FLUXUS(フルクサス)

 


わ〜い!ぽんしゅ館♪ 2003年2月10日(月)怒涛の群馬藤岡ツアーの帰り、
越後湯沢駅で途中下車し、駅構内の
「ぽんしゅ館」
日本酒三昧(笑)ぐったり疲れた体で至福のひとときを・・・

新幹線MAXたにがわで高崎から約30分で到着!

スキーシーズンだから人が多い!
そして群馬とはうって変わって寒い!底冷えする感じ。
しかも、前に来た時(多分4〜5年経ってる)よりも
洗練されている感じがするのは気のせいか?


実は、ここに来るのは2度目。
前は友達と4人で越後湯沢温泉にお泊り旅行でした。
その時も、ココに来たかったから(笑)旅行の幹事だった
ワタシが独断で越後湯沢旅行を企画したのでした(爆)
ぽんしゅ館 について・・・


越後湯沢駅構内にある“越後のお酒ミュージアム”です。

酒販コーナー、物販コーナー、酒風呂「湯の沢」、
飲食コーナー・ふうどBAR「雪ん洞」、利き酒コーナー
・ていすてぃんぐGALLERY「越の室」がありまする。

ワタシの目的は当然、ていすてぃんぐGALLERY「越の室」!
HPの画面をプリントアウトして持っていくと50円引きになるよ。
500円から50円引き・・・微々たるモンですけどね(笑)
ちなみに酒風呂なら100円引きになりまする。


こんな愛嬌のある人形が転がっている。酔っ払いを表現!?
典型的(?)酔っ払い人形たち
ていすてぃんぐGALLERY「越の室」 この「ぽんしゅ館」の酒販コーナーには、実はワタシの好きな
銘柄のお酒が売っていないので、数年前に来た時にも寄った
駅の近くの酒屋でお土産用のお酒を購入しました!!
今回は「久保田 千壽」と「緑川 吟醸」4合を1本ずつ購入。
ウチの酒豪姉ちゃんズにお土産です・・・ワタシも呑むけど(爆)

駅から出たら、風景はあまり変わっていないけど、でも前に
来た時立ち寄ったお土産屋さんが閉店していた・・・
やっぱり数年経つと変わっちゃうんだよねぇ。ちょっと淋しい。
雪は道路には積もってなかったね。道端に前に降った雪が
残っている、くらいかな。残ってる量は流石「雪国」・・・


酒も手に入れ、物販コーナーで会社の皆様へのお土産も
購入し、試食もし(笑)、お役目を果たしたワタシ。心置きなく
ていすてぃんぐGALLERY「越の室」にやって来ましたよ!
入り口で料金(500円。ワタシは割引券利用で450円)を
払うと専用コイン5枚とおちょこを渡されるので、それを持って
利き酒マシン (自動荊舌酒機)
でコイン1枚につき
おちょこ1杯ずつ飲めるんだよ〜ん♪つまり5杯呑めるのだ。

越後の蔵元100の代表銘柄が全て利き酒出来るのだ!

ツワモノなおじさま方は5杯分呑み終わると、もう一度受付で
500円払ってまたお酒を選んでいた・・・だったら「雪ん洞」で
呑めばいいじゃん!とツッコミたいのを抑えつつ、ゆっくりと
自分が呑む酒を選ぶ。ワタシの好みは淡麗辛口♪あっさりと
した、水のようにスイスイと呑めるお酒なので、そういう感じの
銘柄をチョイスしてみました。呑んだお酒は下に画像アリ。

お酒の配置が変わっていましたよ。でもやっぱり人気のある
「越乃寒梅」はマシン2台使ってましたが。 あと、自分の
好みの味のお酒を検索できるPCもあった・・・前は無かったぞ。
利き酒マッシーン (自動荊舌酒機)
塩と日本酒・・・最高だ! 前に来た時は、山盛りの塩が置いてあっただけだったのに
今じゃ7種類の塩がおつまみ(?)として置いてありましたよ。
「伯方の塩」とか色々・・・ワタシは「宮古島の雪塩」(一番奥)が
好き。塩とは思えないくらい粒子の細かい塩で、美味しい♪

塩をなめ、酒を呑み、水で口に残った味を消し、おちょこを
洗う・・・を繰り返し、5杯分の酒をじっくり味わいましたとさ。

本当は酒風呂にも入りたかったんだけど、相当疲れていたから
やめました。疲れ過ぎてて、温泉に入る元気も無かった・・・
酒呑む元気はあったくせに(爆)帰りの電車乗る前はちょっと
ふらついていたけど(笑)普段ならなんて事無い量なのに、
グッタリしていたのでほろ酔い状態になったのでした (ー_ーゞ


日本酒が好きな人、そうでない人も近くに行く機会があったら
是非立ち寄ってほしいスポットです♪楽しいよ〜ん(^ー^)゛


越州
越州(朝日酒造)
越乃寒梅
越乃寒梅(石本酒造)
緑川
緑川(朝日酒造)
八海山
八海山(八海酒造)
〆張鶴
〆張鶴(宮尾酒造)

次回、行く事が出来たら絶対に酒風呂入ってやるぅ〜!待ってろよ、ぽんしゅ館( ̄▽ ̄)b


CONTENTSへ・・・   XANADUへ・・・