last updated:Tuesday, January 26, 2010

県民性・地域性−茨城県

        旅ガイド 便利・得なネット予約       



  • 茨城県地図
     Yahoo-map








地図から検索−全国のホテル・宿










◆近世国名・藩名:常陸(ひたち)

 県の名称は,「いばらぎ」ではなく「いばらき」。関東地方の北東に位置し,水戸,日立,つくばなど71市町村(09年3月現在)人口2,967,367人。世帯数は1,078,655世帯で,全国11番目に人口の多い県である。県南の取手市は,東京の中心から40q,県都の水戸市は,100q圏内と,東京と近距離にある。
 奈良時代(8世紀前半)に朝廷の命令で編纂された常陸国風土記には,「土地広く,土が肥え,海山の産物もよく採れて,人々は豊かに暮らし,常世の国のようだ」とあるように,豊穣なる地味を持つ国であった。江戸時代には水戸に徳川家の藩が置かれ,江戸に近いこともあって,水陸交通の要所として栄えた。
 

 ●茨城県の地域区分  

 茨城県の地形は,北部山間地帯をのぞき,北関東平野の平地にある。県下には県庁所在地水戸を始めとして,32市10町村2村ある。県は以下の5つの地域に区分される。
・県北地域:人口約65万人―日立都市圏
・県央地域:人口約46,6万人―水戸都市圏
・鹿行(ろっこう)地域:人口約27,9万人―鹿嶋都市圏,鹿嶋臨海工業地帯
・県南地域:人口約98,6万人―つくば都市圏
・県西地域:人口約58,9万人―下館都市圏,結城市,水海道都市圏

県都 水戸市

  県都,水戸((人口26万4千人・109千世帯 08年9月現在)は,東京から北東へ約100km,県の中心よりやや東部に位置する。地質は低地が沖積層,台地が洪積層よりなってる。
 このまちが形成されたのは平安時代の末期,馬場小次郎資幹が馬場館を構築したことに始まる。以後,江戸家,佐竹家,徳川家と支配者の変遷を経て明治維新を迎えた。江戸時代の水戸は,徳川御三家の一つ水戸徳川家の城下町として,現在の町割の原形がつくられ,歴代藩主の中で二代目光圀公,九代目斉昭公が有名で水戸の名声を高めた。
 水戸徳川家は江戸小石川に本邸をもち,水戸城は空城であった。他の大名は江戸と国元(領地)を行き来する参勤交替をするのだが,水戸徳川家のみは江戸常駐であった。
 こうしたことから,水戸の領主を天下の副将軍と名付けるのはあながちウソとは言えないが,テレビドラマのように諸国をめぐり歩くことはなかった。

・納豆を育てた水戸
 江戸時代初期に,水戸藩では納豆が庶民の食卓にあがっていた。当地では,納豆に適した小粒大豆が安定生産されていたことから,良質な原料が入手しやすかったのが,普及の要因としてあげられる。
 
 明治22(1889)年4月1日に,全国31市の一つとして水戸市が誕生した。その後戦災により大きな痛手を受けたが,戦後復興し隣接の十カ村合併による市域拡大と1992(平成4)年には常澄村との合併を経て,現在に至っている。


●県民性

 茨城の県民性は,「水戸の三ぽい」,「茨城の三ぽい」に象徴される。水戸者は,理屈っぽい,骨っぽい,怒りっぽい。そして,茨城人は,怒りっぽい,飽きっぽい,忘れっぽいというわけだ。
 水戸の三ぽいが,おもに水戸藩士の気質をあらわしたものとすれば,茨城の三ぽいは茨城県民全体に共通する性格をあらわすものであろう。こうした歴史・風土から,概して正義感が強く,反面,我が強く自己主張が激しい。現実志向によって切り替えも早く,過ぎたことをいつまでも引きずらないという,特徴を持つ。

  ★宿・ホテル,航空券+宿 予約−じゃらんnet☆

水戸,仙台,名古屋は日本の3大不美人の産地?

