リストラ日記 過去INDEX

最新の日記はこちらから


1044 2016年7月 高齢者ドライバーの増加がもたらすこと 2016/7/23 (土) 交通事故による死亡者数は年々減少傾向にありますが、こと高齢者ドライバーの死亡数は横ばいに推移しています。交通事故死亡者に占める65歳以上の割合は2005年は全体の43%だったのが、2015年には55%にまで上昇しています。
1043 親の介護は行くのか呼ぶのか 2016/7/16 (土) 幸い我が家では現在のところ高齢の親の介護問題について頭を痛める事態には陥っていないものの、社会では相当大きな問題となってきています。
1042 最近見た映画 2016/7/13 (水) 男と女の不都合な真実、スリーデイズ、ダークナイト ライジング、鍵、北の零年、海街diary
1041 7月前半の読書と感想、書評 2016/7/9 (土) ビッグデータがビジネスを変える 稲田修一、鍵のかかった部屋 貴志祐介、二十五の瞳 樋口毅宏 、クジラの彼 有川浩
1040 高齢化社会は日本になにをもたらすか? 2016/7/6 (水) 一般的に高齢化社会と言われますが、高齢者とは何歳からが高齢者なのか?ってところが結構曖昧です。
1039 減り続ける米需要 2016/7/2 (土) 過去に糖質制限ダイエットについて何度か書きましたが、極端なダイエットにはいろいろと批判もある中で、かなり浸透してきているなって気がします。
1038 2016年6月 6月後半の読書と感想、書評 2016/6/29 (水) 天の方舟(上)(下) 服部真澄、無痛 久坂部羊、下山の思想 五木寛之、沈黙のひと 小池 真理子
1037 変形性股関節症の人工股関節全置換手術(2) 2016/6/25 (土) 変形性股関節症の人工股関節全置換手術へ(1)で初診を受けて、全人工股関節置換手術(THA)をすることを決めましたが、約1ヶ月先の入院・手術までにいろいろと準備が必要です。
1036 身体障害者手帳 2016/6/22 (水) つい最近まで、まさか自分が身体障害者になるとは思ってもいませんでしたが、まもなく還暦を迎えるという時期になって、股関節がどうにも言うことが効かなくなり、また痛みも強くなってきたので手術を決意することにしました。
1035 最近の恋愛、結婚事情 2016/6/18 (土) 最近結婚しない、できない男女が増えているということですが、結婚するかしないかは個人的なことなので、周囲や国があれこれ騒ぐのは違っているような気もします。
1034 6月前半の読書と感想、書評 2016/6/15 (水) 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 奥泉光、深泥丘奇談 綾辻行人、他人を攻撃せずにはいられない人 片田珠美、日の名残り カズオ・イシグロ
1033 変形性股関節症の人工股関節全置換手術(1) 2016/6/11 (土) 以前にも書いたことですが、右足に時々鈍痛のような違和感を感じるようになったのは、初めて転職をした今から16年ほど前の2002年42歳頃の時です。
1032 団塊と団塊ジュニアに挟まれた50代の悲劇 2016/6/8 (水) 地味に個人の感想ですが、20代の頃に80年代のバブルを経験した現在50代の人達に共通することはと言えば、やはりあの頃の突き抜けた景気浮揚感というか、足が地に着いていないようなフワフワ感がつきまとっているように思えます。
1031 最近のリストラ状況 2016/6/4 (土) 東芝の不正会計処理問題やシャープの業績不振からの会社身売り、三菱自動車工業の公表燃費の水増し不正など、ここ最近の日本の大手製造業のていたらくとスキャンダルは目を覆いたくなる惨状ですが、当然のごとく経営失敗のツケは一般従業員へと回ってきます。
1030 5月後半の読書と感想、書評 2016/6/1 (水) 楽園の蝶 柳広司、英雄の書(上)(下) 宮部みゆき、男性漂流 男たちは何におびえているか 奥田祥子、ザ・ロード コーマック・マッカーシー
1029 2016年5月 ラブホテル業界は大改革の真っ最中2 2016/5/28 (土) 先日「ラブホテル業界は大改革の真っ最中」を書きましたが、後になってから週刊朝日(4.22号)に掲載されていた「高齢者の憩いの場 ラブホの最新事情」という特集記事が載っていましたので、それを買って読みましたので補足的にそちらの概要も。
1028 グルコサミンとコンドロイチンを飲み続けた結果 2016/5/25 (水) 4月に「グルコサミンやらコンドロイチンやら」を書きましたが、健康食品「グルコサミン&コンドロイチン・プラスMSM」の健康食品カプセルを飲み始めて約1ヶ月半が経ちました。
1027 格安スマホ(MVNO)に替えた 2016/5/21 (土) 2年前に大手キャリアのガラ携からスマホに替えて、それなりにFacebookやTwitterなどにも使ってきましたが、会社でも家でもパソコンがあるのと、頻繁に動画を見たりネットゲームをするコアユーザーでもないので、少しでも節約しようと今回格安スマホ(MVNO)に切り替えました。
1026 5月前半の読書と感想、書評 2016/5/18 (水) オリーヴ・キタリッジの生活 エリザベス・ストラウト、年金の教室―負担を分配する時代へ 高山憲之、0.5ミリ 安藤桃子、恋文の技術 森見登美彦
1025 大企業病に陥ったシャープ 2016/5/14 (土) 4月にシャープが台湾の鴻海精密工業に買収されて子会社化されました。多くの独自の特許を持ち、子会社含めると4万人を越す従業員を抱える大企業の海外企業の買収は複雑に思う日本人も多いと思いますが、グローバルビジネスや巨額の設備投資を見誤った経営陣にその責任の多くはあるとは言え、これも人口減少で衰退していく日本の国力の象徴なのかなと思ってしまいます。
1024 沖縄へ行く観光客はなにを求めるか 2016/5/11 (水) 先に告白しておくと、台湾や香港へ行ったときに、その上空を飛行したことはありますが、私は未だ沖縄を含む南西諸島に足を踏み入れたことがありません。47都道府県でまだ行ったことがないのは山口県と島根県と沖縄県だけとなっています。
1023 ラブホテル業界は大改革の真っ最中 2016/5/7 (土) 世間的に「ラブホテル」と呼ばれているカップル専用で休憩利用ができるホテルは、その本来の役割を終えて、大きく変わり始めています。
1022 股関節サポーターを購入 2016/5/4 (水) 昨年末ぐらいから急速に痛みが激しくなってきた股関節(変形性股関節症)ですが、先般は藁にもすがる思いで「グルコサミン&コンドロイチン」錠を飲んだり、「安心 2016年03月号」に掲載されている「改善率が94%に上昇!股関節痛を改善する自力療法『ゆうきプログラム』が進化」とかいう股関節ストレッチを試したりしています。
1021 2016年4月 4月後半の読書と感想、書評 2016/4/30 (土) 放浪記 林芙美子、しない生活 煩悩を静める108のお稽古 小池 龍之介、名もなき毒 宮部みゆき、青春の彷徨 高橋寛治
1020 老人ホームについて調べてみた(2) 2016/4/27 (水) 高齢でも自宅があり、家族が同居していて、心身ともに健康であれば、あえて老人ホームに入居する必要はありません。また家が老朽化し日常生活をおくる上で不便であったり、日用品等の買い物が不自由な場合は、また別の公的な支援、居宅支援サービス等が受けられます。
1019 老人ホームについて調べてみた(1) 2016/4/23 (土) 私の住んでいる地域(神奈川県東部)でも明らかに高齢者住人の割合が増えていて、空き地や農地だったところ、そして普通のアパートやマンションだった跡地に、老人ホームが建設されるパターンが目に見えて増えてきました。
1018 世帯構成の変化で売り方も変わるはず 2016/4/20 (水) 少し前の日経ビジネスに「凄い売り方」と題する特集がありました。ま、ビジネス誌では繰り返しよくあがるテーマで、別に珍しくもないのですが、その中の「大衆の消費を刺激する10の戦略」について少し触れておきます。
1017 グルコサミンやらコンドロイチンやら 2016/4/16 (土) 15年ほど前から右の股関節が痛みだし、4年前の整形外科での診察でようやく「変形性股関節症」の診断が下り、その後は体重を減らしたり、しゃがむような姿勢を減らしたりと保存療法を心がけてきましたが、痛みは年々激しくなり、最近では問題がなかった左側の股関節にも似たような痛みが起きるようになってきました。
1016 4月前半の読書と感想、書評 2016/4/13 (水) 三十光年の星たち(上)(下) 宮本輝、だから日本はズレている―変革はズレの認識から 古市憲寿、珈琲屋の人々 池永陽、新・日本の七不思議 鯨統一郎
1015 丼飯を日本の文化として育てていきたい 2016/4/9 (土) 子供の頃に母親がよく作ってくれた料理に「衣笠丼」というのがあります。あまり聞き慣れないと思いますが、親子丼の鶏肉の代わりにお揚げ(油揚げ)と青ネギを使ったものです。
1014 時代遅れの再販制度を変えられるか 2016/4/6 (水) 古くから時々降ってわいたように話題に上がりながらも、いつもすったもんだする書籍等の再販制度の廃止についてちょっと考えてみました。
1013 5年生存率と余命宣告 2016/4/2 (土) 突然ですが、自分が死ぬときは、事故や突然意識がなくなる急性の病気で倒れたり、寝たきりの生活が長引くような長患いではなく、できればまだ身体が自由に動かせるうちに「余命○年です」と告知されることが多い末期のガンであってほしいと思っています。
1012 2016年3月 3月後半の読書と感想、書評 2016/3/30 (水) 快挙 白石一文、晴天の迷いクジラ 窪 美澄、悪の教典(上)(下) 貴志祐介、なぜ人を殺してはいけないのか―新しい倫理学のために  小浜逸郎
1011 定年後の生活資金設計 2016/3/26 (土) 2月に読んだ塚崎公義著「退職金貧乏 定年後の「お金」の話(祥伝社新書)」で、これは意外!とか、斬新な考え方だなぁって思ったことがいくつかあるので、備忘録的に。
1010 不本意な非正規雇用とその実態 2016/3/23 (水) 非正規社員の増加で様々な問題が指摘されています。例えば「非正規で収入が少ないために年金を納めず、将来の年金受給ができない人が増えていくのでは?」とか、「非正規では職能が上がっていくということがないのでいつまでも低賃金だ」とか、様々です。
1009 兼業禁止規程はいつ禁止されるか 2016/3/19 (土) 少子化&高齢化のよる生産人口の減少が叫ばれつつもう20年近くが経とうとしていますが、その解決策としては「劣悪環境でもいいので育児施設を増やす(専業主婦を減らす)」「高齢者にむち打って働かせる」「安い外国人労働者を限定的に入れる」というぐらいにしか国は考えていません。
1008 3月前半の読書と感想、書評 2016/3/16 (水) 存在の耐えられない軽さ ミラン・クンデラ、風のささやき 介護する人への13の話 姫野カオルコ、定年病! 野末陳平、K・Nの悲劇 高野和明
1007 退職金の不思議 2016/3/12 (土) 一般的に日本の会社に入って無事に定年まで迎えると退職金がもらえると思っている人が多いと思います。公務員の場合は退職手当という名称です。
1006 都合よく利用される虚報 2016/3/9 (水) 今までも繰り返し書いてきていることですが、非正規雇用の割合が全就労者の4割を超えてきたことで、相変わらずマスコミ等の論調では「非正規≒派遣」「若者の非正規が増えている」と言った誤った情報や、なにか悪意さえ感じる意図的な操作、偏向報道がよく見られます。
1005 泉質による温泉健康法 2016/3/5 (土) 昔の人が温泉を単なる癒しではなく湯治という病気や怪我の治療の一種として利用していたことはご承知の通りです。戦国時代にも「武田信玄の隠し湯」とか「上杉謙信の隠し湯」などが有名で、それらにしても現代のように温泉につかってリラックスしようという目的ではなく、様々な病気や刀傷の治療が目的で温泉が利用されていました
1004 2月後半の読書と感想、書評 2016/3/2 (水) 退職金貧乏 定年後の「お金」の話 塚崎公義、埋み火 日明恩、残虐記 桐野夏生、違法弁護 中嶋博行
1003 2016年2月 災害用備蓄品について考える 2016/2/27 (土) まもなくあの東日本大震災から5年が経ちます。被害の大きかったエリアや原発事故の影響が残る地域は別として、日本はあの災害があったことさえ徐々に忘れ去ろうとしています。
1002 その後の糖質制限ダイエット効果 2016/2/24 (水) 毎年、健康診断をキチンと受けることは重要で、特に中年になってからは、各種の検査数値や体重の変化には、病気の予知や、異常値が続く場合は早めに対策して予防することができます。
1001 ガソリンスタンドのブランド変遷史 2016/2/20 (土) 私が普通自動車免許を取得した1970年代後半は、ガソリンスタンドと言えば、そりゃ〜もういろいろなブランドが百花繚乱のごとく咲き誇っていました。
1000 2月前半の読書と感想、書評 2016/2/17 (水) 人類資金 1・2・3・4・5・6巻 福井晴敏、下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 藤田孝典
999 覚悟の地方移住か都市部で介護難民か 2016/2/13 (土) 過去に高齢者の地方移住について何度か書いたことがあります。これは、首都圏を中心に団塊世代が後期高齢者に入っていく数年後から大きな社会問題となりますが、高齢者用の介護施設や介護人材の不足が顕著になってくることが予想されています。
998 天皇陛下の外国訪問 2016/2/10 (水) 1月26日から天皇陛下はフィリピンへ訪問をされました。皇太子時代の1962年に一度同国へご訪問されているので52年ぶりの再訪ということになります。
997 自動運転の未来2
2016/2/6 (土) 「994 自動運転の未来」で、高速道や整備された国道の本線を淡々と走ったり、特定の場所での車庫入れなどの半自動運転技術はすでに普及しつつあるものの、Googleや日産が力を入れて取り組んでいるハンドルのない完全自動運転車の実現は一般道においては難しそうだということを書きました。
996 1月後半の読書と感想、書評 2016/2/3 (水) 海賊と呼ばれた男(上)(下) 百田尚樹、ツナグ 辻村深月、逃げろ光彦―内田康夫と5人の女たち 内田康夫、日本名城伝 海音寺潮五郎
995 2016年1月 2LDK、販売価格10万円のリゾートマンション 2016/1/30 (土) 1〜2年前から時々話題になっている、リゾート地に建てられ、一時期は数千万円もしたマンションが、現在はわずか10万円で販売されているって話し。
994 自動運転の未来 2016/1/27 (水) いま世界中の自動車メーカーが躍起になって開発を進めているのが自動運転技術です。確かにこれが実現し、普及に至れば社会が大きく変わることでしょう。
993 リス天管理人が選ぶ2015年に読んだベスト書籍 2016/1/23 (土) 恒例になりつつあるリス天の年間読書大賞です。特徴は新刊書に限定せず、私が1年間で読んだ書籍から選びますので、必ずしも最近発刊された本が選ばれるというわけではありません。
992 1月前半の読書と感想、書評 2016/1/20 (水) 月と蟹 道尾秀介、不実な美女か貞淑な醜女か 米原万里、左京区恋月橋渡ル 瀧羽麻子、交換殺人には向かない夜 東川篤哉
991 リストラ天国15年目に向けて 2016/1/16 (土) この日記(リストラ天国)はまもなく開設後14周年を迎え、同時に日記の投稿が1000回を迎えるカウントダウンに入ってきました。
990 お正月休みにみた映画 2016/1/13 (水) 「るろうに剣心 京都大火編」、「るろうに剣心 伝説の最期編」、「アメリカン・スナイパー」、「新劇場版 頭文字D 「Legend1 -覚醒-」、「Legend2 -闘走-」、「ジョーカー・ゲーム」
989 老人クラブの野望 2016/1/10 (日) 以前読んだ有吉佐和子氏の小説「恍惚の人」の中に出てきますが、「地域の老人クラブ」について、我が身に置き換えてもあと2年でその会員資格ができ、なにか身近に感じてきたので、その調査結果をレポートしておきます。
988 12月後半の読書と感想、書評 2016/1/7 (木) 雪の夜話 浅倉卓弥、銀河ヒッチハイク ダグラス・アダムス、首都崩壊 高嶋哲夫、龍は眠る 宮部みゆき
987 2016年謹賀新年 2016/1/2 (土) あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
986 2015年12月 日記で1年を振り返る 2015/12/30 (水) 今年もいよいよ押し詰まってきました。歳を取ると1年がだんだんと早く過ぎ去っていきます。これは感覚というのではなく、20歳の1年はその人の人生において1/20の時間に過ぎないのに対して、60歳の1年は1/60という短い時間でしかなく、20歳と60歳を比較すれば1年のスピード(感覚)は3倍にも速くなっているということです。
985 高齢者の健康には会話が重要だということ 2015/12/26 (土) 以前、NHKのニュースで『ふだん笑わない高齢者ほど「健康状態悪い」』という調査結果が報告されていました。笑いは健康によく、長生きの秘訣だとよく言われていることを証明しているものということです。
984 広告とブラック企業と心の病 2015/12/23 (水) 派遣社員はほとんどいない「年越し派遣村」とか、ネットからブラック企業の存在が騒がれ出したら「ブラック企業大賞」などが生まれたりと、旬のネタをうまく利用して金儲けや売名行為に走る人や団体がありますが、主催者の多くはおそらく使命感や清廉?な気持ちから「社会のため」「正義を守る」という想いや大義名分があるのでしょうから文句は言いません(棒)。
983 我が青春のヒーロー、スティーブ・マックイーン 2015/12/19 (土) 寒くなってくると暖かい映画館や、自宅でゆっくり映画でも楽しむっていう身近なレジャーが恋しくなります。映画「クライム・スピード」が先月11月にロードショー公開されていました。この映画は1959年にアメリカで公開された「セントルイス銀行強盗」という映画のリメーク版ですがいまいちパッとしません。
982 12月前半の読書と感想、書評 2015/12/16 (水) 早春の化石 柴田哲孝、冬蛾 柴田哲孝、中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史 與那覇 潤、恍惚の人 有吉佐和子
981 大きく変化していく農業従事者 2015/12/12 (土) TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉がまとまり、今後日本の貿易に大きな影響を与えそうですが、中でも農業分野での議論が多く聞かれます。
980 TSUTAYA図書館は非難されるべき問題なのか? 2015/12/9 (水) TSUTAYAと言えば個人的にはまれにレンタルDVD映画を借りに行くしか使うことはありませんが、世の中的には書店(新刊、中古)、CD、Tポイントカードなど幅広く展開していて、特にエンタメ大好きな若い人にとってはお馴染みのブランドとなっています。
979 企業と経営者の資質 2015/12/5 (土) 基本的にはニュース的な時事ネタはあまり書かないようにしていますが、昨今の企業のデータ偽装事件や不正について少し思うところがあって書いてみることにします。
978 11月後半の読書と感想、書評 2015/12/2 (水) ラストチャイルド(上・下) ジョン・ハート、老いる覚悟 森村誠一、Nのために 湊かなえ、昭和の犬 姫野カオルコ
977 2015年11月 奨学金という名の学生ローン 2015/11/28 (土) 少し前のTwitterで「卒業即借金827万530円」という、自虐的なつぶやきと明細書の写真が話題に上りました。私も以前から大学生の奨学金という名の学生ローンについては理解していましたが、中身を見てあらためて驚きました。
976 金で買える?グッドデザイン賞 2015/11/25 (水) 毎年グッドデザイン賞というものが発表されて、受賞した賞品や企業、団体はここぞとばかりに自慢をしたがって、広告などで盛んに取り上げていますが、実はこの賞の重みというか実際のありがたさは意外とたいしたことがありません。
975 自動車の分類「セグメント」とはなにか? 2015/11/21 (土) 最近自動車関連のサイトを読むと、このクルマの分類法「セグメント」が普通によく使われていますが、以前はこの分類法は少なくとも国内においてはまったく使われていませんでした。
974 11月前半の読書と感想、書評 2015/11/18 (水) 悪女について 有吉佐和子、空の中 有川浩、アンブロークンアロー―戦闘妖精・雪風 神林長平、青い約束 田村優之
973 ゴルフ場と利用者の推移 2015/11/14 (土) ここ半年ぐらい、出不精で自宅でゲーム漬けになっている次男に、ダイエットも兼ねて社会人の身だしなみとしてゴルフぐらいやっておいたほうがいいだろうと、休日の夕方にゴルフの打ちっ放しへ毎週連れ出しています。足の調子がいいときは私も一緒に練習します。
972 大阪道修町と大阪万博 2015/11/11 (水) 20代の頃、もう30年近く前になりますが、大阪で数年間働いていました。仕事は企業相手の営業職で、担当エリア制になっていたので年配の前任者から地区と顧客を引き継ぎました。担当したのは主として大阪のビジネス街の中心地、中央区の狭い一角で、端から端まで徒歩で歩いていける範囲です。
971 数字で見るプロ野球名監督列伝 2015/11/7 (土) プロ野球シーズンも終わり今年もストーブリーグが始まっていますが、毎年のことながら、去る人あり、新しく入ってくる人あり、復活・復帰する人あり、いらないと言われてもなんとか新しい雇い主を探しもがく人ありで、リストラ線上にいるサラリーマン同様、悲喜こもごもが展開されています。
970 生活保護世帯の増加は高齢者増加だけが原因なのか? 2015/11/3 (火) 高齢化社会もまもなく佳境に入りつつあり、年金や生活保護の受給者が増えて社会福祉にかかる経費が増大してたいへんだという話しは毎月のように耳にします。
969 2015年10月 10月後半の読書と感想、書評 2015/10/31 (土) 時の地図 上・下 フェリクス J.パルマ、贖罪 湊かなえ、家族という病 下重暁子、ワーカーズ・ダイジェスト 津村記久子
968 日本の小売り大手が動いてきた 2015/10/28 (水) 2年前に「Amazonにガチ対抗できるのはイオンかセブン&アイか」というブログを書きました。3年前には「小売ビジネスはどこへいくのか」と、2年半前に「アマゾンジャパンは国内の小売り業を破壊するか?」のブログも書いています。
967 平成27年度高齢社会白書を読む 2015/10/24 (土) 内閣府が発表する「平成27年度版高齢社会白書」はこれからの日本の社会状況が推察できるたいへん興味がわく統計資料です。自分が知識として理解しておきたいこともあり、わかりやすく紐解いてみたいと思います。さてこれからなにが見えてくるでしょうか。
966 映画 無法松の一生 2015/10/21 (水) 無法松の一生は、そのタイトルこそよく知っていましたが、中身についてはまったく無知で、「無法の松」って言うからにはきっとヤクザ者か博徒みたいな渡世者の松吉てぇーのが主人公なのだろうぐらいに思っていましたが少し違いました。
965 とうとう杖を買いました orz 2015/10/17 (土) 杖というと腰が曲がった老人かハリーポッターかって感じで、「変形性股関節症」と診断した医者からは「これから歩くときに股関節に負担がかからぬよう杖を使いなさい」と言われていても、今まで見向きもしませんでした。
964 10月前半の読書と感想、書評 2015/10/14 (水) 羆嵐 吉村昭、幸せになる百通りの方法 荻原浩、努力しないで作家になる方法 鯨統一郎、幻影の星 白石一文
963 続:ケーブルテレビの契約見直し 2015/10/10 (土) 前回、CATV会社のビジネスモデルについてそのメリットとデメリットなどを書きましたが、平常時においては、便利で使い勝手がいいことは認めないわけにはいかないでしょう。だから現在では国内でも50%を超えるまでに普及が進んできました。
962 ケーブルテレビの契約見直し 2015/10/7 (水) 先月アメリカ発のネット動画配信サービスNETFLIXが日本でも始まり、若者を中心にテレビの見方が大きく変わっていくのか?っていう話しが盛り上がってきています。
961 マッサージというかリラクゼーションサロンとやらへ 2015/10/3 (土) 先般「男の更年期障害について調べてみる」を書いたとおり、ここのところしっかり休息や睡眠をとっても身体の疲れやこり、筋肉痛が取れず、さてどうしたものかな?って困って、一度本格的なマッサージを受けてみようと思い立ち、通勤途中にある店に予約して行ってきました。
960 2015年9月 9月後半の読書と感想、書評 2015/9/30 (水) 渇いた夏 柴田哲孝、女系家族(上・下) 山崎豊子、定年後 年金前 岩崎日出俊
959 今でもよく読まれている過去のブログは? 2015/9/26 (土) ちょっと自分のブログの宣伝になりますが、過去に書いた記事で、未だによく読まれている記事を、テーマごとにまとめておきます。書くネタがなくなったときに時々使うワザですw。
958 男の更年期障害について調べてみる 2015/9/23 (水) 更年期障害は女性が罹る病気という認識が一般的ですが、もう10年以上前から男性にも及ぶことがよく知られています。
957 歩行アシスト、パーソナルモビリティについて 2015/9/19 (土) 高齢化社会が進んでいくにつれ、社会の中で活動する人の中に占める病人の割合が増えるということは間違いはありません。
956 9月前半の読書と感想、書評 2015/9/16 (水) 新編 銀河鉄道の夜 宮沢賢治、切れない糸 坂木 司、音もなく少女は ボストン テラン、SOSの猿 伊坂幸太郎
955 道の駅の転換期 2015/9/12 (土) ここ3年ほど毎年東北へクルマで出掛けていますが、各地の道の駅を利用してみて、観光バスが団体で乗り込んでくるようなすごく活気のあるところと、ほとんど閑散としてしまっているところと、いわゆる勝ち組と負け組がハッキリとついてきた感があります。
954 書店数や出版業界売上減と未来 2015/9/9 (水) 以前書店数が激減しているというブログを書いたのが、5年以上前の2010年1月ですが、その後も順調?に減らしてきているようです。
953 年収600万円と1100万円の生活の違い 2015/9/5 (土) ちょっと古ネタなのですが、あらためて自分の若い頃を振り返って見たときに、このブログ記事に書かれていることがグサリと胸に突き刺さり、いつまでも頭から離れないので、取り上げてみることにしました。
952 8月後半の読書と感想、書評 2015/9/2 (水) 時が滲む朝 楊逸、追風に帆を上げよ - クリフトン年代記第4部(上・下) ジェフリー・アーチャー、午前三時のルースター 垣根涼介、八朔の雪 高田郁
951 2015年8月 日本経済と外交を大阪商人に任せてみる 2015/8/29 (土) 自分で言うのもなんなのですが、私の職業的特技として、相手と少し話しをしただけで「なにを考えているか」「なにを求めているか」がおおよそ想像がつきます。
950 二度読む本、読まない本 2015/8/26 (水) 本をよく読む人なら誰しもあると思いますが、買った本が過去に買って読んだことがある本だったという少々残念な経験。
949 面倒くさい症候群 2015/8/22 (土) 若者の間に増えてきていると感じるのが「面倒くさい」「かったるい」という強い意識で、これを「面倒くさい症候群」と私は呼びますが、それが私の周囲に蔓延しています。
948 8月前半の読書と感想、書評 2015/8/19 (水) 超・格差社会アメリカの真実 小林由美、恋する空港−あぽやん(2) 新野剛志、津軽殺人事件 内田康夫、恐山殺人事件 内田康夫
947 不法解雇や退職勧奨を強要された時に打つ手 2015/8/15 (土) 望まないのにもしリストラなどで会社を解雇や退職勧奨される場合、ただ会社の温情にすがってわずかばかりの退職金や解雇予告手当をもらって泣き寝入りせざるを得ない場合もありますが、もちろんそれ以外の方法もあります。
946 介護人材を増やす 2015/8/8 (土) 高齢化が進み、介護が必要な人が都市部を中心に急増すると予測されています。
945 自転車の高級化と盗難 2015/8/5 (水) 以前からクルマやバイクの盗難が起きてTwitterやFacebookで拡散して欲しいというリクエストが多くありましたが、最近は自転車盗難の拡散希望も増えてきました。これも外国製の高級自転車や、電動補助タイプのものが増え、1台30万円とか50万円もするようなものが出てきた影響でしょうか。
944 派遣法改正について様々な見解 2015/8/1 (土) 「『派遣法改正案』のいったい何が問題なのか」という記事があります。弁護士先生の書かれた記事なので、それなりに説得力はあるように見えますが、得てして、この派遣法関連の法制化の議論は、派遣で働いたこともなければ、様々な派遣労働者を利用したこともなく、また派遣業界で働いたこともない学者や法律家ばかりが寄って集まり、一般的に正社員と比べて下級で弱者という見下した態度で、さらにそこから搾取している派遣会社は社会悪というスタンスで現場の意見はほとんど無視されてきたという暗黒な歴史があります。
943 2015年7月 7月後半の読書と感想、書評 2015/7/29 (水) 星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン、青が散る(上)(下) 宮本輝、月の上の観覧車 荻原浩、ジェントルマン 山田詠美
942 世知辛い世の中 2015/7/25 (土) 世の中が世知辛くなってきたという話しはよく聞きますが、確かになんでもかんでも自分の気に入らないことや、どうでもいいことにまでクレームをつけるという傾向が増えてきているようです。
941 それでも宝くじに夢を見る 2015/7/22 (水) 現在恒例のサマージャンボ宝くじが7月末まで販売されています。このジャンボ宝くじというのは、電車の中吊り広告や、テレビコマーシャルが多く露出度が高いためか、なにか年中通して売られているように錯覚します。
940 節電が定着してきた 2015/7/18 (土) 夏真っ盛りとなり、また電力不足が心配される時期となってきましたが、さすがに原発が停まった直後の2011年や2012年の夏ほどには「省エネ」を言わなくなりました。
939 7月前半の読書と感想、書評 2015/7/15 (水) 神様が降りてくる 白川道、ギフト 日明 恩、巡礼 橋本治、働かないオジサンの給料はなぜ高いのか 楠木新
938 成功者の美徳 2015/7/11 (土) 実感としても勤労者の中に占める高齢者の割合が高まっていると感じますが、コンビニ、スーパー、居酒屋、レストラン、ファストフード店、ホームセンター、パチンコ店、宅配便の運転手、コールセンターなど、従来なら主婦のパートや学生アルバイト、若いフリーターが圧倒的多数を占めていた職場への60歳以上と思われる中・高齢者の進出が目立っています。
937 浅見光彦シリーズドラマにはまる 2015/7/8 (水) 今更なのですが、最近、内田康夫氏原作の「浅見光彦シリーズ」のテレビドラマにはまっていて、BSで再放送されるたびに録画をして楽しんでいます。
936 休日はごろ寝がいい 2015/7/4 (土) 休日はなにをしていますか?って聞かれると、独身だと「彼女(彼氏)とデート」だったり、「友達とテニスやゴルフ」など、既婚者だったら「買い物」とか「家族サービスで公園や遊園地」「家庭菜園で汗を流して」っていう回答が返ってくるのが一般的かなと思います。
935 6月後半の読書と感想、書評 2015/7/1 (水) 精霊の守り人 上橋菜穂子、国家の闇 日本人と犯罪 蠢動する巨悪 一橋文哉、ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭祐、きみはポラリス 三浦しをん、イニシエーション・ラブ 乾くるみ
934 2015年6月 子供の教育費にいくらかけますか? 2015/6/27 (土) 若い知人と話しをしていたら、「子供を小学校から私立に入れようと思っている」という話しになりました。なんでも知人(男性)は当初は小学校も中学校も公立でいいかなと思っていたらしいのですが、奥さんが教育熱心で、絶対小学校から私立と決めていたそうです。
