わらび福祉園

 わらび30年の歩み  わらびのアルバム  機関紙「ラポールわらび」 わらびのアーティストたち  
 平成27年度の事業計画  平成26年度の事業報告   「ラポールわらび」記事セレク もう一つのHPG「ラポールわらび」
 施設の概要

施設設置主体 社会福祉法人あさみどりの会
事業の内容  ■障害福祉サービス事業 (就労支援事業・就労継続事業B型・生活介護事業・日中一時支援)
          ■共同生活援助(グループホーム5カ所26名居住)    ■ 居宅介護事業・移動支援事業    ■相談支援事業
定員及び職員数 定員44人 常勤職員20人
施設の規  敷地面積 1,614㎡  障害福祉サービス事業用建物面積546.17㎡
主な授産種目 自動車・工作機械・電気器具等の部品加工及び組付作業、軽作業、焼き菓子製造
開設認可年月日   昭和57年4月1日      障害者自立支援法新体系移行年月日   平成20年4月1日
所 在 地  〒470-0224 愛知県みよし市三好町西荒田28番地    TEL 05613-4-5975    FAX 05613-4-5976
       
23年に管理棟を大改装しました   25年開設、5カ所目のホーム「風の家」 4か所目のホーム「家の家」 

   ■25年10月開設した「風の家」に「ヘルパーステーション笑の家」が移設し、その跡に26年7月「わら工房」(生活介護の分室)を開設。               

 1 利用者の状況(平成28年4月1日現在 利用登録者44名)

(1)年齢別・程度別内訳
                   年     齢           性別           障害程度区分      障害年金
   人数 10代 20代 30代 40代 50代 60代 区分3 区分4 区分5  区分6  1級  2級
 生活介護   39 10 12 33 11 14  22  17 
 就労継続B   5     5 
 就労移行支援    0      
   44 13  11  12       37 7  8  10  12 14 22  22

          ※重複する障害 視覚障害1名、肢体不自由2名、自閉症・自閉傾向14名、てんかん9名、ダウン症5人、その他4名

 (1)年齢別(平均36.6才)            (2)在籍年数別(平均18.6年)            (3)障害程度区分 全体平均4.2
     

     2 作  業   
      (1)作業種目等

         生 産・受 託 作 業 内 容    協力企業
【第1作業室】
金属加工…単能盤等を使用し、クランクワッシャー面取り加工作業他を行う。
手作業で自動車部品等の並べ作業を行う。
  村上製作所
  ウェルギコウ
  中部精工
【第2作業室】
 手作業で自動車部品等の組付作業を行う。
          トランク・オープナー等の部品組み付け 他
          
   三好化工
    Ì R T
  中部精工
  
 【第3作業室】
 焼き菓子の自主生産を行う。クッキーは受注生産に加え、JA三好、ガーデン(喫茶店)にて販売を行う。ベルギーワッフルは、バザー等に出品する
   
 【わら工房】生活介護中心の現場。軽作業・野菜栽培等  
     
  第1作業室(機械による自動車部品加工)  第2作業室(手作業で自動車部品組付け)  第3作業室(クッキーを焼いています)
     
 園芸作業(わら工房) レクリエーション(わら工房)  地元企業で施設外就労 
 
(2)平成27年度作業室別作業実績
          
  ( )内は前年度比増減
 ■第一作業室 5,907,985円(-967,525円)
  ■第二作業室  1,545,666円 (-188,659円) 
  ■第三作業室  91,500円 (-844,828円)

 
    合  計  7,545,151円 (-2,001,012円

 
(3)作業時間
8:45 9:00 9:15        12:00  13:00             10分         16:15  16:30
作業
準備 
登園     作     業     昼 食 
 休 憩
   作    業     休憩     作   業     着替え
帰宅 

(4)工 賃  
  別に定める工賃支給基準に基づき、年3回の評価会議で各人の工賃を決めています。
  工賃の支給日は毎月25日です。工賃は日給×出勤日数で、作業実績に応じて6月・12月にボーナスを支給しています。
  平成26年度の平均工賃(月額)は、13,392円です(前年比+25円、最高42,162円、最低780円)
 ※内訳=生活介護13,196円、就労移行支援=16,526円
 

 
 3 本人の活動
 ①山の家合宿(全体を4班に分けて、5月~6月の間に各2泊3日で実施)
 ②わらび秋まつり(10月10日:平成27年から変更。
 ③親子一泊旅行 (27年10月3班に分かれて実施、鳥羽:志摩スペイン村。
  他に「みんなの運動会」「クリスマス会」など社会参加の機会を作るようにしました。

