総トップページにジャンプ

  新句(十九音)入門



はじめに
言葉足らず
GoogleとYahooの検索
短歌・俳句ではない
文字数と句読点
文字数の揺れ
作品のスタイル
作品の説明文
おわりに=作り方のこつ


はじめに

 日本には、古来から和歌があります。
 『万葉集』には、短歌長歌旋頭歌(せどうか)、そしてそれの枕詞(まくらことば)など優れた短詞形が多く見られるのは、ご承知のことでしょう。
 (なお、短歌・長歌・旋頭歌、枕詞などの例は、『歴代秀歌』をご覧ください。)

 また、いっぽうでは近年になって、五七調(ごしちちょう)や七五調(しちごちょう)などの文学作品も多いようです。それらの形式は、唱歌歌謡曲、そして演歌などにも、多く用いられます。中には、小説を七五調で書いた人もいたようです。古くは『平家物語』の冒頭などが、そうなっています。

 (注) ここで言う七五調とは 文字の数で数えるのではなく、音(おん)の区切りで数えるのです。

  祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり(ぎおんしょうじゃのかねのこえ しょぎょうむじょうのひびきあり)
  沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす(しゃらそうじゅのはなのいろ じょうしゃひっすいのことわりをあらわす)
  驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し(おごれるものもひさしからず ただはるのよのゆめのごとし)
  猛き人もついに滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ(たけきひともついにほろびぬ ひとえにかぜのまえのちりにおなじ)

 菊池寛訳の『平家物語』(非凡閣)によると、上の意味は
 <祇園精舎の鐘の声に、諸行無常の響きがあり、沙羅双樹の花の色は、盛者必衰の理(ことわ)りをあらはす。
 おごれる人も久しくつづかぬことは、ちょうど春の夜の夢のやうである。たけき者も遂には滅びた。
 まるで風の前の塵(ちり)と同じだ。>



 そんな中で、ここでは「個人の楽しみ」として「五七七」(ごしちしち)のリズムを考えてみました。
 単に、短歌では長く、俳句では短いという理由からです。

 五七七・五七七と五七七を反復する旋頭歌がありますが、その名の通り真ん中から再び旋(めぐ)らしていて、詠み手の立場が異なっている歌という意味です。この旋頭歌は、『古事記』『日本書紀』『万葉集』に62首が収められていますが、その後は作られなくなったようです。

 この旋頭歌は、五七七の片歌(かたうた)を二人で問答のようにしたと考えられます。しかし、柿本人麻呂のように旋頭歌を一人で歌った作品もあります。そして、『万葉集』の旋頭歌の半分以上が、「柿本人麻呂歌集」から抽出されたそうです。

 私は、まだ片歌だけの作品みかけたことはありません。
 したがって、単独の五七七はあまりないようです。ただ、発句形式として江戸時代の俳人建部綾足が提唱したと文献にあっただけです。発句ですから、一連の連歌や連句の一部である最初の部分にあたるわけです。

 そこで、私は単独の「五七七」をふつう「新句」(しんく)と呼ぶことにしました。あるいは、「十九音」と呼んでもよいでしょう。なぜならば、「五七七」はその名の示すとおり、ふつう上(かみ)五音、中(なか)七音、そして下(しも)七音、合計十九音で構成されるからです。誤解を避けるために、「新句(十九音)」とすることもあります。

 実は、最初に「真句」という愛称を考えたのですが、ちょっと厚かましく、また他の短詞形との関係もあるので「新句」にした次第です。
 さらに、「Think」なども検討をしました。この「新句」が「考えるためのツール」となりうることがわかったからです。でも、「Think」では何となく奇をてらった感じになるので、英字は時期尚早(じきしょうそう)とも考えて、やめてしまいました。
 なお、この「Think」については、『インターネット入門』の最後にある企業のように、この言葉をモットーとするような考え方について、私も大いに主旨賛同をしたからです。

 ただここで、改まって言わないときには「五七七」「十九音」「新句」「真句」「Think」などの言葉を区別して用いません。どれも、すべて同じことを言っているからです。

 しかし、いちおう標準的な読み方を決めておきませんと、互いに話をしたり、検索をしたりするときに不便です。そこで、当面は「新句(十九音)」(読み方は「しんく ・じゅうくおん」)としておきましょう。


言葉足らず

 新句が十九音で言い切ろうとすると、ちょっと言葉足らずになるかもしれません。つまり、一句の中で言い切れないことが、どうしても残ってしまうのです。
 それでも、俳句よりは2音分だけ文字数が多いのですから、だいぶ楽になります。
 ほんとうは、50音くらいないと思想的なことを十分には言い表せないようです。
 例えば、いろは歌です。『涅槃経(ねはんぎょう)』にある