933 飛び込み営業について 2015/6/24 (水) さすがに今の時代、新規開拓営業で飛び込み営業を恒常的におこなっている会社は少ないと思いますが、私が20代の頃(今から30年前)はまだ普通にやっていました。
932 お薦めの面白い小説(翻訳本) 2015/6/20 (土) 少し前に「お薦めの面白い小説(国内本) 」を書きましたが、その続きで今回は翻訳小説をあげておきます。
931 6月前半の読書と感想、書評 2015/6/17 (水) とせい 今野敏、アルケミスト―夢を旅した少年 パウロ・コエーリョ、銀二貫  高田 郁、ふがいない僕は空を見た 窪美澄、ゲイルズバーグの春を愛す ジャック・フィニイ
930 加齢性難聴とは 2015/6/13 (土) 耳にはずっと異常がないと思っていましたが、ここのところ、特に高音域が聞き取りにくくなってきたなぁと実感しています。これは老化が原因の「加齢性難聴」または「老人性難聴」というものなのかと思い始めているところです。
929 人だけが長生きをしたがる 2015/6/10 (水) ヒトが長生きを求めるようになったのはいつからなのかわかりませんが、時の権力者にとっては相当昔からその欲求があったことは確かでしょう。世界各地で長寿の薬やら永遠の命を授ける魔法とかの話しは数多く存在しています。
928 学校の教職員を減らす動き 2015/6/6 (土) 少子化のため生徒数が減ってきているので、学校の教職員を6%ほど減らし、厳しい財政を助けてくれと財務省がその試算を公表しました。
927 5月後半の読書と感想、書評 2015/6/3 (水) 慈悲深い死 ローレンス・ブロック、港町食堂 奥田英朗、グランド・フィナーレ 阿部和重、知の逆転 ジェームズ・ワトソン他
926 2015年5月 在宅派遣就労が拡がる可能性はある? 2015/5/30 (土) 労働者派遣法の改正が審議が国会で着々と進んでいるようですが、その話しはまた別の機会とし、今回は派遣就労の変化についてです。
925 最後の無頼派作家白川道氏逝く 2015/5/27 (水) 先月2015年4月16日に作家の白川道(しらかわ・とおる)氏が亡くなりました。1945年10月の生まれですから享年69歳でした。
924 高齢化社会で変形性股関節症が増加する 2015/5/23 (土) 少し旧聞になりますが、舛添要一東京都知事が4月に変形性股関節症で手術をおこない、約1ヶ月間入院、リハビリの後に公務に復帰をしたことがニュースとなっていました。
923 ハイブリッド型植物工場は異常気象の野菜急騰を防げるか 2015/5/20 (水) 今年の4月は曇りや雨の日が多く、平年と比べて日照時間がかなり少なくなりました。農業王国の長野県を例にとると、4月1ヶ月間の日照時間が平年と比べて7〜8割という地域がほとんどでした。
922 5月前半の読書と感想、書評 2015/5/16 (土) 大人の流儀 伊集院 静、その時は彼によろしく 市川拓司、長生きすりゃいいってもんじゃない 日野原 重明、 多湖 輝、カラフル 森絵都
921 もらえる年金の額はモデルケースとは違うということ 2015/5/13 (水) 「老後資金にいくら必要か?」というお題は限りなく多くの人がそれぞれの回答を示していますが、「もらう人の前提条件があまりにも違いすぎて答えになっていない」というのが実感です。
920 お薦めの面白い小説(国内本) 2015/5/9 (土) 現在自宅には私が大学時代の頃から買ってきて読んだ約3000冊の蔵書がありますが、そのうちの7〜8割は小説です。高校生までに読んだ本のほとんどは実家にあり、その後家を建て直すときに処分されているので残っていません。
919 春は自殺者が多いという話し 2015/5/5 (火) 5月に入りましたが、ここ一昨年の自殺の統計データを見ると、1年のうちで5月がもっとも自殺者が多い月となっています。これは気候的なものが人の精神状態に及ぼす影響かなと思われますが、5月病という言葉もあり、ハッキリした原因は不明です。
918 4月後半の読書と感想、書評 2015/5/2 (土) 介護入門 モブ・ノリオ、ナイン・ドラゴンズ(上)(下) マイクル・コナリー、エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰、横道世之介 吉田修一
917 2015年4月 耳鳴りは治るのか? 2015/4/29 (水) 思えばあれは20年ほど前に出張で長距離電車の中で寝ていたのですが、ふと蝉の鳴き声がうるさくて目が覚め、「どうして電車の中まで蝉の鳴き声が聞こえる?どうして?」ってしばらく意識が混濁したことがあります。
916 春風の中をオープンスポーツカーで走りたい 2015/4/25 (土) 春と言えばオープンカーが一番気持ち良いシーズンですが、こうした趣味性が強く、実用性に乏しい自動車はセカンドカーが持てる身分か、それとも誰からも干渉を受けないシングル生活をエンジョイしているような人しかなかなか縁はなさそうです。
915 「風と共に去りぬ」を観てわかるアメリカ史 2015/4/22 (水) 映画「風と共に去りぬ」(原題:Gone with the Wind)を見ました。以前NHK BSで放送されたのを録画しておいたのですが、なんと言っても1本で222分もある超大作、普通の映画の2.5本分もあるだけに、なかなか見る機会がありませんでした。
914 殺人事件の国際比較 2015/4/18 (土) 佐世保で起きた女子高生の同級生殺害事件や、同じく女子高生が母と祖母を殺害した北海道南幌町の事件、名古屋大学の女子学生が高齢者を殺害した事件、そして2月には男子中学生をリンチして殺した川崎の事件など、若者が引き起こす凶悪事件が相次ぎ起きて増加しているように錯覚してしまいますが、以前にも書いたように、若者が起こす凶悪犯罪は近年減少傾向にあります。
913 4月前半の読書と感想、書評 2015/4/15 (水) 運命の人(1)(2)(3)(4) 山崎豊子、ゲーテ格言集 ゲーテ
912 気になる言葉の乱れと誤用 2015/4/11 (土) ネット上のニュースを読んでいると日本語の乱れがますますひどくなってきています。それが個人や零細なメディアの記事ならまだしも、大新聞社などが運営しているWebサイトの記事の中にもひどいものが多く、ネットの中ではそうした日本語の乱れなど気にしていちゃダメなんだろうかって最近思うようになりました。
911 visa(査証)なしで何カ国へ渡れるのか 2015/4/8 (水) ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)ということが、「パスポートの自由度ランキング」というのを発表しています。これはその国のパスポートを持っていると、世界の何カ国にビザなしまたは現地到着時取得可能で入国できるかを表したものです。
910 テレビ番組はタイムシフト視聴が当たり前? 2015/4/4 (土) 世間では若い人のテレビ離れが叫ばれていますが、私のような50代の旧式人間にとってはテレビは娯楽や情報収集ツールとして手放せない大きな役割を果たしています。
909 3月後半の読書と感想、書評 2015/4/1 (水) 彼女がその名を知らない鳥たち 沼田まほかる、「人間嫌い」のルール 中島義道、インターセックス 帚木蓬生、民宿雪国 樋口毅宏
908 2015年3月 本当に住みよい街とは 2015/3/28 (土) 東洋経済が毎年発表している日本国内の市町村を様々な評価基準データで順位付けした「住みよさランキング2014」をあらためてじっくり見てみました。
907 派遣法改正三度目の正直なるか? 2015/3/25 (水) 1月26日に召集された第189回通常国会は6月24日までの150日間開会されます。
906 トクホが売れるわけ 2015/3/21 (土) トクホ(特定保健用食品)が健康食品ブームにのっかって再び勢いづいてきました。再びと書いたのは、実は2007年をピークにして一度大きく下げていましたが、2012年頃から再び伸びてきています。
905 3月前半の読書と感想、書評 2015/3/18 (水) 夏の庭 湯本香樹実(かずみ)、マリアビートル 伊坂幸太郎、さらば雑司ヶ谷 樋口毅宏、ドミノ 恩田陸
904 金持ち道楽な燃料電池車への補助金は税金から 2015/3/14 (土) 昨年の暮れには国内量産型としては初の水素を燃料として電気で走る燃料電池車MIRAIが発売され、今年中にはホンダも同方式の量販車の販売が予定されています。
903 私の想像を超えるビジネスマナー崩壊 2015/3/11 (水) 年寄りの愚痴のひとつに違いないのですが、最近思うことに若者の仕事に対する姿勢がずいぶん変わってきたなと感じることがよくあります。
902 イボを取る 2015/3/7 (土) 極めて個人的なことですが、首筋に小さなイボ(疣・いぼ)がポツポツとできはじめたのは2〜3年ほど前で、ほっておいても自然に乾燥してとれちゃうかなと楽観視していたら、それがいよいよ大きく育ってしまい、目立ちにくい場所とはいえ、このままじゃ格好も悪いし、シャツの襟でこすれると痛いしということで、イボを取りに意を決して皮膚科へ行ってきました。
901 2月後半の読書と感想、書評 2015/3/4 (水) 和菓子のアン 坂木 司、リフレはヤバい 小幡績、屍者の帝国 伊藤計劃×円城塔、三匹のオッサン 有川浩
900 2015年
2月
テレビ・ラジオの長寿番組について 2015/2/28 (土) 先般日テレの「笑点」を見ていると、長寿番組であることを出演者達がしつこく何度も誇らしげに喋っていましたが、確かに「笑点」は45年前の小学生の頃に見ていた記憶から、そのスタイルがほとんど変わらない稀な番組です。
899 疑うことを知らぬ、お人好し日本 2015/2/25 (水) マーケティングのプロと思われる方の書いたブログで「家電売場が、意外と面白い」という記事を読みました。
898 過去に遭遇した大事件 2015/2/21 (土) 社会人を35年もやっていると、様々な大きな事件や事故などに、直接的、間接的に身近に関わったり、目撃したり、近くで遭遇することがあります。
897 2月前半の読書と感想、書評 2015/2/18 (水) 赤猫異聞 浅田次郎、殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子、モップガール 加藤実秋、 「意識高い系」という病 ソーシャル時代にはびこるバカヤロー 常見陽平
896 多死社会と葬儀ビジネス 2015/2/14 (土) 高齢化社会と言うことは、裏を返せばこれから一気に死者が増えていくという社会です。NHKでも「多死社会」という造語を使って、それで起きる様々な問題点を特集していました。
895 「ドキュメント72時間」を見て日本経済を考えた 2015/2/11 (水) NHKの番組で(関東では)金曜日の夜に放送がある「ドキュメント72時間」は好きで、ほぼ毎回見ています。先日放映された「金券ショップでつかむ幸せは」という回は、池袋駅近くのチケットショップが取り上げられ、そこを訪れる人間模様を72時間にわたって取材をしていました。
894 火災保険・地震保険について調べてみた 2015/2/7 (土) 火災保険や地震保険についていろいろと調べたので書いてみたいと思います。
893 1月後半の読書と感想、書評 2015/2/4 (水) 殺し屋ケラーの帰郷 ローレンス・ブロック、模倣犯(1)〜(5) 宮部みゆき
892 2015年
1月
火事と賠償 2015/1/31 (土) クイズです。近所で火事が起き、その火事が延焼して自分の家が燃えたり、消防車の放水により重大な被害を受けた時、火事の原因を作った人に住宅や使えなくなった家財の損害賠償を請求できるでしょうか?下の3つから選べ。
891 昨年の自動車販売データ 2015/1/28 (水) 2014年は自動車業界にとって4月の消費税アップの影響もあってあまりいい年ではなかったかと思いきや、自動車メーカー各社は円安効果と輸出の好調から会社としては良好な成績を残しているようで、まずまずの結果だったようです。
890 非正規問題の真実 2015/1/24 (土) ここ10年ほど「非正規社員が増加している」と国(厚労省)やマスコミが言い続けています。それに合わせるかのように、政治家も頭の軽いコメンテーターや評論家も「非正規社員増加、けしからん!問題だ!」とテレビで叫んでいます。
889 公的な高齢者移住計画は成功するか? 2015/1/21 (水) 先日年明けすぐのニュースに「元気な60代の移住促進=「共同体」構想本格化」という記事がありました。
888 火事と高齢化社会の因果関係 2015/1/17 (土) 高齢化社会となっていく中で、様々な問題、例えば年金不足や医療費増大、労働人口や国内消費の減少、認知症患者の増加、介護士や介護施設の不足などいろいろとありますが、その中でも高齢者だけの世帯や高齢者がひとりで住む高齢単身者世帯の増加が気になっています。
887 1月前半の読書と感想、書評 2015/1/14 (水) 羊の目 伊集院静、シティ・オブ・ボーンズ マイクル・コナリー、日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 浅川 芳裕、ボトルネック 米澤 穂信、銀の匙 中勘助
886 リス天管理人が選ぶ2014年に読んだベスト書籍 2015/1/10 (土) 今年もやります、管理人が独断と偏見で選ぶ、昨年読んだ中から超お勧めベスト本です。
885 年末年始にみた映画(DVD) 2015/1/7 (水) 神様のカルテ2、選挙、トリック劇場版 ラストステージ、夜叉、ドクトル・ジバゴ
884 年明けにつらつら思うこと 2015/1/3 (土) 今年2015年のお正月休みは、昨年12月27日(土)〜1月4日(日)までの9連休のところが多かったのではないでしょうか。こりゃ〜年の初めから縁起がいいやねぇ〜と感じた人もいたのではないでしょうか?えぇ私のことです。
883 2014年
12月
12月後半の読書と感想、書評 2014/12/31 (水) ファイヤーボール・ブルース2 桐野 夏生、夜中にラーメンを食べても太らない技術 伊達友美、Another(上)(下) 綾辻行人
882 今年も終わってしまうが新しい年はいい年になるのか? 2014/12/27 (土) 今年も残りわずかとなりました。2002年の春からスタートしたリストラ天国日記もまもなく13年目に入ります。決して多くはない読者(笑)の方々には感謝感謝です。
881 私立探偵ハードボイルド小説2つ 2014/12/24 (水) ロバート・B・パーカーの「スペンサーシリーズ」と同様に、探偵小説のシリーズものとして長らく読んできたのが、ローレンス・ブロックの「マット・スカダー・シリーズ」とマイクル・コナリーの「ハリー・ボッシュシリーズ」です。
880 高倉健さんを偲び映画の思い出など 2014/12/20 (土) 先月亡くなられた高倉健さんと言えば、団塊世代にとってはあこがれのヒーローで、自分たちの兄貴分として映画全盛時代の1960年代に颯爽と現れた英雄、つまり訳あってのヤクザ者だが、心意気はまっすぐで無口で格好いい男の代表というイメージでした。
879 12月前半の読書と感想、書評 2014/12/17 (水) 1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 岩田健太郎、骸の爪 道尾秀介、親鸞 激動編(上)(下) 五木寛之、旅をする木 星野道夫
878 5分でわかる関ヶ原の戦い 2014/12/13 (土) 関ヶ原の戦いと言えば、一般的には、「徳川」対「豊臣(石田三成)」の戦いという図式がよく使われますが、本当のところは家康も光成もこの時点では二人とも豊臣家の一家臣であり、秀吉亡き後、誰がリーダーになるかという身内の争いです。
877 映画「浮草」(1959年) 2014/12/10 (水) この映画は1959年に制作され上映された小津安二郎監督の作品ですが、元々は同じ小津安二郎が戦前の1934年に監督した「浮草物語」のリメーク版で、多くの名作を作ってきた小津監督の晩年の作品となります。
876 介護にまつわるあれこれ 2014/12/6 (土) 40歳になると急に払わされることになる介護保険は将来必要になる人もいれば、死ぬまで1円も使わない人もいるという性格のもので、将来に渡って介護が必要な高齢者が増えることを見越し2000年から始まりました。
875 11月後半の読書と感想、書評 2014/12/3 (水) 介護退職 楡周平、沈黙の画布 篠田節子、東京タワー オカンとボクと、時々、オトン リリー・フランキー、わたしを離さないで カズオ・イシグロ
874 2014年
11月
老朽化しつつあるバブル以前のマンション 2014/11/29 (土) マンションは70年代の高度成長期から建ち始め、バブル期を経て、リーマンショック前の平成19年までに数多くが建設され、中長期で見ればほぼ一貫して右上がりで順調に建設され販売されてきました。
873 父親の遺伝子  2014/11/26 (水) 父親が亡くなって11年が経ちました。鏡に映る自分の顔が、まだ記憶に残る父親の顔とよく似ていることに気がついて愕然としたり、自分でも年を取ったなと感じる日々です。
872 高齢者支援だけが本当に手厚いのか 2014/11/22 (土) NHKなどで高齢者の貧困問題が取り上げられ、それに対する支援の必要性をマスコミが訴えかけると、一部の人からは「お金持ちのほとんどは高齢者なんだから、これ以上高齢者を優遇する政策なんて必要ないじゃん!」「支援するにも財源はどこよ?」ってもっともらしく言う人がいます。
871 11月前半の読書と感想、書評 2014/11/19 (水) 何ものも恐れるな〈上〉(中)(下) ディーン・R. クーンツ、木暮荘物語 三浦しをん、ファイアボール・ブルース 桐野 夏生、梅干しはデパ地下よりBARで売れ!? 小寺正典
870 首都移転は実現可能か 2014/11/15 (土) 大政奉還で江戸時代が終わり、天皇が京都を出て東京に居を定めて以降、法的にはなんの定めもありませんが、日本の首都はなんとなく東京ということになっています。
869 働かないおじさんと年功序列  2014/11/12 (水) ビジネス誌などでよく見掛けるのが「働かないおじさん」というなんとも嫌みで、オジサン達を見下した感のある内容とタイトルです。
868 派遣法改正の動き 2014/11/8 (土) 労働者派遣法が改正される方向で進められています。今回の主な改正趣旨としては、(1)特定労働者派遣事業と一般労働者派遣事業の区別を廃止し、全ての労働者派遣事業を許可制とする。(2)すべての業務に3年の期間制限となっていて、私の個人的感想を言えば、可もなく不可もなくどうでもいいやという感じですが、労組を中心として反対意見の声は根強く出ています。
867 10月後半の読書と感想、書評 2014/11/5 (水) シッダールタ ヘルマン・ヘッセ、おひとりさまの老後 上野千鶴子、正義を振りかざす君へ 真保裕一、宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 高沢 皓司、肩ごしの恋人 唯川恵
866 失業率とか雇用状況 2014/11/1 (土) 久しく最近の雇用状況の話しを書いていなかったので、集中して書いてみます。90年代までのバブル景気から徐々に高まってきた失業率ですが、リーマンショックの影響で急激に上昇しますが、その後民主党政権に代わってからゆっくりと回復し、現在に至っています。あ、いや別に民主党政権だから下がったとは必ずしも言えませんが。
865 2014年10月 仕事と介護の両立という難題 2014/10/29 (水) 少し前の日経ビジネスで「隠れ介護1300万人の激震」という見出しが躍っていました。まぁよくある煽りのタイトルですが、高齢化していく中で無視はできない問題には違いありません。
864 衝突安全性テストについて 2014/10/25 (土) クルマネタが続きますが、自動車の安全性を第三者機関が評価した指標として、日本国内では独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program:JNCAP)という実車衝突試験に基づく車種別衝突安全性評価をおこなっています。
863 マイカーを軽自動車に買い換え 2014/10/22 (水) マイカー(2リッターセダン)を3回目の車検を前に乗り換えることにしました。最近の国産車は頑丈で、スタイルや燃費はともかく、10年や15年ぐらいではさして故障することもなく、日常使う分にはまったく支障がありません。
862 最低賃金について 2014/10/18 (土) 現在の日本の最低賃金は、最低賃金法により、地域別(都道府県単位)と特定の産業別で定められています。四国や沖縄、九州、東北は全体的に低く、大都市圏は高いというのがよくわかります。
861 10月前半の読書と感想、書評 2014/10/15 (水) プラナリア 山本文緒、暗闇にひと突き ローレンス・ブロック、「反原発」の不都合な真実 藤沢数希、クリムゾンの迷宮 貴志 祐介、監査難民 種村大基
860 英会話能力はまず聴き取り能力から  2014/10/11 (土) 英語といえば最初に習い始めた中学生の頃から、嫌で嫌で仕方がなく、高校・大学と合わせて8年(大学では第一語学はドイツ語を履修し、英語は第二語学として2年間のみ)も習いながら、ビジネスではまったく役に立たないホンの基本的な会話しかできないという情けない私です。
859 採用氷河期でなにが問題なのか?  2014/10/8 (水) 90年代のバブル崩壊以降、なんどか持ち直しはしたものの、リーマンショックにより再び就職氷河期に突入していましたが、昨年以降はアベノバブル効果もあり、新卒の就職は一時的にしろ、かなり雪解けになってきているようです。
858 死刑制度について 2014/10/4 (土) 現在、世界で一般犯罪において死刑を実施している国はおよそ1/3程度で、世界の死刑制度の傾向としては、廃止または制度はあっても刑の執行を停止する方向に向かっているようです。
857 9月後半の読書と感想、書評 2014/10/1 (水) マスカレード・ホテル 東野圭吾、西の魔女が死んだ 梨木香歩、オレ様化する子どもたち 諏訪哲二、ペンギン・ハイウェイ 森見 登美彦、動物農場 ジョージ・オーウェル
856 2014年9月 コンビニの活用はどこまで進むのか 2014/9/27 (土) 1970年代にセイコーマート、ファミリーマート、セブンイレブンなどが次々とオープンし、1980年代頃から都市部に急速に普及してきたコンビニエンスストアは、その成長のスピードはやや落ちてきたものの、すでにデパートの売上規模をしのぎ、年間売上約9兆円、小売業全体の約7%を占めるに至り、総合スーパーに次ぐ巨大な小売り産業となっています。
855 日本語変換システムATOKへの讃辞 2014/9/24 (水) 私と日本語変換システムATOK(Advanced Technology Of Kana-kanji transfer、但し私が1990年代に教えられて記憶しているのはAutomatic Transfer of Kana-Kanji)の出会いは古く、1980年代後半にNECのPC9801で一太郎を使っていた頃にさかのぼります。
854 生ごみのリサイクルについて知っていますか? 2014/9/20 (土) ゴミのリサイクルなんていうのはまやかしだ!という意見もあり、家電リサイクルなどを筆頭に、私自身も確かにある一面ではそういうものだと思っています。
853 9月前半の読書と感想、書評 2014/9/17 (水) 暗く聖なる夜(上)(下) マイクル・コナリー、ロード&ゴー 日明 恩、寝ても覚めても 柴崎 友香、やさしい人 加藤諦三
852 中高年者の雇用不安 2014/9/13 (土) 前から自分に当てはめて考えてみると、大きな社会問題として顕在化していないのが、不思議に思っていることがあります。それは、中高年以降の雇用の問題で、終身雇用が崩れてきている中で、多くの40歳以降の中高年者が、この先の雇用についてなんの心配もしていないのかな?と不思議に思っています。
851 松尾芭蕉のおさらい 2014/9/10 (水) この夏に、松尾芭蕉が辿った奥州路を走り、芭蕉も船下りをした最上川を見てきたこともあり、その芭蕉の生涯と有名な俳句を簡単にまとめてみました。
850 少年犯罪は増加、凶悪化しているのか? 2014/9/6 (土) 6月に佐世保で起きた女子高生猟奇殺人事件は、同級生の15歳女子高生が起こした事件ということで社会を驚愕させました。また8月には津山で無職の17歳が、交際中の26歳女性を殺害し遺棄するという事件が発生し、ここのところ少年少女が主体的に関わる事件が頻発しているような印象があります。そこで過去の統計を調べてみました。
849 8月後半の読書と感想、書評 2014/9/3 (水) 私の嫌いな10の人びと 中島義道、人間の土地 サン=テグジュペリ、きよしこ 重松清、奇面館の殺人 綾辻行人、俺俺 星野智幸
848 2014年8月 同意を求められる会話  2014/8/30 (土) 人と話をしていて「私は○○だと思うの。ね、そう思わない?」とか「○○と言われたけど、それってひどくない?」と第三者に対して同意を求めるような会話がよくかわされます。
847 みちのく急ぎ旅 後編  2014/8/27 (水) 後編では、1日目のメインイベントである最上川の舟下り、その夜は日本海側へ出て鶴岡市内にある安いビジネスホテルで一泊、翌2日目は、日本海沿いを新潟方面に向かい、笹川流れ、朱鷺メッセというコースをたどります。
846 みちのく急ぎ旅 前編 2014/8/23 (土) 昨年は1月と8月に2度、主として東北の太平洋側沿岸地域を回ってきましたが、今年の夏休みは趣向を変え、福島から東北の中央部を北進し、その後最上川に沿って日本海側へと回ってきました。
845 人材派遣に関するニュース二題 2014/8/20 (水) 派遣労働者の受け入れ期間上限を撤廃するなどを盛り込んだ人材派遣法の改正は、条文にミスがあったという呆れた理由でいったん国会で見送られましたが、また秋以降の国会で再燃する見通しです。
844 内職・副業詐欺など 2014/8/16 (土) 先月の情報ですが、こうしたニュースが新聞に出ていました。メルマガ作成でトラブル、仕事応募すると金銭請求次々、国民生活センター、注意呼びかけ
843 8月前半の読書と感想、書評 2014/8/13 (水) 身を捨ててこそ 新・病葉流れて 白川道、浮かぶ瀬もあれ 新・病葉流れて 白川道、田舎暮らしに殺されない法 丸山健二、秋田殺人事件 内田康夫、遠野殺人事件 内田康夫
842 ひき逃げは絶対に許してはいけない 2014/8/9 (土) 夏休み中は特に子供の交通事故が増える季節ですが、クルマを運転するときは常に「子供が飛び出してくるかも」と用心して運転することが求められます。
841 流入検索ワード調べ 2014/8/5 (火) リストラ天国の各データや日記で書いたことはいつ読んでもかまわない「長〜く使える情報」を溜めていくことを大きなテーマに据えていて、いわゆる瞬間的に読まれてすぐに用を足さなくなるニュース系の情報を提供するものとは一線を画してきました。
840 空気清浄機のメリット 2014/8/3 (土) 特に都市部においては「水を飲む」と言った場合の「水」はボトルに入った「ミネラルウォーター」や浄水器を通した水を指すことが多く、いつの間にか飲み水は蛇口をひねると出てくる水道水のことではなくなってしまいました。
839 2014年7月 7月後半の読書と感想、書評 2014/7/30 (水) 蝉しぐれ 藤沢周平、博士の愛した数式 小川洋子、砂の女 安部公房、嘘つきアーニャの真っ赤な真実 米原万里、田舎暮らしができる人 できない人 玉村豊男
838 夢の隠遁生活 2014/7/26 (土) 隠遁とは「俗世間を逃れて隠れ住むこと」とありますが、別に山奥に隠れ住みはしなくても、俗世間と少し距離を置いて誰にも邪魔されず、好きなことをやって余生を送りたいと思っている人は少なくないでしょう。
837 電話に出るということ 2014/7/23 (水) 新入社員が研修を終えて各部署に配属されたあと、まず最初にやることと言えば「外からかかってきた電話をとる」というケースが一般的には多いようです。
836 上方漫才と落語の話し 2014/7/19 (土) 子供の頃は関東では放映されていない吉本新喜劇を毎週欠かさずテレビで見ていたこともあり、上方の漫才や上方落語の「単純な笑い」が結構好きです。しかもそれは1980年以降、漫才ブームが起きる以前のものに強く印象が残っています。
835 7月前半の読書と感想、書評 2014/7/16 (水) 陽だまりの偽り 長岡弘樹、日曜日たち 吉田修一、人生を無駄にしない会社の選び方 新田龍、佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七、真夜中の神話 真保裕一
834 高齢者向けビジネス(第4部 ボランティア編) 2014/7/12 (土) 比較的裕福で「もうガリガリ働いて生活費を稼がなくてもいいや」という恵まれた高齢者の方もたくさんいらしゃいます。なんと言っても60才以上の高齢者世帯の平均預貯金額は2000万円を軽く超え、持ち家率も90%を上回り、さらに年金などの所得も1世帯の年間平均で300万円以上あります。
833 もうひとつの人生があれば 2014/7/9 (水) 84歳で亡くなった私の父親のことを考えると、私はいま56歳なので、父親の生きた年数のちょうど2/3に達したということになります。仕事もまもなく引退する予定なので、余命もわずか?と思っていただけに、え!まだ人生の1/3も残っているんだ?と思うとちょっと不思議な感覚になります。
832 いま腕時計の需要はどうなっているのか 2014/7/5 (土) 中学生になった時に、親に買ってもらった初めての腕時計SEIKO 5ACTUS(1970年)から、数本の腕時計を経て、現在は四半世紀ほど前のまだ中国に返還される前の香港で買ったHEUER(ホイヤー)の時計を長く愛用しています。
831 6月後半の読書と感想、書評 2014/7/2 (水) 月に繭 地には果実(上)(中)(下) 福井晴敏、人間失格 太宰治、去年はいい年になるだろう 山本弘
830 2014年6月 宅配ビジネスのラストワンマイル 2014/6/28 (土) 最近よく新聞の折込チラシに入っているので、流行ってきているなと感じていた宅配弁当の話しですが、少し前にワタミの子会社で宅配弁当事業を運営しているワタミタクショクのアルバイトの話しが記事に出ていました。
829 「最後の昭和企業戦士」五十代の悲劇 2014/6/25 (水) 普段から「最近の若い奴らは、、、」とか「腹黒い天下り官僚は、、、」とか、「自分勝手な『オレ様』がのさばっていて、、、」など、小心者でへたれな自分のことはさておいて好き勝手を書いているわけですが、世間、特に若い世代は私の世代、つまり50代をどのように見ているのか?とちょっと調べると、これがまた手厳しい〜という話しです。
828 後継者不足で廃業、倒産する企業 2014/6/21 (土) 景気回復感による人手不足、求人しても集まらないというニュースが目立ちますが、その本質はといえば、新しく労働力に加わってくる若い人のおよそ倍近い数の団塊世代が65才を迎え、次々と仕事からリタイアしていっている状況ですので、国内の総労働者人口が大きく減っていることに他なりません。
827 6月前半の読書と感想、書評 2014/6/18 (水) 絆 江上剛、クリフトン年代記第3部 裁きの鐘は(上)(下) ジェフリー・アーチャー、男の作法 池波正太郎、きみの友だち 重松清
826 脱サラ起業ができる人、できない人 2014/6/14 (土) 宮仕えに汲々したサラリーマンなら一度は考えることとして独立起業があります。ソフトバンクの孫さんやホリエモンさんのようにサラリーマン経験はなく、学校を終えてすぐ(あるいは学校在籍中)に起業した事業家のように特別な才能と幸運に恵まれた人は別として、多くの起業人は数年から十数年のサラリーマン経験をしてから独立するケースがほとんどだろうと思います。
825 行方不明者と顔認識システム 2014/6/11 (水) 少し前の話しになりますが、NHKスペシャルで「認知症800万人時代 行方不明者1万人〜知られざる徘徊の実態」という番組が放映され、7年前に家を出たまま、自分の名前も住所もわからず、身元不明者となり群馬県の介護施設に収容されている認知症の女性高齢者が登場していました。
