Baghdad Burning

バグダードバーニング by リバーベンド

... I'll meet you 'round the bend my friend, where hearts can heal and souls can mend...

友よ、私の心が失われあなたさえ見分けることができなくなったら、どうか私を偉大な文明をはぐくんだ、チグリス・ユーフラテスの胸元に連れて行って欲しい。そこで私は心を癒し、魂を再生させるでしょう。

2006年6月10日土曜日

ザルカウィー・・・

さて「ザルカウィー」はやっと死んだってわけなのね。昨日の朝のそのニュースは面白かったわ(おとといだったかしら?はっきり思い出せないけど...)。彼の写真や映像を見せられて動揺するようなことはなかったわ、だってわたしは、めちゃめちゃにされたり、血だらけの死体の画像にはどっぷり浸けられてきているもの。

受け止めかたはそれぞれだった。彼が誰であろうとも惜しまれるような人ではないというのが、わたしたちの家族や友人たちとの間での一般的な意見。彼はいったい何者だったのかという疑問がある。そもそも実在していたのか?彼はほんとうにアメリカ人が言い立てたような大きな脅威だったのか?彼が実際に死んだのはいつ?みんなはもっと前の2003年に死んだって断言しているけど...このタイミングは絶妙ね、ちょうど人々が役立たずのイラク政府にほとほと嫌気がさしてきたときに、ザルカウィーが殺されて、占領世界の勝ち誇った指導者としてマリキが歓呼をもって迎えられるってわけ!(イラク人は誰も街でお祝いなんかしていないのに。電気や水、殺し屋軍団、鑑識、死骸、そしてどんどん勢力を伸ばしつつある過激主義者のことを考えるので精一杯)

いろんな反応を聞いてみると−大部分は戦争賛成の政治屋たちのものだけど、彼らのおめでたさにはまったくあきれかえる。マリキ(イラクの今の首相)は、そのニュースを発表するとき、ほとんど舞い上がっているみたいだった(彼はがんばって何とかここまでこぎつけたのだ!)。本当に彼らはこれで占領に対する抵抗運動が終わるって信じているのかしら?外国の軍隊がイラクに居るかぎり、抵抗運動や「反乱」は続くに決まってるじゃない−なぜこんな簡単なことが理解できないのかしら?他にどう考えられるっていうの?

「イラク人にとっての新しい日」がイラク操り人形政府やアメリカ人たちのもっぱらの話題だ。たとえば2003年4月9日[訳注:バグダード陥落]の「イラク人にとっての新しい日」のように。そして彼らがウダイやクサイ[訳注:サッダーム・フセインの息子たち]を殺したときの「イラク人にとっての新しい日」。もうひとつの「イラク人にとっての新しい日」は、サッダームを捕まえた時。それから憲法草案を作った時の「新しい日」...なんだか知能テストの中にある質問みたいに思えてきたわ。もし「新しい」が「さらなる」という意味で、それから、「日」が「苦しみ」と同じに置き換えられるとしたら、「イラク人にとっての新しい日」ってどういう意味になる?

わたしはどう思っているかって?ザルカウィーのくそったれだわ(ブッシュの呼び方だとザイルカウィね)。彼はアメリカが作ったもので、彼らと一緒に来たのよ。そしてあきらかにもう利用価値がなくなったってわけ。彼の力は大きく誇張されて、軍隊や警官隊によって家族が殺されるのには、どれもこれもことごとく彼が言い訳に使われたわ。最初は大量破壊兵器、次はサッダーム、そして次はザルカウィーだった。今度は誰?イラク人拘束や殺害のために、誰が新しい言い訳に使われることになるの?それとも、もう言い訳なんか必要なくて、彼らはどんなことでもし放題ってことかしら。数か月前のハディッサでの虐殺がそのことを証明しているわ。「やつらにはもうザルカウィーは要らんのだ。」近所のお年寄りは手でハエを追い払うようにそのニュースを一蹴した。「ザルカウィーなんて政府はいくらでも持ってるさ。」

さてザルカウィーは死んだ。ブッシュとわれらがイラク操り人形たちのいうところによれば、イラクのひどい惨状は背後に彼がいたことが原因だったんだから、ものごとは良くなっていくはず、そうよね?自動車爆弾は少なくなるはずだし、民族浄化は終わり、軍隊に攻撃されたり包囲されたりすることはなくなっていく...それが私たちに約束されたことなのよね?いいことだわ。じゃあ、内務省の殺し屋軍団と銃をぶっぱなすのが大好きな外国軍隊をなくすには、一体誰が殺されればいいのかしらね?

