Who is Imogen Heap?
名前 Imogen Heap (愛称・・・「イミー」、ケルト語では「母」という意味)
生年月日 1977年12月9日
出身 英国エセックス(イングランド東部)
身長 180cm以上らしい


12歳より曲作りをはじめ、音楽学校で様々な楽器、
音楽、スタジオの設備、コンピューター操作をマスターする。
複数のレコード会社からオファーを受け、
1996年 アルモ・サウンドおよびロンダー・ミュージックと契約。
1998年 ファースト・アルバム「i MEGAPHONE」を発表。
Eurythmicsのデイヴ・スチュワートやガイ・シグズワース、デヴィッド・カーン
がプロデュースを担当。
全米ツアーを5回も成功させる。
1999年 ロンドン北部トッテナム出身のグループ「アーバン・スピーシーズ」の
セカンド・アルバム「ブランケット」に参加。
次作の製作中にレコード会社とトラブルになり活動が停滞。
ジェフベック、LHB、ミッチ・ガーバーなど他のアーティストと
共演、共作を行う。
2000年 ファースト・アルバムのプロデューサーの一人である
Guy Sigsworth(マドンナの「What It Feels Like For A Girl」を共作や
ビョークの作品にも参加)と
ユニット「Frou Frou」を結成。ユニバーサル・アイランド・レコードと契約。
2002年 ファースト・アルバム「Details」を発表。
同年 日本の青空レコードよりファーストアルバムのリマスター盤がリリースされる。
2005年 米TV番組「The O.C.」のサウンドトラック
に楽曲提供、ジェフベックがギター参加。
セカンド・アルバム「Speak For Yourself」を発表。
2005年7月「Hide and Seek」が 
イギリスのiTunesでダウンロード数が8位になる。
Britney Spears の「Over To You Now」をガイ・シグズワース
と共作し、バックコーラスで参加
Zoe Keatingを従えて英米をツアー。