824 高齢者向けビジネス(第3部 仕事編) 2014/6/7 (土) 高齢者向けビジネス(第1部 居住編)、高齢者向けビジネス(第2部 趣味編)に続く第3弾は仕事編です。仕事のビジネスっていうのもなんか変なのですが、いわゆる生活費を稼ぐため、あるいは生き甲斐やちょっとした小遣いを稼ぐために働き続ける高齢者向けのサポートビジネスと言ったほうがいいかもしれません。
823 5月後半の読書と感想、書評 2014/6/4 (水) 塩狩峠 三浦綾子、医療にたかるな 村上智彦、オレたちバブル入行組 池井戸潤、それでも、警官は微笑う 日明恩
822 2014年5月 親友は作るものではなく作られていくもの 2014/5/31 (土) 定年まであと4年となってきて、この先のことをいろいろと考えるようになってきました。そのひとつは、60歳で会社を辞めたあともリアルに付き合っていける人(友人)は何人ぐらい残っているかな?と。このような現実的な自問自答が繰り返し頭の中をよぎります。
821 会社を辞めてから気がつくこと 2014/5/28 (水) たぶん私と同年代の方で、デパートに勤務をし、約10年前に脱サラをして、中古の着物販売を手掛けておられる和田一郎さんという方の過去のブログがたいへん面白かったので書いておきます。
820 高齢者ビジネス(第2部 趣味編) 2014/5/24 (土) 以前書いた「高齢者ビジネス(第1部 居住編)」の続編で、今回は趣味編です。趣味といっても広いのでいくつかに絞っていきますが、狙いはやはり65歳前後になった800万人を超える団塊世代の人達向けが中心になるでしょう。
819 パチンコ業界その未来は? 2014/5/21 (水) この業界のことを"ど素人"があれやこれやと勝手なことを書くのはどうかと思うのですが、ネタ不足の折、公表されているデータと個人的感想を少し書き残したいと思います。
818 5月前半の読書と感想、書評 2014/5/17 (土) チルドレン 伊坂 幸太郎、親鸞(上)(下) 五木寛之、政治家の殺し方 中田宏、平成関東大震災-いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった 福井晴敏
817 カフェではない喫茶店の凋落  2014/5/14 (水) 最近はどうかわかりませんが、営業の仕事に就いている人には、常連としている馴染みの喫茶店があるのも珍しいことではありません。かくいう私も20〜30代の頃は外勤営業が主たる仕事だったので、常連にしていた喫茶店がありました。
816 2050年に向けてのグランドデザイン 2014/5/10 (土) 国土交通省が4月に「新たな国土のグランドデザイン」を発表していました。これは中長期的に社会全体が高齢化していく中で、国際化の波、都市部の一極集中、巨大災害対策、食料・水・エネルギーの安全性確保と節約、ICTの利用などにより、日本の国土や社会をどう変えていくのがいいかという提案です。
815 4月後半の読書と感想、書評 2014/5/7 (水) 下流志向−学ばない子どもたち、働かない若者たち 内田樹、ダブルジョーカー 柳広司、真珠湾 十二月八日の終戦 池上司、星の王子様 サン=テグジュペリ
814 日本に外国人観光客を呼ぶ 2014/5/3 (土) 先日「観光後進国日本の現実」というブログを書きました。要約すると、日本は観光で出国する人数と比べて外国人が入国する人数は極端に少なく、他のアジア各国や先進G8諸国と比べてもはるかに見劣りするひどさで、クールジャパンで盛り上げようとしているけれど、まだまだ出国超過の割合が高く、今後世界中に日本文化や日本人への理解を進め、また縮小していく内需を少しでも食い止めるためにも外国人観光客を呼び込む抜本的な対策をやっていくことが必要だというものです。
813 2014年4月 地域活性化は道の駅で  2014/4/30 (水) 以前、「道の駅は次の段階へ進めるか」というブログを書きました。そして日曜日に私がよく見ている「ザ!鉄腕!DASH!!」というテレビ番組の「0円食堂」というコーナーで各地の「道の駅」がいつも登場するのをみて、再びこの「道の駅」について書いてみようと思いました。
812 今こそワークシェアリングを根付かせるチャンス(かも) 2014/4/26 (土) ワークシェアリングとは、ひとつの仕事を複数の人で分かち合うことで、企業側からすれば効率的に人員を配置することができ、また働く側からするとフルタイムで働けない人や、残業や休日出勤など長時間労働を避けプライベート時間を大切にできるというもので、今の生活重視志向のライフスタイルとはうまくマッチしたものと考えられています。
811 ゴールデンウィークにお勧めの古い映画10本 2014/4/23 (水)  ◆素晴らしき哉、人生! ◆3人のゴースト ◆ショーシャンクの空に ◆キャスト・アウェイ ◆最高の人生の見つけ方 ◆プライベート・ライアン ◆生きてこそ ◆ニューシネマパラダイス ◆スティング ◆グラン・トリノ
810 高齢者向けビジネス(第1部 居住編)  2014/4/19 (土) 高齢化社会が進むにつれて様々なビジネスが生まれてきています。その中でも不謹慎ながら「オレオレ詐欺」と「リフォーム詐欺」なんかは違法ということを除けば高齢化社会を見事に突いた急成長ビジネスと言えるのかもしれません。
809 4月前半の読書と感想、書評 2014/4/16 (水) 慈雨の音(流転の海 第6部) 宮本輝、天使のナイフ 薬丸岳、ある微笑み フランソワーズ・サガン、ダイスをころがせ 真保裕一
808 ロバート・B・パーカー「スペンサーシリーズ」全巻まとめ 2014/4/12 (土) ロバート・B・パーカー(Robert Brown Parker)は1932年アメリカ生まれの小説家で、2010年1月に77歳で亡くなるまで、数多くの小説を残しました。
807 労働人口と非労働人口推移と完全失業率 2013/4/9 (水) 有効求人倍率とはハローワークに来る求人数と仕事を求めてやってくる求職者数の割合を求めたひとつの雇用情勢を示す指標で、1倍より高いと求職者数よりも求人数のほうが多いということで、雇用環境はいいとされています。
806 ガラ携からスマホへ 2014/4/5 (土) 私事で恐縮ですが、今まで30年近く私物のモバイルとしてはずっとPHSやガラパゴス携帯を使ってきて、今後も月々費用がバカ高いスマートフォンなど持たないぞと方々で公言してきましたが、よんどころのない事情でスマホに買い換えることになりました。
805 3月後半の読書と感想、書評 2014/4/2 (水) 戦闘妖精・雪風<改> 神林長平、グッドラック―戦闘妖精・雪風 神林長平、春嵐 ロバート・B・パーカー、Facebookというビジネス
804 2014年3月 高齢就業者と非正規雇用 2014/3/29 (土) あえて調べるまでもなく日本の労働者(就業者)の高齢化が進んでいますが、総務省から発表されている労働力調査の年代別就業者数を見るとよくわかります。
803 リサイクル料金は時代の徒花か 2014/3/26 (水) いつからか家電製品を買い換えたときなど処分するときには有無を言わせず「リサイクル料金」が取られるようになって、この制度には不満を持っていたのですが、テレビなどでも活躍している武田邦彦氏のブログにもこのリサイクル制度についての批判が書かれていました。
802 観光後進国日本の現実 2014/3/22 (土) 昨年2013年に始めて海外からの旅客数がようやく1千万人を超えたと言うことで「クールジャパン」「観光立国」政策の成功だ!などと喜んでいる政府や国の関係者がいますが、それって今までがあまりにも無為無策だっただけで、これで成功したなんて満足しているようではとんでもない話しだとということを書いてみます。
801 3月前半の読書と感想、書評 2014/3/19 (水) 三千枚の金貨(上)(下) 宮本輝、「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト 酒井穣、下町ロケット 池井戸潤、ふたたびの恋 野沢尚
800 高齢化社会で変化している交通事故の統計を見る 2014/3/15 (土) 毎年警察庁から発表されている交通事故死亡者統計を見て、ここ数十年ものあいだ死亡者総数は大きく減ってきているのはたいへん喜ばしいことですが、高齢者が被害に遭う割合が増えてきています。
799 成長するという妄想 2014/3/12 (水) 恥ずかしげもなく、まだほとんど実績をあげてもいない個人の名を冠したアベノミクスという成長戦略は、高度成長期やバブル時代を経験してきた(中年以上の)国民に、夢よもう一度と期待を持たせるのには効果がありますが、実のところ日本はそのような夢を追い求められる状況でないことは、少し経済や日本が置かれた立場に明るければわかりそうなものです。
798 下がり続けている二輪車の販売動向 2014/3/8 (土) 世間では毎月のように乗用車の販売台数が増えただの減っただのが景気指標としてよく使われるのでニュースなどにもよく登場しますが、二輪についての販売台数は業界の人ぐらいしかあまり関心がなく、表面には出てくることもほとんどありません。
797 2月後半の読書と感想、書評 2014/3/5 (水) 神様のカルテ3 夏川草介、卵をめぐる祖父の戦争 デイヴィッド ベニオフ、シューカツ 石田衣良、迷惑メールやって良いこと悪いこと 須藤慎一
796 貧困率とワーキングプア 2014/3/1 (土) 貧困率やワーキングプアという社会問題があちこちで取り上げられるようになりましたが、実はこの貧困率にしてもワーキングプアにしても、その統計数値の根拠がまちまちだったり、定義が曖昧なままでの数値だったりしていてどうもすっきりしません。
795 2014年2月 定年リタイア時の必要貯蓄額と生涯住宅費用 2014/2/26 (水) 最近は個人情報の登録や有料版に移行するネットメディアが多く、無料でしかも登録なしに読める良質なコンテンツが少なくなってきたのは残念なことです。ビジネスでやっている側からすれば「無料で良質な記事をなんてふざけるな!」ってことでしょうが、有料にしたからといってその中身は混交玉石のはずで、自分にとって社会にとって有益なものばかりとは限りませんので悩ましいところです。
794 田中将大とダルビッシュ、松坂、前田(健)の成績を比較してみる 2014/2/22 (土) まだまだ寒い日が続きますが、プロ野球のオープン戦も各地で始まり、確実にMLBやプロ野球の開幕が近づいてきているようです。
793 2月前半の読書と感想、書評 2014/2/19 (水) 北帰行 佐々木譲、天地明察(上)(下) 冲方丁、微笑む人 貫井徳郎、ジェノサイド(上)(下) 高野和明
792 ビジネスにおける私的リーダー論 2014/2/15 (土) 自意識過剰で欲の突っ張った自称コンサルタントでもあるまいし、リーダーシップを語るなどおこがましいと思っていましたが、考えるとこの30余年のあいだに、いくつかの勤務先で様々なリーダーの元で仕事をしたり、時にはリーダとなってメンバーを率いた経験があり、その総括として自分のリーダー論を書き残しておくのも悪いことではないなと考えました。
791 名画劇場「素晴らしき哉、人生!」 2014/2/12 (水) 年末年始以降休日が結構多かったため、録画しておいた映画やドラマをゆっくりと鑑賞することができました。
790 空き家が増えている 2014/2/8 (土) すでに様々なメディアでそのような報道がなされているので、知っている人も多いと思いますが、あらためて「増えつつある空き家」について検証してみます。
789 1月前半の読書と感想、書評 2014/2/5 (水) 二人静 盛田隆二、ザビエルの首 柳広司、真夜中の男 結城昌治、殺し屋 最後の仕事 ローレンス・ブロック
788 浴室のユニットバス化リフォーム工事完了 2014/2/1 (土) 昨年9月に大型台風が関東南部を襲った直後から交渉をスタートした、我が家の大規模リフォーム第3弾「浴室リフォーム」の工事が、数々の試練を乗り越え無事に終わりました。
787 2014年1月 世帯内単身者の増加が引き起こすかも知れない社会問題 2014/1/29 (水) 世帯内単身者とは、一時期「花嫁修行中」の「家事手伝い」そして「パラサイトシングル」とか呼ばれてきた社会人になってからも親や親戚の家で生活をともにしている独身者のことで、昔は女性にその傾向が強かったのですが、最近は男女に関係なく増えているそうです。
786 緑茶うんちく話 2014/1/25 (土) 日本茶といえば一般的には煎茶の緑茶を思い浮かべる人が多いと思いますが、種類としてはまず大きく抹茶と煎茶に分かれ、次に煎茶の中に小分類として玉露、煎茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶、豆茶などがあります。
785 2020年東京オリンピックに向けていますぐ日本がやるべきこと 2014/1/22 (水) もうだいぶんと旧聞になってしまいましたが、今年の元旦の朝日新聞の別刷版で奥田英朗氏のコラムに個人的な考え方と断って「2020年東京オリンピックでの日本が果たすべき役割」を書かれていました。
784 リス天管理人が選ぶ2013年に読んだベスト書籍 2014/1/18 (土) 2013年の1月から12月までに新旧刊の小説、ビジネス書など全86話(上下巻など分冊をすべてカウントすると98冊)を読みました。月間に換算すると8.17冊となります。
783 1月前半の読書と感想、書評 2014/1/15 (水) 冷血 カーポティ、死もまた我等なり クリフトン年代記 第2部(上)(下) ジェフリー アーチャー、八つ花ごよみ 山本 一力
782 転職適齢期というのがあるとすれば 2014/1/11 (土) 終身雇用が壊れだしたのは1990年代頃からで、大手企業においてリストラの名を借りた実質的な指名解雇がおこなわれてきましたが、考えてみると中小企業ではそれ以前からずっと業績不振やワンマン社長の好き嫌いなど環境や感情の趣くまま、従業員解雇なんて普通におこなわれていました。
781 労働移動が助成金で弾みがつく? 2014/1/8 (水) 来年度の予算が少しずつ見えてきましたが、消費税も上がり、景気の先行きを左右しかねない重要な予算編成になることは間違いなさそうです。
780 あらためて高齢社会白書を概観してみる 2014/1/5 (日) 内閣府が毎年出している通称「高齢社会白書」正確には「高齢化の状況及び高齢社会対策の実施の状況に関する年次報告」平成25年度版(2013年中に発表)というものがあります。
779 12月後半の読書と書評、感想 2014/1/2 (木) 植物図鑑 有川浩、四畳半神話大系 森見登美彦、アイの物語 山本弘、タクシードライバー 一匹狼の歌 梁石日
778 2013年12月 今年もなんとか無事に1年が終えられそうです 2013/12/31 (火) 年もいよいよ押し迫ってまいりました。今年もどうにか1年を無事に終えられそうです。今回が今年最後の投稿となるので、今年一年の日記をさっと振り返ってみたいと思います。
777 成人の力 国際比較 2013/12/28 (土) リストラ天国日記の777回目ということで、なにか嬉しい話題とか楽しくなる話しがないかと探してみたところ、ありました、ありました。
776 Wikipediaの成長はいつまで続くのか 2013/12/25 (水) ネットを使う人にとってはもう欠かせないサイトになっているインターネット百科事典Wikipedia(ウィキペディア)ですが、利用することは多いのですが、その概要についてはほとんど理解していませんでした。
775 光陰矢の如し 2013/12/21 (土) 年を取ってくると「1年がアッと言う間に過ぎる」と人はよく言います。前になにかで読んだ受け売りですが、これには根拠があって、20才の若者にとって1年という期間は、その人が生きてきた20年という時間の長さの中の1年、つまり1/20(0.05)の時間に相当しますが、60才の初老の人の1年は今まで生きてきた60年の中の1年ということで1/60(0.0167)です。
774 12月前半の読書と感想、書評 2013/12/18 (水) NHKへようこそ 滝本竜彦、舟を編む 三浦しをん、死への祈り ローレンス・ブロック、美しい隣人 花井良智
773 消滅する仕事、残る仕事 2013/12/14 (土) 「スマート・マシーン(7)機械の自動化で人間の仕事の50%は消滅する!?」というタイトルのブログを読んで、確かに時代とともに消えゆく仕事と、新たに生まれる仕事がいくつもあることに気づかされます。そして現代ではITの活用によってその速度が加速度的に速くなってきているのかも知れません。
772 続:浴室のユニットバスへのリフォーム後編 2013/12/11 (水) 当初の約束や聞かされていたことを次々と反故にしていくリフォーム業者と何度かやりとりを重ね、なんどもうんざりしましたが、どうにか交渉がまとまりました。
771 続:浴室のユニットバスへのリフォーム前編 2013/12/7 (土) 先般、自宅の浴室が古くなってきたことから、リフォームを決意し、何社かから見積もりをとった話しを書きました。その後我が家の緊縮財政下では巨大とも言えるプロジェクトは、リフォーム会社と仕様と値段のハードな交渉が一進一退しながらも続けられ、ようやく工事内容と施工業者が決まり、次いで工事日も決まりました。
770 11月後半の読書と感想、書評 2013/12/4 (水) 三陸海岸大津波 吉村昭、聖女の救済 東野圭吾、覇王の番人(上)(下) 真保裕一、うつくしい子ども 石田 衣良
769 相続税の税率を上げると言うこと 2013/12/1 (日) 先日放送があったNHKスペシャル「熟年サバイバル〜年金減額時代を生きる〜」に出演していた藻谷浩介氏は「2000万円以上の現金資産を持つ裕福な高齢者が多いことを示すグラフがあったが、これは団塊世代が裕福なのではなく、団塊世代に土地を売ったり商売してきたその上の世代(の一部)がとても裕福なのだ」という趣旨の発言がありました。
768 2013年11月 無口な人はコミュニケーション能力が低い? 2013/11/27 (水) 世界の三船敏郎が「男は黙ってサッポロビール」とテレビ画面に颯爽と登場し、一世を風靡したのは高度成長期もいよいよ円熟してきた1970年、今から43年前のことです。社会に大きな影響を及ぼしてきた団塊世代はその時既に22〜25才ぐらいに達しています。
767 若者の離職の原因は単なるミスマッチなのか? 2013/11/23 (土) 厚生労働省の調べで、2010年の大学新卒者が3年以内に退職した率が、従業員5人未満の零細企業では61%、従業員が5人から29人の小企業でも50%にのぼるというデータがありました。一方では従業員が1000人以上の大企業では22%ということです。
766 11月前半の読書と感想、書評 2013/11/20 (水) ダブルファンタジー 上・下 村山 由佳、一刀斎夢録 上・下 浅田 次郎、小太郎の左腕 和田 竜
765 労働生産性はむやみに上げるもんじゃない 2013/11/16 (土) 日本は世界の国と比較して労働生産性が低いと言われています。どれぐらい低いかと言えば下記のOECDが発表する統計データを元にした数値とグラフがよく使われています。
764 思い出の香港 2013/11/13 (水) 先日録画しておいた映画「慕情」(原題:Love Is a Many-Splendored Thing)を、ゆっくりと鑑賞しました。この映画は私の生まれる少し前の1955年(昭和30年)に劇場公開されたヘンリー・キング監督のアメリカ映画です。
763 認知症患者の増大で国は衰退する? 2013/11/9 (土) 認知症とは後天的な脳の障害により、知能が低下した状態のことで、記憶・判断力の障害などが起こり、意識障害はないものの社会生活や対人関係に支障が出てしまう病気ですが、国内には2012年で400万人を越える認知症有病者がいると言われています。
762 客員教授と非常勤講師ってなんだ? 2013/11/6 (水) テレビに出ているコメンテーターや、フリーのジャーナリスト、ベンチャー起業家、投資家、作家などのサブタイトルに「○○大学客員教授」とか「△△大学客員准教授」「××大学非常勤講師」などのタイトルをよく見かけるようになりました。また政治家や元政治家の多くにはハクを付けるためか客員教授という肩書きを持っている人もいます。
761 10月後半の読書と感想、書評 2013/11/2 (土) 時のみぞ知る(上)  クリフトン年代記 第1部(上)(下) ジェフリー アーチャー、湾岸リベンジャー 戸梶 圭太、新・世界の七不思議 鯨統一郎
760 2013年10月 糖質ダイエットについての備忘録その2 2013/10/30 (水) 「糖質ダイエットについての備忘録その1」では糖質とはなにか?ということを中心に書きましたが、今回は具体的に普段食べている食品の中で、糖質が多く含まれるものと少ないものを表にしておきます。まさに私の備忘録です。
759 糖質ダイエットについての備忘録その1 2013/10/26 (土) 3年ほど前健康診断で体重を測ると、新入社員だった30数年前から20k近く体重が増えていて、あらためてショックを受けてしまいましたが、確かに4〜5年ほど前から急速にズボンのサイズがきつくなりはじめ、買い換えするときには大きめ、大きめとなっていましたので、当然の結果なのかもしれません。
758 プロ野球とメジャーの試合時間 2013/10/23 (水) 以前からよく言われていることですが、プロ野球の試合の時間が長すぎます。横になってテレビで観戦していても長時間でつらいのに、よく球場まで足を運び、固くて狭い椅子にジッと長時間座っていられるものだと、いつも感心しています。
757 蓄電池技術は他の産業の進化に追いついていない 2013/10/19 (土) 自動車販売台数ランキングでは常にハイブリッド車が上位を占めるようになり、2013年4月の新車販売の中でハイブリッド車の割合(乗用車)は27%に達しています。
756 10月前半の読書と感想、書評 2013/10/16 (水) 私の男 桜庭一樹、恋愛時代(上)(下) 野沢尚、小説・震災後 福井晴敏、通天閣 西 加奈子
755 電子書籍を普及させるには 2013/10/12 (土) 通勤電車の中でも最近スマホやタブレットで新聞や書籍を熱心に読んでいる人が増えてきました。数年前までは、スマホや携帯では、せいぜいツイッターやメール、ゲームをやっている人ばかりだったのですが、電子書籍や新聞の電子版が普及してきてその利用者が増えてきています。
754 東京オリンピックとこれから高まるビジネスチャンス 2013/10/9 (水) 7年後に東京でオリンピックが開催されるということは、オリンピックとパラリンピックが終了するまでのあいだ、いままでになく多くの外国人が日本を訪れることになります。
753 ユニットバスへのリフォーム道険し 2013/10/5 (土) 今住んでいる自宅は、ちょうどバブルが崩壊し土地神話が崩れて値段が急落していた1992年(平成4年)8月に購入した建売りの一戸建て住宅です。売れ残りに近く、当初の価格から大きく値が下がっていたものを思わず飛びついて買いました。
752 9月後半の読書と感想、書評 2013/10/2 (水) 脳に悪い7つの習慣 林成之、コンダクター 神永学、ガセネッタ&シモネッタ 米原万里、その街の今は 柴崎友香
751 2013年9月 自動車事故と車種や装備の関係 2013/9/28 (土) 自動車事故は様々な要因で起きます。まずは運転者の操作ミスによる事故、飛び出しなど被害者側にも責任がある事故、自然災害や道路陥没などで起こる事故や、トンネル天井落下や道路に大きな落下物がありそれを避けようとしての事故など様々です。
750 ツイッターこれだけはフォローしておけ 2013/9/25 (水) 前回に続いてTwitterの話しです。今回は「これだけはフォローしておけ」と私が勝手に推薦するフォロワーを紹介しておきます。
749 TwitterとFacebookの現状 2013/9/21 (土) ネットの文化についてあれこれ言うほど知識も研究熱心でもないのですが、身近なところでのTwitterとFacebookについて自分の考えるところをひとくさりしてみます。
748 9月前半の読書と感想、書評 2013/9/18 (水) 緋色の研究 アーサー・コナン・ドイル、眠れぬ真珠 石田衣良、王国記 ブエナ・ビスタ 花村萬月、心に龍をちりばめて 白石一文
747 農家の知恵はいまの熱中症を予防する 2013/9/14 (土) 今から45年ほど前、私が小学生の頃は夏休みになると母方の実家へ毎年泊まりがけで出掛けていました。そこは住んでいた町からバスと汽車を乗り継ぎ約3時間以上かかる山の中の田舎ですが、母の実家を継いでいた母の長兄は学校の教頭先生というのと同時に広大な農地や山を引き継いだので大規模な農業を人を雇っておこなうというその地域では豪農と言ってもいい大きな家でした。
746 直木賞作家の前職は? 2013/9/11 (水) 小説家ならもらって損はない直木賞ですが、2013年上半期は、桜木紫乃氏の「ホテルローヤル」に決定しました。おめでとうございます。
745 名前、特に苗字についてのお話し 2013/9/7 (土) 「七音(どれみ)」「希星(きらら)」「火星(まあず)」「天響(てぃな)」など日本ではいわゆるキラキラネームというどうにも読み方が難しい(っていうか読めるわけない)名前が流行っているそうですが、今回はファーストネーム(名)ではなく、ラストネーム(姓)の話しです。
744 8月後半の読書と感想、書評 2013/9/4 (水) 遠野物語 柳田國男、傍聞き 長岡弘樹、九月が永遠に続けば 沼田まほかる、瑠璃を見たひと 伊集院静
743 出版社不況の現状 2013/9/1 (日) 日本にはほとんどの人が知らないというのを含めて多くの出版社がありますが、零細規模だったり資本的に不安定なところも多く、今までに数多くの出版社が倒産、廃業、休止を余儀なくされています。
742 2013年8月 それでも日本の解雇規制は緩すぎる 2013/8/28 (水) 以前から「日本は解雇規制が厳しく人材流動性に乏しい」「中高年を解雇できないから若い人の採用が進まない」などの話しを読んだり聞いたりするたびに、すごく違和感を感じていました。
741 消滅すると言われていた新聞社の近況 2013/8/24 (土) 「2011年新聞・テレビ消滅」佐々木俊尚著というのが大昔に話題になった気がしますが、そういえば私も大昔に「新聞・テレビが2011年どころか10年後でも消滅しない3つの理由」というのを書いた記憶があります。
740 高齢者の犯罪が増加 2013/8/21 (水) ニュースにもなったので見たり読んだりした方も多いと思いますが、犯罪の総数は減ってきているものの、高齢者が引き起こす犯罪数は激増しているそうです。
739 8月前半の読書と感想、書評 2013/8/17 (土) MOMENT 本多孝好、星々の舟 村山由佳、パラダイス・ロスト 柳広司、瓦礫の矜持 五條 瑛
738 日本人の年齢別死因は 2013/8/14 (水) 前回の「日本人が罹りやすい病気」に続いて、今回は「日本人の死因」についてです。厚生労働省人口動態統計データ(2009年)からの抜粋です。
737 日本人が罹りやすい病気 2013/8/10 (土) 概ね40歳を超えると世間話の多くは健康に関するものと相場が決まっています。ちょうどその頃からそれまで健康だった人も、長年の酷使から身体のあちこちに不具合が出だし、また仕事や家庭でもちょうどその頃からストレスの多い時期にさしかかり、体調をさらに悪化させるということなのでしょう。
736 最近の玉虫色の解決 2013/8/7 (水) 2013年6月24日、衆院小選挙区定数の区割り変更により0増5減案が可決成立しました。最高裁判所での相次ぐ「違憲」や「違憲状態」の判決で待ったなしで急がれた結果による妥協の産物とも言える決着でした。
735 遠い夏の記憶 2013/8/3 (土) 暑い夏が続きますが、この暑さを感じながら、ふと中学生の頃に毎日野球漬けの生活をおくっていたことを思い出しました。
734 7月後半の読書と感想、書評 2013/8/1 (木) 氷の華 天野節子、終わらざる夏(上)(中)(下) 浅田次郎
733 2013年7月 高齢者の地方移住はこれからも進むか 2013/7/27 (土) 超高齢化社会を迎えつつある今、国を挙げての研究と実験がおこなわれつつあるのが、高齢者の都市部から地方移住です。
732 洋画二作 2013/7/24 (水) 「ソウル・キッチン(2009年)」「ニューヨークの王様(1957年)」
731 第三次登山ブームが起きたわけ 2013/7/20 (土) 冒険家三浦雄一郎氏が80才にしてエベレスト登頂成功というニュースがありましたが、その目的のため過酷な環境に耐えられるだけの訓練は想像を絶するものがありました。
730 7月前半の読書と感想、書評 2013/7/17 (水) 40 翼ふたたび 石田衣良、沈底魚 曽根圭介、この胸に深々と突き刺さる矢を抜け(上)(下) 白石一文
729 まだかなえられていない夢がある  2013/7/13 (土) そろそろ夏休みも近くなってきて、子供達も学校も普通の授業から、午前中だけの軽めのものへと変わってくる時期ではないでしょうか?それとも週休二日制の今は、夏休みギリギリまで普通の授業が目一杯おこなわれているものなのか、よく知りません。
728 対外資産残高22年間世界一ということ 2013/7/10 (水) 2012年度末の「対外資産残高」が過去最高の296兆3150億円となり、これで22年連続して日本は世界一の債権国という状態が続いています。自分自身は借金(住宅ローン)まみれですが、国はしっかりと貸し出す側にまわっていることを知ると、なんだか少し嬉しくもあり、自分はなにをやってんだと落ち込むこともありです。
727 大学生の就職率推移と卒業後の進路 2013/7/6 (土) 大卒の就職率が年々落ちてきているような話しになっていますが、実際のところはどうなのか、自分なりに事実を知るために統計データを集めてみました。
726 6月後半の読書と感想、書評 2013/7/3 (水) ツ、イ、ラ、ク 姫野カオルコ、終の住処 磯崎憲一郎、判決の誤差 戸梶圭太、<対話>のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの 中島義道
725 2013年6月 農業の大規模化と零細な起業 2013/6/29 (土) 製造業の場合は、最初は町の小さな個人経営の店からスタートし、やがて世界に誇れるホンダやパナソニックが生まれてきたように、規模を拡大化していくところも出てきたのに、農業など一次産業ではなぜか大規模な事業として成功し、国際的な企業になったところがありません。
724 離婚の多さと結婚という形式 2013/6/26 (水) 結婚しない(できない)男女の問題があると同時に、せっかく結婚しても離婚する夫婦の数も相変わらず高水準を維持しています。
723 個人情報保護も大事だと思うが 2013/6/22 (土) 件数やことの重大さははともかく、ほぼ毎日といっていいほど個人情報の流出事故があちこちで起きています。一般的に個人情報とは氏名、現住所、電話番号、勤務先名、メールアドレス、顔写真や映像などが組み合わされて、個人が特定できる情報のことです。
722 6月前半の読書と感想・書評 2013/6/19 (水) 誰か Somebody 宮部みゆき、発達障害に気づかない大人たち 星野仁彦、ひまわり事件 荻原浩、錏娥哢た(アガルタ) 花村萬月
721 犬猫ペットが毎日処分されていく 2013/6/15 (土) 平成23年度の統計データでは、年間に犬が43,606頭(匹)、猫が131,136匹、合計174,742頭(匹)が殺処分されています。これは1日平均にすると毎日480頭の犬猫が殺されていることになります。その他に負傷した犬猫が年間約9,000頭が殺処分されています。
720 そして次男坊は希少価値を持つ 2013/6/12 (水) 世の中は婚活ブームで、やがてそれも収束するのでしょうけど、あと何年ぐらい続くのかさっぱりわかりません。いずれにしても結婚したい男女にとっては、お金も手間もかかるし、やっかいな世の中になってきたものです。
719 道の駅は次の段階へ進めるか 2013/6/8 (土) 以前、限界集落など過疎化が進んだところでは、商店やガソリンスタンドなど生活に必要な店が次々と撤退し、その地域で人が住むのはたいへんで、その対策として、物流拠点を兼ねる特殊なコンビニ展開が必要だと書いた「小売ビジネスはどこへいくのか」ことがありますが、もうひとつ地方で成功事例が多い「道の駅」について書いてみます。
718 5月後半の読書と感想・書評 2013/6/5 (水) 散る。アウト 盛田隆二、盗作(上)(下) 飯田譲治・梓河人、黄昏の百合の骨 恩田陸、兎の眼 灰谷健次郎
