since October 2009


joan_baez01.jpgjoan_baez05.jpgjoan_baez03.jpg

ジョーン・バエズは、1959年、米国・ロードアイランド州で開催された野外フェスティバル ”ニューポート・フォーク・フェスティバル”に出演し劇的なデビューを飾った。翌年、ファースト・アルバムの『ジョーン・バエズ』でレコードデビューを果たし、この曲が世界的に大ブレーク。1961年にリリースしたセカンド・アルバム『ジョーン・バエズ Vol.2』はゴールド・アルバムを獲得。これにより、その地位を不動のものとした。
ジョーン・バエズは、"フォークの女神"と称され、60年代を代表する世界的なフォークシンガーであり、自由と平和を訴え続け、今もなお歌い続けている。当時、彼女に憧れフォークシンガーを目指した者は多々いたが、”森山良子”も彼女の影響を受けた一人であった。
2010年3月には、スペイン政府より芸術文学の勲章を受勲し、Excelentisima Señoraの称号を得た。

~ 主なヒット曲(日本国内リリース)
ドンナ・ドンナ/朝日のあたる家(1966年)
勝利を我等に/クンバイヤ(1967年)
今日の日はさようなら/風に吹かれて(1967年)
想い出のグリーングラス永遠の絆(1969年)
勝利への讃歌/死刑台のメロディー(1971年) ほか
.
シングル・カット不明のヒット曲 〜
雨を汚したのは誰?(原題:What have they done to the rain?)
花はどこへ行った(原題:Where have All The Flowers Gone)

.
きょうの日はさようなら.jpg

~主なヒット曲
ジョーン・バエズ(1960年)
ジョーン・バエズ Vol.2(1961年)
ジョーン・バエズ・イン・コンサート(1962年)
ジョーン・バエズ・イン・コンサート・パート2(1963年)
ジョーン・バエズ5(1964年)
ジョーン・バエズ・ベスト 4(1965年)
フェアウェル・アンジェリーナ(1965年)
ジョーン・バエズ ゴールデン・アルバム(1966年)
クリスマス・アルバム(1966年)
ジョーン(1967年)
バプティズム(1968年)
獄中の夫に捧ぐ(1969年) ほか

.
Joan Baez03.jpg