午前0時47分 リバー

(翻訳:ヤスミン植月千春)

2006年6月6日火曜日

ひどい一日・・・

まったくひどい日だった。たまらない暑さで目が覚めた。この地域に電気がくるのは、だいたい4時間くらいで、頼りは発電機なのだけど、それも天井の扇風機が使えるってことで、エアコンを使えるほどではないの。

発電機が動いていないことを示すいやな静けさでわたしたちは目が覚めた。Eがお隣りに行って確かめてきた。今日一日、発電機は動かないということだ。責任者のお隣さんは、時間が空き次第「発電機ドクター」を連れてくることになっていた。

電気は夕方6時にわたしたちをあざけるかのようにたったの20分だけきた。ぱっと電気が点いた瞬間、わたしたちは台所に集まっていたのだけれど、近所の子供たちがわっと歓声をあげるのが聞こえた。

その前に、a href="http://news.yahoo.com/s/ap/20060605/ap_on_re_mi_ea/iraq_060604184328">バグダードのサルヒーヤ地区から多数の人たちが拉致されていったというニュースを聞いた。サルヒーヤはたくさんの旅行代理店でにぎわっている地区だ。戦争からこのかたというものヨルダンやシリアに逃げ去っていく人たちがこの地区のあちこちのオフィスで予約を取るので特に忙しくなっている。

この地区に住んで働いている人たちによると、警察が15台くらいの車でのりつけて、制服姿の男たちが路上や自家用車から引きずり出した市民に頭から袋を被せ、警察の車に追い込んでいったという。抗議しようとするものは容赦なく殴られるか、車に詰め込まれた。連れて行かれた人たちの数は全部で50人くらいとみられる。

内務省の得体の知れない男たちによる市民の一斉検挙や連行は、イラクのいたるところで行われているけど、こんなに多くの人々が一度に連れて行かれたことはなかった。気がかりなのは、イラク内務省が、この最近の大量拘束についての関わりを否定していることだ。(これは彼らの新しい傾向で、大量拘束、拷問、暗殺などについては、人権団体が絡んでくるので、そんなことはなかったと否定するのだ!)これは良くない兆候だ。つまり、この人たちは多分数日内に死体で発見されることになるだろう。わたしたちは、彼らが生きて帰ってくることを祈っている...

その日のうちに、もうひとつとりわけ悪いニュースがはいってきた。ドーラ地区で、スクールバスに乗っていた学生たちが殺された。なぜなのか誰もはっきりわからない。彼らがスンニ派だったのか?それともシーア派だったのか?多分両方混ざっていたのだろう。学年末試験のために暑さに耐えながら夜遅くまで勉強していた彼ら。家を出る時には、及第できるかどうかということしか考えてなくて−ご両親は激励と祈りの言葉で彼らを送り出したのだろう。彼らはもう永遠に家に帰ることはない。

現在、民族浄化が行われていることを否定するのは不可能だ。人々はIDカードに従って殺されている。両方の側の過激主義者たちが、生活を不可能なものにしている。彼らの何人かは“ザルカウィー”のために働き、他はイラク内務省のために働いている。シーア派教徒は“スンニ トライアングル”の中で殺され、“ウマル”という名(注:第2代カリフであるウマルにちなんだ名前。アリーの血統しか認めないシーア派は、カリフウマルを認めず、アリーの地位を剥奪した者として忌避している)の1ダースものスンニ派教徒の死体が、バグダードの死体置き場に運び込まれていると聞いている。自分が実際に自動車爆弾を懐かしく思うようになるなんて思いもしなかった。少なくとも自動車爆弾は人を区別したりしないもの。スンニかシーアかといって、だれかを探し出して爆破するなんてことはしないわ。

防衛や内務など、重要な省には大臣がまだ置かれていない。イラクはバラバラになっていて、マリキと彼の仲間は依然誰が権力を持つべきか言い争っている。誰がより外国占領者の手を借りてイラク人を抑圧するのに適任であるか?その上さらに、イラク議会は7月と8月に‘休暇’をとるという噂だ。彼らは言い争いや権力争奪戦に疲れ果ててしまったので、2ヶ月の休暇が必要だってわけ。がっちりと警備された家を数ヶ月留守にして、家族と海外で過すのだ。(家族はとっても大切だから、イラクになんか住まわせられないの)

どこに行けば死や破壊から逃れられるっていうの?アメリカ人はこの進歩に満足だっていうの?ブッシュはこれでもまだ、わたしたちが進歩してるって言い張るの?

エミリー・ ディッキンソンが書いてる、“希望には羽が生えている”って。もし彼女が書いてることが本当なら、希望は遠く−イラクからとても遠くに飛び去ってしまった...

午前2時53分 リバー

(翻訳:ヤスミン植月千春)