデータ作成に25秒ほどかかる。
エミュだとスピードアップで数秒に。


タイトル画面とプレイヤーの名前入力。
何も名前を付けない面倒臭がりな人は、1プレイヤーは「ゆうしゃロト」に2プレイヤーは「ゆうしゃリンク」になる。
あのヒーローと同姓同名なだけで、たぶん別人。(笑)


ゲームスタート直後。
画面中央にいる水色の人型が1プレイヤー、その右側の黄緑色の人型が2プレイヤーの操作するキャラ。


王様(黄色のスペードマーク)に話しかけたところ。
人には、ぶつかれば話しかけれる。
おうさま「ひめが ドラゴンに さらわれてしまった!


イベントのドア( = )が開いたところ。
王様の話を最後まで聞くと(ぶつかり続けると)ドアが開き外へ出れる。
おうさま「ひめを はやく たすけてくれ
おれさま「王様、漢字くらい覚えてください!読みにくいです!!(笑)
他のイベントドアは特定の敵を倒したら開く。


道具屋。
左端にいる青色のクローバーマークは道具屋。


道具屋の売っている物。
キャンセルはコントローラのBボタンで。2ボタンのコントローラ専用ゲーム。
エミュだとボタン設定があるので大丈夫。


その隣の武器屋。


反対側にいる盾屋。


その隣の鎧屋。
鎧屋と言うより服屋かな。


下側左にいる宿屋。
レベル数の10倍のお金を払えば体力回復する。


下側右にいる爺に話しかけると敵が出現。
全ての敵を出現させるのに、ちょっと時間がかかる。
エミュだとスピードアップですぐだ。
なぜ「うらない じじ」と名前を付けたのかは謎だ。何が占いなんだか。(笑)


敵が出終わったところ。
もし弱い敵を倒し尽くし強い敵しかいなくなっても、また爺に話しかけるといい。
対戦で遊んでる時は、遠くへ行った対戦相手を、敵の再配置で動けなくしてやれ。(笑)


コントローラのAボタンで、強さを見たり持ち物画面に。
道具を捨てるのは「道具使う装備」画面で、(すてる)を選んでから捨てたい道具を決定で捨てれる。
道具を渡すのは「道具持ち替え渡す」画面で、(わたす)を選んでから渡したい道具を決定で渡せる。
マップのどこにいても、離れた場所にいても、渡せられる。
協力プレイの時は、使わなくなった強い武器や同じ装備品を2個入手した時等に渡すといい。
対戦時は、いらないゴミを送りつけてやれ。(笑)


強さを見る1ページ目。
・レベル数。
・EXP(経験値)、左が今の経験値で右の数だけ経験を積むとレベルアップする。
・持ち金。
ボタンを押すと2ページ目に。


強さを見る2ページ目。
・HP(今の体力値)/MHP(最大の体力値)。
・攻撃力、左は素の強さ、右は装備品を含む強さ。
・防御力、左は素の強さ、右は装備品を含む強さ。
・身軽さ。
写真は何も装備していない状態。


敵との戦闘1。
敵にぶつかると戦闘になる。
「プレイヤーの攻撃」の後に「敵の攻撃」の順で、1回の戦闘。
次の戦闘は、またぶつかると発生する。
敵は動かないので、こっちから、ぶつからなければ戦闘は発生しない。


敵との戦闘2。
「ウリャー!」と、ドラクエで言うところの「会心の一撃」が出て大ダメージを与えた場面。
敵を倒した後に運がよければ写真のように「はりせん」等の何らかのアイテムを手に入れられる。
手持ちの道具がいっぱいだと入手どころか敵は物を落とさないので、1個分は空きを作っておくといいかも。
他のRPGにある「武器を入手した!しかしアイテムがいっぱいです。何か捨てますか?」みたいな画面は出ない。