  <諸行無常、是正(ぜせい)滅法(めっぽう)、生滅滅己(めつい)、寂滅為楽(いらく)。>

を空海が意訳したといわれ、

  <色は匂へど、散りぬるを、我が世誰ぞ、常ならむ、有為(うい)の奥山、今日超えて、浅き夢見じ、酔ひ(よい)もせず。>

があります。

 このように、七五調四句(四十八音)くらいの文字数があれば、ひとまとまりの考えを何とか述べきることができるでしょう。

 ここで実際には、七五調四句(四十八音)今様(いまよう)風の作品の成立が10世紀末なので、いろは歌は空海(弘法大師)の作品でないという意見もあるようです。しかし、今様ができる以前に、空海が思いついた七五調かもしれません。

 なお、「我が世誰ぞ」は七音でなく、六音です。そんなために、前半が引き締まった感じもします。
 いずれにしても、よほど言葉を使い切れる人の作品であることがわかります。


GoogleとYahooの検索

 下の5つの図は、2007年8月7日(火曜日)現在のGoogleまたはYahooの検索結果です。

(1) ウェブ全体から検索をして、私たちのこの短詞形が、現在のところインターネット上では他にはまったくなく「唯一無二」(ゆいいつむに)だということが、おわかりでしょう。なぜならば、「新句(十九音)」の検索結果が、「1件中1件目」だからです。



 しかし、同じ「新句(十九音)」を検索しても、Yahooの場合は検索方法が異なっているのでしょうか。
 その第一位に検索されるのですが、続いて50万件以上のデータを次々と引っ張ってしまうようです。いったい、どのような方法で検索がなされているか興味深いところです。



 そこで、ダブルコーテンションマーク(”)で囲んで、その部分が切り離せなく、一体であるということを指定してみます。すると、次のようになりました。
 つまり、「1件中の1件目」になるのです。




(2) じゃ、単に「新句」としたらどうでしょうか。やはり、別の意味が出てきてしまうようです。
 つまり、下のように「新しい年の最初の句」というような意味や、「新句義」などという語まで拾ってしまいます。その結果、4万件ほどのデータが合い並ぶ次第。でも、最初の一件目に出てくるのでいいが、中のほうにあるとわかりにくいでしょう。




(3) ついでながら、最初は「五七七」としていました。すると、検索をしてみたら「五七五七七」などもいっしょに出てきてしまうために、膨大な数になってしまって、もはや抽出データの中からの識別が困難です。
 そこで、「五七七という言葉だけを検出して、五七五七七は検出しない」という検索オプションにしてみると、それでもかなりある。



 上の図のように、10万件を超えてしまうのである。
 だが、トップに拾ってくれるので何ともありがたい。
 4番目では、「五七五七七」は拾わなかったものの「五七七七五」を拾ってしまった例。さすが、短歌は拾わないが、この都々逸(どどいつ)を拾うというのも、ちょっと面白いではありませんか。
 5番目は、文部科学省の試験合格者の番号の一部。


短歌・俳句ではない

 なぜ、ここで従来の「短歌や俳句でない」かという理由を少し述べておきましょう。
 短歌はちょっと長くて高級な感じ、また俳句は短く引き締まって簡潔だからです。つまり、どちらも私には近づきにくい境地なのです。そんなわけで、とどのつまり俳句に「二字」を加えただけのこの形式を考えました。あるいは、短歌みそひともじ(三十一文字)から「十二文字」を取り去ったと言ってもよいでしょう。

 正直に告白すると、そもそもこの「五七七」の短詞形についての考えは、「俳句は幽玄でむずかしいし、短歌は優雅で近づきがたい」ことから始まったのである。

 松尾芭蕉(1644〜1694)でさえ、「いまだ句体定めがたく候。他見なさるまじく候。」と、元禄七年(1694年)に杉山杉風(すぎやまさんぷう)宛の書簡に書いている。つまり、死ぬ年である。これは、驚くべきことかもしれない。杉山杉風は幕府御用の魚問屋を営んでいて、豊かであったので芭蕉の経済的庇護者であった。自らも俳人でもあり、芭蕉に師事した。

 そんなわけで、俳句や短歌を諦めた私は、種田山頭火尾崎放哉を延長して様式化をした定型短詞形として、この五七七を思いついたのである。

(注) 参考までに、種田山頭火(たねださんとうか)と尾崎放哉(おざきほうさい)の作品(俳句)を一つずつ示しておきましょう。
      咳(せき)をしてもひとり  尾崎放哉
      分け入っても分け入っても青い山  種田山頭火
 なお、種田山頭火の「山頭火」は易経の言葉から出たものらしく、他にも荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)の「井泉水」などがあるようです。(もしかしたら、私(黒田康太)の記憶違いかもしれませんが。)

 なお上の引用は、かつて明泉学園でご一緒をした望月実さんからいただいた
    藤森徳秋ほか監修 望月実執筆『俳句・短歌歳時記5 俳句の鑑賞とつくり方』(国土社)
によりました。

