朝顔まつり(2006年)

2006年7月6日〜7月8日の、朝顔まつりの様子です。
地元では「朝顔市」と呼んでいます。
・・・もしかしてうちだけか?
とにかく、ここでは朝顔市と呼ばせていただきますね。

以下の撮影日は、7月6日。
あいにくの曇り空でしたが・・・。
でも去年は雨だったらまだましですよね。


鶯谷駅周辺
JR鶯谷駅周辺です。
今年はなんと、車道が歩けるようになっています。
ここに住んで20年以上たってますが、
こんな光景を見たのは初めて。


鶯谷駅側から見た朝顔市
鶯谷駅側から見た朝顔市。
「朝顔音頭」は流れていないんですね。
まだ明るいからでしょうか。


朝顔売ってます
朝顔、売ってますよ〜。
通りのこちら側は、ぜ〜んぶ朝顔。


反対側は屋台
で、反対側は屋台です。
この風景は毎年かわりませんね。


ラムネ
あ、ラムネラムネ。
夏、お祭りといえばやっぱりラムネ。


ソースせんべい
こちらはソースせんべい屋さん。
個人的には、コンデンスミルクを塗るのが好きだったり。


スマートボール
ソースせんべいの枚数は、スマートボールで決まります。
う〜ん、こういうのがお祭りっぽくていいですよね。


中間地点
このあたりが中間地点。


入谷鬼子母神
人でごった返す入谷鬼子母神。
ちなみに、本来鬼子母神の「鬼」の字は、
一画目がありません。
これは、「鬼」が最後にはいい人になって
角がとれたから、というお話に由来するそうです。
残念ながら、PC用のフォントにはない・・・。
せっかくですのでさらに豆知識。
「恐れ入谷の鬼子母神」とよくいわれますが、
入谷鬼子母神の現在の住所は下谷(したや)。
で、「びっくり下谷の広徳寺」は、
現在の北上野のほうにあったとか。
今はなくなってしまいました。
練馬のほうへ移ったらしいですね。


入谷駅側からみた朝顔市
東京メトロ入谷駅側から見た朝顔市。
朝顔市は、
鶯谷駅と入谷駅にはさまれたところでやっています。
ああ・・・、ぶれてるなぁ・・・。


門
入谷駅側にある門(?)。
同時期に、合羽橋通りで七夕様もやってます。
小さいころは、そっちもよく行ったなぁ。
毎年ポン菓子やら紙芝居やら
駄菓子屋やらちんどん屋やら、
いまや珍しいものが必ず来てましたよ。
今もやってるのかなぁ・・・。


路地裏でも朝顔市
朝顔市のメイン会場は言問通りですが、
路地裏でもやってます。
地元の会社が独自にお祭りを企画していたり・・・。
ちなみにここをまっすぐいくと、わたしの家です。



戻る

トップに戻る