Ritsumeikan Criticism Society for Japanimation
立命館ジャパニメーション批評協会
HOME ABOUT TEST WORK BBS LINK MAIL

正しいラノベの楽しみ方

数年前からですかね、ラノベ原作のアニメが最近多くなってきています。クオリティはさておきラノベが好きな自分としては嬉しい限りなのですが、やはり楽しめない方も多いようです。今回はそんな人達のためにラノベ及びラノベ原作アニメを楽しむ方法を書いておきます。当たり前の事しか言えませんが・・・

その1.少年漫画だと思って見ましょう。

ラノベなんていうものは所詮“ライトノベル”。そこらの文学的な小説なんかとは違います。
某ラノベ作家はラノベをジャンクフードと言っておられますし、シナリオに期待なんてしてはいけません。主人公が武器ならなんでも扱えちゃうなんて超設定は朝飯前、主人公はどんなに力を消耗しても0時になれば回復しちゃうんです。主人公は死なないんです。どんなに絶望的な状況でも切り抜けられるんです。でも皆さん、これを少年漫画だと思ってみると許せませんか?そう、ライトノベルというのは少々文が多い少年漫画なのです。深く考えずにパラパラとページをめくって楽しむのが一番。間違っても小説を読む気にならないようにしてください。そうすればラノベのストーリーだってきっと楽しめるはず!

その2.自分の好きな絵を

どんなに頑張っても話を楽しめないという皆さん、あなたは本を選ぶ時点で既に間違っていたのかもしれません。どんなに文のほうが多いとはいえラノベにとって絵は重要な要素の一つなのです。ラノベを選ぶ時はできる限り自分の好きな絵の本を選びましょう。稀に“ま○らほ”などというイラストだけの本もあったりしますが、そんな地雷に引っかかった時は少々高いその絵師の画集を買ったと思って諦めましょう。私も“灼眼のシャナ”と“涼宮ハルヒ”を半ばいとうのいぢの画集という感覚で購入しています。誤解を招くといけないので断っておきますがこの2つは純粋に話も面白いと思っていますよ。ただ読む時間が無いだけで・・・とにかく、まずは自分の好きな絵を選ぶ。イラストが自分好みというだけでそのラノベを全肯定できるものです。小説を選ぶ時は絵以外に選ぶ要素が余りないのも事実ですが・・・

その3.前向きに捕らえてあげましょう。

ラノベ原作アニメを見る時は素直に真正面から見てはいけません。もちろん物理的な意味ではなく精神的な心構えですよ。ラノベが好きな私だってラノベ原作アニメで素直に楽しいと思える作品は中々ないものです。見ていて正直つまらないと思うほうが多い。そんな時は真正面から見るのではなく色んな方向から見てみましょう。ストーリーが駄目なら作画を、作画も駄目なら声を、声も駄目なら・・・きっと何処かに面白いところがあるはずです。作品のいい所を探してあげるのは視聴者の義務です。後は、可能ならば何処かの実況に参加してみる良いでしょう。一人で見るより皆で騒いだほうが楽しいものです。どんなにダメな作品でも皆でさわぐと30分間があっという間になります。むしろダメな作品の方が楽しい時すらあるわけですが。実際、私は灼眼のシャナの時にそれを実感しました。
原作ファンである私にとってあのアニメは耐え難いものだったわけですが、○葉の実況に参加していたおかげで最後まで見ることができました。そのお陰で能登の素晴らしいご乱心振りにもめぐり合えたわけです。何事も前向きにいい所を探してあげれば何処かにいいところがあるはずですし、きっと良い事があります。


こんな感じでいかがでしょうか?ホントに当たり前の事しか言っていない気がしますがこれが私の限界です。いやホントは他にも言いたいことがあったはずなんでけど忘れたんですよ・・・それに久しぶりに文章書いたら疲れました。後は皆さんが各自で楽しむ方法を探してみてください。ラノベ原作アニメはダメな子が多いですが、できない子ほどかわいいとも言います。皆さん、是非優しく生暖かい目で見守ってやってくださいね。

Counter

Copyright (C)2006 RICS(Ritsumeikan Criticism Society for Japanimation). All rights reserved.