鳥獣画家 佐藤潤



作品「ポセイドン」(Poseidon)12号 360×675(mm)
中央に描いたのは長亀(おさがめ)です。
現生するカメ目最大種の長亀(おさがめ)は
絶滅危惧種の亀で、
白亜紀、恐竜時代を生き残った亀の王、まさに海の王です。

長亀が絶滅危惧種になった原因は、
その主食がクラゲであるために、
人が出した漂流ゴミのビニールやお菓子の袋などを
誤飲し、窒息してしまうことが
原因のひとつと言われています。



人間は白亜紀、恐竜時代を生き残った偉大なる亀を
絶滅の危機に追いやっている。
そんなことが本当に許されるのだろうか。
この絵を描きながらそう思いました。

長亀の風貌は最大甲長256.5cm。体重916kg。
特異な体格とその表情には
海のあらゆる営みを越えてきた
なにか大いなるものが宿っているようです。

周りに描いた魚たちにもこだわりが
沢山あります。
水族館などには居ない貴重な亀です。





絶滅危惧種の生き物たち/Threatened species

ネコ科の生き物たち/Felines,Tiger and leopard and lion

吉祥、歳時記/Congratulation of Japan at season

花束/Bouquet, Flower, Garden

星座/Constellation

海の庭園/Coral reef,Tropical fish,The ocean( -Only Japanese )

海月/Jellyfish & Flower

光さす森/Forest,Tropical forests

森の神像/Peacock, Bird

金魚、水と魚たち/Goldfish,Water and fish

白象、アジア象/Elephant,White elephant, Asian elephant

竹紙/the handmade bamboo paper Chikushi, ( -Only Japanese )


作画方法

絵具はアクリルをベースに日本画水干顔料を混ぜた混合技法で描いています。
アクリルに顔料を 混ぜる事により、独特の発色とザラリとした質感を出せているのではと思っています。
作画行程の半分近くを背景色作りに費やしています。
アクリル・顔料・金粉等を10数回重ねて自然なグラデーション・色斑作りを心掛けています。
背景には必ず仕上げに金粉・銀粉・ブロンズ粉等の鉱石粉を使用しているので、
光源の角度によって光って見える角度があります。

Painting materials
Mixing technique(Acrylic color, Gold dust, Japanese style painting materials(Pigments))

画紙

竹100%の手漉き和紙、竹紙(ちくし)を使用する様にしています。

Drawing paper
Paper of bamboo(100% Only the bamboo)or,Kent paper

メッセージ

動物の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。
生き物や自然を大切に思う古い風習や言い伝え、伝説なども伝えていきたい。
自然や環境のことに興味を持ってもらいたいと思い描いています。

Message
I love nature. I love animals. 
It wants to draw nature, and to tell the beauty.
I want to pass on the legend and the myth that coils round nature and the animal. 


佐藤潤
Jun Sato


お問い合わせ(Inquiry)


動物を描く、自然と語らう 動物絵画 鳥獣画 佐藤潤の世界 TOP


Animal Art Original Work by JUN SATO
Copyright (C) 2003-2012 Jun Sato. All rights reserved.
You may not modify, copy, distribute, reproduce or sell any 
materials obtained from this website without the written permissi
rm.muse