「ボンバーズ」とは

チューブで川下りをする事に、あまりコダワラズ、かなりガンバラズ、つまり雨ニモ風ニモ負ケル不マジメ軟弱チュービングチーム。

「ボンバーズ」と言う名前は、一緒にチュ−ビングに行く仲間達へHARiが適当に付けた、川下り活動初期の頃の名前。
仲間の一人がチューブの事を、突然「ボンバー」と呼び始めた事に由来する。



「ボンバーズ」そのメンバー

特にメンバーとして決めている訳ではなく、このキワモノ川下りに付き合ってくれるような変わり者が少ない事から、計らずして顔ぶれが毎回同じであった。

HARi

キャニオン・チュービング活動の考案者及び、このホームページの作者。

兵庫県のとある田舎村で、「好きな事しかやらない」をモットーに、その通り好きな事をして、又は何もしないで過ごしている。
暑さ寒さに弱いので、冬は布団の中、夏は水辺にいる事が多い。

アオダチ

チューブで川を下るきっかけとなった、最初のトライツアーを、HARiと一緒に行った変わり者。

只今アメリカの乾いた大地にて怪しくキャンプ生活中。
日本の川を想いつつ、金が無くて帰国出来ずにいる。
もうすぐアメリカ人になれる、ハズ。

・・・・なのであったが、とある事件を起こして米国政府から強制送還を言い渡され、2002年に帰国。
事件とは何か! その顛末は、 ハーレー乗りの雑誌「VIBES」vol.105、vol106「とらぶるちゃんぷ」のコーナーに記載されているが、まあ読まないほうが良いでしょう。

現在は、美瑛に拠点を置いている。
タマに、仕事と遊びで本州近辺に出没。
urandan

野性的カンと、持ち前の体力でなんでもこなす、才(砕)女。
ボンバーズの遠征では、彼女のデカグルマで出撃する事が多い。
ちなみに大型免許、クレーン、フォーク免許まで持って、颯爽と生コン車の運転業務に勤しんでいたが、
「一度でイイから、ヘルメットを被らずに済む仕事をしてみたい」
というのが彼女の達ての望みでも有り、その通りにヘルメットの要らない職場に転職した。
そんな彼女は筋肉番付にも出場したというが、結果は?

ここ数年、主婦業を全うしているのか、まったく連絡をよこさなくなった。

yasu

名古屋のどえりゃあ街ん中で建築事務所を営む社長さん、兼、社員一同。

常識的観念で動いているように見せておいて、楽しく裏切ってくれる、かなりのエンターティナー。
アメリカでは”日本人=シャイ”のイメージを覆すことに大きく貢献した。(→ロスにて)
バイクでもチューブでもバック転が得意。
りちゃあど

引原川が初川下り。イキナリの激流ツアーとなる。


川を下っている時の顔がリチャード・ギアに似ている。
(※左の画像はハメコミ合成です)


ずっと音信普通だけど
、JNCCパンゲアで偶然出会ったね。