 「五七七」は「ごしちしち」と仮に言っています。まだ、正式な呼び方がないからです。
 高守益二郎さんは、「いなな」と言いました。私は、「ファイブ」「セブン」「セブン」のほうが、モダンかとも思うのですが。しかし、それでは何となく長すぎます。約めて(つづめて)「ファセブセブ」とするのも、やはり語呂(ごろ)が悪いようです。

 名前は親しみやすくて、内容を示すもののほうがよいでしょう。
 「短歌」や「俳句」に習って、「超歌」(ちょうか)、「鼻歌」(びか)、「常句」、「冗句」(前の二つは、じょうく)、「文句」(ぶんく)などというのはどうでしょうか。
 なお、「冗句」は辞書に「不要な言葉や無駄な句」などと書いてありました。

 多摩市関戸に「ろくせぶ公園」というのがあります。「ろくせぶ」とは、「六畝歩」のことだそうです。そして、その「畝歩」とはかつての尺貫法の土地の面積を言う言葉でした。畝は「うね」のことでもありますから、畑にも用いました。つまり、六畝歩ばかりの小さい公園です。
 この「ろくせぶ」も慣れるまでは、奇異な響きをする言葉だと思ったものです。むしろ「りくせぶ」のほうが、私は自然だと思いました。
 最初、言葉が馴染むまでには期間がかかります。
 「平成」という年号も、私にはそうでした。

 いずれにしても、「五七七」は
    次々と書き足していく楽しみや喜びを簡単に与えてくれる。
    言い切ってしまう言葉にはない可能性を含む表現が楽しめる。
など、新しい試みができる短詞形になりうるのではないでしょうか。


 もしも、五七五になっちゃったときは最後に「けり」をつけて、けりをつけるのもよいだろう。また、「たり」や詠嘆の「かな」なども用いることができる。
 最後の「七」の頭に付けるには「でも」とか「また」さらには「いや」などもよいかもしれない。

 ついでに、なぜ五七五が私にとって苦手なのか説明をしておきましょう。
 つまり、五七五は近世の俳句などのように深みや余韻を残した言い方なのです。それは、ある程度の修行をしないとできません。それよりも、ぐっと簡単に終われるほうがよいではありませんか。
 よく「挙げ句の果てに」(あげくのはてに)などと言います。何となく悪いことをした最後の結果を言うような感じもする言葉ですね。

 「あげく」は「挙げ句」または「揚げ句」と書きます。
 そして、それはもともと連歌(れんが)や連句(れんく)の最後の部分を言います。その最後の七七を結句(けっく)とも言うのです。最初の部分の発句(ほっく)に対する言葉なんです。
 なお、連句は俳諧における連歌のことです。
 連歌や連句は、ふつう二人以上の人が交互に詠んでいきます。つまり、いわゆる俳句は俳諧の発句、すなわちその第一句(五七五)のみが独立したものです。


 「五七七」の具体例を示すと、駄作かもしれないが

    つきつめて、思うことなく、人生終わる。
    疲れ果て、思考衰え、それでも生きる。
    何故に、襲いきたるか、死後のことなど。

などである。

 つまり、古来からあった「面倒な約束」に縛られずに、誰もが気楽に作れるように工夫をしたのです。
 だから、白秋の短歌がどうであったとか、芭蕉の俳句が素晴らしいとか、そのようなことを考えなくてもいいんです。まったく新しい様式の文学だから、今までには優れた作品が一つもないのです。つまり、既存の作品がないので、比較をして評価をするということができない次第。
 したがって、自信を失ったり、自分の作品が劣っていると考える必要がありません。

 文学者であれば、俳句などはお手の物らしい。しかし、私は文学者でもないし、俳句を作ろうとすると四苦八苦。そして、自信を失ってしまいます。わずかですが、夏目漱石や芥川龍之介の素晴らしい作品を知っているからです。

(注) 参考までに、夏目漱石と芥川龍之介の俳句を一つずつ。
      あるほどの菊投げ入れよ棺(かん)の中  夏目漱石
      水洟(みずばな)や鼻の先だけ暮れ残る  芥川龍之介
 水洟は、風をひいたときに出てくる水っぽい鼻汁。なお、「洟」は「鼻」の同義語で、もしかしたら「さんずい」に「弟」と書くのかもしれない。
 吉野せいという人の作品(小説)に『洟をたらした神』という感激するストーリがあった。


 ちょっと弁解がましいことですが、正直な話。
 私は會津八一(あいづやいち)という人が大好きです。よく早稲田の博物館や新潟の記念館へ行きました。そこで見た、例えばひらがなばかりの短歌

    <みほとけの うつら まなこに いにしへの やまと くにはら かすみて あるら し>

などには、心が高鳴るほどに陵駕(りょうが)されます。
 むろん縦書きに書いてあるのですが、一文字空けたところで美しく行替えがおこなわれています。最後の行には、「八一」とあって朱の落款(らっかん)が押してありました。