717 非正規から正規雇用への転換策 2013年6/1 (土) 以前書いた「40歳以上の解雇や退職勧奨は最悪だ」の続編にあたります。その時には「正社員の解雇規制を緩和するのには反対で、逆にもっと解雇規制強化すべし」と書きましたが、ではどうすればその正社員(=無期限の正規雇用)を増やすことが出来るのか?という問題について考えてみました。
716 2013年5月 変形性股関節症は治らない 2013/5/29 (水) 1年前に変形性股関節症と診断された右足(右股関節)の痛みを感じ始めてからもう10数年が経ちますが、症状が日々悪化していくのを感じ、過去には様々な痛みをとる試みをしてきました。
715 人口減少と鉄道路線廃止 2013/5/25 (土) 西武ホールディングスの大株主である米投資会社サーベラスから西武に対し、株主提案として下記のような要求が突きつけられたと以前報道がありました(サーベラス側は「路線廃止などを要請したことはない」と否定)。
714 離職率が高いことは悪ですか? 2013/5/22 (水) 過去のリストラ天国日記の中で読まれたページがもっとも多いのは2002年4月の一番最初に書いた日記のページで、それはわかる気がしますが、その次に多いのは「人気企業ランキングとブラック企業について」(2010年1月)です。
713 5月前半の読書と感想・書評 2013/5/18 (土) すべてがFになる 森博嗣、マンチュリアン・リポート 浅田次郎、砂の上のあなた 白石一文、寝ながら学べる構造主義 内田 樹
712 最近気になる食品の安全性 2013/5/15 (水) 食の安全性についてなにかを言うと、「気にしていたらなにも食べられなくなる」という意見が返ってきて、確かにその通りと頷くところがありますが、それでもなんとなくですが、最近の食の安全が気になっています。
711 地方が限界集落化していく 2013/5/11 (土) 総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)が、2040年に全都道府県で3割を超え、秋田など5道県では4割を超えると国立社会保障・人口問題研究所が「地域別将来推計人口」で公表しました。2040年というと17年後、私はもし生きていれば82才です。
710 40歳以上の解雇や退職勧奨は最悪だ 2013/5/7 (火) バブルが弾けた以降、製造業を中心に人員整理をともなうリストラが数多くおこなわれてきたことは過去何度も書いています。現在のところはまだ解雇規制があり、企業の勝手な都合だけで解雇はできにくくなっていますが、既得権をなくし、労働力の流動化促進のため、それを撤廃せよという声が日増しに強くなっています。
709 Amazonにガチ対抗できるのはイオンかセブン&アイか 2013/5/4 (土) 「小売ビジネスはどこへいくのか」や「アマゾンジャパンは国内の小売りを破壊するか?」に書いてきたことですが、家電量販業界でもスーパーなど小売り業の大規模な再編が進んできています。
708 4月後半の読書 2013/5/1 (水) 写楽 閉じた国の幻(上)(下) 島田 荘司、なぜ日本でiPhoneが生まれなかったのか? 上村輝之、夕映え天使 浅田次郎、純平、考え直せ 奥田英朗
707 2013年4月 ハローワークは非正規職員のおかげで回っている 2013/4/27 (土) 関係者の方にはたいへん失礼なのですが、ちょっと古いですが下記の記事には思わず笑ってしまいました。「ハローワークの非正規職員の相談員ら 大量雇い止め」
706 高齢化社会の行方 2013/4/24 (水) 東北の被災地や過疎の集落がテレビで放送されると目につくのは高齢の人ばかりです。風光明媚な観光地へ出掛けると、そこで見られる光景はやはり高齢の旅行客ばかりです。
705 有効求人倍率と完全失業率から推測する未来 2013/4/20 (土) 求人倍率とは1つの求人に対して何人の求職希望者がいるかという指標(求人数/求職者)ですが、一般的には求職者より求人数のほうが多い(1.0に近いかそれ以上)と経済に活気があり景気がよいと判断できます。
704 4月前半の読書 2013/4/17 (水) 竜の道 飛翔篇 白川道、ルームメイト 今邑 彩、父・こんなこと 幸田文
703 労働契約法改正で非正規雇用者は幸せになれるか 2013/4/13 (土) 昨年8月に国会で成立し、この4月1日より新しく18条〜20条が追加された改正労働契約法がスタートしました。
702 アマゾンジャパンは国内の小売り業を破壊するか? 2013/4/10 (水) ネット通販を利用した人の多くが使ったことがあると思われる楽天とAmazonですが、国内ではネット通販の2強と言われています。
701 3月後半の読書 2013/4/6 (土) 弁護側の証人 小泉喜美子、十三の冥府 内田康夫、ハルカ・エイティ 姫野カオルコ
700 なにもかも懐かしい新入社員の頃 2013/4/3 (水) 4月1日は多くの企業で入社式がおこなわれました。ターミナル駅では、入社式の会場や研修場所へと向かう道案内に不慣れな新入社員達が、地図を片手に右往左往する姿も恒例行事となっています。
699 2013年3月 大学へ奨学金で行くということ 2013/3/30 (土) テレビの情報番組で大学生の奨学金について、様々な問題が起きていると特集が組まれていました。元々奨学金制度はそれぞれの大学独自におこなわれているものと、独立行政法人日本学生支援機構(旧 財団法人日本育英会)らが国の支援を受けておこなっているものがあります。ここでは主に日本学生支援機構で借りる奨学金をイメージしています。
698 世界と日本の書籍ベストセラーランキング 2013/3/27 (水) 世界の書籍三大ベストセラーは「聖書」、マルクスの「資本論」、サン・テグジュペリの「星の王子さま」と塩澤実信著「ベストセラーの風景」には書かれていますが、「コーラン」や「毛主席語録」は推定では聖書に次ぐ数十億冊が出版されているそうです。無料で配布されることもある宗教本や政治本はベストセラーとは言えないという理屈であれば、上記のベストセラーからも「聖書」を外さなければなりません。
697 非正規雇用拡大の元凶が人材派遣だって? 2013/3/23 (土) ここ何年かの非正規(雇用)社員が増加している元凶が、小泉政権時代におこなわれた「人材派遣の自由化にある」と思っている人が困ったことにいまだ多くいます。
696 五輪競技除外候補とスポーツ競技人口 2013/3/20 (水) レスリングがオリンピック種目から除外されるかもしれないと関係者は大慌てですが、私はそれも仕方なしかなと思っています。
695 3月前半の読書 2013/3/16 (土) アリアドネの弾丸(上)(下) 海堂尊、パルテノン 柳広司、ニライカナイの語り部 鯨統一郎、そして、警官は奔る 日明恩
694 履歴書の中の嘘はすぐバレる 2013/3/13 (水) 1年前に「転職のキモは履歴書だ」を書きましたが、そこでは触れなかったことで、ひとつ重要なことがあります。それは「虚偽の記載」についてです。
693 引きこもりが長期化する前にすべきこと 2013/3/9 (土) 先月兵庫県加古川市で起きた「金属バット殺人事件」は、詳しくは定かではありませんが、41才の無職男性が、70才と65才の両親と38才の弟(会社員)を自宅で殺傷するという悲惨な事件で、これは十数年前から繰り返し起きている典型的な「手遅れになった引きこもり殺人事件」と考えられます。
692 2月の後半の読書 2013/3/6 (水) 対岸の彼女 角田光代、発火点 真保裕一、泥棒は詩を口ずさむ ローレンス・ブロック
691 就活では大企業を目指すべき3つの理由 2013/3/2 (土) 大学生の就活が話題になると、識者と呼ばれている人がこのように言います。「就職は大企業にこだわるな」「大企業でも30年後40年先に安泰とは言えない」「中小企業やベンチャー企業でやりがいのある仕事を探そう」
690 2013年2月 映画「グランド・ホテル」と「第十七捕虜収容所」  2013/2/27 (水) NHKのBSで古い有名なモノクロ映画をやっていましたので、録画をして一気に見ました。若い人にはこのようなモノクロ映画というのはどうも拒絶反応がありあまり見たがらないようですが、なかなか味わい深くていいものです。
689 自分の終焉をどう演出するか  2013/2/23 (土) 高齢者が多くなり今や「終活」という自分の死後の際にどうするかという問題に直面する人が増えてきています。「終活」というのはなにもお墓のことだけではありませんが、今回はお墓を中心に考えてみます。
688 2月前半の読書 2013/2/20 (水) 蛇行する川のほとり 恩田陸、盗まれた貴婦人 ロバート・B・パーカー、星月夜 伊集院静、ワシントンハイツの旋風 山本一力
687 旺盛な高齢者の労働意欲は善か悪か 2013/2/16 (土) 先月の同じ日に掲載された日経新聞のふたつの記事を複雑な思いで読みました。ひとつ目は、「団塊まだまだ働く、人口減の影響緩和、65〜69歳就業率アップ」ふたつ目は、「高齢者の労働意欲、先進7ヵ国で首位」
686 50代をどう生きるか?のヒント 2013/2/13 (水) 前のブログで前向きの締めをしたのには少し訳がありまして、それはあるコラムを読んで「なるほどねぇ」と感心したことによります。
685 値上げ、増税スケジュールを考える 2013/2/9 (土) 競争の激しい牛丼やハンバーガー、コンビニ弁当、一部の日用品、NHKの受信料が値下げしているのに対して、昨年より様々なものが値上げされています。
684 1月後半の読書 2013/2/6 (水) 神様のカルテ2 夏川草介、東京セブンローズ 上・下 井上ひさし、鄙の記憶 内田康夫
683 退職勧奨・強要にあった場合の対処法 2013/2/2 (土) パナソニックやソニーなど大手製造業の不振が日本経済に大きな影響を及ぼしていますが、各地で大手企業の工場閉鎖が発表されると当然ですがそれにともない人員整理が行われることになります。
682 2013年1月 我が家の食文化は子供たちへ伝えられているか? 2013/1/30 (水) やはり歳のせいなのか、昔々子供の頃に母親が作ってくれてよく食べた懐かしい料理が時々無性に恋しくなるときがあります。残念ながらそれらの多くは家族、特に子供達には不評のため、今の我が家の定番メニューとはなっていません。
681 コンパクトマンションが流行っているらしい 2013/1/26 (土) 先日と言ってももうずいぶん前となりますが、テレビニュースを見ていると「新築マンションを購入する独身の男女が増えている」という特集がありました。
680 サラリーマンなら関係ないが、国民年金の滞納率 2013/1/23 (水) 3年に1度厚労省が国民年金に関する調査をおこなっています。その2011年度分が発表されました。すでに新聞等でも書かれていましたので、読んだ方も多いかと思います。
679 1月前半の読書とDVD 2013/1/19 (土) きもの 幸田文、神去なあなあ日常 三浦しをん、中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい? NHK_PR1号、【DVD】ノーカントリー、バトルシップ、まほろ駅前多田便利軒
678 東北巡り 2013/1/16 (水) この冬休みを使って岩手、宮城、福島の東北3県の沿岸地域をひとりでまわってきました。
677 2013年の休日と国民の祝日について 2013/1/11 (金) 2013年のカレンダーを見ると、2012年と比べると休日が結構多いことに気がつきます。
676 2012年に読んだ本のベストを発表 2013/1/7 (月) 昨年2012年には仕事絡みの書籍は除き、下記のおよそ130冊を読みました。古い本もあれば比較的新しいものもありますが、書店でもBOOK-OFFでも基本買うのは文庫または新書ですので、単行本の最新刊というようなものは基本ありません。
675 我が家のテレビ視聴環境改善 工事編 2013/1/5 (土) 昨年12月に「我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その1」「我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その2」を書きました。その続編です。
674 12月後半の読書 2013/1/3 (木) どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか? 中島義道、鷺と雪 北村薫、スターダスト ロバート・B・パーカー
673 2013年あけましておめでとうございます 2013/1/1 (火) 我が家の年始の朝は、自分が起きた時間に合わせて子供達を無理矢理起こし、年始の挨拶のあとお年玉を渡し(今年からは末っ子のひとりだけになりました)、お雑煮とおせち料理をつまみます。ま、一般的な家庭とあまり変わらない普通のお正月の朝の風景です。
672 2012年12月 日々是淡々と 2012/12/30 (日) 今年も残り少なくなりました。2002年からスタートしたこのリストラ天国日記も途中何度かの挫折(中断)もありましたが、どうにか10年が過ぎ、11年目を迎えることができそうです。これもみなさん読者の方が陰ながら、そう陰ながら応援してくださったおかげだと感謝しています。
671 我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その2 2012/12/28 (金) その1ではCATVからの線と独自に取り付けたBSアンテナの線をまとめて各部屋のアンテナコンセントへ持ってくるには?ということで、それに必要なものを書きました。それらを書くにあたっていろいろと調べていくと、思わぬ大変なことに気がつきました。
670 我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その1  2012/12/26 (水) 我が家のテレビ視聴環境は、直接CATV会社(J:COM)からラインを引きセットボックスを通って視聴するメインのラインと、同じCATV会社が2015年春まで面倒をみてくれるデジアナ変換付きアンテナ線を経由し、各部屋のアンテナコンセントにつながっているラインの2通りがあります。
669 ネット人口の正しい統計  2012/12/22 (土) 総務省が発表している通信利用動向調査というのがあり、比較的信頼がおけそうなので抜粋して書いておきます。というのも今後の各種ビジネスを考えると、このネット利用人口が大きな意味をもってくると想像されるからです。
668 12月前半の読書 2012/12/19 (水) インターネット新世代 村井純、八月のマルクス 新野剛志、夏を拾いに 森浩美、ひかりの剣 海堂尊、傷痕 矢口敦子
667 減りゆくガソリンスタンドが生き残る道 2012/12/15 (土) あらゆる地域からガソリンスタンドが次々と姿を消しています。私が今住んでいる家に引っ越してきた20年前なら、主要県道がすぐ近くを通っているためか、自宅から半径1km以内に5〜6軒はあったガソリンスタンドが今では2軒になってしまっています。
666 子供の教育費の負担を覚悟しているか 2012/12/12 (水) ちゃんと調べてみると容易にわかることなのですが、子供の教育費というのは、その人の人生の中で住宅購入に匹敵するぐらいの大きな投資になります。
665 目には見えないが確実に残る身分制度について 2012/12/8 (土) いま日本では表向きには憲法第14条が「法の下の平等」により「身分制度」は、なくなったということですが、何百年と続いてきた様々な身分制度が完全にそう簡単に消え去るということはありません。
664 本当に中高年者は豊かで若者だけが貧しいのか? 2012/12/5 (水) 例えばスマートフォーンの普及。中高年にどっぷりつかっている私には、たかがネットが見られる携帯電話ごときに毎月8千円も9千円もほぼ永遠に支払い続けるなんてアホらしいことはできません。
663 11月後半の読書  2012/12/1 (土) パーク・ライフ 吉田修一、スウェーデン館の謎 有栖川有栖、本当は恐ろしいグリム童話/本当は恐ろしいグリム童話〈2〉 桐生 操、歩く影 ロバート・B・パーカー
662 2012年11月 SNS上での実名主義と匿名主義 2012/11/28 (水) Facebookは登録に実名主義が取られていますので、昨年には明らかに匿名と思われるアカウントの一斉削除があり、ちょっとした騒動になりましたが、現在では明かな匿名を使っていても問題なく使えているようです。でもいつ消されても文句は言えません。
661 乗用車の平均車齢と平均使用年数 2012/11/24 (土) 「乗用車の平均車齢」とは、自動車が初度登録されてからの経過年の平均であり「日本人の平均年齢」に相当します。つまり道路で見かける乗用車は新車もあればレトロなクルマもありますが、その平均値をとった数値で、それでなにが分かるかと言えば、長期的に見るとクルマの耐久性能や買い換えのタイミングがどういう傾向にあるのかというのがザックリとですが見て取れます。
660 40〜50歳代プチ高所得者がハマる罠 2012/11/21 (水) まさに80年代後半から90年代前半にかけてのバブル前や、バブルまっただ中に入社して、その後の人生をまぁ順調に歩んできた人達は、いまは40代後半から50代になっています。そういう私も1980年に社会人となり、1991年の絶頂期まで毎年給料や賞与が予想以上に上がっていくという時代を経験しました。
659 11月前半の読書 2012/11/17 (土) 「償いの報酬」ローレンス・ブロック、「熱帯魚」吉田修一、「英語ができない私をせめないで!」小栗左多里、「水の手帳」伊集院静、「鉄の骨」池井戸潤
658 自転車のマナー違反が特にひどい 2012/11/14 (水) 最近本当に自転車乗りのマナーが最低最悪と感じています。私自身クルマ、バイク、自転車、歩行者それぞれを割と均等に経験していますので、偏った考え方ではなく事実として自転車の運転マナーに憤りを覚えています。
657 ニッポンの家電業界は生き残れるのか 2012/11/10 (土) 9月にいよいよ変になってきた日本の家電業界について書きましたが、その後10月末には各社の上期決算発表がおこなわれ、その重傷の様子が数字で明らかになりました。合わせて9〜10月に明らかにされたリストラ計画もあげておきます。
656 スマホかガラ携か。中高年者にとっての選択 2012/11/7 (水) 2年前にそれまで使っていた携帯(ガラ携)が故障したことで、スマートフォンを買うべきか、ガラ携(フューチャーホン)にするべきかで悩みました。結局はコストのことを最優先に考えてガラ携を購入し使ってきました。
655 10月後半の読書  2012/11/3 (土) 日本大転換 出井伸之、沈黙 ロバート・B・パーカー、フリーター家を買う 有川浩、看守眼 横山秀夫、二度はゆけぬ町の地図 西村賢太
654 2012年10月 障がいを持つ身と優先席 2012/10/31 (水) 3ヶ月前に「優先席に思うこと」という記事を書きました。その中では、よく「大人が優先席に座ったまま、高齢者や身体障害者が近くに来ても席を譲らないのはけしからん」という偽善的な話しをよく目にします。
653 小売ビジネスはどこへいくのか 2012/10/27 (土) 地方都市へ出掛けると、よくみられる風景として、地元に古くからある商店街はシャッターが降りている店が多く閑散としていて行き交う人の数も少ない。一方少し郊外へ出た国道のバイパス沿いには、大きなショッピングセンターや全国フランチャイズの大手小売店(衣料品やコンビニ、ドラッグストア、レンタルDVDなど)、家電量販店の店が軒を並べてそこそこ賑わっています。
652 手のひらにできた異物 2012/10/24 (水) 十数年前から手のひらに小さなしこりができてきて、最初はノートパソコンなどを入れた重い鞄を手で持って歩くことが多かったので、そのタコが拡がってきたのかな?ぐらいにしか思っていたところ、最近では10円玉の大きさ大までスクスクと育っていってしまい、今では掌紋(手相)の一部が大きく引っ張られてしまう事態にまで発展してしまいました。
651 冷静でいられることの大切さ 2012/10/20 (土) ビジネスでもプライベートでも相手との交渉の場でついヒートアップし「カッとなる」ことはありませんか?、、、私はよくあります。
650 10月前半の読書 2012/10/17 (水) BRAIN VALLEY 上・下 瀬名秀明、風紋 上・下 乃南アサ、ダブル・デュースの対決 ロバート・B・パーカー
649 改正高年齢者雇用安定法 2012/10/13 (土) 60歳定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務付ける「改正高年齢者雇用安定法」が成立し、2013年4月から施行されることが決まりました。
648 零細、ベンチャー向け助成制度 2012/10/10 (水) 経済産業省がベンチャー企業や個人事業者などを増やそうと助成制度を始めるそうです。中小企業経営力強化支援法について
647 決して他人事ではないので、認知症高齢者患者の急増が気になる 2012/10/6 (土) 厚生労働省は24日、2012年の認知症高齢者が推計で305万人に上ると発表した。65歳以上人口の約10%を占める。従来の予想を上回るペースの増加で、20年には400万人を超える見通しだ。
646 9月後半の読書 2012/10/3 (水) マッチメイク 不知火 京介、あなたに逢えてよかった 新堂冬樹、取引 真保裕一、ロマンス 柳広司、サラリーマンは2度破産する 藤川太
645 2012年9月 面白い入社試験 2012/9/29 (土) すでにネット上で賛否両論出尽くした感がありますが、ライフネット生命の新入社員採用時の一次試験です。ネットでエントリーは誰でもできますが、あらかじめ公表されたこの課題を提出しなければ先へは進めません。
644 うつ病に罹った人との関係は難しい 2012/9/26 (水) うつ病に現在罹っている人(有病者)はおよそ100人に1〜2人、生涯のうちにうつに罹る可能性がある生涯有病率は3〜16%と言われていますので(wikipedia)、職場や友人など身の回りにそういう人が数名いたとしても不思議ではありません。
643 9月前半の読書 2012/9/22 (土) 非情銀行 江上剛、夜想 貫井徳郎、普通のダンナがなぜ見つからない? 西口敦、閉鎖病棟 帚木蓬生、IT断食」のすすめ 遠藤功/山本孝昭
642 日本はインドともっと深く連携すべき 2012/9/22 (水) 第二次世界大戦で数少ないアジアの日本の同盟国として、ともに連合国(主として英国)と戦ったインド共和国(インド国民軍)ですが、東京裁判の際に「イギリスやアメリカが無罪なら、日本も無罪である」とインド人のパール判事が言ったことが示すように、いたって親日的な国です。
641 クルマで行く京都観光お勧めコース その2 2012/9/15 (土) その1では主に洛北、洛東付近を中心に紹介しましたが、今回はバラバラです。本格的な観光シーズンに入る前に、気のあった仲間を誘ってブラッと行ってみるのもいいでしょう。紅葉シーズンは見応えはありますが、とにかく人と車で混みますので、早朝やナイターに限定して観光することをお勧めします。
640 クルマで行く京都観光お勧めコース その1 2012/9/12 (水) 鞍馬寺、貴船神社、修学院離宮、詩仙堂、大原三千院、宝泉院、寂光院、黒谷(金戒光明寺)、聖護院
639 前からだけど日本の大手製造業はやっぱり変だぞ  2012/9/8 (土) 「パナソニックは今回発表した6カテゴリーと、先行して発売済みの炊飯器、電子レンジとを併せ、8カテゴリーのスマホ連携機能付き製品を「スマート家電」と名付けてシリーズ化する。14年度にかけて、対応カテゴリーを倍増させる方針だ。」
638 8月後半の読書  2012/9/5 (水) 「夏休み特別企画」ブラック・ジャック1〜17巻 手塚治虫、朽ちた樹々の枝の下で 真保裕一
637 論理的思考と非論理的逆張り 2012/9/1 (土) ものの考え方には、直感で考える時、論理的に考える時、行き当たりばったり柔軟に考える時など様々な思考があります。
636 2012年8月 昨今の新入社員は終身雇用制を支持している 2012/8/29 (水) 公益財団法人日本生産性本部が今年度の新入社員を対象に実施した「働くことの意識調査」の結果が今年も出ました。
635 英語の憂鬱  2012/8/25 (土) いまや小学校から授業が始まり、子供が物怖じせず普通に話し始めているという噂の英語ですが、おおよそ50歳以上の人にとっては、ごく一部の人を除き、緊張もせず流ちょうな会話ができる人は稀でしょう。
634 味覚の変化について 2012/8/22 (水) 50歳も半ば近くになり、振り返ってみると歳を取るにつれての味覚の変化は、確かに存在することがわかります。例えば若いときには脂っこい食品が大好きで、40代ぐらいまでは毎日でも問題なかったのですが、40歳半ばぐらいからは、ガラリと変わりあっさり系の食事を好むようになってきました。
633 セールスの極意なんてものはないが、、、 2012/8/19 (日) 社会人になってから相当長い間営業の仕事に就いていました。そこでは様々な経験や努力をして、自分なりに営業を極めたと思っていますが、そうは言っても時代によって変化してきますし、いろいろと奥は深いものです。
632 8月前半の読書 2012/8/17 (金) 黒い家 貴志祐介、人生の大問題を図解する! 永田 豊志、パズル・パレス(上)(下) ダン・ブラウン、Kappa 柴田哲孝
631 サッカー選手と野球選手の経済的考察 2012/8/11 (土) 小学生の時の卒業文集に「大きくなったら杉山選手(本人注:杉山隆一元三菱重工サッカークラブ右ウイング)のようなサッカー選手か、長池選手(同:長池徳二元阪急ブレーブス4番打者)のようなプロ野球選手になりたいです」と書いた記憶があります。
630 38年後(2050年)の雇用形態はどうなるのか 2012/8/8 (水) 先月「国家戦略会議」(議長・野田佳彦首相)の「フロンティア分科会」(座長・大西隆東大大学院教授)が雇用の長期ビジョン「フロンティア構想」の報告書をまとめて提出されました。
629 7月後半の読書 2012/8/4 (土) カイシャデイズ 山本幸久、レンタル・チルドレン 山田悠介、影法師 百田尚樹、51歳からのルール 古川裕倫、バケツ 北島行徳
628 優先席に思うこと 2012/8/1 (水) いまでは電車やバスに乗ると当たり前のように優先座席(シルバーシート)があります。この優先座席、高齢者・身体障害者・怪我人・妊婦・乳幼児連れなどを対象にできるだけ席を譲りましょうという主旨で1970年代から徐々に拡がってきました。
627 2012年7月 起業するのは難しくないが、引き際が難しい 2012/7/28 (土) 30年来ずっと仲良くしている友人の話しですが、8年ほど前に40代後半で上場企業を依願退職し、同時に自己資金で資本金1千万円の中小企業向けコンサルタント会社を立ち上げました。
626 男の朝は電動シェーバーから 2012/7/25 (水) 一般的に男の1日はひげそり&洗面から始まります。そのひげそりは昔ながらのカミソリでないとスッキリ剃れないなどこだわりがある人も多いのですが、私はもっぱら若いときから電動シェーバー愛用者です。
625 6月のリストラと採用増情報 2012/7/21 (土) 大手メディア(特に日経新聞)に5月末から7月上旬のあいだに掲載されたリストラ(解雇や退職勧奨)情報を調べてみました。これらから業種や職種による好不況が読むとれるかどうかやってみます。
624 7月前半の読書 2012/7/18 (水) 鎮火報 日明恩、無理 上・下 奥田英朗、「捨てる!」技術 辰巳渚、男の品格 川北義則
623 古い写真を整理してみてわかったこと 2012/7/14 (土) 別に老い先短くなってのことではないのですが、断捨離ブームや辰巳渚氏著の『「捨てる!」技術』に多少刺激され、このところ部屋の棚にあふれる段ボール箱や小物類、使わなくなった家電製品を徐々に整理、処分しています。
622 iGoogleがサービス終了とのことで困った  2012/7/11 (水) ブラウザを起動したときにまず現れるページのことを「ポータルページ(玄関)」とか呼んでいますが、マイクロソフト製のIEならばmsnが初期設定されていて、そのまま使っている人も多いでしょう。その他にはyahoo!やSNSのマイページが最初に出てくるよう設定している人もいるでしょう。
621 中高年者の活用について 2012/7/7 (土) 過去に書いた自分の日記を読み直していると、その時々の精神状態がよくわかります。私の場合は精神的につらく追い詰められているときは、前向きで明るい話題を中心に書き、逆にまずまず順調で推移しているときは悲観的で暗い話題を選んで書いているようです。
620 6月後半の読書 2012/7/4 (水) いつもの朝に 上・下 今邑 彩、ビリー・ミリガンと23の棺 上・下 ダニエル・キイス、メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 松永 和紀
619 映画新作二題 2012/7/1 (日) 学生時代や社会人になってからも独身時代のあいだは、休日や早めに仕事が終わったときに雑誌ぴあを握りしめて各地の名画座へ行き、2本立て映画を手当たり次第に観た時期もありましたが、ここ20年ぐらいは、自由時間が少なくなったのと、ビデオやDVDで自宅でも気楽に見れるようになったこともあり、映画館で観るのは年に2〜3回行けばいいほうです。
618 2012年6月 リニア中央新幹線は「新・夢の超特急」か? 2012/6/27 (水) 私の子供の頃に開通した東海道新幹線。そしてそれからまもなく新幹線の次はリニアモーターカーだと言われてきました。それからすでに50年近く、進んだようで全然進んでいないような気がします。
617 人口減少と年金受給者増加 2012/6/23 (土) 2011年4月に1億2806万人だった日本の人口は、1年後の今年2012年4月には1億2765万人と41万人が減少しています。
616 ガソリンスタンドの経営が厳しいと言うことはわかるが 2012/6/20 (水) ここ20年ぐらいのあいだにガソリンスタンドの経営が厳しくなってきて、家の近所にあったスタンドも次々とコンビニやドラッグストア、洗車場へとその姿を変えていきました。
615 6月前半の読書 2012/6/16 (土) 大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一、さよなら渓谷 吉田修一、拡がる環 ロバート・B・パーカー、モンスター 百田尚樹、モダンタイムス 伊坂幸太郎
614 企業は若者の早期離職を恐れるな 2012/6/13 (水) 先般NHKのニュースウォッチ9で「職場バーは効果的?若手の離職をこう防ぐ」の特集がありました。番組の内容は、若者が次々と会社を辞めていく現状と、それに対する企業の取り組みが紹介されていました。
613 関西風味 2012/6/9 (土) 私は生まれてから大学卒業までのおよそ22年間は関西の某都市に暮らしていました。父親も母親も、そして祖父祖母も関西の生まれ育ちだったそうなので、根っからの関西人と言ってもいいでしょう。
612 5月後半の読書 2012/6/6 (水) 家族の言い訳 森浩美、夜行観覧車 湊かなえ、輪廻の山 京の味覚事件ファイル 大石直紀、図書館戦争 有川浩、その日のまえに 重松清、純情 小川 竜生
611 海外移転で製造業の労働者はどこへいったのか? 2012/6/2 (土) 製造業の工場海外移転は1990年代からすでに始まっていましたが、本格的に進むのは2000年に入ってからです。
610 2012年5月 労働者派遣法改正 2012/5/30 (水) すったもんだありながらもようやく先月派遣法の改正がおこなわれることが決まりました。
609 メジャーベースボールとビーンボール 2012/5/26 (土) メジャーリーグの試合を見ていると、時々出くわすのがビーンボール。日本では死球のことです。日本でも死球を巡っては両チームが飛び出してエキサイトする場面がありますが、メジャーの場合は、それだけではなく、必ずといっていいほど後で仕返しが待っています。
608 あちらを立てるとこちらが立たず 2012/5/23 (水) 若者のワーキングプアや就職難からその攻撃の先は中高年者と相場は決まっているようで「中高年者の雇用を守るために若者がそのとばっちりを受けている」という評論家や学者がいます。でも本当にそうなのでしょうか?
