概要
2対2のペアで戦うトリックテイキングゲームです。
味方同士でカードをパスしあいましょう。あるいは相手のパスをカットしましょう。


プレイ人数
4人


使用するもの
このゲームではジョーカーを除いた52枚のトランプを1組使用します。


ゲームの準備
0.プレイヤー2人ずつでのペア戦です。4人のうち、自分とペアになる人は自分と隣り合うように、輪になって座ります。

1.何らかの方法でディーラー(カードを配る人)を決めます。

2.ディーラーは52枚のカードを裏向きに配ります。各プレイヤーに13枚ずつ配り切ります。このとき、自分に配る最後の1枚だけは表向きに配ります。
 こうして表向きに配られたカードと同じスートが切り札です。切り札については後の章でくわしく説明します。
 配られたカードを「手札」と呼びます。手札の内容を知ることが出来るのはその手札の持ち主のプレイヤーだけです。手札を自分以外のプレイヤーに見せたり、手札の内容を教えたりしてはいけません。

3.各プレイヤーは自分の手札から自由にカードを2枚選び、自分のパートナーと交換します。
 交換するカードは相手から送られてくるカードを見ないで選んでください。パートナーとの相談も禁止です。(注)


ゲームの進行
ディーラーの正面に座っているプレイヤーからゲームスタートです。
1.最初にカードを出す人をリーダーと呼びます。リーダーは自分の手札から好きなカードを1枚選び、自分の前に出します。

2.残りのプレイヤーも順に1枚ずつ手札からカードを選び、それぞれの前に出します。
 カードを出す順番は、リーダーのパートナーが最後にカードを出すような順です。すなわち、パートナーがリーダーの右隣にいたら時計回り、左隣にいたら反時計回りです。
 リーダーと違い、残りのプレイヤーは出せるカードに制限があります。リーダーが出したカードのスートと同じスートのカードが手札にあれば、その中の1枚を選んで出さなければなりません。同じスートのカードが無い場合はどのカードを出してもかまいません。

3.4人全員がカードを出したら、その中で最も強いカードを出したプレイヤーが得点を得ます。得点は、そのプレイヤーが4人のうちで何番目にカードを出したかによって決まります。

「パス」……4人目のプレイヤー、すなわちリーダーのパートナーが最も強いカードを出した場合、得点は4点です。
「カット」……2,3人目のプレイヤー、すなわちリーダーと異なる陣営が最も強いカードを出した場合、得点はそれぞれ2人目なら2点,3人目なら3点です。
「ラン」……1人目のプレイヤー、すなわちリーダーが最も強いカードを出した場合、得点は1点です。

得点は、自分と、それより手前に出されたカードを集め、得点者の前に伏せて置いておくことで数えるとよいでしょう。

カードの強さは以下の通りです。
・スートの強さは、切り札のスートが最も強く、次にリーダーが出したカードのスートが強い。それ以外のスートのカードは最も強いカードにはならない。
・同じスートのカード同士ではAが最も強く、以下、K,Q,J,10,9,8,7,6,5,4,3,2の順に強く、2が最も弱い。

4.先程最も強いカードを出したプレイヤーが次のリーダーとなり、残りの手札から自由にカードを選んで出します。
 以下、最後の手札がなくなるまで1~3を13回繰り返します。


ゲームの終了と勝敗
全員が13枚の手札をすべて使い切り、最後の1周の得点計算をしたらゲーム終了です。
パートナー同士の得点を合計し、得点が高いほうの陣営が勝利です。
時間があるならば、全員がディーラーを1回ずつ行うように4回ゲームをおこない、合計点が高い陣営の勝利とするとよいでしょう。


(注) カードの交換やプレイに関して、事前の相談は自由に行って構いません。
たとえば、「渡したカードの中で一番ランクが低いカードを最初に打ち出してほしい」などと決めておくことで、パスを回しやすくなるでしょう。


戻る
トップ