  水戸,仙台,名古屋は3大不美人の地だという。誰が,いつ頃から言い出したのか,それが真実なのかどうかは定かではないが,まことしやかに語られている。

 徳川家になる以前,水戸の地を治めていたのは佐竹義重だった。義重の治世時には,常陸国内にあって強い姻戚関係で結ばれていた多数の土豪たちを強引に葬り去り,江戸氏の所領を除いた常陸全域を手中に収めた。時には隣接する那須家などの大名と組み軍事外交を多数展開し,結城白河家などにも自身の息子を送り込んで当主に据えてしまうなど,外交と軍事両面で辣腕をふるい最大の版図を築いた。しかし,小田原に本拠を置く後北条氏は,既に従属させた関東平野の主だった名族豪族らとともに,東北地方への進攻を狙うまでになっていた。

 佐竹氏にとっては喉元までに迫るこれら勢力を食い止めるべく力を傾注したいところだったが,伊達氏も後北条氏と示し合わせたかのように南下する気配を見せており,挟撃される立ち位置に陥ることになる。そこで,これ以上,所領を増やす為の侵略戦に区切りをつけ,今度は手持ちの所領を安泰にするべく,かねてから身内を使者として送り誼を通じていた天下人秀吉に対し,関東諸将のなかで逸早く臣従を申し入れる。結果,常陸守護として正式任命を受け,いわば日本の天下が秀吉の手中になった際の約束手形として所領安堵の名分を手にすることに成功した。

 これにより関東方面が既に北条一色になりつつある状況を知った秀吉は,北条氏直・氏政親子も臣従させるべく,上方での行事に便乗させた口実を書いた文書を送り上洛を促すものの,武闘派の前当主・氏政ら抗戦派に押し切られる形でこれを拒否。同じ頃,武田滅亡後に徳川・北条・上杉の三者間で上手に従属離反の手法で立ち回ってきた沼田城の真田昌幸も同じく秀吉に臣従。その真田家属城・名胡桃城が北条方の将・猪俣氏の計略によって奪取される事件が起こり,これが中央に通報される。
 
 その件について秀吉は単なる一城の返還問題とせずに,豊臣家に弓引く行為と拡大解釈する口実を得たとばかり,小田原征伐と称し,家康はじめ西軍諸将ら水軍も含めた二十万の大軍を催し襲来。進軍の途中,箱根の温泉に浸かり物見遊山の風情とは逆に,北条家初代を祀った早雲寺に宿泊した後,焼き払うなど,後北条家の各支城で迎撃するべく配置されていた一族の精神のよりどころまで挫くかのような戦法を用いつつ押し寄せる。ついには小田原城の背後となる石垣山に陣城を築き,外郭における局地戦いを経て完全包囲を敷いた。北条側もこれを受け,小田原城内での紛糾を極めた評定によって導き出された決議は降伏に決した。

 これにより,戦前から外交僧・板部岡江雪斎を介して上洛の具体的な日時を伝えていた当主・氏直については,隣国として懇意にしていた家康などの助命の口添えもあり罪を減じられ高野山へ出家を言い渡され,当主の意向を無視して開戦へと扇動した氏政・氏照は斬罪に処される一方,北条家与力として小田原への参集要請に応えて武将と兵力を送っていた北条傘下の名族諸大名も所領没収など,連座させられる痛恨の憂き目に遭う。ただ,小田原城内に送られていた傘下大名の人質などは解放されるなどの側面もあった。 

