SCIRI(イラク・イスラム革命最高評議会)

CPA(暫定統治機構・暫定占領当局)

Government Council(統治評議会)
1





マイケル(Mykeru)のサイト:  不可思議な人物マイケル・コルテーゼのサイト。6月28日の項で、ブッシュは嘘がほころび始めたため、嘘で固めたこの演説をして嘘の上塗りをせざるを得なくなったとして、演説の破綻をついている。「イラクの"テロリスト"は9月11日の攻撃を行った者たちと同じイデオロギーにはない。(略)イラクの反乱は宗教的原理主義に動かされているのではない。(略)反乱のイデオロギーは私たちと共通なのだ」「今現在、あまりに多くのアメリカ人がブッシュの言うことを信じたいと思っている。が同時に自分たちを破滅へと導く嘘と傲岸さに気付いていて、ブッシュの言うことなんかどうでもいいと思っている」。


ホワン・コールのサイト
:   ミシガン大学歴史学教授ホワン・コールのサイト。6月29日の項でブッシュの言う「テロリスト」概念のおかしさを突いて、サッダーム・フセイン政権下のイラクには国際テロに参加する集団が非常に少なかった、またファルージャやラマディの住民はテロリストではない、また現在の抵抗勢力のうち外国人は非常に少なく(8%)ほとんどは占領に反対する人々と述べている。


トムディスパッチのサイト:   911以後主流メディアに対抗して世界のさまざまな声を伝えようと、編集者のトム・エンゲルハートが友人たちに送り始めたメール通信が発展した「トムディスパッチ」。6月28日付けで、ブッシュ政権の面々が伝統的価値の重要性を強調しているにもかかわらず、自らは伝統的な言葉の意味を言い替えて、言ってることとやってることが違う状況を糊塗しようとしているのを痛烈な皮肉で批判している。