. 高周波のページ (RF Engineer's page)

 

 

 

Last Revised: 28-Dec-2009 


このページは……
高周波設計、利用のための情報へのリンクを集めています。ここで扱う高周波とはメガヘルツ程度からギガヘルツ程度の範囲の周波数の電気信号や電波です。英語のRF(Radio Frequency)に相当するものです。ギガヘルツ以上のマイクロ波も扱っています。なお、音でも"高周波"という表現が使われることがありますがここでは扱いません。音の場合は超音波というほうが一般的です。

本ページおよびリンク先の情報を元に発生した障害・損害に関して 管理者は責任を持ちかねます。 利用者の責任において活用ください。 このページおよびこのサイト内( http://www.geocities.jp/rfpagejp/ )関連ページコンテンツの著作権は管理者に属しますがリンクはフリーです。リンクを張られる場合管理者にご連絡いただけると幸いです。 またリンク掲載をご希望の場合は管理者までご連絡ください。アドレスはページの最後を見てください。

 

    目 次 
     
circle09_green.gif ローカルページ
 

高周波設計ツール  オンライン、オフライン、設計用データ同軸ケーブルはなぜ50Ωか」のページなど

  FDTD

高周波回路シミュレータ、電磁波解析ソフト

  高周波関連 図書・文献 電磁界(場)解析、電磁気関連は高周波シミュレータ、電磁波解析ソフト
  trimer 高周波用 部品メーカー・商社
  speana

高周波用 計測器 (オシロスコープ、スペアナ、ネットワークアナライザなど

 

ユビキタス通信、UWBページ これからの情報通信、放送について

 

  

高周波関連その他リンク
    更新情報
circle09_green.gif 関連ページ
  EMCのページ旧EMC LINK (電磁波ノイズ対策情報.)
 

シグナルインテグリティ ページ ディジタル信号をいかに正しく伝えるかという技術です。データ転送速度が数百メガ/秒を超えるものが当たり前になってきていますがこれまでのディジタル設計の延長ではうまく動かないため重要な技術になってきています。(06/02/15 公開)

  超小型PC情報 DDS、変復調をはじめ高周波回路でもディジタルとのかかわりが切り離せない分野が多くなっています。
     
     

__高周波設計ツール (RF design tools)

 

 オンライン計算 (=ホームページ上で計算ができる)

計算メモ:

ストリップラインなどの伝送路の種々計算をするときに必要な主な誘電体の比誘電率εr

空気=1, エポキシガラス(一般的なプリント基板)=4.7, テフロン=2.1, ポリエチレン=2.3。

信号伝送路の周囲の絶縁材(誘電体)の比誘電率εrのとき信号(電磁)伝達速度vはv=1/(εr・ε0・μ0)^0.5。ε0、μ0は真空(空気)の誘電率と透磁率。真空(空気)中に置かれた理想金属のみで出来た伝送路の電磁信号伝達速度は一定で光速c=1/(ε0・μ0)^0.5。伝送遅れを少なくするにはεrが小さいものを選ぶ。

その他の一般物質の比誘電率 (Wikipedia)。

空気を取り込んだ発泡材でよりεrを小さくする場合の比誘電率εe=εr^(1-v)。vは空気の占有率。オンライン計算は→ 発泡材の比誘電率計算 (モガミ電線のHP。計算の中で出てくる略号の意味: PE=ポリエチレン、PP=ポリプロピレン、PVC=塩化ビニール, PTFE=テフロン。なお上の式の値と少し異なるようです。Nさんのご指摘により説明を追加。2007/7)
 参考ページ→伝送線路の特性インピーダンスとは

 オフライン計算、高周波教室、高周波設計ノウハウなど

 高周波(設計)用データ

PDFファイルを読むにはアクロバット・リーダ が必要です。
アクロバット・リーダはメーカーAdobeのサイトからダウンロード可(無料)

他のデータ準備中。こんな資料があれば便利というご意見があればe-mailください。

blue27_up.gif「高周波のページ」の目次へ戻る


 この位置にありました高周波シミュレータ、電磁波解析ソフトは移動しました。リンク先アドレスはemsim.html(2001/9/3構成変更)。

この位置にリンクされていた場合は申し訳けありませんが修正ください。

 


__高周波関連図書・文献 (RF literature, references )

 

RF設計一般文献リンク

電磁界解析、電磁気学関連文献リンク

その他高周波関連文献

blue27_up.gif「高周波のページ」の目次へ戻る

 

 

__高周波用部品メーカー・商社 (RF parts)

               ( EMC用はEMCのページEMC部品ページ参照)

2000/4月Milliren社長(40才前後)に会って話を聞きました。 アメリカのGPS(衛星利用位置検出システム)機器メーカからスピンアウトし10年前に独立したそうです。 GPSで位置を出すための基準に高安定水晶発振器が使われておりその技術をベースにしたとか。

blue27_up.gif 高周波のページの目次へ戻る

 

 


 この位置にありました高周波関連計測器は移動しました。リンク先アドレスはkeisokuki.html(2001/9/9構成変更)。

この位置にリンクされていた場合は申し訳けありませんが修正ください。

 


__高周波関連その他リンク ( other RF links )

    (EMC用はEMCのページから)

 

 
  スペクトラム拡散は周波数変調,位相変調などを組み合わせて電波のエネルギーを複数の周波数成分に拡散して無線送信する方法の総称。Bluetoothもスペクトラム拡散を用いているが、同じ空間(オフィス、家庭内など)で通信できる容量がより大きく外乱も受けにくいUWB(Ultra Wide Band)方式などが考えられている→通信容量比較図

  これからの情報通信環境は"ユビキタス"(ubiquitous どこでもという意味) といわれ、オフィス・家庭の内外どこからもPCに限らずいろいろな手段でネットワークにつながるようになるといわれている。高周波のみならず世の中を巻き込む大きな変化と思われ、これに関する情報をユビキタス通信ページとして別ページにまとめています。

 

blue27_up.gif 高周波のページの目次へ戻る

 


●「高周波のページ」をご利用いただきありがとうございます。これからも高周波関係者に役に立つページとなるようにして行きたいと考えております。できるだけ客観的な情報掲載を心がける方針です。
 本ページに関するご感想、不具合点のご指摘、改良案、高周波に関するご意見などをお寄せいただければ幸いです。→ (迷惑mail対策のためリンクを外しています)

 

  大   小 ←. 「高周波のページ」リンク用アイコンとしてお使いください。


関連ページ、他


 

1 1 11