総トップページにジャンプ

  知足庵門の彫刻



はじめに
知足庵門
門表側の彫刻
門裏側の彫刻


はじめに

 知足庵門には、素晴らしい彫刻がしてあります。それをいくつかに分けて見てみましょう。


知足庵門

 茶室の門になっています。右の柱には、「茶室 知足庵」。左の柱には、「鳴き龍拝観」。




 この門の額。




 右の梁先端。




 左の梁先端。




門表側の彫刻

 すばらしい作品を見ていきましょう。人物を中心にして、トリミングをしました。もしかしたら、抜けている箇所があるかもしれません。まず、門表(おもて)側の右から左へと見て行きましょう。表(おもて)一枚目。




 表(おもて)二枚目。見事な木目に注目してください。




 表(おもて)三枚目。二人の人物がいます。




 表四枚目。




 表五枚目。




 表六枚目。




 表七枚目。おんぶされた子どもがいるようです。




 表八枚目。




門裏側の彫刻

 裏側も、やはり右から。つまり、表側の八枚目の後ろが裏側の一枚目になっています。裏一枚目。




 裏二枚目。




 裏三枚目。




 裏四枚目。




 裏五枚目。




 裏六枚目。




Kuroda Kouta (2010.03.29/2010.03.29)