 この小田原戦のさなか,奥州の伊達政宗も後北条がどれだけ粘れるか期待していたようだが,家康から寄越された降服を勧める書状の中で,さしもの広大なる堅城小田原城をもってしても,持久戦に持ち込まれては,時間こそ懸かっても結果として落ちることだろう。さすれば必然的に鉾は貴公へと向けられる番になるのだから,そうなる前に申し開くべき,と説得され,自身もそうした事態が遠からぬと予見。奇しくも,伊達家中においても後北条家中と同様に抗戦派と臣従派に二分されていたものの,先手を打つことによる証拠作りの重要さをつぶさに実感してきた政宗は,弱腰と見切りをつけて出奔する家臣をよそに,自ら降服を直接申し出るべく,秀吉が小田原の陣に在ることをせめてもの不幸中の幸いとばかりに,出頭を決意。それでも,その行為を神妙な態度と酌量されなかった場合に備え,死罪を言い渡された時に自身が磔に使ってもらう,金箔を張った十字架に白装束という出で立ちで出発。
 
 政宗が着到しても,後北条の旗色が悪いことを見て取ったからこその決断として,秀吉はその表裏を疑い,すぐには会おうとはしなかったものの,出頭決意の裏には,事前に家康が彼に宛てた督促状が大きな原動力になっていることを説明すると,謁見に応じた。死を覚悟しての遠き道のりは念仏を想念しながらまかり越しました,との神妙な態度と言上で平伏する政宗に対し,秀吉もその若くして得ている豪胆さを褒めて名刀を与え,引き続き太守として任を全うするように通達をした。

 ただし,以後の奥州における防戦以外の私戦禁止と,佐竹氏と同様に早くから臣従を申し入れてきていた会津・黒川城に本拠があった蘆名氏から奪った所領は没収という,侵略戦をしでかした咎の清算に,大なる対価を払って事なきを得た結果だった。この時,佐竹義重も常陸国内で大きな動きを見せていた。それは,常陸南西部を治めてきた江戸重通の居城・馬場城(のちの水戸城)を急襲し,彼を結城晴朝の元へと敗走させたことであった。江戸氏は重通の代になってからというもの,攻め戦の回数が増えて民への負担が増し,それを諫めようとした家老による内紛があり,そうした鎮定について後北条氏の介入に頼った経緯があった。重通の祖父(忠通)父(通政)の時代までは形式上,佐竹氏に従属する形だったものの,彼の方針転換によって今度は後北条氏と関係が深くなり,佐竹氏の目には江戸氏は後北条方として映った。義重は小田原戦の際,後北条方に属する大名への攻撃は,秀吉の通達してきたところの私戦禁止令に背くものにあたらず,との根拠を掲げて攻めたものと思われる。

 これによって常陸国内は,義重の代で完全に佐竹家の統治下に置かれることになった。こうして死中に活を求めた佐竹義重の機転が功を奏し,一時は後北条氏と伊達氏の両巨頭を相手に滅亡するかもしれなかった最悪の事態を回避するべく下した英断によって,豊家全盛の時代には家を一挙に好転させることになるが,後継の義宣の時に関ケ原の戦が勃発。今度は豊臣政権下で,上方に出向していた時における貢献度・重職にあった縁が作用し,西軍に味方することになる。この決断の際,隠居していた父・義重の戦国特有の時勢を見定める慧眼は衰えておらず,今度の時局の分かれ道に関しても,東軍有利について知見を述べた。

 それは,東軍総帥である内府家康は野戦采配にかけては信玄以外にはほぼ負け無しの名手であることからも,基本的に吏僚仕事にしか精通しない三成には,これに抗する術はないだろうということ。そして内府の戦勝後についても,後継ぎの成人男子女子に恵まれた子福者であり,なおかつ,現在の秀頼を後見している故・秀吉とは縁の深かった子飼い諸将や,覇業に途中から貢献した大名達との間においても縁組で固めてしまっており(家康のこうした無断婚姻が関ヶ原戦に至らせた遠因),この布石がいずれ実を結び,この先幾世代にもわたる統治者として日本に盤石な政権を築くことだろうと,息子には東軍に味方する方向で家中をまとめあげろと忠告した。