                
4 保護者の活動
 ①親学習会 年9回(1回1グループ)障害者福祉学習等。
 ②施設活動参加 随時。実践参加、個別懇談、情報交換。
 ③各種研修、見学、行事の主催・参加
 ④父親懇談会 年2回開催(5月、12月)作業見学、施設の現状説明、制度改革の説明、職員と意見交換。
 ⑤自主活動 バザー班・フード班の2班に分かれて活動、自主グループ「ラポールの会」の活動など

5 地域の活動
 ①実習生の受入れ 主に学齢期における就労前教育の一環として実施。
 ②中学生・高校生・大学生の福祉体験学習受入れ。
 ③教育免許・介護福祉士・ヘルパー資格取得のための実習受入れ。
 ④見学者の受入れ ⑤ボランティアの受入れ ⑥わらび夏まつりの開催(7月12日)

 ⑤地域への施設開放 ⑧地域行事への参加・交流
     
 わらび秋まつり(28年は10月8日)
  一泊旅行で鳥羽・スペイン村  わらびの画家の絵がキャッシュカードに

6 共同生活援助事業所(グループホーム)の運営
  施設利用者が、親亡き後も地域で暮らしつづけることができるように、生活の知識と技術を身につけ、自己選択・自己決定が可能となることを願い、通所施設を拠点としたグループホーム・ケアホーム(以下ホームと略します)の運営に努めます。また、将来ホーム等での生活に備え、自立性を高めるためのホーム活動を希望する者について、生活実習を行っています。
  ホームでは、本人の自主性を尊重することと、他人との共同生活を営むことによる自由の制約との調和を図るため、スタッフによる支援活動が重視されることになります。そのため、支援スタッフ相互の連携を深めることと、バックアップ施設職員の応援、ボランティアの導入に努めます。
  平成16年度に日本財団の補助金を得て7人が入居する建物の建設を行い、平成17年4月から「笑の家」の名称で事業を開始しました。平成18年10月から「わらび共同生活事業所(ケアホーム)」として事業開始しました。
  平成25年10月第5ホーム「風の家」の事業開始
平成26年4月、ケアホームからグループホームに変更。事業所名も「わらび共同生活援助事業所と変更した。

□入居者の状況 計
    年齢層        性別      障害程度区分別      障害年金    事業開始 

  
   30代  40代  50代  60代   男   女  区分2  区分3  区分4  区分5  区分6   1級    2級   旧制度承認日 
 第1ホーム 2    2    1  1    5         2    1      3   2  平成3年4月1日
 第2ホーム          4              2   2   3     1  平成6年4月1日
 第3ホーム 1     2       4       1       2           4  平成8年4月1日
 笑 の 家 1  1      3   3        1       5    4    2  平成17年4月1日
 風 の 家 3   2  2       7        1     4    2    3    4  平成25年10月
   計   11 6    1  23   3    0   2  3  9   12   13   13  
                                             
 7 居宅介護事業所
 グループホーム「笑の家」の1階の一部に障害者居宅介護事業所「ヘルパーステーション笑の家」を開設し、平成17年4月から次の内容で事業を開始しました。平成25年10月「風の家」開設に伴い1階に移転。
 (1)事業の対象者 ①身体障害者、②知的障害者、③障害児
 (2)サービスの内容  身体介護、家事援助、移動支援(市町村事業)
 (5)営 業 日 月曜日~金曜日(必要に応じて土・日・祝日対応、ただし、12月29日~1月3日を除く)
 (6)営業時間   午前8時30分~午後6時(緊急の場合は対応)
 (7)サービス提供地域 主としてみよし市、愛知郡東郷町で活動する。


8 相談支援事業
  みよし市はもちろん、みよし市以外の相談者にも対応するため指定事業者となり、地域福祉の拠点として多様なニーズに対応する。、
     
あさみどりの会のホームページに戻ります
ラポールわらびのトップページに戻ります 





アクセス  
 公共交通機関利用の場合、地下鉄鶴舞線「赤池」駅から「裕福寺」行き名鉄バスで終点下車、徒歩15分。又は、
 名鉄電車本線「知立」から豊田新線「日進」間運行の名鉄バスで「福田北口」下車、徒歩5分。
 自動車の場合、駐車スペースがあります。三好インターから約15分。