 そして、短歌など精一杯作った自分の作品が、いかにつまらないものかと、しみじみと思い知らされます。やはり、実力の相違があるのです。
 それと似たことは、他にもあるでしょう。
 私の場合は、将棋ゲームです。相手を有段者・名人クラスのレベルにしますと、おそらく千回やってもかないません。そこで「二枚落ち」、すなわち飛車と角行を抜いてもらって、ようやく三回に一回くらいは勝てるのです。やってみると、9×9の81個の升目に置く8種、40枚足らずの駒でするゲームでありながら、ずいぶん「奥行きの深い」ことがわかります。
 そんな経験から得た意味もあるのです。


 しかし、考えてみるとこの新句(五七七)には、文学から離れた大きなメリットもあります。
 それは、とくに高齢者が行った場合です。言葉を工夫して用いることによって、老化予防の効果が大いに期待できるからです。
 言葉を使うことによって、「脳に適当な刺激」が与えられます。
 その結果、ボケにくくなることは確実でしょう。

 また、インプットにパソコンなどを使っていますと、手先つまり十本の指を巧みに使わなければなりません。いきおい、指を使うことによっても「脳をリフレッシュ」するのです。
 カントは、

    <手は外部の脳である>

と言ったそうです。
 かつて私が、調布の布田天神入り口のところで見た「日本珠算連名の広告」には、「手は体の外に出た脳である−−カント−−」とありました。(1999年ころ見たポスターです)

 同じようなことを別の観点から考えると、この新句は

    「記憶の補助

という役目も、もっているようです。
 メモのような十九音(五七七)ですが、それでも記憶のニーモニックとしてはかなり有効です。
 この新句(五七七)は、まだ人口に膾炙(かいしゃ)されてはいませんが、短歌や俳句のように、かなり人口に馴染みやすい口調をもった断片だからです。
 さらにまた、自分自身の考えをまとめる素材としても利用できるので、発展をすることでしょう。


 この五七七では、季語(きご)や枕詞(まくらことば)などは、いっさい考えなくてよろしい。
 季語は、俳句や連歌などで、季節を表すために詠み込むことを定められている言葉です。また、枕詞は和歌などの修辞法の一つで、特定の語句の上について修飾したり、語調を整えたりします。
 そんなめんどうなことは、いっさい必要ありません。
 したがって、季寄せなどの分類はしないで、五十音順に整理をしておく程度でじゅうぶんなのです。

 それでも、数が多くなってくると整理がなかなか大変です。
 そこで、季語ではありませんが、キー語を付けておくのもよいでしょう。キー語は、キーワードと言ってもかまいません。むろん、作品中に現れない言葉が、キー語であってもよいのです。そのようなことは、「古事記・万葉集の時代」からも、多くあったのではないでしょうか。
 キー語は、単にニーモニックとしたり、その作品を短く呼ぶときに用いたりするからです。

 古くは知らず、私の尊敬をする明治天皇の御製です。

    <かたしとて思ひたゆまばなにごとも なることあらじ人のよの中

という御歌については、『述懐』(じゅつかい)というタイトルが付けられてまします。
 しかし、このタイトルを天皇ご自身がお付けになったのか、側近の編者が付けたのかなどは、私などの知るよしがなく、したがって存知あげません。

(注) ついでながらと言ったら失礼かもしれませんが、「述懐」とは「心に思うことを述べる」という意味。
 最近では、「じゅつかい」ではなく「じっかい」という読みになってしまったみたいですね。

 また、上記の御製の意味は
  「難しいからと言って、しなければいけないことを怠ると、人の世の中のことは、決して成功をしません。」
と言うことでしょう。


 また、一つの句に複数のキー語があってもかまいません。
 ふつう、キー語は作品の後に<>の中に付けてみたらどうでしょうか。
 例えば、

    キーワード、含む作品、どんな形式? <書式見本・キー語・キーワード・作品>

などのようにです。
 そのようにしておくと、後で「検索」をして分類するときに非常に便利でしょう。
 しかし、とくにキー語を決めない作品があっても、いっこうにかまいません。

 キー語として、作成日作成場所を記しておくのもよいでしょう。
 しかし、作成日や作成場所の記述は、必ずしも必要ではありません。時間と言っても、「一生の一刹那(いちせつな)」ですし、空間と言っても自分の置かれた場所だからです。例えば、まだ行ったことのない天国などのことを作品に入れたとしても、それは自分の「知的空間の一部」だと考えればよいでしょう。
 そんなわけで、インド的な考えで「時間の少々」などには、必要がなければこだわりません。
 それよりも、そのときにそのことがあったことのほうが大切だからです。
 つまり、そのときに「自分が生きていた」ことが重要なのです。