スライム(青色のS)達のいる奥へ。
移動は上下左右だけでなく、ななめにも動けるので、うまくぶつからなければ戦わずに奥へも行ける。


調子に乗ってゾンビ(赤茶色のZ)のいる所へ。
上に見える( - )は道具屋に売っているカギで開くドア。


強敵の隣では誤操作に注意。
操作ミスでゾンビに軽くぶっ殺された場面。
死ぬとお金が半分になり、王様の目の前に復活する。


相手プレイヤーに攻撃する。
プレイヤーキャラが同じ位置で重なった状態で、コントローラのBボタンを押すと攻撃できる。
敵との戦闘のような反撃は受けない。Bボタンを押している側が一方的に攻撃できる。
「キャンセルボタンを押し間違えた。」とか言いながら、ことあるごとにチクチクダメージを与えるのも面白いかも。(笑)
その後は殺し合いが始まる予感。(笑)


相手プレイヤーを倒した。
倒されたプレイヤーは、お金が半分になって王様の前に復活。
倒したプレイヤーは、そのお金を入手。
また、協力プレイで手っ取り早くお金を渡したい時は、殺されるといい。表現が怖い!(笑)

そんな感じのゲーム。

1992年版から修正した所は、敵を倒した時に落とすアイテムのドロップ率を少し多めに、多すぎの敵は低めにバランス調整。
と、敵の配置位置をちょっとだけ調整。くらいかな。
ゲームバランスは当時のままで。
魔法使い系の敵は魔法を使わないんだけど、使うように変えようと思ったが、ゲームバランスが変わりそうなので止めた。
この世界の魔法使いは自称魔法使いであって魔法は使えないので、杖でプレイヤーの頭を小突くっていう妄想で、たのんます。(笑)
いつか新バージョンで追加できればいいかな。
RPGツクールみたいに、自分で作れるデザインモードみたいなのを付け足すのもいいかも。
敵を動くようにしたりとか、遠距離攻撃とか、プレイヤーをBOTにして勝手に動くとか、プレイヤーは2人だけじゃなくてチーム(パーティ)とか、なんか色々と追加してみたい。
バージョン2で。
MSXでは限界があるのでSmallBasicとかプチコンでだな。
プチコンの上画面を1プレイヤー用画面にして、下画面を2プレイヤー用画面に。
十字ボタンとLボタンを1プレイヤー用に、ABXYとRボタンを2プレイヤー用にして、縦持ちでの2人同時プレイとか。
ん、いいかも。
画面を通常向きにすると、1人なのに2キャラ同時操作プレイもできて面白そうだ。
2キャラが協力しないと先へ進めない場面を作ればアリだな。
1人なのに、あっちもこっちもって、難易度が高めになるね。
敵のステータスを変えずして難易度が変わるってのは、作るほうは楽だ。(笑)
でもプチコンは持ってないし、そもそも携帯ゲーム機を持ってない。
縦持ちの2人同時プレイゲームは、すでに誰かが作ってそうだな。

みたいな妄想をしながら、今回の分は終了ですよ。
ココから下の前回の分はCLOADでうまく読み込めないので消しちゃってもいいんだけど面倒なので止めた。
ダメじゃん。(笑)

2002年 4月12日

別名、過去の栄光のページ。(笑)
その昔にMSXというパソコンを使って趣味で作っていたゲームを公開する所です。
またはこんな時代もあったな〜と物思いにふける場所です。(笑)
MSXがあれば動かして遊ぶことができると思います。
今時のパソコンだけでは動かないです。

カセットテープレコーダー経由でMSXにダウンロードします。
 1.インターネット(ここのHP)
 2.音楽ファイル(「?.wma」または「?.mp3」形式)
 3.今時のパソコン
 4.音楽プレーヤー
 5.今時のパソコンのイヤホン端子(音出力)
 6.MSXのカセットテープレコーダー端子の白色コード(音入力)
 7.MSX
こんな感じで。