607 5月前半の読書 2012/5/19 (土) 睡蓮の長いまどろみ 宮本輝、プレイメイツ ロバート・B・パーカー、冬の童話 白川道、FLY 新野剛志
606 正社員の解雇には2千万円かかる!それホント? 2012/5/16 (水) 経営者向けのダイヤモンドonlineに「正社員の解雇には2千万円かかる!」という記事が出ていました。弁護士の向井蘭氏が書いたシリーズのひとつで、要約すると「社員を解雇し、その後、訴訟沙汰になって負けると数千万出費することがありますよ」というものです。
605 5月のDVD 2012/5/12 (土) 「日輪の遺産」、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」、「ヤバい経済学」、「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男」、「マネーボール」、「神様のカルテ」、「岳 -ガク-」、「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」
604 ニート対策ひとつの考え方 2012/5/9 (水) 先般、「ニートって言うな!と言われても」でニートの対象となる無職者数や年齢などについて少し書きました。様々な文献やネットの議論を読んでみて、あらためて知らされたのは、ひと言にニートと言っても幅が広すぎてそれをひとくくりにしては考えられないということです。
603 4月後半の読書 2012/5/5 (土) パイレーツ―掠奪海域 マイケル・クライトン、太平洋の盃 豊田穣、獄窓記 山本譲司、最後の証人 柚月 裕子、あぽやん 新野 剛志
602 ついに変形性股関節症の診断下る 2012/5/2 (水) 2001年頃から徐々に痛みはじめ、ここ数ヶ月は右足と股関節の痛みがあまりにも酷いので、変形性股関節症(および股関節唇損傷)だという自覚はあるものの、一応X線かMRIでキチンと症状を把握しておくために4月に整形外科病院へ行きました。
601 2012年4月 社長の年齢と出身地についての統計  2012/4/28 (土) 帝国データバンクが日本の会社の「社長年齢、出身大学、出身地」などの数値を公表してくれていますので、それを元にしてちょいと分析をしてみました。
600 地熱発電大国への第一歩を踏み出したか?  2012/4/25 (水) 以前、再生可能なエネルギーとして、太陽光や風力ではなく地熱発電が日本のエネルギーの切り札だという主旨のブログを書きましたが、先月、ようやく環境省が国立・国定公園での地熱発電の試掘調査を容認したと記事が出ていました。
599 スマートフォンからガラ携に戻る人達 2012/4/21 (土) 携帯電話と言えば、華やかで話題性のあるスマーフォン一色です。しかし少し前に「中高年者とスマートフォン」で書きましたが、中高年に限らずスマホからガラ携に戻る人や、ガラ携で十分と意志を明確にする人がまだまだいそうです。
598 4月上旬の読書 2012/4/18 (水) 大人もぞっとする初版『グリム童話』 由良 弥生、プロフェッショナル ロバート・B・パーカー、夜を賭けて 梁石日、ほかならぬ人へ 白石一文、ジョーカー・ゲーム 柳 広司
597 足(股関節)を痛めてできなくなったこと 2012/4/14 (土) 2000年ぐらいに通勤のため毎日歩いているとどうも右足全体に違和感を感じるようになり、母親が長く煩っていたリウマチを疑いリウマチ科のあるクリニックや、別の整形外科にも行ってみたが原因がわからず、民間療法のカイロプラクティックへもしばらく通いました。
596 ニートって言うな!と言われても 2012/4/11 (水) ニート(Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、「教育、労働、職業訓練のいずれにも参加していない状態を指した造語」(wikipedia)ということで、一般的に日本では「勉強も仕事もおこなっていない無職の若者(15〜34歳)」を指しています。
595 震災など非常時の備え その2 2012/4/7 (土) 家がぺちゃんこにつぶれるような地震だと、もうこれは運次第でどうにもなりません。保険をかけていても一家全滅してしまえば意味のないことです。
594 震災など非常時の備え その1 2012/4/4 (水) 我が家(一戸建て)に「震災の備えはできているか?」と聞かれるとまったく不十分なので、それを反省する意味も込めて書いてみます。
593 3月後半の読書 2012/4/1 (日) 永遠の仔 (1)再会(2)秘密(3)告白(4)抱擁(5)言葉 天童荒太、eの悲劇 幸田真音、真紅の歓び ロバート・B・パーカー、プラチナタウン 楡周平
592 2012年3月 社会的弱者の立場になると 2012/3/29 (木) いまから10年ぐらい前に、歩いていると時々右足に違和感というか痛みを感じるようになり、その頃はさほど気にならなかったものの、その後次第に痛みが大きくなり、時には右足が思うように前に進まなくなり、しばらく痛みをこらえるため立ち止まってしまうような時がありました。
591 日本の平均有給休暇取得数 2012/3/25 (日) 1970年、今から40年前は日本人の年間就労時間は2,250時間程度でしたが、2010年OECD調べによると1,733時間とかなり減り、アメリカの1,778時間を抜き、英国の1,647にも近づいてきましたが、それでもドイツの1,419時間、フランスの1,562時間などと比較するとまだまだ大きな開きはあります。
590 『家を買うべきか借りるべきか』の決着はつかない 2012/3/22 (木) もう何十年も前から繰り返し「家を買うか借りるか」の不毛な議論が続けられています。
589 股関節痛の時に読む本 2012/3/20 (火) 以前、「股関節唇損傷?」と「股関節唇損傷についての続編」でブログを書きましたが、同じように原因不明の足痛や股関節痛で困っている人にいい本を見つけたので紹介しておきます。
588 3月前半の読書 2012/3/17 (土) 鹿男あをによし 万城目学、オイアウエ漂流記 荻原浩、イントゥルーダー 高嶋哲夫、若葉のころ 小松江里子、神様のカルテ 夏川草介、レンゲ荘 群 ようこ
587 駅前街頭演説 2012/3/14 (水) 毎日通勤に使っている駅は、私鉄の急行の停車駅ということもあり、朝晩は通勤客や通学客であふれかえります。その駅前でしばしば政治家が街頭演説をおこなっています。現役の国会議員の時もあれば、市会議員や県会議員、前回落選した”ただの人”まで、毎日ではないけれど日替わりでよく見掛けます。
586 川崎市営の駐輪場が理不尽な大幅値上げ2 2012/3/10 (土) 川崎市営の駐輪場が理不尽な大幅値上げ1では、突然に通告された川崎市営駐輪場の非道過ぎる大幅料金値上げについて恨み辛みを書きました。多額の納税者として、当然まだ怒りはおさまりません。
585 川崎市営の駐輪場が理不尽な大幅値上げ1 2012/3/7 (水) 川崎市は人口140万人を超える中核的な政令指定都市で、大企業の本社や工場が多く、市の財政状況は政令指定都市の中でもずば抜けて優れています。しかしどちらかといえば工場など企業を優先し優遇する自治体でもあります。それは市民のための地下鉄など市営の電車が一本も走っていない交通インフラや生活道路の整備がまったくお粗末で、暮らすのには不便な都市です。
584 2月後半の読書 2012/3/4 (日) Google+の衝撃 山崎秀夫・村井亮・小石裕介、六枚のとんかつ 蘇部健一、しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子、海馬を馴らす ロバート・B・パーカー、姫椿 浅田次郎
583 人口が減るのもいいんじゃない 2012/3/1 (木) まずは人口推移実績と予測グラフを見ていただきましょう。このグラフの未来予測は「国立社会保障・人口問題研究所」のものですが、今年発表された最新のデータでは「2060年の日本の人口は8674万人と2010年比32%、4132万人減少すると試算。65歳以上が5人に2人を占めるほか、生涯未婚の比率が5人に1人に高まり、少子高齢化が加速する。」とのことでした。
582 2012年2月 新聞に想うこと その2 2012/2/25 (土) 2007年頃をピークに日本の人口は減り始め、現在はまだ伸びている世帯数も、やがて下がることは間違いなく、いずれ自然減で新聞購読者は減っていきます。しかし新聞は家電製品や自動車、食料品、学生数などと違い、人口減になってもそれが直ちには影響を受けにくい理由があります。
581 新聞に想うこと その1 2012/2/22 (水) 我が家では今でも朝日新聞をずっと購読しています。私が物心ついた頃からずっと家では朝日新聞でしたが、私が大学に入学するとほぼ同時期に、両親、兄弟が仕事で実家を離れて暮らすようになり、その時点で私の意志で4年間だけ地元の地方新聞に切り替えました。
580 2月前半の読書 2012/2/18 (土) 迷宮 清水義範、阪急電車 有川浩、ひとがた流し 北村薫、読者は踊る 斎藤美奈子、九つの殺人メルヘン 鯨 統一郎
579 パスワードについてちょっと雑談 2012/2/15 (水) 今から40〜50年前までは、銀行での取引は通帳と印鑑だけで、もちろんパソコンもWebもなかったので、暗証番号やパスワードを個人で持っている人はいませんでした。
578 外国人研修制度という名の移民政策 2012/2/11 (土) 現在公式に外国から日本へ来ている研修実習生はどのぐらいいると思いますか? (1)5万人 (2)10万人 (3)20万人
577 ハローワークを頼りにしていいのか? 2012/2/8 (水) 会社を退職したり、解雇されたりして、直後に次の仕事が始まらないと、お世話になるのがハローワークです。私の年代は1990年から使い始められたハローワークという愛称よりは、正式な(公共)職業安定所(職安)といったほうがずっと馴染み深いのですが、以前は仕事でも、また個人的に退職したあとの失業保険の手続にも何度も通った場所です。
576 1月後半の読書 2012/2/4 (土) あかね空 山本一力、告別 ロバート・B・パーカー、陽だまりの彼女 越谷 オサム、廃墟に乞う 佐々木譲、血と骨 梁石日
575 自殺者数と失業者数の相関関係  2012/2/1 (水) 昨年2011年の自殺者数は、2〜3年前から大きく騒がれ、多額の対策予算をとって、様々な手をうってきましたが、その結果は前年より1,100人ほど減った(3〜4%のマイナス)ものの、14年連続して3万人を超え30,513人となりました(警察庁統計)。
574 2012年1月 仕事を引退する時、貯蓄はいくら必要か 2012/1/28 (土) 高齢化社会という言葉はすでに耳タコになっていますが、その高齢者は裕福なのか?と問うと、60歳以上の高齢化世帯は平均貯蓄額が2000万円を超えている(平成22年調査)ということを過去に何度か書きましたが、実際には何億円と貯蓄を持っている人もいれば、貯蓄はゼロと言う人も当然いますので、答えは人によるというのが実際のところでしょう。
573 年賀状不要論への反論  2012/1/25 (水) 書籍にも似たタイトルのものがありますが「やめることから始めよう」という題がついたある記事の中に、「意味のないやめるべきこと」の一例として「年賀状のやり取り」というのがありました。
572 転職のキモは履歴書だ 2012/1/21 (土) 年末で退職し、新年から就職活動を始めようとする方も多いのではないでしょうか。若い人や、稀少な特技、資格の持ち主であれば、仕事内容、業種、企業規模、地域を選ばなければ、非正規雇用を含む再就職にそれほど難しいことはないのでしょうけれど、中高年以上で、特段これといえる資格や特技、それを裏付ける経験がないと、これはもう半端なく再就職への道は険しいものがありそうです。
571 1月上旬の読書 2012/1/18 (水) 黄金の島 真保裕一、靖国への帰還 内田康夫、ブラックペアン1988 海堂尊、臨場 横山秀夫、累犯障がい者 山本譲司
570 資産家も貧困者?統計で見る貧困率 2012/1/14 (土) 「日本は国際比較すると貧困率(相対的貧困率)は高い方でしょうか、それとも低い方でしょうか?」少し古いデータですが、「OECDの2000年代半ばの統計では日本の相対的貧困率は14.9%で、メキシコの18.4%、トルコの17.5%、米国の17.1%に次いで4番目に貧困率が高い(OECD加盟国の平均は10.6%)」(Wikipediaより)。
569 人材派遣会社の動きが活発だ   2012/1/11 (水) 年末から年始にかけて人材派遣業界の動きがなぜか活発です。まず国内はと言えば、労働者派遣法の改正案が12月7日に衆院厚生労働委員会で可決されたに関わらず、本会議への提出は見送られ、継続審議となったものの、未だ先行きは不透明のままです。
568 老人虐待と介護の問題 2012/1/8 (日) 幼児虐待が世間を騒がせることが時々起き大きな社会問題となります。同時に現在は増え続ける高齢者への虐待もまた増えてきていますが、年間で5万件を超える相談件数の児童虐待ほどには衆目を集めることはありません。
567 12月後半の読書 2012/1/4 (水) イギリス人の患者 マイケル オンダーチェ、パレード 吉田修一、過ぎ去りし日々 ロバート・B. パーカー、被害者は誰 貫井徳郎
566 理想の国家のあり方 2012/1/1 (日) 今年の新年は、いつもの年よりこのような挨拶ができない方が多いのは、2万人近くの方が一瞬にして亡くなられてしまった東日本大震災が起きたからですが、もし備えが十分で、避難態勢が確立できていて、情報が早く正確に伝えられていれば、そのような中で救えた命も多くあっただろうと今さらながら残念に思います。
565 2011年12月 冬はやっぱり温泉でしょう 2011/12/29 (木) 冬はやっぱり温泉でしょう。効能とか、成分とか、源泉掛け流しとか細かいことは抜きにして、多くの日本人に愛されているのが温泉で、私も例に違わず大好きです。
564 激減している空き巣被害 2011/12/25 (日) 最近はあまりいい話がない中で、珍しくいい傾向がみられる話しですが、ここ10年のあいだに空き巣被害は大きく下がってきているそうです。道理で最近はテレビや新聞でピッキングなど空き巣対策の話題が急に少なくなった実感があります。
563 国立大学、私立大学の国庫負担比較  2011/12/21 (水) 「なぜ労働市場にミスマッチが起きるのか」というブログの中に、「政府が人気取りのために『機会の平等』や『よりよい教育』というスローガンの下に教育に補助金をつぎ込み、必要以上に高等教育を安価な値段で提供している」のではないかという仮説がありました。
562 12月前半の読書 2011/12/17 (土) 誘拐症候群 貫井徳郎、オリンピックの身代金 上・下 奥田英朗、ジーン・ワルツ 海堂尊、すごい会社のすごい考え方 夏川賀央
561 WEBブラウザの変遷と栄枯盛衰 2011/12/15 (木) 私は普段パソコンで3種類のブラウザを使っています。会社ではMicrosoft Internet Explorer(以下IE)とMozilla Firefox(メイン使用)、自宅ではIEとGoogle Chrome(メイン使用)です。私は使っていませんがその他有名どころでは、SafariやOperaと言ったものもあります(Windowsの場合)。
560 若者の大企業志向を非難する前に 2011/12/10 (土) 再来年4月入社予定の大学生の就職活動がスタートしました。裏ではすでに選考が終わっているところも多いと聞きますので、いつもながらセレモニーとしてのスタートです。
559 バブル入社組40歳代の憂鬱 2011/12/7 (水) 11月下旬の日経新聞(夕刊)に下記のような記事が掲載されました。「40代惑いの10年「自分がここまで無価値とは」、転職で想定外の苦戦」
558 11月後半の読書 2011/12/4 (日) 自由死刑 島田雅彦、一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ 第二部 ヨーイ 第三部 ドン 佐藤多佳子、わかりやすく【伝える】技術 池上彰
557 運転免許証の取得推移と乗用車保有台数推移を並べてみる 2011/12/1 (木) 日本の人口増加は2006年にピークを迎え、これから数十年間は減っていく傾向にありますが、一方自動車運転免許証を取得した人の数(累計)はまだわずかですが毎年増加しています。
556 2011年11月 塩の話  2011/11/26 (土) 歳を取ってくると「塩分控えめに」とよく言われます。一般的に知られていることとしては「塩分を摂りすぎると高血圧症になり、心臓に負担がかかり、下手をすれば心臓麻痺を引き起こす」という論理です。
555 11月前半の読書  2011/11/23 (水) 灰色の嵐 ロバート・B・パーカー、城をとる話 司馬遼太郎、雷桜 宇江佐 真理、風が強く吹いている 三浦しをん、ワーキング・ホリデー 坂木司
554 労働者派遣法改正の動き 2011/11/19 (土) 民主党の公約でもあった労働者派遣法の改正(改悪?)がようやく動き始めました。もうとっくに廃案になったんじゃなかったのか?と思っていましたが、まだしぶとく生き延びていました。
553 企業名の妙 2011/11/16 (水) 社会人になって最初に先輩から教わるのが、間違えやすい取引先名や顧客の正式名称などがあります。例えばキヤノンの「ヤ」は大文字で書きキャノンではないとか、シャチハタではなくシヤチハタだとか、味の素ゼネラルフーズではなく味の素ゼネラルフーヅだとか、サイボーズではなくサイボウズだとかです。
552 11月ある日の日経新聞、雇用、人材ビジネス関連ニュース 2011/11/12 (土) 11月1日〜7日に掲載された日本経済新聞、およびその関連メディアが配信したニュースの中から雇用や人材ビジネス関連だけを抜き出してみたのが下記の各見出しです。
551 変化についていけない 2011/11/9 (水) これが歳を取ったと言うことなのか、よく使い馴染んだものが簡単には手放せず、より便利に使いやすくなったと聞いても若いときのように気軽に新しいものに飛びつかなくなります。
550 10月後半の読書 2011/11/6 (日) 「おじさん」的思考 内田樹、有頂天家族 森見 登美彦、人間関係にうんざりしたときに読む本 杉本良明、ミッドウェイの刺客 池上司、キング&クイーン 柳広司
549 まだ有料のセキュリティソフトを使っているのですか? 2011/11/3 (木) 私はフリーのセキュリティソフトavast!を1年以上利用していますが、特に不安なことはなく、これからも使い続けようと思っています。
548 2011年10月 最近の新規公開株の調子はどうだ 2011/10/30 (日) 私が会社に入社したのは1980年ですが、その時経理部の人から「確実に儲けたいならなんでもいいから新規公開株の公募に投資せよ!」と言われました。
547 中高年者とスマートフォン  2011/10/26 (水) スマートフォン(スマートホン)がの売上が絶好調で、ジェフリー・A・ムーア氏のキャズム理論で言うところのアーリーアダプターの領域は完全に超越し、メインストリームのマジョリティへと移行しています。
546 年金受給年齢の引き上げと高齢者雇用 2011/10/22 (土) 年金受給年齢の引き上げがまた議論されています。現在は、1994年の改正で、60歳代前半の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢を2013年までに段階的に60歳から65歳に引き上げ、さらに2000年の改正で、老齢厚生年金の報酬比例部分の支給を2025年までに段階的に60歳から65歳に引き上げることになっていますが、それではとても追いつかないということで、その65歳を68歳や70歳まで引き上げることが検討されています。
545 10月上旬の読書  2011/10/19 (水) ハッピー・リタイアメント 浅田次郎、中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた 安田 峰俊、木曜組曲 恩田陸、ドリームガール ロバート・B・パーカー
544 新ぶらさがり族  2011/10/15 (土) なんでも勤め人が30代になっても管理職になりたがらず、指示された仕事は上手にこなすものの、自主的に動くことができず、残業や休日出勤をできるだけ避け、マイペースで働く人が増えてきているのだとか。
543 靴はどのタイミングで捨てたらいいの? 2011/10/12 (水) 履き慣れて馴染んだ靴というのは衣服以上に長く使うことから、愛着もわき捨てるときは一抹の寂しさを感じます。と同時に新しい靴を買うときは、これから長く付き合うのだからと、結構慎重に選んだりもします。
542 恒久化される求職者支援制度 2011/10/8 (土) 2009年から実施されてきた緊急人材育成支援事業に代わり、新しく10月1日から求職者支援制度が始まります。失業したり廃業したりした際のセーフティネットとして失業保険や職業訓練を受けることで給付金が支給される制度がありますが、雇用保険に加入していなかったり、長期の失業で雇用保険の期限が終了してしまった人など、主に非正規労働者、卒業後の未就職者、自営廃業者を対象とする制度です。
541 厳しさ続く非正規雇用  2011/10/5 (水) 2011/09/27【共同通信】 派遣女性ら39%賃金格差に不満 正社員への道なく
パートや派遣社員として働く独身女性の39%が「同じ仕事の正社員と賃金に差がある」との不満を持っていることが27日、流通や繊維などの労働組合でつくる産業別労組「UIゼンセン同盟」のアンケートで分かった。
540 9月後半の読書 2011/10/1 (土) 哀愁的東京 重松 清、ネットの炎上力 (文春新書) 蜷川 真夫、弥勒の手 我孫子武丸、プリンセス・トヨトミ 万城目学
539 2011年9月 コンサルタントという職の謎 2011/9/29 (木) すでに多くの人は気づいている通り、世の中にはコンサルタントと自称する人が星の数ほどいます。昔まだコンサルタントという名称が少なかったときは、それだけで凄く偉い専門家という高尚なイメージがありましたが、今では、一部の有名コンサルティングファーム以外のコンサルタントは、個人事業主か、役職のない平社員が箔ツケのための総称かあるいはフリーターと思って9割方間違いないでしょう。
538 スパムメールの進化 2011/9/25 (日) 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律・特定商取引に関する法律が施行されても、相変わらず減らないスパムメール(迷惑メール)ですが、人を騙したり、生きている(使われている)メールアドレスを収集したり、いくつか進化が見られます。
537 新聞・テレビが2011年どころか10年後でも消滅しない3つの理由 2011/9/22 (木) 2011年も後半に入ってからこういうお題で書くのは気が引けますが、佐々木俊尚氏著「2011年新聞・テレビ消滅」は2009年の発刊当初にはタイトルを見て衝撃を受けた人も多かったのではないかと思います。新書を売るための作戦勝ちということですが、私もすぐ買って読んだクチです。
536 9月前半の読書 2011/9/19 (月) 沼地の記憶 トマス・H. クック、はちまん 上下巻 内田康夫、若者殺しの時代 堀井憲一郎
535 テレフォンカードの使い道 2011/9/17 (土) ここ数年のあいだに新しく単身生活を始めた人でなければ、たぶんどこの家庭にも数枚が残っているテレフォンカード。私も記念品としてもらったり、アンケートに回答した謝礼でもらったりと未使用で20枚ほど持っていますが、考えてみると自分で買ったのはそのうち数枚程度です。
534 ATOKの変換モード表示がデスクトップから消えてしまう件  2011/9/14 (水) 久しぶりにパソコンネタです。PCを買い替えてWindows7を使うようになって1年が経過しましたが、日本語変換は前のXPマシン時代からずっとATOK(2006)を使っています。
533 ユニバーサルデザインはどこへ行った 2011/9/10 (土) wikiによると「ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。」とあります。
532 8月のDVD 2011/9/8 (木) ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 2010年英・米 監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、13人の刺客 2010年東宝他 監督:三池崇史 出演:役所広司、SPACE BATTLESHIP ヤマト 2010年東宝 監督:山崎貴 出演:木村拓哉、黒木メイサ
531 8月後半の読書 2011/9/4 (日) 悼む人 天童 荒太、夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦、街場のメディア論 内田樹、千年樹 荻原浩、ツレがうつになりまして。、その後のツレがうつになりまして。 細川 貂々
530 貧乏な若者からお金を取る方法 2011/9/1 (木) 1980年代まで主流だった国民総中流社会では「価格相応にいいもの」または、「他人と差別化ができる」、さらには「お得感があるもの」を作れば、あまり手の込んだことをしなくてもモノはどんどん売れていくのが普通でした。
529 2011年8月 それでもしたいか結婚  2011/8/27 (土) 結婚しない(あるいはできない)人が増えているようなことを、時々マスコミが報道しますが、女性の地位の向上や若者の貧困化、斬新な婚活ビジネスという切り口というものでしかなく、いずれも正確な根拠に乏しいなと感じています。
528 最近の若い奴らときたら・・・ 2011/8/23 (火) ふと思ったのですが、学生時代に飲食店や販売店でアルバイトを始めると、まず教わるのが「元気な挨拶」と「丁寧な言葉遣い」ではないかと思います。
527 教員の高齢化について 2011/8/20 (土) ふと思ったのですが、学生時代に飲食店や販売店でアルバイトを始めると、まず教わるのが「元気な挨拶」と「丁寧な言葉遣い」ではないかと思います。
526 8月前半の読書  2011/8/17 (水) 八月十五日の開戦 池上司、犯罪小説家 雫井脩介、プリズム 貫井徳郎、邪馬台国はどこですか? 鯨 統一郎、「若者はかわいそう」論のウソ 海老原嗣生
525 転職にSNSは有効なのか?  2011/8/14 (日) 日本では有名なFacebookや、まだあまり有名ではないLinkedin(リンクトイン)、Google+などSNS(ソーシャルネットワークサービス)は、海外では転職する際のツールとしてよく使われています。
524 民主党の起死回生策私案  2011/8/12 (金) あくまで私の勝手な想像で、たいした根拠も実現する可能性もありませんが、ぼろくそに言われながら、どうせここまで引っ張ってきたのですから、後世に「あれは見事な作戦だった」と言わしめる、起死回生策をうってみてはどうでしょうかね。
523 あゝ無情な家族が続々  2011/8/9 (火) 高齢者の親が自宅で亡くなり、家族はそのまま葬儀も出さず放置し、しかもその親の年金を騙し取るという事件が相次いで発覚したのは昨年のことでした。
522 7月後半の読書  2011/8/6 (土) 数学的にありえない 上・下巻 アダム・ファウアー、青空の卵 坂木司、昔日 ロバート・B・パーカー、下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた"のか 三浦展
521 三洋電機は弱肉強食の餌食か 2011/8/3 (水) パナソニックが吸収した元三洋電機の白物家電部門を中国の大手家電メーカーハイアールに売却することが決まりました。
520 2011年7月 若いビジネスマンへ告ぐ 2011/7/30 (土) 私は今から約30年前の1980年に新社会人として人材系の会社に就職しましたが、入社して最初驚いたのは男女ともいつもビシッとしたダークスーツを着ていて、半端なく残業が深夜近くまで日々続いても先輩の服装が乱れることはなく、靴もいつもピカピカの革靴で、社内だからといってネクタイを外す人や、サンダルに履き替えているような人は誰ひとりいませんでした。
519 7月のDVD  2011/7/27 (水) 「ソーシャル・ネットワーク」監督:デヴィッド・フィンチャー、「大帝の剣」出演:阿部寛、黒木メイサ、「武士の家計簿」出演:堺雅人、仲間由紀恵、「グリーンホーネット」出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ
518 7月11日の高齢者の交通事故 2011/7/23 (土) 相変わらず高齢者が絡む交通事故が多いです。特に各地で梅雨明けした7月11日には下記の4件が、同時に報道されていましたが、当然新聞テレビでは報道されていない事故も多くあるのでしょう
517 何度でも書く、マカフィーよ、利子つけて金を返せ 2011/7/21 (木) 以前と言ってももう5年ほど前の話ですが、パソコンで使っていたマカフィーのウイルス検知セキュリティソフトは、クレジットカードを同社に登録し、毎年更新料として約4千円の引き落としがされていました。当時はそれが当たり前だったのです。
516 7月前半の読書 2011/7/18 (月) つばさものがたり 雫井 脩介、白い声 上・下 伊集院静、黒蜥蜴と怪人二十面相 江戸川 乱歩、反逆する風景 辺見庸、チャイルド44 上・下巻 トム・ロブ・スミス
515 2011年7月中旬時点のリストラと求人の各業界動向 2011/7/16 (土) 6月の終わりにパナソニックが吸収した相手の三洋電機の社員1万数千人のリストラをおこなうことがスクープされ大きな衝撃を受けましたが、大手製造業ばかりではなく、様々な業界で大規模なリストラや希望退職、雇い止めが続いています。