 このページでは、すべて作品が横書きになっています。
 しかし、縦書きにしてもよいでしょう。むしろ、そのほうがよいかもしれません。
 五七七は、その内容が大切なのであって、書き方はどうでもよろしい。横書きの場合には、右から左に書いてもよいでしょう。さらに、紀伊国屋の布製の袋のように、丸く渦巻き状の書き方になっていても一向にかまいません。
 自分で読めたら、それでいいんです。

 以上のように、五七七は非常に「簡単な約束」や「単純な仕組み」からできています。
 細かい約束がいっさいない「自由律の短詞形」だからです。あたかも、ゲートボールが新しいゲームであっても、その規約が簡単であるので、ゴルフなどの大がかりなものと比べて誰でも楽しめるのと似ています。
 やっていて楽しいということは、非常に大切なことと思います。

 橘曙覧(たちばなのあけみ)の『独楽吟』という作品があります。
 「どくらくぎん」と読むのか、「こまぎん」と読むのか、私にはわかりません。そこには、一連の優れた作品が連なっています。短歌の形式をしているのですが、それが読まれるというよりも、作者ご自身の楽しみのための調べとでも言った調子なのです。
 例えば、

    <たのしみはそぞろ読みゆく書の中に我とひとしき人を見し時>

というのがありました。
 私(黒田康太)も、まったくその通りだと思って、はたと膝を打った次第です。
 そこで、私も

    よい本は、心の友か、夢の世界か?

というような作品を即座に作りました。
 私のは「独楽」というよりも、むしろ「我楽多」(がらくた)の感じです。つまり、「たのしみは……」がかなり独りよがりなのでしょう。しかし、それはそれでいいんじゃないでしょうか。
 そもそも、私たちがこの「五七七」を作るのは、自分自身の「生きている証明」でもあるのです。したがって、結果的には「生きていることが楽しい」ことになるでしょう。
 そんなねらいもあるのです。

 私の大好きな作者の有名な俳句があります。
 それは、

    <菜の花や月は東に日は西に>

というのです。
 実に雄大な美しい光景です。まるで、大自然が一幅の素晴らしい絵になっているようです。

 しかし、私は不遜ながら思うのです。それは、「日は西に」という表現なのです。
 最後の五文字に収めるためにでしょうか、それとも余韻を残すためでしょうか。
 日は、むろん「夕日」のことです。「日は西に」ということで、「夕日」だとわかるのですが、その沈もうとしている雄大さに対して、ちょっと言葉に物足りない感じがしないでもありません。

 なぜならば、ここで「月」と「日」はアントニム(antonym 反義語・反対語)の関係かシノニム(synonym 同義語)か私にはわかりませんが、実にうまい使い方だと感心します。しかし、たとえトゥトロジー(同義反復)と言われても、「夕日は西に」と言いたかったのを文字数の都合で、仕方なく「日は西に」にしたんじゃないかと何となく思うんです。

 次は、私が夕日を歌った五七七です。

    あかあかと、あかあかあかと、あかあか夕日!

 これは、誰かの作品の真似をしたわけではありません。
 鎌倉時代、栂尾(とがのお)高山寺の明恵上人(みょうえしょうにん)は

    <あかあかやあかあかあかやあかあかやあかあかあかやあかあかやつき>

と詠んだそうです。
 最後の「つき」は「月」のことです。太陽でなく月の光を赤々と感じたのは、かなり繊細な感覚の持ち主だったからでしょう。
 この作品に対して、宮柊二さんは

 <清浄で幼童のような心境を上人自身のものにしようといった気持も想像されるのです。ですから、わずか三種のことばを用いた単純なしくみでも心境を伝えることができるのです。>

と言っておられました。

(注) かつて私は、そのようなお話を宮柊二先生から直接に聞いたことがあります。
 実際に、
    宮柊二『短歌のしるべ』(東京美術)の「1 歌はだれにでも詠める」
にも、そのとおりのことが書き残されています。


 私は、あまり芸術性の問題を考えていません。なぜならば、自信がないからです。したがって、言葉の語呂合わせ(ごろあわせ)であってもかまわないのです。
 上記のほかにも、たくさんあって一例として

    いきいきと、いきいきいきと、いきいきと生き。
    うむうむと、うむうむうむと、うむうむと有無?