 何より,源氏の支族たる名族・佐竹氏にとっては,出自の定かでない秀吉に臣従したのも,所詮は差し迫った苦境を脱するための一時しのぎに過ぎない,との本音があったのは,上洛した義重が秀吉と謁見した際も対等の物言いが認められていたことからも明白で,当主であった当人同士の時局における利害が一致しただけの,いわば仮の臣従関係であったともいえる。ゆえに義重自身としては,秀吉が逝去してしまえば果たすべき恩義は切れたとして,最大主権者を豊臣から徳川へと鞍替えすることに何の躊躇もなかった。

 だが,後を継いだ義宣は,自身が大坂に出向していた折に出来た三成との個人的な交誼を無下に捨てがたく,熱い友情と冷徹な功利の狭間で下した苦しい決断として,家康の徳川側の出兵要請にも数百を派兵することだった。だが常陸太守という身分に反比例して数が少ないことから,戦果を期待されず隊の後尾に配置されてしまった。戦後このことから,積極的に味方もせずさしたる功無し,と判定される。もっとも,家康としては,この義宣の中立決断について腹を立てるというよりは,主替えが当然の戦国にあるのにもかかわらず,世渡りが不器用で頑固な男と,苦笑交じりに評している。結果,減封処分として,永年住み慣れた常陸を追われ,秋田藩に配置換えとなった。この配置換えについても,移動に際し家臣や佐竹氏を慕う領民(商人も含む)は,幾次かに分けられて海路も使い,移住していったとものと伝わる。

 このとき,佐竹氏が美人をすべて秋田に連れて行った,というのだ。これが真実なら,秋田は気象,地理的条件だけでなく,水戸からも美人の血を受け継いだことになる。とすれば水戸は元来,美人の地だった,」ということになる。
 仙台藩主・伊達政宗も美人は国を滅ぼすと追放したから,仙台に美人がいなくなったという水戸と同様な説がある。
 「政宗の記録,文献を見ても美人追放というのは一切ない。根拠となるものもない。水戸,尾張は徳川御三家,仙台は大名のトップ,というのでやきもちからそう言われているのではあるまいか」。

 東北でも秋田は小野小町の出ということもあり,美人の産地として有名である。秋田は江戸時代,西回り航路を利用すると京都が近かったので,文化や人間の交流,寺社参詣も江戸より京,大阪の上方と深くかかわった。これが「江戸よりも上方に近かったから服装,言葉遣いがきめ細やという風土を育んだのだという。

トピック−鉄道新線つくばエクスプレスの開通,茨城空港の開港

 首都圏のなかでも茨城県はつくばエクスプレスの開通や,常磐・北開東・東関東・圏央の各高速道路によって交通利便性の高度化が著しい。特に圏央道は,2008年には阿見東ICから江戸崎IC間が開通し,2012年には大栄ICTまで開通し,東関東自動車道と結ばれ,成田国際空港と直結する。また東北自動車道と結節する
久喜白岡1CT(仮称)まで開通し,関越自動車道,そして中央自動車道とも結ばれる。国際貿易港の常陸那珂港など四つの重要港湾への利便性も増すなど,茨城県は人,モノ,情報の一大交流拠点となりつつある。

 太平洋に面する茨城県は「日立港」「常陸那珂港」「大洗港」「鹿島港」の4つの港湾を持ち,港湾の整備も進められている。なかでも常陸那珂港は最先端の国際海上コンテナーを有する中核国際港湾として整備される。

茨城空港 「小美玉市」
 自衛隊の百里飛行場は民間共用化で2700bの滑走路が新たに作られ,2010年3月に開港
,『茨城空港』として開港。
 空港整備の費用負担は国が3分の2,県が3分の1の割合。