514 ピカレスクロマン?  2011/7/13 (水) 昨年から今年にかけてベストセラーになった小説とそれが映画化されたものに「悪人」(吉田修一原作)と「八日目の蝉」(角田光代原作)があります。
513 勘違いは誰にでもあるが  2011/7/9 (土) 映画にもなっている雫井脩介氏の小説「犯人に告ぐ」で、誘拐殺人犯の決め手となったのは、犯人が挑戦状の手紙で被害者の衣服の「赤い色」をなぜか「ベージュ」だと思い込んでいることがわかり、それを手がかりに聞き込みのローラー捜査で、同じ勘違いをする人物を探していくというのがありました。
512 真夏の節電で儲かるビジネスはなにか 2011/7/6 (水) この夏電力供給不足から節電を求められることにより、一時的なことかもしれませんが、どういう商売が儲かるのかを考えてみました。
511 6月後半の読書 5011/7/2 (土) 陰日向に咲く (幻冬舎文庫) 劇団ひとり、ささやかな永遠のはじまり 盛田隆二、クラウド時代の正体 (ベスト新書) 白鳥 敬、青の炎 (角川文庫) 貴志 祐介、決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫) 半藤 一利
510 2011年6月 生活保護受給者200万人時代  2011/6/29 (水) 「今年3月末現在の全国の生活保護受給者は202万2333人で、戦後混乱期の1952年度以来、59年ぶりに200万人を突破したことが14日、厚生労働省の発表で分かった。
509 本屋大賞ノミネート作品について  2011/6/25 (土) 本屋大賞というのがあって、毎年書店員さんの投票で作品が表彰されています。私は読者の感性や消費者マインドをよく知っている書店員さんの書評を、他の週刊誌・新聞の書評やプロが選ぶ文学賞よりもずっと信用していますので、この本屋大賞は購入する本の参考になります。
508 洗面化粧台をDIYで交換 その2工事編 2011/6/21 (火) 前回の「その1準備編」に続いていよいよ洗面台の設置工事です。このブログ用にすべての工程で写真を撮っておこうと思ったのですが、家の全部の水栓を止めていたこともあり、気が急いて余裕がなかったのでまったく撮ってません。
507 洗面化粧台をDIYで交換 その1準備編 2011/6/18 (土) 先月19年間使ってきたエアコンが2台故障したので仕方なく新しいものに交換しましたが、このような一軒家の設備老朽化は同時期に続くもので、今度は洗面化粧台が壊れてしまいました。
506 6月前半の読書 2011/6/15 (水) おひとり京都の愉しみ 柏井壽 、青春の門 第7部 挑戦編 五木寛之 、ボックス!上・下巻 百田尚樹 、15のわけあり小説 ジェフリー アーチャー
505 失業保険(雇用保険)について 2011/6/11 (土) 私が退職して失業保険のお世話になったのは、いまから10年ほど前のことで、それから何度か改正(改悪?)があり、給付金の期間や金額等に変更がありました。そこで2011年6月現在の失業保険の給付についてメモっておきます。
504 エアコンの購入 2011/6/8 (水) 今から19年前(1992年)、子供達が大きくなってきて、それまで住んでいたマンションが手狭になってきたので、思い切って「いかにも安普請の一戸建て」を購入しました。新築9棟現場のうち、完成後半年経っても半分が売れ残ったまま空き家状態だったので、思いっきり値引きしてくれたものです。
503 再生可能エネルギーについて 2011/6/4 (土) 原発事故が起きて、俄然自然エネルギーが注目されてきました。ただ自然エネルギーと言うと、広い意味では水力はもちろん、石炭や天然ガスなど天然資源を利用する火力も、そして元々は天然の鉱石であるウランなどを使う原子力も入ってしまうことになりますので、実際上「再生可能エネルギー」というのが適正かも知れません。
502 5月の読書  2011/6/1 (水) 「非国民」のすすめ 斎藤貴男、国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて 佐藤優、グロテスク 上・下 桐野夏生、小説 サブプライム 世界を破滅させた人間たち 落合信彦
501 2011年5月 コメンテーターや評論家達の仕事 2011/5/29 (日) 朝起きてから出掛けるまでの短い間に時計代わりにテレビを点けるとほとんどの局は、代わり映えもなくワイドショーをやっています。また土・日曜日にも平日とはちょっと違った感じでワイドショーっぽい報道番組を各局でやっています。
500 リストラと生活保護と自己破産 2011/5/26 (木) 長引く不況とデフレに加え、東日本大震災の影響もあり、この半年の雇用情勢がどのように変化するのか気になるところです。
499 定年後にどう生活していくか 2011/5/22 (日) 「高年齢者雇用安定法(高齢法)」というのを知っているのは、50代終盤〜60代前半の、しかもそれが身近に関係する可能性がある人ぐらいでしょう。
498 失業率推移ではなく失業者数推移でみると 2011/5/18 (水) 「デフレの正体」で、GDP前年比や人口構成率など比率や平均でみる経済はおかしな事になるということで、失業者についても実数で見てみることにしました。
497 生と死が紙一重の潜水艦の魅力 2011/5/14 (土) ドキュメンタリー小説「深海の使者」吉村昭著を読み終えて、過去に潜水艦を題材にしていたり、主要な場面に潜水艦が登場したりした小説や映画、コミックやアニメで読んだり見たものはどれほどあったかなと思って調べてみました。
496 5月のDVD 2011/5/12 (木) 東京原発 2004年 監督:山川元 出演:役所広司、アデル/ファラオと復活の秘薬 2010年仏 監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、シッコ SiCKO 2007年米 監督:マイケル・ムーア、9〜9番目の奇妙な人形〜 2009年米 監督:シェーン・アッカー、必死剣 鳥刺し 2010年東映 監督:平山秀幸 出演:豊川悦司、告白 2010年東宝 監督:中島哲也 出演:松たか子
495 ネーミングライツの功罪 2011/5/9 (月) ネーミングライツ(命名権)を導入することで、自治体や企業が少しでも赤字の補填をしようと積極的に導入しています。その範囲は、プロ野球の球場やサッカー場など競技場の名称を筆頭に、果ては道路や公園、横断歩道や公衆トイレまで各種様々に拡がっています。
494 4月後半の読書 2011/5/5 (木) 深海の使者 吉村昭 、顔に降りかかる雨(講談社文庫) 桐野 夏生 、ぼくらの就活戦記 (文春新書)  森 健
493 緊急地震速報の進化に期待 2011/5/2 (月) 緊急地震速報とは「マグニチュード3.5以上または最大震度3以上と推定される場合に、地震の発生時刻、震源の推定値の速報」を気象庁が流す世界初のシステムですが、今回の東日本大震災後に頻発する余震で、東日本に住む人にはその知らせを見たり聞いたりする機会がグッと増えました。
492 2011年4月 四十肩とか五十肩とか 2011/4/29 (金) Wikipediaによると、五十肩は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩含めない。
491 首相や東電バッシングに思うこと 2011/4/25 (月) 3月11日の大震災後、1ヶ月と少し経ちましたが、マスメディアの報道でも個人ブログでも、この東日本大震災と原発の話題一色です。
490 就職人気企業ランキングの意味するところ 2011/4/22 (金) 先日このような記事がありました。就職志望ランキング、リクルート、公表せず、志向多様化。2011/04/14 日本経済新聞
489 生産年齢人口の推移とは 2011/4/19 (火) 先般「デフレの正体」藻谷浩介著を読みましたが、著者が主張する論拠の一端を自分でも調べてみることにしました。
488 4月前半の読書  2011/4/16 (土) デフレの正体 藻谷浩介、どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?、ハーモニー 伊藤計劃
487 ぼったくりの税金天国  2011/4/13 (水) 国内には様々な税金がありますが、今回は中でも異例とも言えるタバコ、ビール、ガソリンの税金について考えてみます。
486 マイカーで東京から京都まで旅行する場合 その2 2011/4/9 (土) 次に「渋滞のデメリット」ですが、最大割引のある土・日曜日はいつも決まった場所で、決まった時間に自然渋滞が発生しています。いつも決まっているならば、それをうまくかわすようにプランを作ればいいだけのことです。
485 マイカーで東京から京都まで旅行する場合 その1 2011/4/6 (水) 関東から観光地の京都や奈良へマイカーを使って旅行をしようという人は、結構多いのではないかと思います。
484 3月後半の読書 2011/4/1 (金) ドーン 平野啓一郎、危ないお仕事! 北尾トロ、美丘 石田衣良、アフガンの男 上・下 フレデリック・フォーサイス
483 2011年3月 続:地デジアンテナ設置に関して 2011/3/27 (日) 以前、CATVの増設か地デジ用アンテナの設置か悩んでいるという記事を書きました。まだ多くの人が地デジ移行について悩んでいたり、あるいはよくわからないので放置したままではないかと思います。
482 身分証明書もとい本人確認書類とは?  2011/3/22 (火) 一般的に社会生活を送る中で身分証明書の提示を求められることがしばしばあります。「身分証明」というと「日本ではまだ士農工商などの身分制度が残っているのか?」と突っ込まれそうなので、最近は「本人確認書類」と言うそうです。
481 3月前半の読書  2011/3/18 (金) タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫) ドン・ジョーンズ、信長の暗号 (ハルキ文庫) 上・下 中見 利男、ハーバード白熱教室講義録 下 マイケル・サンデル
480 3月のDVD  2011/3/16 (水) ちょんまげぷりん 監督:中村義洋 出演:錦戸亮、ともさかりえ、踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!  監督:本広克行 出演:織田裕二、小栗旬、メッセンジャー 監督:馬場康夫 出演:飯島直子、草なぎ剛
479 国内で地震から逃れることができるか? 2011/3/12 (土) 外国へ出掛けたらそこで起きた地震のために命を失うというのは、世界でも有数の地震発生国で生まれて育ってきた日本人にとって忸怩たる思いがあったのではと思います。
478 それってどれほど重要なこと? 2011/3/8 (火) 京大入試問題流出事件では、容疑者が逮捕されその犯行の様子が取り調べの警察から漏れ伝わる(これも変な話しだと思うが)まで、様々な人がその犯行の様子をもっともらしく予測していましたが、ズバリ正解を言っていたコメンテーターやその道の専門家と言われる人はいなかったように思います。
477 スマートデバイス派とパソコン派 2011/3/5 (土) iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット端末がこの不景気の中でも勢いを増しています。
476 2月後半の読書 2011/3/2 (水) 白と黒 横溝正史 、白と黒 横溝正史 、新世界 柳 広司 、のぼうの城 上・下巻 和田竜 、怪しいお仕事 北尾トロ
475 2011年2月 マウスが壊れるとき 2011/2/27 (日) パソコンにはつきもののマウスとキーボードはクルマで言えばハンドル&アクセル&ブレーキと同じようにインターフェースいうことで、肉体と物理的に接触する貴重で重要な部分です。
474 昨年何本の映画を観ましたか? 2011/2/24 (木) 日本で制作される映画はザックリとおよそ年間800本(いわゆる裏モノは除く)ぐらいはあるそうですが、実際に映画館で上映されるのはそのうちの1/3あるかないかということです。つまり約250本ぐらいが映画館で上映され、その後DVDになって販売、レンタルされるのでしょう。
473 割賦販売の罠は誰でも知っているが、、、 2011/2/20 (日) ここ数年間のうちで広まってきた支払い方法に割賦販売があります。元々割賦販売は戦前・戦後の日本が貧しい時代に、高価な工業製品などを買う際、月々に分割して支払うもので、最初は商売用の機器類、やがては一般家庭用のミシンなどへと普及していきました。
472 2月前半の読書 2011/2/17 (木) 遥かなる未踏峰 上・下巻 ジェフリー・アーチャー 、巡査の休日 佐々木譲 、消されかけたファイル―昭和・平成裏面史の光芒〈Part2〉 (新潮文庫) 麻生幾 、告白 湊かなえ
471 日本人の道徳感 2011/2/13 (日) 外国人が日本を旅行中に財布やバッグなどを紛失したところ、ちゃんと警察へ届けられていたことに驚き感激したという話しを何度か聞いたことがあります。つまり日本人にとっては当たり前の道徳や誠実さが、外国人にとっては驚きに値するということなのでしょう。
470 地デジアンテナ設置さてどうするかな 2011/2/10 (木) いよいよあと半年でアナログ放送が停波されます。いや〜困りました。我が家(一戸建て)の状況は、1階のリビングにはCATV(ケーブルテレビ)をもう5年ぐらい前から導入しているので、地デジ放送やBS放送を見ることができます。
469 1月後半の読書 2011/2/5 (土) 打ちのめされるようなすごい本 米原万里、死角 マイクル・コナリー、ファイアー・フライ 高嶋哲夫
468 人体の不思議展の不思議 2011/2/1 (火) 京都市勧業館みやこめっせで開催されている「人体の不思議展」で多数の「死体」が展示され、平穏に生活する権利を侵害されたとして、会場から150メートルの所に住む京都工芸繊維大の宗川吉汪名誉教授が20日、主催者の同展実行委員会に1万円の慰謝料を求める訴訟を京都地裁に起こした。
467 2011年1月 見過ごせない自賠責保険料の大幅値上げ  2011/1/29 (土) 自動車損害賠償責任(自賠責)保険が2011年度には約11%の値上げが決定し、2013年度までの3年間に25〜30%近い値上げがおこなわれるそうです。デフレ加速でモノの値段が下がり、給料やボーナスも下がっていく時代に、いったいなにを考えてのことでしょうか。
466 若者のクルマ離れと東京オートサロンの活況 2011/1/24 (月) 今年2011年は隔年で行われている伝統ある日本最大級の自動車ショー「東京モーターショー」(主催:一般社団法人日本自動車工業会)が開催される年で、しかも20数年ぶりに千葉県幕張から東京都内(東京ビッグサイト)の会場へと変更されますが、その存在意義や運営手法について問われる節目の回になるかもしれません。
465 ネット通販にはまりそう、というかすでにはまっている 2011/1/21 (金) 小売店の不調は通信販売のせいだという話しもありますが、今後ますますその傾向は続いていくのは間違いないでしょう。
464 1月前半の読書 2011/1/18 (火) 虐殺器官 伊藤 計劃、グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人 森下 香枝、封印されていた文書(ドシエ)―昭和・平成裏面史の光芒〈Part1〉 麻生幾
463 新卒就職活動に思うこと 2011/1/15 (土) 学生の就職は超氷河期時代と言われています。こう言うときに一流企業や一流官庁に入社・入省すれば、生涯競い合うライバルの数も少なく、先輩や上司からは大事にされ、とってもいい社会人のスタートが切れそうです。
462 年末年始のテレビを見ていて感じたこと その2 2011/1/10 (月) 「年末年始のテレビを見ていて感じたこと その1」に続いて、その2です。最初は1回で全部を書くつもりでしたが、書いているうちに結構な量になってきたので、急遽分割をしました。
461 年末年始のテレビを見ていて感じたこと その1 2011/1/9 (日) 年末年始に旅行とかへ行かずに自宅で過ごすとどうしてもテレビを見る機会が多くなります。普段ニュースとスポーツ中継以外はあまり見なくなったテレビですが、暇だった年末年始に朝から深夜まで割と集中して見た感想その1です。
460 12月後半の読書 2011/1/6 (木) 1Q84(BOOK2、BOOK3) 村上春樹、海炭市叙景 佐藤泰志、乱暴と待機 本谷有希子
459 12月のDVD映画 2011/1/4 (火) 渚にて 1959年米 スタンリー・クレイマー監督、グレゴリー・ペック主演、宇宙戦艦ヤマト復活編 2009年 監督:西崎義展、ハート・ロッカー 2008年米 監督:キャスリン・ビグロー 主演:ジェレミー・レナー、ボルケーノ 1997年米 監督:ミック・ジャクソン 主演:トミー・リー・ジョーンズ
458 初日の出のご来光を富士山とともに拝む 2011/1/1 (土) 昨年の1月1日は、それまで使っていた旧日記(Geocities)からこの新しいブログへ移行をおこなった日(投稿は1月3日付け)で、九十九里浜からの初日の出参拝の内容でした。
457 2010年12月 未婚+親との同居が増えてきている  2010/12/28 (火) あるブログを読んでいて「やっぱりな」と思ったのが、「30代になっても親と同居して実家から出ず、ましてや結婚もしない(できない)男性が増えている」ってことです。いや別段、早く親から独立して別居すべきだとか、結婚は○歳までにすべきだなんてことを言いたいのでもなければ、そう思っているわけでもありません。
456 昼休みの過ごし方それぞれ  2010/12/21 (火) 以前、営業職だった頃は、ランチタイムに会社にいることが珍しいので、昼の食事は外で、時間も不規則に移動時間の合間にひとりで摂ることが普通でした。時には同行している上司や部下、仲の良い顧客や、待ち合わせをした友人などと一緒にと言うこともありました。
455 12月前半の読書 2010/12/18 (土) 悪人 上・下 吉田修一、日本車への遺言 三本和彦、夜明けの街で 東野圭吾、1Q84 BOOK1<4月-6月> 村上春樹
454 電話加入権はやがてうやむやに消滅する 2010/12/15 (水) NTTの電話を最初に敷く際に払わされる施設設置負担金は、1897年(明治30年)に加入登記料制度が発足し、これが電話加入権の始まりで、その加入登記料は15円でした。
453 パラダイムシフトに思うこと 2010/12/10 (金) 世の中の仕組みや考え方がガラリと大きく変革してしまうことを一般的にパラダイムシフトと言います。身近な例で言えば、自民党から民主党へと政権が交代したことは、結果的になにも変わらないことがわかってしまったので、ちょっと違うと思いますが、1990年以降、終戦後から続いてきた終身雇用・年功序列制度が崩壊したことは間違いなくパラダイムシフトが起きたと言えるのでしょう。
452 中高年者の雇用問題と非正規雇用問題 2010/12/8 (水) 中高年になってからの転職は今も昔も簡単ではありません。終身雇用という制度がなく、次々と好条件を求めて転職するのが当たり前のアメリカでも、40歳代に入るとパタリと転職をやめ、その会社で残りの期間働き続けるケースが圧倒的に多いそうです。
451 11月後半の読書 2010/12/5 (日) 拝金 堀江貴文、トロッコ・一塊の土 芥川龍之介、地球の果てまでつれてって 横尾忠則、ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ ジョージ・ソロス
450 師走の恒例行事 2010/12/1 (水) 12月に入ると恒例の行事として、来年の手帳というかダイアリーを書店で購入しています。社会人になった初年度は先輩のマネをして、普通の大学ノートに自分で日付を入れ、そこになんでもメモを残しておくという方法をとっていましたが、二年目からは、年末に取引先などからもらえる小型の手帳を利用していました。
449 2010年11月 電車の事故遅延について 2010/11/27 (土) 朝の電車通勤で困るのは、様々なトラブルで電車が遅れたり、ひどい時にはしばらく運転中止になってしまい、他線へ迂回するにも大混雑で、結局はその日の午前中の予定が台無しになってしまうことです。
448 JTからZERO STYLEが送られてきた 2010/11/23 (火) 以前豪華なプレゼントに釣られてJTにメールマガジン登録をしたことがありますが、その際住所も入力したようで、ZERO STYLEのサンプルが唐突に送られてきました。
447 11月前半の読書  2010/11/22 (土) 東京島 桐野夏生、REVERSE(リバース) 石田衣良、レベル7 宮部みゆき
446 失業率統計の話し 2010/11/14 (日) 少し旧聞になりますが、9月の有効求人倍率は0.55倍、完全失業率は5.0%と厚労省から発表されました。どちらもわずかながら改善方向に向かっているという統計データですが、実感としては、逆に悪くなってきているような気もします。気のせいだったらいいのですが。
445 アルコールの害について 2010/11/10 (水) あらためて言うまでもないのですが、アルコールを摂取することは害です。タバコと同様20歳未満は禁止されているのも害があるからです。
444 10月後半の読書 2010/11/4 (木) 中原の虹(1)(2)(3)(4) 浅田次郎、激流 上・下 柴田よしき
443 原油価格とガソリン代 2010/11/1 (月) 円高により「特に輸入業界が儲かっているハズなのにあまり表面には出てこない」というようなことをブログ書いたら、Twitterで「石油会社は原料の供給過剰と精製ロスのため儲かっていない」「原油はマネーゲームの渦中にあり投資家の気まぐれで大暴落した日にゃ円高差益などブッ飛ぶ」との業界に詳しそうな方から意見を賜りました。
442 2010年10月 タバコ値上げの余波? 2010/10/29 (金) 10月の大幅な値上げにより喫煙者が急速に減ってきたことや、健康志向で世間からの風当たりが強いことから、もはやタバコやそのパッケージは我々の身近にあるモノではなくなりました。
441 自衛官の定員不足と少子高齢化 2010/10/25 (月) 「団塊の世代」で有名な元通産省官僚堺屋太一の小説「平成30年」では、平成30年(2018年)にやってくる世界でも例を見たことがない超高齢化社会を迎える日本の姿が書かれています。
440 円高のメリットは? 2010/10/22 (金) 急激な円高で輸出産業は大きな打撃を受けていることが報道されています。確かに輸出品の価格が急激に上がれば国際競争力はなくなり、それでなくても新興国からの価格競争に晒されて日本のメーカーを中心とする輸出産業は困難を強いられることになります。
439 2010年10月上旬の読書 2010/10/19 (火) クリスマス・プレゼント (文春文庫) ジェフリー ディーヴァー、武士道 新渡戸稲造、イリュージョン リチャード・バック
438 生物多様性と絶滅危惧種について 2010/10/16 (土) エコだ地球温暖化防止だと声をあげるのは悪いことではありませんが、人にはあまり強制してもらいたくないものです。本当にエコで地球に優しいことをするならば、人間がすべていなくなることが最適です。
437 日本は世界第5位の農業大国という事実 2010/10/11 (月) 一般的に日本は「工業製品を輸出し、農産物を輸入して、成り立っている国」というイメージが強いのですが、最近ちょっと違った話しを見ることがあります。
436 9月後半の読書 2010/10/9 (土) 獣どもの街 ジェイムズ・エルロイ、トゥルー・ストーリーズ ポール・オースター、蒼ざめた王たち ロバート・B・パーカー
435 文庫用ブックカバー 2010/10/7 (木) 講談社文庫のカバーに付いているマークを10枚送れば、特製ブックカバーを全員にくれるというので、さっそく送ってみました。
434 尖閣諸島と日中問題 2010/10/3 (日) 尖閣諸島の領有権を争う問題で政治が揺れています。
433 股関節唇損傷についての続編  2010/10/1 (金) 先日、今まで原因不明の痛みで苦しんでいた病気がどうも股関節唇損傷のようだと書きました。調べれば調べるほどこれは間違いなく股関節唇損傷と思えます。問題は検査をして手術を受けるか、我慢するかの二者選択しかないということです。
432 2010年9月 9月のDVD  2010/9/26 (日) カイジ 人生逆転ゲーム 2009年 監督:佐藤東弥 出演:藤原竜也、アリス イン ワンダーランド 2010年米 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、第9地区 2009年米・南アフリカ・ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャールト・コプリー、ゴールデンスランバー 2010年 監督:中村義洋 出演:堺雅人
431 失われた世代と雇用問題  2010/9/23 (木) ロストジェネレーション(ロスジェネ)世代とは日本ではバブル崩壊後の就職が困難であった時期(1993年から2005年に学校を卒業し、超就職氷河期を迎えた人達のことを指しますが、2010年においてはその世代の人達は27歳〜40歳ということになります
430 9月前半の読書  2010/9/19 (日) 白河馬物語 C・W・ニコル、業火 パトリシア・コーンウェル、残念な人の思考法 山崎将志、きれぎれ 町田康
429 twitterについてその3か4  2010/9/15 (水) まだかろうじて飽きずにtwitterやってます。でもホント時間に余裕があるときないざ知らず、暇人と商売人に最適化されたツールって感じもしてきました。
428 報道は弱いモノの味方なのか? 2010/9/11 (土) 2008年2月に起きた海上自衛隊イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故の裁判が続いています。表面上は「弱い者の味方」を主張する一般的なマスコミの論調は当然に「自衛隊にすべて責任があり、亡くなった漁船船員がかわいそう」ということになりますから、世間の多くの人はそれに同意するのでしょう。
427 学校ビジネスの暗く長い闇 2010/9/7 (火) いま我が家には子供が3人いて、すでに長男は大学を卒業してなんとか社会人になったものの、まだあと二人を扶養し、育てなければなりません。しかも当然出来の悪い私の頭脳を引き継いでくれているので、公立高校から国公立大学へと進学してくれるようなことは絶対に期待ができません。
426 2010年8月後半の読書 2010/9/4 (土) 姑獲鳥の夏(1994年 講談社) 京極夏彦、眩暈(1992年 講談社) 島田 荘司、ウェブ時代をゆく―いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 2007年) 梅田望夫、優しすぎて、怖い (1994年 文春文庫) ジョイ フィールディング
425 棄民政策は日本の伝統か 2010/9/1 (水) 明治から昭和に入り、日本の人口が急激に増えてきたため、経済恐慌や農村の飢饉が起きるたびに、食糧不足が起こり、労働力の余剰(=失業者の増加)もあり、それらを解決しようと、国策事業として満州(32万人)やアメリカ、南方などへの移民を積極的に進めてきました。
424 2010年8月 股関節唇損傷?  2010/8/28 (土) 超売れっ子ダウンタウンの松本人志が入院して手術をおこなったことが、芸能ニュースで大きく取り上げられていました。病気の治療がネタとなり、治療中にも関わらず仕事への復帰が期待されたりと人気者のたいへんさがよくわかります。
423 8月のDVD  2010/8/25 (水) 沈まぬ太陽 2009年 監督:若松節朗 出演:渡辺謙、松雪泰子、三浦友和、笑う警官 2009年 監督:角川春樹 出演:大森南朋、松雪泰子、ディア・ドクター 2009年 監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶、瑛太
422 長期失業者が118万人! 2010/8/22 (日) 総務省の2010年4-6月期労働力調査によると完全失業者は349万人、うち1年以上の失業者は118万人規模と発表されました。6月の完全失業率は前月比0.1ポイントの悪化で5.3%でした。
421 Twitterを使ってみたその後 2010/8/19 (木) twitterをはじめて約半年になりますが、それで気がついた点をいくつか列挙しておきます。
420 8月前半の読書  2010/8/16 (月) ハンニバル(上)(下)トマス ハリス、希望を捨てる勇気 池田信夫
419 消費税増税論議素人編 2010/8/14 (土) 消費税の増税が議論されています。しかしその内容はと言うと、感情論的なものや、選挙対策的なものが主で、使い道にしてもいろいろと議論が分かれています。
418 もはや国民病とも言えるうつ病について考える その2  2010/8/9 (月) うつ病は、従来は「こころの病気」である「神経症性」のうつ病と、「脳の病気」である「内因性」のうつ病の二つに分類されてきました。しかし2010年現在では脳と心の両面から起きるものと言われています。
417 もはや国民病とも言えるうつ病について考える その1  2010/8/7 (土) うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、「気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である」とwikipediaに書いてありますが、どうもこれだけではよくわかりません。
416 7月後半の読書  2010/8/3 (火) 探偵になりたい パーネル・ホール、カシオペアの丘で(上)(下) 重松清、名残り火 てのひらの闇II 藤原伊織