などです。
 最後の「有無」は、ちょっと哲学的でもあるので、単に「生む」または「倦む」(うむ。飽きること。いやになること)などとしてもよいでしょう。

 ちょっと堅苦しいことを書いてしまいました。
 しかし、そんなことは大げさに言うほどのことではなく、実際は「五七七」でなくても、何でもよいのです。例えば、「七五三」でもかまいません。自分ができればよいからです。つまり、ここでは「五七七の工夫」によって、自分自身の一つの楽しみがえられればよいのです。
 最初から「仲間を増やそう」とか、誰かに「評価をされる」ことなどは、あまり気にすることはありません。

 ただ、「七五三」とすると例えば、

    はるかな記憶、いつの日か、失せる。

などのように、どうも全体のまとまりが付きにくいようです。最後の三文字では言い足りないからです。「菜の花」のところに述べたように「五文字」でも足りなく、「七文字」くらい欲しいからです。
 また、最後を「三文字」にすると、何となく語調というか言葉の調べがよくないようです。

 そうかと言って、「五七七」としても、必ずしも厳格でなくていいんです。
 例えば、

    ギガンジウム、大きな玉、紫色の。

のように、上の句は「一文字余り」、中の句では「一文字足らず」です。つまり、「六六七」のような調べになっています。そのくらいの文字の揺れは、まったく問題になりません。
 言ってしまえば、所詮すべて何事も自分だけの空間になってしまうからです。むろん、賛同者を拒(こば)んだりはしませんが、一人だけでもいいんです。
 文学作品というような大げさなものでなく、脳の活性化としてするんですから、……

(注) 「字余り」については、正岡子規が『字餘りの和歌俳句』という文章を残しています。
 私(黒田康太)は、「字余り」についての考え方に参考にさせていただいたので、ここに付記しておきましょう。
 そこには、おおよそ次のような意味のことが書かれていました。

 <短歌は、三十一文字と定まっているのを三十二文字ないし三十六文字としたり、俳諧は十七字と定まっているのを十八字ないし二十二三字にも作る事がある。これを「字餘り」(字余り)と云う。
 そして、字餘りを用いるは例外の場合だと考える。

 三十一文字と定めたり、十七文字と定めたのも、人間が勝手に作ったものだから、それを常に用うべきにあらずとは笑ふべき謬見(びゅうけん)だと私(正岡子規)は思う。
三十二字の和歌や三十三字の和歌、十八字の俳句や十九字の俳句などは、字餘りというよりか新しい調べの韻文と言ってよいだろう。

 或人は「字餘りの和歌や俳句は句調が悪く、口にたまる心地がするから好んで用いてはいけない」などと言う。しかし、「句調が悪い」とか「口にたまる」とか言っても、三十一字または十七字を標準とした場合の比較であろう。

 そんなわけで、習慣から句調がよいとか悪いということがないではない。
 例えば、「五」「七」は調子がよいので、漢詩には「
五言」(ごごん)「七言」(しちごん)が多い。
 また、日本には「五七調」または「七五調」も多いことだ。
 しかし、それが唯一の好調とするのは
固(もと)より僻見だろう。

 三十一字の和歌や十七字の俳句は、今日ではちょっと陳腐になってしまったから、現在は少くとも三十二〜三字又は十八〜九字の新しい調べを作る必要がある。
 卑俗な都々一(どどいつ)でさえ、初めは「七、七、七、五」のみの句調だったのが、後で「五、七、七、七、五」の句調や「七、七、八、五」の句調に至った。都々一でさえこのような進歩をする。歌人や俳諧師は、大いに反省をするべきであろう。

 なお、和歌の字餘りには古來
から遵奉(じゅんぽう)してきた法則があるようだ。
 それは、「ア」「イ」「ウ」「オ」の四母音ある句に限って字餘りを許していたこと。三十一字を標準として考えると至當ではあるが、字餘りを姑息(こそく)
なる例外物としないで、一種の新調とする上は母音子音の區別はあながちに之れを言う必要はない。>


 字余りについて言えば、作品の字数よりも「その内容を言い切る」ことのほうが大切です。次の作品を見てください。立川市錦町五丁目の立川第七小学校に貼ってあったものです。何とも自由奔放で、おおらかな作品です。この新句(十九音)でも、そうありたいものです。




 五七七では俳句や短歌の作品ではありえないようなくだらない内容でもOK。観賞用というよりか、自分自身の「生きている証明」ができればいいのですから。また、盗作まがいの意味のないものや駄作でもよろしい。さらに、意味不明でも自分がわかればよいのです。

    あいうえお、いろはにほへと、ひふみよいむな?
    いろはにほ、へとへとちりぬ、えひもせすうん。

 さらに、自分自身への覚えや愚痴であってもよいでしょう。

    「どっこいしょ」・「面倒くさい」を言わないように!
    ビタミンは、身体(からだ)の中で、作られている。
    年取ると、なぜか身体の節々痛い。
    タブプラザ、すべて忘れて、元の木阿弥(もくあみ)。
    「そうかなぁ」「本当なのか?」と迷いておりぬ
    人生は、空しかるべき一連なのか?
    含蓄のある言葉など、覚えておこう!
    体調が、優れぬときは、じっとしている。


 まったくまずい作品ですが、考え方の一例としていくつかを示しておきましょう。
 なお、ふりがなは小さいルビを用いずに、かっこの中に記します。上の身体(からだ)のようにです。つまり、「身体」は「しんたい」と読まずに「からだ」と読むことを示しているのです。ふりがな以外の原綴りも、かっこの中に記します。
 例えば、ホメオスタシス(homeostasis=恒常性)などのようにです。