茨城の小京都

古河市:城下町・宿場町の面影を残す町。2000本の花桃や古代蓮で有名な古河総合公園。
笠間市:城下町,笠間稲荷の門前町,笠間日動美術館,春風萬里荘,笠間工芸の丘

●茨城の風習

 茨城県では,家庭によって正月三が日は餅を食べずにうどんを食べる,または焼いた餅と塩鮭を一緒に食べるなど,めずらしい祝い膳がある。
 東北弁の元祖は,茨城弁,という説がある。常陸国の農民の次男・三男が土地を求めて北上し,狩猟民族と共存しながら 農地を広めつつ,言葉も影響を与えたのだというのだ。

>
●ワースト・ベスト−ランキング

 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都)が発表の地域の魅力度調査「地域ブランド調査2009」によると,茨城県は47都道府県で最下位だった。調査によると,県は都道府県別のランキングで,魅力度6・6で最下位。68・9で1位の北海道とは10倍以上の差がついた。

 茨城県は,広い平坦地,温暖な気候など自然条件に恵まれ,一大消費地である首都圏に隣接しているといった社会条件もあって,農家戸数では全国第2位,農家人口で1位,耕地面積で第3位と農業県でもある。
 県の可住地面積(総面積から林野面積及び湖沼面積を差し引いた面積を表す)は3,976kuと実に総面積の約65%を占め全国第4位(平成19)年と,農地や道路も含め居住地に転用可能な平野部が多い茨城県の特徴が見てとれる。
 茨城県の耕地面積は,1,766kuで,県土に占める割合は,29.0%(平成19年)と,長年全国第1位にある。 

●農業産出額:15年ぶり全国2位に 08年,前年比4.9%増の4284億円

 農林水産省が発表した08年の都道府県別農業産出額によると,県の産出額は前年比4.9%増の4284億円で,93以来15年ぶりに千葉県を抜いて全国2位に復帰した。野菜と豚肉の価格上昇,米や鶏卵の生産量増加などが要因とみられる。

 県は01年に産出額が全国4位に転落したのを受け,農業改革大綱を策定。03年度から生産者の意識改革や,担い手育成に取り組んだ成果が出たという。主な農畜産物の県の順位は,鶏卵が最も高く1位で,野菜と豚肉が3位,鶏肉が4位,米とトマトが5位だった。

 茨城県は県中央部,旧「岩間町」・「千代田町」・「友部町」・「美野里町」を中心とした全国一の栗の産地である。全国の生産量の約28%の6,100トン(平成17年度)を占める。
 茨城県はシジミの産地でもある。県漁政課によると,県内のシジミ出荷量は2005年で約1280トン。築地市場の昨年のシジミ価格は,茨城県産が1キロ当たり557円だったが,韓国産は376円,中国産は71円と安価という。


  統計でみるふるさと自慢(いばらき日本一の指標)



 献血率とは,1年間の献血者数を総人口で割ったものである。茨城県の2002年度の献血者数は108,983人(延べ人数),県内人口(2003年3月)は2,995,348人であったから,献血率は3.6%で,埼玉県と同率の最下位である。ちなみに,1位北海道で献血率6.0%。
  茨城県赤十字血液センター


・日本一−大仏
  映画「下妻物語」にも登場した牛久大仏。奈良の大仏が手のひらにのり,自由の女神の約3倍!と,ギネス認定の世界最大大仏である。
・ミネラルウオーター−生産量ゼロ

 千葉,茨城,山口,沖縄県は,ミネラルウオーター生産量ゼロ。

●茨城の食
 茨城県は霞ヶ浦,北浦,涸沼(ひぬま),牛久沼など大小の湖沼と,利根川,鬼怒川,那珂川,久慈川など,大小の河川に恵まれている。これらを利用する内水面漁業のもたらす恩恵を受けている。



 

リンク一覧






 





