光明與黒暗 続戦篇(奇寶小英豪)





イラストがかっこいい。



箱付き。



箱が小さい。

音楽カセットの棚に紛れ込んでいたら気づかない。

ゲームは台湾製。でも韓国で入手。箱を良く見るとハングル文字のシールが。

台湾から韓国に輸出され、それを日本人が購入。

ロマンだ。

何で台湾製と言えるかというと、



外星電脳科技有限公司。

このメーカーも有名。ここはドラクエを中国語に訳して販売したりしています。

もちろん完全自社製品として。

麟閣が就職したいメーカーナンバー1。

とりあえず電源を入れると、ストーリーが流れます。

(ここから表示される文章は麟閣の思い付きです)



昔々ある所に美麗さんがいる国がありました。



お城には宝物がありました。



ある日の深夜、雷が鳴りました。



するとどうでしょう。宝物が盗まれているではありませんか。



そして美麗さんもいなくなってしまいました。



人々は生きる糧をなくして暗く沈んでしまいました。



そこに「俺が探し出す」と勇者が現れました。
勇者は魔物を退治しに旅に出ました。



奇寶小英豪の始まりです。

ちゃんと辞書で調べると違う内容かもネ!

でもしっかりしたストーリーとデモ画面。
RPGでこれだけしっかりしているのはすごい。
っていうか何かのハックロムか?これ。
外星だから信用できないなぁ。

スタートしてみると、



いきなり始まった。

普通は王様の話を聞いたりするものだが・・・。

内容はアクションRPGかと思いきや、敵に触れると↓



ちゃんとした戦闘画面に。

っていうかいつのまにか仲間がいる。


戦闘画面がかっこいい。

なかなか良いゲームだと思います。

さすが外星は良い仕事をするなぁ。


パチモノトップ