文字数と句読点

 新句(十九音)は、五字・七字・七字を原則としますが、字余りや字足らずはいっこうにかまいません。ふつう、最初の五字を「」(うえ)、次の七字を「」(なか)、最後の七字を「」(した)と呼びます。この「上」「中」「下」すべて、つまり全体を「」と呼びましょう。
 「句」とは、ここでは文章の一区切り(ひとくぎり)を言います。つまり、二つ以上の単語が連なって何らかの意味を表すものです。「句」は、古くから漢詩や和歌や連歌、そして俳句などで、字数・字音によるひとまとまりのことも言いました。
 しかし、ここではあまり難しく考えないでください。

 そして、ふつう上と中と下の間には読点(、)、そして下の下(最後)には句点(。)をつけたらよいでしょう。
 むろん、「上」「中」「下」の間に、「、」がないことや、最後に「。」がないこともあります。
 さらに、「上」または「中」または「下」の途中に「、」があってもかまいません。
 ただ、一つの新句の中に「。」は最後に一つあるのが原則です。
 むろん、句の中に「。」がある作品もあるでしょう。

     <人も馬も道ゆきつかれ死にヽけり。旅寝かさなるほどのかそけさ>(釈迢空))

     <野に生(お)ふる、草にも物を、言はせばや。涙もあらむ、歌もあるらむ>
                                  (与謝野鉄幹『鉄幹歌集』)

などのようにです。
 しかし、新句では「。」を一句の終わりとみなします。ですから、途中には「。」を付けないように習慣付けたほうがよいでしょう。

 ときによっては、疑問符(?)や感嘆符(!)、さらにはやくもの(※や(^_^)のような記号)などを入れることもできます。むろん、最後だけでなく途中にそれらがあっても結構。ただ、途中に「?」「!」などがあるときは、その後に一文字か半文字の空き(スペース)を入れます。例えば、

     生きざまは、平凡であるか? 私の場合。

の「?」と「私」の間のようにです。
 ただし、上の作品は「中」が一文字の字余りになっています。また、疑問文であっても「?」で終わる必要はないでしょう。
 さらに、「上」「中」「下」すべてに同じものが付いていても、いっこうに差し支えありません。

     何故か? 襲いてくるか? 錯覚なのか?

のようにです。
 全体として、「いったい何のことじゃ?」と言われても、自分自身でわかっていればよいのです。

 つまり、「、」「。」「?」などは作品を読みやすくするためのものです。中には区切ることのできない文節もあるので、その場合には入れません。例えば、

    きょうは雨、スカルラッティの曲を聴く楽しみ

などのようにです。
 つまり、アンダーラインを引いた部分はつながっていますから「、」は入りません。
 また、

    いつか見た広々とした景色の中に。

のような作品には、その途中に「、」が一つもありません。
 なぜならば上の例は、いくつかの連作の一つとして置かれる性格をもった内容のものですから、それ自体で一構成単位になるからです。

 作品にタイトルを付けたいときには、文頭のかっこに入れるとよいでしょう。また、後の整理のために一連番号が必要なときは、『万葉集』などのように最後にかっこの中に入れて付けたらどうでしょうか。作品に番号を付けておくと、作った数がわかって励みになるかもしれません。

    (いつか見た絵) ……、……、……。(123)

 私は上のようにしますが、タイトル部分と本文は一文字分の空きを入れるとよいでしょう。


文字数の揺れ

 やってみるとわかることですが、あまり上中下の文字数にこだわる必要はありません。
 最初の五字を「」(うえ)、次の七字を「」(なか)、最後の七字を「」(した)と呼びますが、それに含まれる文字数のことです。この「上」「中」「下」すべて、つまり全体の「」の文字数を考えてくだされば、いいのです。十九音というのは、作品の大きさがそのくらいであったらよいということです。
 例えば、

    やってみて、つくづくわかる、簡単なこと。

という作品があったとします。
 いちおう五七七に並んでいます。つまり「やってみて」と「つくづくわかる」と「簡単なこと」です。
 しかし、考えてみれば

    やってみて、簡単なこと、つくづくわかる。

のように、「中」と「下」を交換しても五七七には変わりありません。
 それでは、

    つくづくわかる、簡単なこと、やってみて。
    簡単なこと、つくづくわかる、やってみて。

とすると七七五。さらに

    つくづくわかる、やってみて、簡単なこと。
    簡単なこと、やってみて、つくづくわかる。

の二つは、七五七。でも、あまり内容に変わりありません。
 つまり、五七七が七七五でも、七五七になっても内容が変わらない場合があります。そんなわけで、そのようなときは全体が十九音くらいで収まればいいと考えればよいでしょう。
 そして、原則を五七七と考えていれば、上のような文字数の揺れには、あまり気を使わなくてもかまいません。
 この新句(十九音)では、作品の調べやリズムよりも、それが作者の「生きている証明」になるということのほうが、大切だと考えるからです。