415 超能力者が登場する小説はもう読めない 2010/8/1 (日) 最近の小説で多いと感じるものに、主人公やその周辺に超能力者(サイキック)がいるという設定がよくあります。私の場合は、そういう内容の話しは全然ダメで、文庫の裏表紙に書かれている紹介文を読んで、そのようなことが書かれているともうその本に興味を失ってしまうのです。
414 2010年7月 ニュースの焦点と日本人 2010/7/28 (水) 7月23日〜24日のニュースを見て一見すると関係がないように見えて、実はそれぞれに関係がある今の日本を象徴することに気がつきました。考え過ぎかもしれませんが。
413 Googleのあまり知られていない便利な方法や裏技 2010/7/25 (日) ご存じの方も多いと思いますが、Googelの検索窓では通常の検索以外にも様々な使い方ができるようです。ちょっとした工夫で効率を上げることができます。
412 7月のDVD 2010/7/22 (木) 劒岳 点の記 2009年東映など 監督:木村大作 主演:浅野忠信
BALLAD 名もなき恋のうた 2009年東宝 監督:山崎貴 主演:草なぎ剛、新垣結衣
南極料理人 2009年 監督:沖田修一 主演:堺雅人
アバター 2009年米 監督: ジェームズ・キャメロン 
411 業界では常識でもマスメディアでは一切報道されないこと 2010/7/19 (月) NHKの事業収入は、ご存じのとおり視聴者から強制的に徴収する受信料収入(21年度6442億円)と、研究開発費や国際番組制作に使う国からの交付金です。それらのお金で作られたコンテンツ(番組など)の著作権は基本的にはNHKが持ち、言い換えれば本来は視聴者(≒国民)の共有財産となるべきものです。
410 7月前半の読書 2010/7/16 (金) ブラック企業、世にはばかる 蟹沢孝夫、家日和 奥田英朗、エコー・パーク(上)(下) マイクル・コナリー、てのひらの闇 藤原伊織
409 民度が計れる国政選挙は政治家と鏡  2010/7/13 (火) 参議院選挙が終わり与党の過半数割れという結果になりました。これは選挙前から沖縄の普天間問題による首相辞任や消費税論議などによって、ある程度予想されていたことでもあり、特に驚くべき事ではありません。細川元首相が官僚にそそのかされて突然福祉税導入を提案したように、今回も官僚や元官僚達、官僚と親しい学者達に踊らされたような気もしますが、実際のところはどうなのでしょう。
408 TAGがつかないHeuerが宝物 2010/7/12 (月) 今から25年ぐらい前に中国に返還される前の香港へ行ったときに買ったホイヤー(Heuer)の腕時計を愛用しています。最近は携帯電話を時計代わりに使っていて腕時計をしない人が増えているようですが、今のところ私は腕時計愛用派です。
407 私のリストラ激闘記 2010/7/10 (土) この日記は元々私のリストラ体験から就職までの就職活動やその時に思ったことなどを記録しておこうと始めたわけですが、最近方々で「リストラされそう」「昨年リストラに遭って仕事が決まらない」という声がよく聞こえてくるようになりましたので、あらためて私の再就職体験談を簡単にまとめておきます。
406 成長することの是非 2010/7/8 (木) 一般的に言って人でも企業でも国家でも常に「成長」することを求められます。この「成長」ですが、人が幸せになるためには、本当に必要なものなのでしょうか?たぶんその人の環境や年齢によっても考え方が大きく違ってくると思いますが、私なりに考えてみました。
405 国産品購入のススメ〜Buy Japanese Products運動〜 2010/7/6 (火) 過去の日記でも書き、ちょっと高尚なニュースや新書等では時々出てきますが、日本の長引く不況の原因や国際競争力の低下原因には製造業の海外移転(流出)から始まったという考え方もあります。もちろんそれだけではないということもわかってはいますが、少なくとも雇用数の減少の影響は少なくないと思われます。雇用機会や雇用数が減ればそれだけ、購買力も納税額も減少します。
404 2010年6月後半の読書 2010/7/4 (日) 最も遠い銀河 白川道 1巻 冬・2巻 春・3巻 夏・4巻 秋
ノンストップ サイモン・カーニック
403 サッカーで絶対に1点とれる方法 2010/7/2 (金) 先日、サッカー日本代表の強化策のひとつとして、「キャプテン翼」を描いた痛ユニフォームを着て世界を転戦することを提案しましたが、サッカーの話題でずっと以前から気になっていて、考え続けていることがあります。
402 2010年6月 自宅のパソコンが逝ってしまった件 その4(XPで開かないフォルダを開く方法編) 2010/6/30 (水) ようやく新しいパソコン(DELL Inspiron580)が到着しました。発注してから10日目ですから、海外工場からの発送にしてはまぁ早いほうだと思います。オプションはなにも付けないベーシックモデルだったからかも知れません。
401 自宅のパソコンが逝ってしまった件 その3(逝ってしまった原因?編) 2010/6/28 (月) セーフモードでしか立ち上がらなくなった我が家のパソコンですが、ネットでいろいろと調べてみてもその原因が特定できず、最終的にはWindowsのクリーンインストール(Windowsのシステムファイルの全部上書き)をおこなうことにしました。
400 規制強化の派遣法改正は正しいことか 2010/6/26 (土) 先へ持ち越しとなりましたが、派遣就業の道をかなり狭めることになる、労働者派遣法の改正が進められています。労働者派遣法の改正が進められています。どうもグッドウイルなどの問題や、リーマンショック以降の派遣切り、年越し派遣村などによる「派遣=非正規雇用=悪」というマスコミが創り出したマイナスイメージの影響を受け、さらには連合など正規雇用者が中心の組合を支持母体に持つ民主党の選挙対策(非正規雇用者は基本的には組合に加入していないので、組合にとっては悪となる)もあり、優先的に法制化が進められようとしています。
399 自宅のパソコンが逝ってしまった件 その2(バックアップは大切よ編) 2010/6/24 (木) 普段自宅ではテレビを観るよりもずっと長くパソコンを使っていたので、それがなくなるとたいへん不自由するかと思っていましたが、ちょうどワールドカップも始まり意外とパソコンのない生活は困りませんでした。
398 自宅のパソコンが逝ってしまった件1(トラブルいろいろ解決編) 2010/6/22 (火) 6月某日夜に自宅のパソコン(6年前に購入したDELL Dimension8400)の電源が作業中に突然落ちてしまい、その後、起動画面で繰り返し落ちてしまうようになってしまいました。
397 6月上旬の読書 2010/6/20 (日) 電子書籍の衝撃 佐々木俊尚、蒼穹のかなたに 上・下 ロバート・ゴダード、仕事をするのにオフィスはいらない 佐々木俊尚、最も遠い銀河 白川 道
396 濡れた傘の行方 2010/6/14 (月) 本日関東も梅雨入りとなりましたが、通勤時の満員電車の中で濡れた傘をどのようにして持つかは人それぞれです。
395 労働紛争解決法 2010/6/12 (土) 最近またリストラ解雇などの労働問題があちこちで起きているようですので、紛争解決に向けた外部の一般的な相談機関を上げておきます。
394 2つのリストラ物語 2010/6/10 (木) Twitterにより爆発的に読者が増えた、たぬきちさんの「リストラなう」日記を、ここ数カ月間ずっとフォローしてきましたが、5月末で予定通り大手老舗出版社を円満退社され、その「リストラなう」も完結となりました。
393 在日米軍基地問題と首相辞任 2010/6/5 (土) 今回総理大臣が辞任することになった原因のひとつに沖縄の在日米軍基地の移転問題がありました。
392 5月下旬の読書 2010/6/3 (木) レディ・ジョーカー 上・中・下 高村薫氏の小説は「黄金を抱いて翔べ」以降「神の火」「リヴィエラを撃て」「マークスの山」「照柿」「地を這う虫」などほぼハズレなしで面白く、この1997年に単行本が刊行された「レディ・ジョーカー」も文庫化されるのを長く長く待ち望んでいたのですが、
391 野球は世界一なのに、サッカーは世界ランク45位だって 2010/6/1 (火) 日本のサッカー代表がいつになく弱いと言われていますが、そう言えば今ではワールドカップ日韓大会の時のようなロシアやチェニジアを破った時のような勢いはどこにもありません。
390 2010年5月 正しい会社の辞め方? 2010/5/29 (土) 定期巡回しているネットで少し古い(2009年9月)のですが、役立ちそうな記事(ちょっと物足りない感じがしますが)を見つけました。ちょっと意地悪な「正しい会社の辞め方」10カ条
389 液晶テレビが故障した件 その4 2010/5/27 (木) クレームを入れた修理問い合わせ窓口からメールで返事が来てから2日が経ちましたが「部品納期及び修理経緯進捗」について、サービスからなにも連絡も来ないまま過ぎました。
388 中国との関係について 2010/5/25 (火) 戦後日本経済の復興はアメリカ頼りで、多くの貿易不均衡に支えられ発展してきました。そして現在の日本の不況を脱するためには、もはやアメリカではなく中国に頼るしかないというのが現状の経済界のようです。
387 液晶テレビが故障した件 その3 2010/5/23 (日) 「液晶テレビが故障した件 その2」では、修理が無理なので、新品と交換しますと言われたと書きました。ところが翌週になってサービスの方から電話がありました。
386 液晶テレビが故障した件 その2 2010/5/21 (金) 以前の日記で「液晶テレビが故障した件」を書きました。5年前に買った大型液晶テレビの画面に黒ずみが拡がってきたのと、主電源がよく落ちてしまうので、いよいよ修理かなと思って保証書を調べてみたら、たまたま販売店の10年保険に入っていたので、さっそく修理を依頼したという話しです。
385 とさかにくる宝くじ収益金の話し 2010/5/19 (水) 「ジャンボ宝くじで1等に当たる」確率は、「自分が1年以内に交通事故に遭い死ぬ」確率よりもずっとずっと低くて「あり得ないこと」と同義語なのですが、それでもついつい派手な宣伝に煽られ、3億円に目がくらんで買ってしまうのは、悲しい庶民(私のことです)の性というべきものです。
384 5月前半の読書 2010/5/17 (月) 神々の指紋(上)(下) グラハム・ハンコック、衆愚の時代 (新潮新書) 楡 周平、夢魔の森 小沢 章友
383 「光の道」論争の行方 2010/5/15 (土) twitterなどでいま「光の道」に関する議論が賑やかにされています。昨晩には「光の道」推進派で総務省の検討会で独自のアイデアを披露したソフトバンクの孫正義社長(51歳)と、財政が厳しい中もっと他にやることがあるから「光の道」には反対と論じるジャーナリストの佐々木俊尚氏(49歳)が、twitter上での話し合いから今度実際に会って公開の場で対談しましょうということになり、それがUstreamで動画生中継されるという前代未聞の面白い展開をみせています。
382 マスメディアと評論家を信じてはいけない 2010/5/13 (木) 以前からテレビ・新聞などマスメディアの偏向報道や意図的な情報操作について書いてきましたが、最近また大きなスキャンダルが出てきました。しかしなぜか一部マスコミ以外ではほとんど取り上げることなく収束してしまった感があります。
381 液晶テレビが壊れた件 2010/5/11 (火) もう5年前の話ですが、10年以上リビングルームで使っていたソニーの29インチブラウン管テレビの色が変になってしまい、どうもブラウン管をすっかり交換する以外、修理しても満足できるレベルには直りそうもないのと、いずれはハイビジョンが見られるテレビを買いたいと思っていたので、2005年当時は今と比べてまだ液晶大型テレビは高かったのですが、いろいろと調べ、その中でも比較的安かった三菱電機の37型の大型液晶テレビREAL(LCD-H37MRH4)を量販店のコジマで買いました。
380 5月のDVD 2010/5/9 (日) 大誘拐 〜Rainbow kids〜(1991年) 真夏のオリオン(2009年) ハゲタカ(2009年) バベル(2006年アメリカ) トランスポーター3 アンリミテッド(2008年フランス)
379 DELL Dimensionにメインメモリー増設 2010/5/7 (金) 2004年7月に買ったDELLのデスクトップ(Dimension8400)をしぶとく使っています。当時はメモリーに1GB(512MB×2)も積んでいればもう怖いモノなしって思いましたが、ここにきてさすがにきつくなってきました。
378 Twitterは本当に使う値打ちがあるのか?その2 2010/5/5 (水) 以前twitterについて私なりの感想を書きましたが、自分であまり発言せずにtwitterのことを書くのもいけないと思い、このところ積極的につぶやいたり、専用クライアントを試したりしてみました。
377 4月後半の読書 2010/5/3 (月) 停電の夜に ジュンパ ラヒリ 閉店時間 ジャック・ケッチャム 大誘拐 天童真 ちょんまげプリン 荒木源
376 声のでかいヤツが勝つ 2010/5/1 (土) 声のでかい人がずっと羨ましく思っています。もちろんただでかいだけではなく、よく通る清々しい低音の効いた声です。
375 2010年4月 アナログ放送の終焉とブラウン管テレビの行方 2010/4/28 (水) いよいよテレビのアナログ放送の終焉が近づき、画面の右上には「アナログ」の表示があったり、時々画面に「アナログは終了する」旨のメッセージが表示されています。来年2011年7月24日にアナログ放送は完全に停波となりますが、それまでは普通にアナログテレビが視聴ができると思っていたら、どうもそうではなさそうです。
374 私が(今はまだ)スマートフォンに変えない理由 2010/4/26 (月) 仕事柄、周りではiPhoneやXPERIA(SO-01B)などのスマートフォンを使っている人が、社員の半分以上(たぶん6〜7割)にのぼっています(それもまたすごいと思うのだが)。今後このスマートフォンが携帯端末の主流となり、成長分野であることは、以前の日記で「景気のいい話」にも書きましたが、まったく疑っていません。
373 4月のDVD  2010/4/24 (土) 2012 2009年アメリカ ローランド・エメリッヒ監督 キウェテル・イジョフォー主演、ノウイング 2009年アメリカ アレックス・プロヤス監督 ニコラス・ケイジ主演、20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 2010年東宝 堤幸彦監督 唐沢寿明主演、トランスフォーマー リベンジ 2009年アメリカ マイケル・ベイ監督 シャイア・ラブーフ主演
372 面接と読書の関係 2010/4/22 (木) 新入社員が会社に入って、研修を終え本配属される季節となりましたが、同時に来年の採用(内定)が現在佳境に入っています。昔々そう15〜20年ほど前には、人事部門から依頼され新卒者の採用面接を行うことがよくありました。
371 定数訴訟 2010/4/20 (火) 以前にも選挙の1票の格差と定数是正について、これからますますその関連する訴訟が増えるのではと書きましたが、前回の夏の衆議院選挙についてはすでに8件の訴訟が行われているそうです。そんなに行われているとは知りませんでした。
370 4月前半の読書 2010/4/18 (日) 永遠のとなり 白石一文、真夏の島に咲く花は 垣根涼介、時代小説の愉しみ 隆慶一郎、応酬 ポール・リンゼイ、ZOKU 森博嗣
369 高速道路は無料にはならないけど 2010/4/16 (金) 高速道路の新料金が紆余曲折ありましたが、ようやく決まりました。今まで休日(土日祝祭日)が上限1,000円(但し都市部は別途課金あり)だったのが、6月からは一部無料区間を除き、平日も含めて上限2,000円(一部区間は別途課金あり)となります。
368 Twitterは本当に使う値打ちがあるのか? 2010/4/14 (水) 1年ほど前にTwitterのアカウントを取ってやっています。いや、やっているというのは正確ではなく、最近は時々人のつぶやきを読むだけで、自分がツイート(つぶやき)したのは最初の頃に数回だけで、使いこなしているにはほど遠い状態です。ですのでこの評価については理解や知識不足からくる錯誤も多々あることを先に言っておきます。
367 「国民読書年」は政官民が一致団結して既得権益を守る年らしい 2010/4/12 (月) 2010年は「国民読書年」とのことらしいのですが、知っていました?私はまったく知りませんでした。で、どういうことをやっているのか調べてみました。
366 景気のいい話 2010/4/10 (土) ここのところ景気の悪い話しを書いてばかりで、こんなことではますます自分が落ち込んでしまうと思って今回は景気のいい話を探してみました。
365 ハイパーインフレは来るのか? 2010/4/8 (木) 伝説のディーラーと呼ばれたこともあるフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、日本の巨額の財政赤字、長く続いてきた超低金利、日本国債の信用リスクなどを根拠にし、1997年のタイや韓国が引き起こしたアジア通貨危機と同様な形で、日本発信の株、国債、円が同時に売られるトリプル安(ジャパンクラッシュ)が起きる可能性があると東洋経済のインタビューに答えています。
364 灰皿の行方と健康被害 2010/4/6 (火) タバコの受動喫煙論争が盛んです。世界の流れからすると当然のように思えますが、人によってそれを害悪と見るか嗜好品と見るか違ってくるところに、論争の火種があります。
363 3月後半の読書 2010/4/4 (日) 明日なき二人 ジェイムズ・クラムリー
ナイロビの蜂(上)・(下) ジョン・ル・カレ
362 有効求人倍率は改善するのか? 2010/4/2 (金) 以前に「過去最悪の有効求人倍率0.47%は果たして底なのか?」というのを書きましたが、平均求人倍率が1月、2月とようやく底打ちし下げ止まってきたという報道です。
361 2010年3月 外国産の国産車?〜Made in JAPANの崩壊 2010/3/31 (水) 最近の二つの記事を見て、とうとうその時が迫ってきているのだと実感しました。
360 リストラはまだまだ続いている 2010/3/29 (月) もう今さらという感じですが、相変わらず企業のリストラ(人員削減、事業縮小)の嵐がやみません。昨年発表された日航の二万人近い希望退職者の募集とかありましたが、下記はこの3ヶ月の間に発表されたものだけです。
359 靖国神社へお花見と遊就館見学 2010/3/27 (土) 桜が咲き始めたと思ったら、なんとここ数日は冬のような寒さが続き、桜の開花も止まってしまったようです。それでも前から行きたかった靖国神社へ、子供を連れて参拝がてらに花見に行ってきました。
358 テレビ・新聞に未来はない? 2010/3/26 (金) 3連休最後3月22日の夜、NHK放送記念日の特集として生放送でおこなわれた「激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜」という真面目な討論番組を観た人は、、、、少ないと思います。
357 読みかけで断念した小説は? 2010/3/25 (木) 今までに購入はしたけど、少し読んでこれは読めないと思った本はそのままカバーを掛けたまま本棚に並べ、どうしようも暇なときにでも読もうと置いてありました。それが気がつくともう30冊を軽く超えて溜まっています。
356 世論調査もネット時代(2つのネット調査付き) 2010/3/23 (火) 内閣支持率調査など世論調査やアンケートを採る場合に、最近ではネット調査(携帯電話を使った調査を含む)がよく使われるようになりました。
355 マグロがどうしたって? 2010/3/19 (金) 大西洋・地中海産クロマグロの禁輸が騒がれていますが、とりあえず途上国の日本向けのビジネスがなくなってしまう危機感から禁輸反対となりましたが、アメリカ、EUがこぞって賛成に回り、声のでかい(影響力が強い)一部の国際世論の趨勢が禁止の方向へ向かっているので、近いうちに決まってしまうのは間違いがなさそうです。
354 3月前半の読書 2010/3/17 (水) 空飛ぶタイヤ(上)(下) 池井戸潤 人間の器量 福田和也 風の呪殺陣 隆慶一郎 漂泊(警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ) 堂場瞬一
353 高齢者向けビジネスの実態 2010/3/15 (月) 鋭い指摘が面白くて定点観測をしている「Chikirinの日記」のブログを読んで目から鱗がパラリと落ちた内容があります。それは、「なぜ本格的な高齢者向けビジネスが起きないか?」という疑問に答えるものです。
352 次は文部科学省、東大、日教組がターゲットだ 2010/3/13 (土) 私は専門家でもなんでもないので、それが事実かどうか、また根拠やソースを求められても答えられないのですが、近代において日本がアジアの中でもっとも早く繁栄した理由のひとつには、国を挙げての国民に対する教育があったと思います。
351 労働者派遣の全面禁止がもたらす悲喜こもごも 2010/3/11 (木) 労働者派遣が原則禁止されるということは、派遣されて働いていた人はもちろんのこと、派遣会社の中で働いていた人の多くも仕事を失うことになります。
350 ネット上のコミュニケーションは疲れる? 2010/3/9 (火) ニコニコ動画のニコ割アンケートによると、「ネット上のコミュニケーション」について、「ネット上のつきあいに疲れたことがある」と答えた人が約5割を占めていることがわかりました。
349 しらけ世代と団塊世代ジュニア 2010/3/7 (日) まったく根拠のない私見で書くと、団塊世代と団塊ジュニアに共通することがあるとすれば、それは子供の頃から同世代同士で熾烈な競争をしてきたということと、多くの中に自分が埋もれてしまわないかという恐怖心から本能的な自己顕示欲、自己主張が人一倍強いことではないかと思っています。
348 あぁ、メタボがとまらない 2010/3/5 (金) 太平洋戦争の写真やフィルムを見ると、そこに登場する日本人は現代の日本人とはあきらかに違っている点があります。服装や髪型は時代によって移り変わっていきますが、ハッキリと見て取れるのはその体格です。
347 2月後半の読書 2010/3/3 (水) イノセント・ゲリラの祝祭(上)(下)海堂尊 12番目のカード(上)(下)ジェフリー・ディーヴァー 夜を急ぐ者よ 佐々木譲
346 人材派遣法の改正?改悪? 2010/3/1 (月) 通称で労働者派遣法とか人材派遣法と呼ばれている法律「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」の改正案が今国会で成立しそうです。
345 2010年2月 労働力人口から見る日本経済の今後とは 2010/2/27 (土) 労働力人口とは労働力人口とは、社会に出て働くのに適した15歳以上の人口のうち、実際に就業している人と、働く意欲があって仕事を探している完全失業者※の合計です。すでに引退した高齢者や専業主婦、学生などは除外されます。
344 ジパングにみるタイムスリップ 2010/2/25 (木) コミック続きでなんなのですが、かわぐちかいじ作の「ジパング」の単行本が昨年の12月22日に最終刊が発行され終了しました。この「ジパング」はモーニングという漫画隔週刊誌で2000年から2009年まで9年間の長きに渡り連載されていました。
343 ダンドリ上手 2010/2/23 (火) 「ダンドリくん」という漫画を今でも時々思い出します。1990年頃、その頃ランチでよく通っていた飲食店に置いてあった「漫画アクション」に連載されていました。作者は泉昌之氏(泉晴紀氏と久住昌之氏の共作のペンネーム)で、タイトル通り、衣食住含め身の回りのことを段取りよくおこなう、うんちくが毎回収録されたコミックです。
342 続きを読むにはユーザー登録をしてください! 2010/2/21 (日) ネットでニュースを読んだり、調べ物をしていると「続きを読むならユーザー登録を」という個人情報収集目的のコンテンツが増えてきています。これはこれで「タダで貴重な情報を読ませてもらうのだから仕方がない」と思うか「せこい!どう扱われるかわかったものじゃない個人情報(主にメールアドレス)を登録するのは嫌だ」となるか、人それぞれだと思いますが、私は古い人間なので基本的に後者です。
341 新聞、雑誌、書籍など紙媒体はなくなるか? 2010/2/19 (金) 相次ぐ雑誌の休刊、廃刊がやみません。私的に関係がありそう(過去に購入したことがあったり、会社が定期購読していたり、よく立ち読みしたりするもの)なもので昨年以来休刊・廃刊となったものは、XaCAR、諸君!、UNIX MAGAZINE、Racing on、日経ソリューションビジネス、日経マイクロデバイス、月刊ビジネスアスキー、PC Japan、NAVIなどがあり、その他に子供の頃お世話になっていた小学五年生、小学六年生、○年の学習、○年の科学が、今年度(3月末)で終了します。
340
339
2月前半の読書とDVD 2010/2/16 (火) 聖灰の暗号(下) 帚木 蓬生 グーグル革命の衝撃 NHKスペシャル取材班 やさしい小さな手 ローレンス・ブロック 見えないドアと鶴の空 白石一文 柳生非情剣 隆 慶一郎 ナイトミュージアム2  アマルフィ 女神の報酬 スラムドッグ$ミリオネア
338 自殺者数が年間3万名を超えている意味 2010/2/14 (日) 昨年(2009年)の自殺による死亡者数は3万2753人にのぼり、これで11年連続して3万人を超えたことになるそうです。11年前と言うと1998年からで、金融業(前年に破綻した山一證券の全店閉鎖や日本債権信用銀行の一時国有化)や建設業(日本国土開発破綻)を中心に日本経済全体の悪化が深刻になってきた年でもあり、自殺者と経済環境とは無縁ではなさそうです。
337 貧困ビジネス流行は役所の怠慢なのか? 2010/2/12 (金) 生活保護受給者やホームレスに様々なテクニックを使い、給付金や支援金を根こそぎ奪ってしまう、いわゆる「貧困ビジネス」について書籍やマスコミがあれこれ指摘をしています。
336 製造業の行く末は、、、 2010/2/10 (水) 不況がますます深刻さを増す中で、う〜む、、、と考えさせられる記事がありました。●ブックオフコーポレーション、採用を6割増の200人に
335 中高年の転職とは? 2010/2/8 (月) 40歳台の知人(妻子あり)が、会社の業績不振により昨年秋に失業してしまい、現在転職活動をおこなていると連絡がありました。そこで、どのような活動をしているのかと聞いてみたところ、
334 ミネラルウォーター飲んでますか? 2010/2/5 (金) もうずいぶん前から家ではミネラルウォーター(2リットルペット)を箱で買ってきて、コーヒーやお茶など入れるときに使っています。買うのはだいたいスーパーで、安売り時にまとめて3箱(6本×3箱)ぐらい買ってきます。
333 節分の思い出は、、、 2010/2/3 (水) 今日は節分です。節分で思い出すのは、子供の頃にじゃんけんに負けて渋々鬼になったら、豆まきの集中攻撃に遭い、こてんぱに打ちのめされた惨めな悲しい記憶、、、ではなく、仕事中に偶然立ち寄った柴又帝釈天でおこなわれていた豆まきのことです。
332 1月下旬の読書 2010/2/2 (火) 花の回廊 宮本輝 約束の河 堂場瞬一 月島慕情 浅田次郎 警官の血(上)(下) 佐々木譲 棘の街 堂場瞬一 聖灰の暗号(上)帚木蓬生
331 2010年1月 過去最悪の有効求人倍率0.47%は果たして底なのか? 2010/1/30 (土) 2009年の有効求人倍率が過去最悪の0.47倍だったと厚生労働省から発表されました。一昨年2008年と比べるとなんと0.41ポイントも下がり(悪化)ました。完全失業率は2009年平均で5.1%で、前年2008年よりも1.1ポイント上昇(悪化)しました。
330 消滅する書店 2010/1/28 (木) さもありなんと思ったのが、「消える書店、10年間で29%減 和歌山県ではほぼ半減」という1月26日の朝日の記事です。出版業界が厳しいとはよく言われていますが、当然それを販売している書店経営ももっと厳しいのではないでしょうか。
329 本当に派遣就労全面禁止するつもり? 2010/1/26 (火) 人材派遣の業界団体、日本人材派遣協会の2009年度の調査によると、派遣労働者の42%が今後の働き方としては「正社員になりたい」と考えているとのことです。一方「派遣で働きたい」「紹介予定派遣で働きたい」は合わせて41%で、2年前(リーマンショック前)と比べると約7ポイント下がっているそうです。
328 スペンサーシリーズの読み方(初級者編) 2010/1/24 (日) 故ロバート・ブラウン・パーカー(Robert Brown Parker)の代表作スペンサーシリーズは基本的にどの物語から読んでも面白く読めますが、やはりその周辺事情を知っておく方がより楽しめます。
327 さらばスペンサー!さらばロバート・B・パーカー 2010/1/22 (金) 訃報:R・B・パーカーさん77歳=米ハードボイルド作家
19日のAP通信などによると、米マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で18日死去。死因は不明。
326 年越し派遣村と就業支援 2010年1/20 (水) お正月の恒例になりつつある/越し派遣村ですが、就職支援金の持ち逃げ者が続出したことで、問題になっています。そもそもの話しで恐縮なのですが、派遣村に本当の意味で派遣切りに遭い、年末近くに派遣会社の寮を追い出され、住み処をなくした人というのはどのぐらいいらっしゃるのでしょうか?