何のことだかサッパリ分からん!と言う人は、サッパリ分からないまま読み続けてください。(笑)
またはトップページに戻ると良いです。

「WMA」と「MP3」があるので、どちらか好きな方を選んでください。
WMAはモノラルでMP3はステレオです。
どちらもプログラムの中身は同じです。
 *一度アップ後に追加
 *どうやらジオ(HPのある所)にはWMAをアップロードできないようです。
 *なのでWMA形式のファイルは取り止めました。
音楽ファイルといっても人間にはただの雑音に聞こえます。
聴いてみたい場合は耳やスピーカーが壊れないように音量をかなり下げた方が良いです。

ゲームの内容や遊び方は「説明テキストファイル」を見てください。
------------------------------
CLOAD TEST

MSXのCLOAD動作確認用プログラム 2002 よねみちソフト

何はともあれMSXにしっかりとロードができるかチェックするための物です。

★cloadtest_readme.txt 説明テキストファイル

☆cloadtest.wma WMA形式 78.0KB(79,917バイト)
★cloadtest.mp3 MP3形式 95.6KB(97,930バイト)
------------------------------
BATTLE SHIP JR.

たぶんシミュレーションゲーム 1987 2002 よねみちソフト

あなたの星に攻撃を仕掛けてくる宇宙海賊を倒すゲームです。
または、あなたこそ宇宙海賊です!やつらの星を全て奪い取りましょう!!(笑)

★bsjr_readme.txt 説明テキストファイル

☆bsjr.wma WMA形式 675KB(692,106バイト)
★bsjr.mp3 MP3形式 881KB(902,711バイト)
------------------------------
中部戦略

シミュレーションゲーム 1989 よねみちソフト

中部地方出身者限定?の国取り戦略ゲームです。
何となく「信長の野望」や「大戦略」のゲームに似ているのは気のせいかな?(笑)

★csgame_readme.txt 説明テキストファイル

☆csdata.wma WMA形式 446KB(457,170バイト)データファイルです
★csdata.mp3 MP3形式 591KB(605,542バイト)データファイルです

☆csgame.wma WMA形式 1.25MB(1,317,849バイト)ゲームファイルです
★csgame.mp3 MP3形式 1.64MB(1,724,419バイト)ゲームファイルです
------------------------------
あとがき

しかし良くもまぁこんなのを思い付いたもんだ。(笑)
プレイ中のゲーム画面の写真も載せる予定だったけど、それはまた気が向いた時にでも。
それまでにHPの容量が残っているかどうか。
これだけで6MB弱あるからね。
使いすぎ!(笑)
誰も(僕も)遊んだ形跡がなければこっそり消そっと。(笑)
 *一度アップ後に追加
 *6MB弱から3.2MBに減りました。

それにしても当時はカセットテープでセーブしたりロードしたりと気長だったんだね。
よく「読み込みが遅い!」と叩かれる近頃のCDゲーム機なんて、これと比べたら早すぎです。(笑)

一応バグのチェックはしたけど、アイヤ〜と言う時はもう一度ダウンロードしてみてください。
それでもアウチ!な時は無理かもです。

MSXのフロッピーディスクドライブは壊れて動かないので、カセットテープに残っているゲームから厳選しました。
まだRPGが4作ほどあるけど大作(ファイルサイズが(笑))なので、HPの容量的にキツイです。
それに、バグ取りやら、今時のパソコンに取り込みやら、ハードディスクの残り容量やら、説明書の作成やらで、やる気ふにゃふにゃです。(笑)
ま、ゲーム名と内容だけでも。
 ガンダムゲーム
 スーパードラゴン
 スーパードラゴンJR.
 正義への戦い 死の島
カッコ悪い名前に赤面です。(笑)
しかも著作権的に無理なのも1つあるし。
では、どんなのだったか覚えてる範囲で。

