ブルー・シャルムは、1968年6月に結成されムードコーラスグループとして、東京・六本木のクラブ等で活動していた。歌手の西郷輝彦に見いだされ、1969年1月、CBSソニーから「抱きしめたくて」でレコード・デビューを果たす。もっともこの曲はムード演歌として売り出されたが、1969年8月にリリースされた2ndシングルからGS路線に方向転換された。GSブームも終焉を迎えた時期だけに、何故路線変更したのか定かではないが、「ハイウェーラブ」とゾンビーズのカヴァー曲である「ふたりのシーズン」の2枚が同時リリースされた。翌年の1970年6月にはマカロニ・ウエスタン調の「風の旅」をリリースしたのを最後に消えていった。

__成 :1968年6月結成時グループ名 :同じ)
デビュー :1969年1月(デビュー曲 :抱きしめたくて
__散 :1971年?月(最終演奏 : 不明

ブルー・シャルム:メンバー

桑原一郎 : ヴォーカル
泉 八汐 : ギター
馬飼野睦 : キーボード
松浦圭裕 : ベース
春城伸彦 : ドラムス

シングル・リリース

抱きしめたくて/トウキョウ・アフターダーク('69年1月)
ハイウェーラブ/ひとりぼっちの並木道('69年8月)
ふたりのシーズン/愛する人へ('69年8月)
風の旅/青いしぶきの弥八島('70年6月)
※アルバム・リリース無し

.
blue_charmes01.jpg

プロフィール・そしてその後は?

馬飼野睦(本名:馬飼野康二)1948年1月26日/愛知・豊橋市生まれ
makaino.jpg解散後、1972年11月にリリースされた西城秀樹「チャンスは一度」の編曲を皮切りに、作曲家、アレンジャーとして活躍。西城秀樹をはじめとし、小泉今日子、河合奈保子、KinKi Kids、嵐、など多くの歌手に楽曲を提供するほか、映画音楽やテレビアニメ等の作編曲も手掛けた。

春城伸彦(本名:小杉理宇造)1947年11月10日/東京・練馬区生まれ
harusiro.jpg解散後の1972年、留学のため渡米。帰国後の1975年4月、RCAレコードに入社。
1982年、独立してアルファムーンを設立。1995年、ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役会長に就任。2003年11月、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役に就任した。

桑原一郎(本名:桑原守夫)
kuwahara.jpg解散後は、ソロ・シンガーとして活動。1973年12月公開の東宝映画『日本沈没』の主題歌となった「ここより永遠に」をCBSソニーからリリースした。現在は、レコードメーカー『株式会社インパートメント』の代表取締役に就任。

泉 八汐(いずみ やしお)1946年10月生まれ
izumi.jpg解散後は作曲家として活躍。1981年、東八郎主宰「笑塾」の音楽プロデユーサーとなる。1985年、イズミオフイス設立。小松みどり、西城秀樹、森田健作、千昌夫、など多くの歌手に楽曲を提供した。

松浦圭裕
matuura.jpg解散後は、不明。

2017年GS コンサート・ライブ情報

gs_back.jpg