作品のスタイル

 作品のスタイルには、さまざまなものがあります。
 短歌にしても、上の句・下の句に分けて二行に書くもの。
 あるいは、石川啄木のような三行にしたり、字下げをするもの。例えば、

    <東海の小島の磯の白砂に
     われ泣きぬれて
     蟹とたはむる

     呼吸(いき)すれば
     胸の中にて鳴る音(おと)あり
       凩(こがらし)よりもさびしきその音(おと)!>

などのようにです。
 さらに、橘曙覧のように五行が好ましいもの。例えば、

     <たのしみは
     まれに魚煮て
     児等(こら)皆(みな)が
     うましうましと
     いひて食ふ時>

のようにです。

 しかし、この新句(十九音)では細かい注意は必要ありません。ふつう、一行に書いてしまえばよろしい。そして、最後に「。」を付けておきます。そこで、終わりだということを知らせるためです。
 短い十九音ですが、その中では自由な韻律でかまいません。
 むろん、七五調が含まれていてもよいのです。必ずしも「五・七・七」で区切られる必要はないのです。本当は、今様歌のように七五調四句、つまり四十六音ほどあればよいのですが、何しろわずか十九音です。その中で工夫をするのですから、ちょっと大変です。
 しかし、そんな工夫が老化予防の一助ともなるでしょう。


作品の説明文

 新句には、説明文を覚えとして添えておくとよいでしょう。その説明文は、前に置いても後ろに置いてもいいんです。下の三つは、最初のが後ろに置いた例、二番目が前に置いた例。むろん、前後においてもかまいません。
 しかし、前にも後ろにも、説明文がまったくなくてもいいんです。

(例1)

 己(おのれ)のみ、歩いてゆこう、己の道を。

 何となく高村光太郎の「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる……」(原文と違うかも?)に似た心境ではないでしょうか。
 五七五でしたら、「己の道を」とできませんから、「わが道を」とすることでしょう。すると、引き締まってはいるが、余韻がなくなってしまいます。そんなふうに考えるのです。


(例2)

 手術後、いつとはなしに体調を崩して、とうとう病膏肓に入(やまいこうもうにい)ってしまった。
 そんなことを考えて、ちょっとガックリしている今日この頃。

 書き足して、病(やまい)八百(はっぴゃく)、膏肓(こうこう)に入る。


(例3)

 立て札(御法度 ごはっと)調のものもあります。下の作品は、私が作ったのではありません。

 この柵に入るべからず警視庁(^_^)

 乞田川に大栗川が合流して、さらに少し行って多摩川に合流。そこに、警視庁の警察犬の訓練所があります。すぐ近くの鎌倉街道の基地から数匹をバンに乗せて、訓練に来ていることがあるんです。その場所に、立て札がありました。最後の(^_^)は犬の顔を示しているようです。
 したがって、(^_^)は文字ではありません。それでも、二文字と考えるのです。五七七とは、そんな気楽な姿勢でいいんです。

 さすが、昔の官憲が「おい、こら!」と言った時代は過去のことです。
 それでも「入るべからず……」などと、つい最近までやっていました。しかし、新しく看板を作るに至って、文字も変わったみたい。



 おわかりでしょうか。
 「入るべからず……」が、「入らないで下さい。」になっているではありませんか。
 なお、ちょっと向こうにぶら下がっている札に、やはり犬の絵が書いてあります。そして、もっと向こうに見える掘っ立て小屋のようなところが、犯人役の係官が隠れるところなんです。私は一度、訓練をやっているところを見て、ちょっと感激をしたんです。


おわりに=作り方のこつ

 以上の説明では、ちょっと無責任かもしれませんので、最後に五七七の作り方のこつをいくつか述べておきましょう。
 五七七は短歌や俳句などと同様に、文字数の制限があります。したがって、意見や感動を随筆や流行歌のように全部を詳細には言えません。そこで、ひかえめにピリッと響くように言います。もしも、一つの作品で言い切れないような内容は、いくつかを並べる連作にしたらよいでしょう。

 何もむずかしいことではありません。日常生活の中で、
     はっとした感動や、おやっと思った意外性
     つくづくと思ったことや、思い知らされたこと
     自分なりに感激をしたことや、納得をしたこと
     その他、何でもよい
などが、素材となるのです。
 したがって、種切れになることはないでしょう。

 このように、五七七は気楽に作ることができます。どうぞ、皆さんも自分で自分のやり方を思い思い決めてください。まったく新しい短詞形ですから、各自が考えたようにすればよいからです。
 なお、実際の作品例は「青空のホームページ」の「創作ページ」にある「新句(十九音)」ちゅうところにあります。


Kuroda Kouta (2007.01.01/2012.01.09)