 方  言 標準語 標準語の例
 あっけ ありますか リンゴあっけ? リンゴありますか?
 あおなじみ 青あざ 足にあおなじみできちった 足に青あざができちゃった
 いがい 大きい いがい車だな 大きい車だな
 いがっぺ 良いですか?
または,良いですよ
行ってもいがっぺ?
来たらいがっぺ
行ってもいいですか?
来てもいいですよ
 いぐべ 行きましょう 花見に行ぐべ 桜見物にに行こう
 おっちょれる 折れる 杖がおっちょれる 杖が折れた
 おめ あなた おめ,おもしれえな あなたは,おもしろい人ですね
 おっとばす 追い払う 犬をおっとばす 犬を追い払う
 かだす 片づける 机をかだす 机を片づける
 かっくらす なぐる 頭をかっくらす 頭をなぐる
 ごじゃっぺ いいかげん
役にたたない
ごじゃっぺなやつだ いいかげんな人
役に立たない人
 さーる 触る それにさーるな それに触るな
 さぎっちょ 先端 竿のさきっちょ 竿の先端
 さいな さようなら さいな,また明日 さようなら,また明日
 じゃんぼ お葬式 隣の家でじゃんぼだ 隣の家でお葬式だ
 しんねっぷり 知らないふり しんねっぷりしてる 知らないふりをしている
 すっころぶ
 すっとばす 等
転ぶ,とばす,等
「すっ」が頭に付く
子どもがすっころんだ
あの車すっとばしてんなぁ
子どもが転んだ
あの車とばしてるなぁ
 せーる 入れる 仲間にせーる 仲間に入れる
 せやげる 世話がやける 仕事がのろくてせやげる 仕事がのろくて世話がやける
 だっぺ です あれは,犬だっぺ あれは犬です
 ちくらっぽ ちくらっぽ言うな 嘘を言うな
 ちゃぶす 潰す 空き缶をちゃぶす 空き缶を潰す
 つっぺる 入る
填る
風呂つっぺっかな
水たまりにつっぺる
風呂に入ろうかな
水たまりに填る
 つっとす 突き刺す 針をつっとした 針を突き刺した
 でれすけ 役立たず このでれすけ野郎! この役立たず!
 のぜる のどに詰まる 餅がのぜる 餅がのどに詰まる
 のめる 填る 水たまりにのめる 水たまりに填る
 ばっち 末の子 ばっち娘 末の娘
 はぐる しそうになる 車にひかれはぐった 車にひかれそうになった
 はつける 張り付ける 糊ではつける 糊で貼り付ける
 ひゃっこい 冷たい 氷はひゃっこい 氷は冷たい
 ひんむぐ 剥がす 皮をひんむぐ 皮を剥がす
 ひゃぐもしね 役に立たない そんなごと,ひゃぐもしね そんなことをしても,意味がない
 ぶちまわす 「かっくらす」と同じだが
「かっくらす」よりは激しい
   
 ふすくれる すねる いつまで,ふすくれてんだ いつまで,すねているんだ
 ぶっちゃす 「ちゃぶす」と同じ
 ぶちかる 座る 立ってないでぶちかれよ 立ってないで座りなさいよ
 まっと もっと まっといっぱいくれ もっとたくさん下さい
 めえね 見えない 霧で前がめえね 霧で前が見えない
 めど 道路にめどあいてっと 道路に穴があいてるよ
 むる 漏れる このバケツ水がむる このバケツ水が漏れる
 もる よそる ご飯をもる ご飯をよそる
 やっこい やわらかい ご飯がやっこい ご飯が軟らかい
 よばれる ごちそうになる ビールをよばれっか ビールをごちそうになるか
 らいさま らいさまが鳴った 雷が鳴った
 らんと 墓場 らんとへ埋める 墓場へ埋葬する
 わっきゃね 簡単
大丈夫
そんなのわっきゃね そんなこと簡単だ
大丈夫だよ
 わげし 若い人 わげしには任せらんね 若い人には任せておけない
 わすら おもちゃ 孫にわすらを買ってやった 孫におもちゃを買ってあげた
 わっかぐ 割る 氷をわっかぐ 氷を割る
 わり 悪い 今日はわりごどした 今日は悪いことをした

県民性・地域性トップページ】  【県別もくじ】  【ホームへ