English

 地下水のヒ素汚染は、1980年代より西インド、バングラデシュを始
めとするアジアの各地から報告されています。この汚染は、地下の
地層中のヒ素が、何らかの理由で地下水に溶けだしてきたものと考
えられています。
 私たち地下水ヒ素汚染研究グループは、ヒ素が地下水に溶け出し
たメカニズムを解明するため、バングラデシュ、ネパール、中国内
蒙古自治区を調査地域として、1997年より研究を続けています。 



行事案内・報告
最近の活動のお知らせ、報告などを掲載しています。                      
ヒ素グループについて
地下水ヒ素汚染研究グループの発足や、活動の経緯を紹介します。            
アーカイブ
地下水ヒ素汚染研究グループが発行・出版した論文および書籍の紹介です。
リンク
ここでは、アジアのヒ素汚染の調査・対策活動を行っている国際機関やNGOのページを紹介します。

メール このページに関する、ご意見ご感想をお聞かせ下さい。