ガンダムゲーム
宇宙と星を舞台にしたドラクエ風のRPGです。
一番最初に作ったRPGだったかな。
なので、かなりキツイ難易度です。
平気でゲームオーバーになります。(笑)
レベルが上がると機体を乗り換えます。
ジムからガンダムとかそんな感じで。
ザクとか百式とかあの辺りの時代の敵が登場します。
各地にいるボス敵の戦艦(名前忘却)がどこにいるのか見えないので探すのに苦労します。

スーパードラゴン
これもドラクエ風のRPGです。
少しはマシになったはずです。
登場キャラは全て自作になりました。
だぶんドラゴンがラスボスだったかも。
ドラクエに似てますね。(笑)
確か腹具合とかいうステータスがあって減りすぎると攻撃力がヘロヘロになります。
後は良く覚えてないです。

スーパードラゴンJR.
これもドラクエ風のRPGです。
と言うか、作るの全部ドラクエ風です。(笑)
これは確かパーティプレイのRPGだったと思います。
ドラクエ2や3みたいな感じの。
なので、作るのにかなり手こずりました。
今でもバグりまくるかもです。(笑)
後は良く覚えてないです。

正義への戦い 死の島
これも、やっぱりドラクエ風のRPGです。(笑)
確かPOPCOMという当時のパソコン誌に投稿したような気のするゲームです。
昔すぎて良く覚えて無いけどね。
よねみちさん的には、かなり気合の入った良い出来のゲームでした。
まぁ思い出は美しいままなので。(笑)
島に流れ着いた所からゲームが始まります。
とうとつです。(笑)
マップ画面はフル画面で、画面の端に行くと切り替わるタイプです。
ファミコンディスクのゼルダの伝説のような感じです。
ベーシックだと処理が遅いのでマシン語を使ってたかも。
ゲーム画面の左側には今装備している武器と盾と鎧の絵が表示されます。(マップ上に重なります)
その武器防具には耐久度があって壊れる前に直すという手間のかかるゲームです。(笑)
ステータスはレベルアップすると自分で振り分けることができます。
力や魔力や体力以外に魅力もあって、これが高いと物を安く買えます。
低いと、ぼったくられます。(笑)
ほかに手先の器用さもありました。
アイテムを使用した時の効果(威力)に影響します。
フィールドでは敵と重なると戦闘モードに突入します。
ファミコンディスクのリンクの冒険風な感じです。
戦闘はドラクエ1のような1対1のサシの勝負になります。
敵はデカイ方がいいと思ったのか、かなりデカイです。(よねみちさん比)
やつらは前進と後退をするので、その距離に合った武器を装備しなおすという手間のかかるゲームです。(笑)
面倒なので前後に届く武器も作りました。(笑)
少しばかり攻撃力と耐久度を低めにして。
歩くとダメージを受け続ける毒をかけられることがあります。
大ダメージを受ける炎のブレスとか、凍って数ターン休みの吹雪のブレスもあったかな。
凍るよりも長いターン動けなくなる石化攻撃もあったはずです。
経験値を吸い取る攻撃もしてきます。
とうぜんレベルが下がります。(笑)
体を乗っ取る攻撃をしてくる敵もいます。
同じ種類の敵を倒さないと戻らなかったはず。
町の人々に話しても相手にされないです。
ぎゃ〜とか言われて。(笑)
うむ、今思えば難易度がかなり高いかも。
そうこうしながら敵の親玉を倒すと、自分は島を離れて新たなる戦いを求めるのであった・・・。
みたいな感じでエンディングだったと思います。

フロッピーディスクのゲームだったら、もう少しマシなのあったかも。
2人同時プレイのできるRPGとか色々と。
そう言えばファミコンのファミリーベーシックでもRPGを作ったはず。
無理矢理に。(笑)

まぁ、こんなところですね。
昔の記憶なので間違っていたり勘違いしているところがあるかも知れません。
こんな思い出話を長々と読んでいただきありがとうございました。ペコリ

更新メモ

2002年 4月12日設置
2013年 2月27日更新

★トップページに戻る