リリース:1966年7月
作曲:B.Bogle, N.Edwards, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『二人の銀座 "Ginza Lights"』は、ベンチャーズが来日した際に銀座の夜景をイメージして作曲した最初の作品。
.
.

リリース:1966年9月
作詞:永 六輔 編曲:川口 真
和泉雅子と山内賢がカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「二人の銀座」がリリースされた。
「二人の銀座」は大ヒットし、翌年の1967年2月に日活により映画化がされ公開された。


リリース:1967年6月
作曲:B.Bogle, N.Edwards, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『北国の青い空 "Hokkaido Skies"』は、「二人の銀座」に続きベンチャーズが北海道をイメージして作曲した作品。
..
.

リリース:1967年8月
作詞:橋本 淳 編曲:川口 真
奥村チヨがカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「北国の青い空」がリリースされた。


リリース:1970年11月
作曲:R.John, D,Jerry, J.Mc.Gee, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『京都慕情 "Reflections in A Palace Lake"』は、「京都シリーズ」第二弾として発表された。
.
.

リリース:1970年12月
作詞:林 春生 編曲:川口 真
「京都の恋」に続き渚ゆう子がカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「京都慕情」がリリースされた。この曲で同年『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。


リリース:1970年2月
作曲:R.John, D.Jerry, J.Mc.Gee, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『京都の恋 "Kyoto Doll"』は、1970年開催の日本万国博覧会を記念して作曲された。(米題 "EXPO'70")
.
.

リリース:1970年5月
作詞:林 春生 編曲:川口 真
渚ゆう子がカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「京都の恋」がリリースされ、オリコン・チャート8週連続1位を獲得。売上枚数85万枚を超える大ヒットとなり、同年12月『第12回日本レコード大賞企画賞』を受賞。


リリース:1971年4月
作曲:J.A.Schatrow 編曲:The Ventures
『さすらいのギター "Manchurian Beat"』は、1963年にヒットした ”ザ・サウンズ"(フィンランド)の曲をベンチャーズがアレンジしたカヴァー曲
.

リリース:1971年5月
作詞:千家和也 編曲:川口 真
小山ルミがカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「さすらいのギター」がリリースされた。


リリース:1971年6月
作曲:B.bogle, J.Durrill, J.Mc.Gee, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『雨の御堂筋 "Stranger in Midosuji"』は、ベンチャーズが大阪をイメージして作曲した第六弾目の作品。
.
.

リリース:1971年9月
作詞:林 春生 編曲:川口 真
台湾から来日した欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)がカヴァー、歌唱曲として東芝音工より「雨の御堂筋」がリリースされ、オリコン・チャート9週連続1位を獲得。売上枚数79万枚を超える大ヒットとなった。


リリース:1971年11月
作曲:B.Bogle, J.Durrill, J.Mc.Gee, M.Taylor, D.Wilson (The Ventures)
『長崎慕情 "Nagasaki Memories"』は、ベンチャーズが長崎をイメージして作曲した第七弾目の作品。
.
.

リリース:1971年12月
作詞:林 春生 編曲:川口 真
"京都シリーズ" に続き、渚ゆう子の第三弾カヴァー曲。歌唱曲として東芝音工より「長崎慕情」がリリースされた。