2012年制作 作品『架鷹図』

rm.muse
作品『架鷹図』です。
三羽の鷹(左:イヌワシ、中央:クマタカ、右:オオタカ)を描いています。
装飾のある止まり木は、鷹が高貴な人(貴族)の愛玩用であることを表しています。
本来、熊鷹のほうが大鷹の倍ほどの大きさですが、大きさを揃えて描くことで、
鷹をコレクションとしていた貴族たちの嗜好を表現しました。
この作品で鷹を三羽描いているのは韓国に伝わる鷹の厄よけのおまもり「三災符籍」を意識したものです。

三災符籍(さんさいふせき):火・水・風によって起こる災いを三災といい、
前厄、本厄、後厄(三災年)の人は符籍(厄よけ札)を門扉に貼ることで災い除けとしたもの。
この作品では三災を退けるために鷹を三羽描いている。


rm.muse
人は古来より厄よけや様々な祈願に動物を図案化したものを用いてきました。
風習や伝説に登場する動物たちを作品の要素として取り入れることで新たな動物画の世界を表現したいと思っています。

2012年5月
佐藤潤


作画方法

絵具はアクリルをベースに日本画水干顔料を混ぜた混合技法で描いています。
アクリルに顔料を 混ぜる事により、独特の発色とザラリとした質感を出せているのではと思っています。
作画行程の半分近くを背景色作りに費やしています。
アクリル・顔料・金粉等を10数回重ねて自然なグラデーション・色斑作りを心掛けています。
背景には必ず仕上げに金粉・銀粉・ブロンズ粉等の鉱石粉を使用しているので、
光源の角度によって光って見える角度があります。

Painting materials
Mixing technique(Acrylic color, Gold dust, Japanese style painting materials(Pigments))

佐藤潤の作品紹介 Original Work by JUN SATO

お問い合わせ(Inquiry)



Animal Art Original Work by JUN SATO

Copyright (C) 2003-2012 Jun Sato. All rights reserved.
You may not modify, copy, distribute, reproduce or sell any
materials obtained from this website without the written permission. 動物を描く、自然と語らう 動物絵画 佐藤潤の世界 WEB SITE TOP rm.muse