325 元気な高齢者はいつまでも働くべきなのか 2010/1/18 (月) 野村克也元楽天監督があちこち引っ張りだこです。すでに74歳、普通のサラリーマンならとっくに引退し、年寄りの多い国会議員ですら政党によりますが公認が得られなくなる年齢です。
324 1月上旬の読書 2010/1/16 (土) NEXT―ネクスト〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)マイクル・クライトン 偽善エネルギー (幻冬舎新書)武田 邦彦 約束の河 (中公文庫)堂場 瞬一
323 リストラ仕掛け人 vs 転職コンサルタント 2010/1/14 (木) リストラ仕掛け人が主人公のドラマ「君たちに明日はない」が1月16日から天下のNHKで始まります。このドラマの原作は「ワイルド・ソウル」で大ヒットを飛ばした垣根涼介氏の小説で、私も文庫になってすぐに読みました。
322 人気企業ランキングとブラック企業について 2010/1/13 (水) 大学生が選んだ就職先人気ランキング2010がダイヤモンド・ビッグ&リード社から発表がありました。
321 媚薬ではなく鼻炎薬 2010/1/11 (月) お正月早々の話題でもないのですが、もうだいぶんと昔から慢性鼻炎で悩まされています。この慢性鼻炎というのは、風邪をひいていなくても日に何度も突然片方の鼻が詰まる病気ですが、私の場合は1日に6〜7回は鼻づまりが起きて息苦しくなります。
320 五月雨をあつめて早し 2010/1/10 (日) 昨日の夜に日本テレビの番組「小中学校教科書クイズ」をチラリと見る機会がありました。有名な松尾芭蕉の俳句で「五月雨をあつめて早し」の後に続く言葉はなんでしょう?というクイズ問題です。
319 天然素材でも綿はよく燃えるらしいことがわかった 2010/1/9 (土) 薄学な私の知識と恥をさらしてしまいましたが、誤りは誤りとして訂正です。ポリエステルやアクリルより綿製の衣服のほうが燃えにくいということを書きましたが、調べるとアクリルやレーヨン、キュプラの化学繊維と天然繊維の綿はいずれも「易燃性」の繊維と言うことで速やかに燃える繊維と同等に位置づけされています。
318 送料無料の通販ビジネスモデルとは? 2010/1/8 (金) 信じられないというか、常識をくつがえす流通革命がとうとうやってきたのかな?と思わせる記事がでていました。
317 発火する衣料 2010/1/7 (木) 誰でもこだわりというものは持っていると思います。特にファッション(衣料品)に至っては色やデザイン、価格、ブランドなどにこだわったりしている人も多いのではないかと思います。
316 ビジネスのヒント(自分のメモ) 2010/1/6 (水) 昔はモノの値段が下がってデフレっていいじゃん!って思っていた時期もありましたが、今はひたすらにインフレを待ち望んでいます。
315 ダレてしまっていた年末年始の休暇 2010/1/5 (火) このお正月休み(年末年始休暇)は7日間もあったのに、ほとんどなにもできずにダラダラと過ぎてしまいました。う〜ん、、、いかんいかん。
314 初詣は江の島神社 2010/1/4 (月) 混んでいる三が日を外して、4日の今日江の島神社へ初詣に行ってきました。江の島神社は、聖徳太子が現れる少し前の西暦552年に開祖されたという歴史のある神社です。江戸時代には江島弁財天をお参りする江の島詣でで賑わったそうです。
0313 12月後半のDVDその2 2010/1/3 (日) 誰も守ってくれない イントゥ・ザ・ワイルド
0312 12月後半のDVDその1 2010/1/3 (日) マンマ・ミーア! 死神の精度 フィッシュストーリー
0311 12月後半の読書 2010/1/2 (土) ブルータスの心臓 東野圭吾 知的創造のヒント 外山滋比古
0310 初日の出 2010/1/1 (金) 明けましておめでとうございます。相変わらず不況が続き、厳しそうな年になりそうですが、なにかを残すことができればいいなと思っています。
     
0309 2009年12月 国政選挙1票の格差に思う 2009/12/30 (水) 選挙の後には毎回恒例となってきた判決が12月28日のニュースにありました。一票の格差2倍「違憲」 8月衆院選「著しい不平等」 大阪高裁無効請求は棄却
0308 師走にパソコン購入 その2 2009/12/29 (火) 店員から購入前にこれらの説明を聞くと、気の弱い人ならひとつぐらい契約しようかと思ってしまいそうです。確かにPCを1台売ったところで店はたいした儲けにならないから、継続して売上に貢献する光ネットや電話、モバイル、ウイルス検知の契約を一緒に売りつけることが、こういう商売には必要なのでしょう。
0307 師走にパソコン購入 その1 2009/12/28 (月) 子供が今年から大学生になったので、自分専用のノートパソコンを買ってあげました。と言ってももっと早くに買ってあげたかったのですが、経済的な事情で延ばし延ばしとなり、夏休みも過ぎ、とうとうクリスマスも過ぎてしまいました。
0306 12月のDVD 2009/12/23 (水) グラン・トリノ ジェネラル・ルージュの凱旋 天使と悪魔
0305 12月前半の読書 その2 2009/12/16 (水) 国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 司馬遼太郎
夢見る黄金地球儀 海堂尊
0304 12月前半の読書 その1 2009/12/16 (水) 遠き面影 ロバート・ゴダード
人はダマシ・ダマサレで生きる 池田清彦
0303 交通事故を減らすための公共事業 2009/12/12 (土) 交通事故による死亡者の数は年々減少傾向にありいいことです。車そのものが乗員や歩行者に重大なダメージを与えないよう安全になってきたことや、シートベルトの着用義務化、道路の整備が進んだこと、交通ルールやマナーを守る人の増加など様々な要因があってのことだと思います。また救急医療や体制の進歩もあるでしょう。
0302 フリーエージェント制度の日米比較 2009/12/7 (月) プロ野球も終わり今年もフリーエージェント制度(以後FA)を利用した移籍話が話題となっています。このFAですが日米では大きな違いがあるので調べてみました。
0301 Googleの無料日本語入力ソフト その2  2009/12/5 (土) Googleから無料で提供されはじめた日本語入力ソフト(以下IME(Input Method Editor))についての続きです。
0300 Googleの無料日本語入力ソフト 2009/12/4 (金) Googleから無料で提供されはじめた日本語入力ソフト(以下IME(Input Method Editor))を試してみました。
0299 11月後半の読書  2009/12/1 (火) 風魔(下) 宮本昌孝 祥伝社文庫 一勝九敗 柳井正 新潮文庫 つばさよつばさ 浅田次郎 小学館文庫 スクール・デイズ ロバート・B・パーカー ハヤカワ文庫 身近な経済学―小田急沿線の生活風景 原田博夫 専修大学出版局
0298 2009年11月 ドリップバッグコーヒーの評価とは? 2009/11/27 (金) 仕事場で毎日愛飲しているドリップバッグコーヒーの話しです。コーヒーは挽きたての豆を混じり気のない熱湯で、ゆっくりじっくり、蒸らしたあと、粉をよくかき混ぜながら、落として入れるのがいいのでしょうが、仕事場ではそうもいかず、もっぱらドリップバッグ(あるいはドリップパック)コーヒー(以下ドリップバッグ)を飲んでいます。
0297 細かい話しですがシャンプーの詰め替えとお客様相談室 2009/11/24 (火) もう15年以上は確実に使い続けているのがLUXのシャンプー&コンディショナーです。そうあのハリウッドスターを惜しげもなく使い高級感溢れるCMで有名ですね。
0296 年末恒例の流行語大賞 2009年11/20 (金) 今年の流行語大賞の候補が選出されました。ノミネート60語発表! 流行語大賞候補に「1000円高速」「トゥース」
0295 リストラ対策の参考記事 2009/11/19 (木) ちょっとリストラ関係でお役立ち情報を見つけましたので、リンク貼っておきます。「会社を辞めろ」と言われても……泣き寝入りせずに抵抗する方法
0294 11月前半の読書 2009/11/15 (日) 笑う山崎 花村萬月 祥伝社文庫 ラストワンマイル 楡周平 新潮社 風魔(上)(中) 宮本昌孝 祥伝社文庫
0293 ソフトバンク携帯電話の「ギフトお得便」ってなんだ? 2009/11/7 (土) ソフトバンクの携帯に加入して2年以上になります。一部の僻地ではdocomoは普通に通じるのにソフトバンクは通じない場所があったりしましたが、都市部では問題もなく、コストの安さで概ね満足していました。
0292 10月の読書 その2  2009/11/3 (火) 戦国の城を歩く ちくま学芸文庫 千田嘉博 方丈記 岩波文庫 市古貞次校注 四度目の氷河期 新潮文庫 荻原浩 川は静かに流れ ハヤカワ文庫 ジョン・ハート 鴨川ホルモー 角川文庫 万城目 学
0291 2009年10月 東京モーターショーの落日 2009/10/27 (火) 世界5大モーターショーと言えば、東京、フランクフルト、デトロイト、ジュネーブ、パリと言われ、その中でも世界3大モーターショーと言われているのが「東京」「フランクフルト」「デトロイト」です、いや、でした。(いずれも開催都市名)
0290 天皇陛下のお言葉と岡田発言 2009/10/26 (月) あまり政治や宗教といったテーマで書きたくないのだけども、ちょっと気になったのでひと言だけ。
0289 10月の読書 その1  2009/10/24 (土) 完本 妖星伝〈1〉鬼道の巻・外道の巻  半村良 完本 妖星伝〈2〉神道の巻・黄道の巻  半村良 完本 妖星伝〈3〉終巻 天道の巻・人道の巻・魔道の巻  半村良
0288 オリンピック誘致と国連分担金への税金投入は是か非か 2009/10/21 (水) 2016年のオリンピックに東京が立候補し惨敗しました。立候補については方々で賛否両論あり、結果的に敗北したためそれ以上の議論は消えてなくなりました(招致活動に使った100億円以上の税金はともかく)。
0287 富士重工業と浅田次郎の不思議な関係 2009/10/18 (日) 雑誌「丸」 について書いたので、ちょっと思い出したことがあります。第二次世界大戦中は軍需品の生産のため多くの国民が工場に動員されていましたが、当時東京の三鷹周辺には今でも存在しますが横河電機製作所(現横河電機)や中島飛行機(現富士重工業)や日本無線など多くの軍需関連工場がありました。
0286 もうあの笑顔は見られない(友人とのお別れ) 2009/10/16 (金) ある趣味を通じて知り合った10年来の友人(男性43歳)が一昨日亡くなりました。
0285 創刊60年を越える雑誌「丸」について 2009/10/13 (火) 潮書房という出版会社から発刊されている「丸(まる)」という1948年に創刊された歴史ある雑誌があります。少し大きめの書店ならば必ず置いてありますので、割とメジャーな雑誌なのですが、読む人は限られていて、いちげんさんが手にとってみて買うというより、常連さんが多いのだと思います。
0284 ベビーパウダー?シッカロール?それとも天花粉? 2009/10/10 (土) 40歳代以上の人なら赤ちゃんや子供の時に、必ずと言っていいほどベビーパウダーにお世話になったことがあるはずです。あのほのかに香るベビーパウダーの匂いは至福の時のことを思い出させてくれます。同じものでシッカロールというのは1906年(明治39年)に日本で最初にベビーパウダーを製造販売した和光堂の登録商標です。
0283 労働者派遣法の見直しについて 2009/10/7 (水) 政府与党の3党が合意している労働者派遣法の改正について、新たな制度のあり方を検討する審議会が7日から始まり、労働組合や経営者団体の代表らが意見を交わしました。厚生労働省は、早ければ年内にも意見をまとめたうえで、改正案を策定したいとしていますが、協議が難航することも予想されます。
0282 9月後半の読書 2009/10/3 (土) いまamazonは書籍の送料が無料のキャンペーン中なんですね。なので、書店ではなかなか見つけられない本や分厚くて持ち歩くのが面倒な本はこの時がチャンスとばかりにいくつか買いました。まんまとamazonの戦略にのっかっているのですが、数百円の文庫本でも送料無料ですのでどうやって儲けているのでしょうかね?
0281 歴女ではなく歴男中高年 2009/10/2 (金) 歴女が最近騒がれていますが、騒がれると言うことは、まだ珍しいからなのでしょう。よく経営者や政治家を戦国時代の武将にたとえることがあります。よく比較されるのは織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人で、武田信玄、上杉謙信、明智光秀、石田三成などもよく出てきます。特にそういう話しは中高年者男性が大好きで、個人的に人物を研究をしたり、歴史の舞台を検証したりしている人も多そうです。
0280 高速道路料金無料化?その2 2009/10/1 (木) 民間のシンクタンク第一生命経済研究所の発表では「高速料金が無料化されれば、経済波及効果は1兆9000億円に達する」と試算しています。これは「レジャー施設やアウトレットモール、カー用品などの需要が増え、雇用も約6万2000人増える可能性がある」との分析です。また国土交通省は宿泊費などの観光消費が7300億円増え、さらに、物流コストも約2000億円の削減になると試算しています。
0279 2009年9月 高速道路料金無料化? 2009/9/30 (水) 高速道路の無料化についていろいろな議論がなされています。新聞社による世論調査では約70%の人が完全無料化には反対ということで、民主党もこの流れに逆らうわけにはいかないでしょう。もちろん民主党も「完全無料」をやろうとしているのではなく、地方の高速から順々にと言っているので、すべての高速道路が一気に無料になることはありませんし、最終的には都市部は有料、地方部は無料というところに落ち着くのではと思っています。
0278 西向く侍と漢字遊び 2009/9/29 (火) 雑学ネタなのですが、小学校の時代に教えられた「にしむくさむらい(西向く侍)」、つまり31日以外の月(小の月)のことですが、最初に聞いたときから、に=2、し=4、む=6、く=9は理解できたのですが、なぜ「侍(サムライ)」なのか、その意味がさっぱりわからず、さらに30日しかない11月はどこへいってしまったんだと?と誰も教えてくれず(親に何度か聞いたと思うのですが)、ずっと不思議でなりませんでした。
0277 愚直な人々 2009/9/25 (金) 「愚直」…愚かなまで真っ直ぐに。辞書には「正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。」とある。
0276 エコと環境と自然の摂理 2009/9/24 (木) エコだの環境だのと急に湧いたように叫ばれている毎日ですが、いったいどれだけの人にその本質が伝わっているのかと疑問に思います。もちろん私自身、生活や仕事でいっぱいいっぱいなのと、白状すると燃費のものすごく悪いクルマに乗っていて、未だに愛煙家でもあります。
0275 シルバーウィークはDVD三昧 その1  2009/9/23 (水) ワルキューレ 2008年米 監督:ブライアン・シンガー 主演:トム・クルーズ 感染列島 2009年 監督:瀬々敬久 主演:妻夫木聡 20世紀少年第2章最後の希望 2009年 監督:堤幸彦 主演:常盤貴子 K-20 怪人二十面相・伝 2008年 監督:佐藤嗣麻子 主演:金城武 ルパン三世 VS 名探偵コナン 2009年 監督:亀垣一 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 2002年 監督:原恵一
0274 映画「カムイ外伝」 2009/9/21 (月) 白戸三平の漫画「カムイ外伝」の実写版映画を観に行きました。10代の頃に漫画本やテレビアニメでよく見ていましたが、今の時代に果たしてどうなの?って感じがしないでもないけれど、今や映画は若い人よりも中高年以上が多い感じなのでそれを狙った節もあります。若い人に時代劇、しかも主役が非人の忍者というのはイマイチピンとこないでしょうね。
0273 悪者にされた薬品 2009/9/18 (金) 新型インフルエンザが予想通り猛威をふるっています。持病や既往歴のない人や若年層までにインフルエンザによると思われる死亡者が出ています。
0272 子供の教育費というものは 2009/9/16 (水) 平均初婚年齢は男性30.2歳、女性28.5歳(2008年人口動態統計厚労省発表)です。再婚も含めると当然もっと高くなります。そして結婚後に無事第一子目ができ、その子が高校や大学へいく時の親の年齢はと言うと結婚後17〜24年後ぐらいが普通で、今結婚した人は、男性が47〜54歳頃、女性が45〜52歳頃にその時期を迎えることになります。
0271 9月前半の読書 その1  2009/9/14 (月) 秀吉の枷〈上〉(中)(下) (文春文庫) 加藤廣著 赤い指 (講談社文庫) 東野圭吾著 どれくらいの愛情 (文春文庫) 白石一文著 凡人起業―「カリスマ経営者」は見習うな! (新潮新書) 多田正幸著
0270 なぜ日本人は海外メディアの評判を気にするのか? 2009/9/10 (木) 日本で起きた事件や出来事が「海外ではこのように紹介(報道)されている」という報道が、最近ニュースや報道番組でよく登場します。以前はそのような意味のない報道は少なかったと思うのですが、日本のマスメディア(特にテレビ局)が安易に好んで取り上げています。
0269 ハードボイルド的男臭さ満点小説 2009/9/8 (火) 星の数ほどあるハードボイルド小説の中で、私が読んだものはほんの一握りに過ぎないことは承知しています。そもそもハードボイルドの定義とはなんぞや?と思ってググってみたところ、やはり頼りになるのはWikipediaで『元来は「堅ゆで卵」、つまり白身・黄身の両方ともしっかり凝固するまで茹でた鶏卵のこと。転じて、感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情、精神的肉体的に強靭、妥協しないなどの人間の性格を表す』とあります。
0268 火天の城など織田信長関連小説 2009/9/7 (月) 小説火天の城 (文春文庫)は既に読みましたが、映画「火天の城」が9月12日から上映されます。
0267 メールはGoogleのGmail(Gメール)がやっぱりいいんじゃない? 2009/9/3 (木) 前回で書きましたが、今回長きにわたって使い続けてきた有料のメールアドレス(以下アドレス)を解約するにあたり、私がその代わりに選んだのが無料のGoogle Gmailです。
0266 メールアドレス解約でわかったプロバイダの狡猾さ 2009/9/2 (水) インターネット(以下ネット)黎明前からパソコン通信と称するネット接続をおこなっていましたが、その当時はNECのPC-VANと富士通のNifty-Serveがいわゆる自民と民主の二大政党みたくなっていて、私もプライベートでNifty-Serveに加入していました。メールアドレス(以下アドレス)に該当するNiftyのIDは、不規則なアルファベット3文字+数字5文字で、Niftyから割り当てられたものでした。
0265 8月後半の読書 2009/9/1 (火) リンカーン弁護士(講談社文庫) マイクル コナリー著 疾走する精神―「今、ここ」から始まる思想 (中公新書)茂木 健一郎著 2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)佐々木 俊尚著 百万遍 古都恋情 上・下(新潮文庫)花村 萬月著 遊戯 (講談社文庫)藤原伊織著
0264 2009年8月 本の中の故郷とちょっと小説の話し その2 2009/8/30 (日) 小説の中に出てくる故郷についてその2です。私の生まれ育った田舎町が登場する小説には先の「百万遍 古都恋情」以外に、宮本輝著の「にぎやかな天地 (中公文庫) 」があります。
0263 本の中の故郷とちょっと小説の話し その1  2009/8/29 (土) 数々読んだ小説の中に、自分の故郷や現在住んでいる地域が登場することがあります。その小説を買うときはそのようなことは思ってもいなく、読んでいると「おやおや」と懐かしさでにやぁ(探偵スペンサーの相棒ホークみたく)とします。あくまでも自分だけの世界ですがメモとして。
0262 社内の連絡、メールか直接か 2009/8/28 (金) eメールが普及し始めた20年頃前からよく登場するのが、社員同士のコミュニケーションに関連して特に急ぎではない連絡を「メールで伝える」のか「直接話す」かについての論争があります。
0261 あなたとは違うんです! 2009/8/26 (水) 某政治家のようにそれを吐き捨てるがごとく他人に言ったことはないですが、自分は人とは違う生き方をするんだとずっとそう思ってやってきました。それは青年時代の夢であり、存在意義の象徴であり、金銭的な欲求であり、目指したいヒーロー像であり、結婚してからは家長としての責任感であり、自分は普通の人と違った生き方をする、きっとできるはずだと思ってきました。
0260 飢餓人口10億人、1日の餓死者2万5千人 2009/8/23 (日) これはタブーなのか知りませんが、自分の考え方にもやや疑問と葛藤があるのであえて書いてみます。
0259 国民皆貧乏になっていく 2009/8/21 (金) 厚生労働省が国民生活基礎調査として毎年発表している世帯主年齢別の年間所得を平成8年と平成18年だけ抜き出して表とグラフにしてみました。
0258 パスワードから解放されたい 2009/8/20 (木) 仕事や生活の中にインターネットが入ってきてから、どれだけのIDとパスワードを持っていますか?
0257 インターネット選挙はいつおこなわれる 2009/8/19 (水) インターネット(以下ネット)に接続するというのは、パソコン(以下PC)だけではなく携帯電話やゲーム機などからも使えますが、それにしても日本のネット利用者数は2008年で9091万人と人口普及率75.3%に達しています(総務省通信利用動向調査)。しかし10代後半から40代までは90%以上の利用率に対し60代後半では37.6%、70代前半は27.7%と低くなり、年代によって大きく差があります(同調査)。
0256 2009年総選挙ネタ 2009/8/18 (火) 総選挙に関連してもうひとこと言わせてもらおう。それは選挙の報道に関してマスメディアの対応についていつも白々とわざとらしさ、それに過去からまったく進歩のない旧態依然とした横並び報道が目に付くというか鼻についてしまう。
0255 総選挙を控えてのひと言 2009/8/17 (月) 民主主義の要である国会議員を選ぶ選挙、しかも衆議院議員を選ぶ選挙のことは総選挙と呼ばれます。衆議院議員のことだけを代議士と呼ぶように参議院とは区別されています。これは歴史的なものから来ているので、とやかく言いませんが、先週のNHKスペシャルで「気骨の判決」という実話ドラマが放映されてましたが、一見民主主義をうたいながらも、選挙において国家やそれに近い組織や団体が都合のいいようにコントロールをして結果を左右することができるという見本のような話しでした。
0254 8月前半の読書 2009/8/15 (土) 静かなる天使の叫び 上 R・J・エロリー 集英社文庫
静かなる天使の叫び 下 R・J・エロリー 集英社文庫
火天の城 山本兼一 文春文庫
リンカーン弁護士 上 マイクル・コナリー 講談社文庫
DVD 頭文字D THE MOVIE(実写映画) 2005年 アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督 Media Asia/エイベックス
DVD 地球の静止する日 2008年 ロバート・ワイズ監督 米
0253 エコとか環境保護という胡散臭さその2 2009/8/12 (水) スーパーでは必ず「エコバッグ」と称して地味な布製バッグが売られています。いわゆるコンビニ袋を減らそうという運動の一環と称していますが、まったく馬鹿げています。以前は捨てていた廃油を技術革新でコンビニ袋として再生した努力を無にして、上等な石油から作るカルシューム入り有料ゴミ袋や上質な綿花と液体がしみ出さないように石油製品で補強、強化したエコバッグをわざわざ作るのとで、どちらが環境に優しいのかちょっと考えればわかることです。
0252 エコとか環境保護という胡散臭さその1 2009/8/12 (水) 「環境にやさしい」とか「エコロジー」とかの言葉がここ数年ずっと流行のようになっています。私のような天の邪鬼の人間にとっては、そのような言葉を聞くたびに言いようのない胡散臭さを感じてしまいます。
0251 米騒動16年前の悪夢再び? 2009/8/11 (火) 今日「東北は梅雨明けしなかった」というニュースが流れました。東北は梅雨明けなく秋に 03年以来6年ぶり
0250 7月後半の読書 2009/8/2 (日) 天下城(下) 佐々木譲 新潮文庫 週末のフール 伊坂幸太郎 集英社文庫 片眼の猿 道尾秀介 新潮文庫 永遠の0(ゼロ)百田尚樹 講談社文庫 欲しがらない生き方 -高等遊民のすすめ-  岬龍一郎 角川oneテーマ21 
0249 2009年7月 7月のDVD 2009/7/21 (火) 007 / 慰めの報酬  2008年英 監督:マーク・フォースター
おくりびと 2008年日本 監督:滝田洋二郎
252 生存者あり 2008年日本 監督:水田伸生
0248 7月前半の読書 2009/7/18 (土) 「いい人」をやめると楽になる 曽野綾子 祥伝社黄金文庫 第三の買収 牛島信 幻冬舎文庫 「51歳の左遷」からすべては始まった 大逆転のリーダーシップ論 川淵三郎 PHP新書 ルパンの消息 横山秀夫 光文社文庫 天下城 上 佐々木譲 新潮文庫
0247 住宅ローンに苦しむ世代 2009/7/15 (水) 大不況の中、住宅ローン破綻が増えてきているそうです。おそらく現在40代後半から50歳代の人は90年代のバブル絶頂期から崩壊後にマンションや一戸建ての住宅を購入した人が多いと思いますが、そのローンを25年〜30年返済にしていると、まだあと10年〜20年払い続ける計算になります。
0246 自殺考 2009/7/12 (日) 最近自殺者が増えていて「1日100人が自殺をして死んでいる」「年間3万人も自殺する国は日本以外にはない」ということを目立ちたがり屋の政治家がこれ見よがしに言っていますが、1億2000万人の人口の国と数百〜数千万の人口の国が自殺者総数で比べるのはナンセンスということを誰も言わないのはなぜでしょう?
0245 寿命と余命について 2009/7/11 (土) 日本人の平均寿命は2005年のちょっと古いデータだが、男性78.7歳、女性85.7歳、男女合計平均82.3歳と世界でもっとも長寿を誇っているのはご存じの通りです。50年前の1955年では男性63.6歳、女性67.75歳だったのでそこから一気に20年ぐらい寿命が延びたわけです。
0244 やっぱり倒産が増えている 2009/7/9 (木) 想定されていたことですが、企業の倒産件数が急増しています。2008年9月のリーマンショック以降、特に製造業を中心に業績が悪化していきましたが、まだ体力のある大手メーカーはともかく、下請けや孫請けの中小メーカーにとって、現在のように半年の間に極端に経済環境が変わり、しかも長期に渡ってしまうと持ちこたえきれなくなるのもわかります。
0243 完全失業率とは 2009/7/8 (水) 2009年5月の完全失業者数は347万人で前年比77万人増加し、完全失業率は5.2%となりました。過去統計で最悪だったのがちょうど「首切り」の同義語として「リストラ」という言葉が日常化してきた2002年3月の5.7%、2003年3月と4月の5.8%でしたので、まだそこまでには達していませんが同水準に近づいてきたということでしょう。
0242 6月後半の読書 2009/7/1 (水) 誇りと復讐〈上〉 (新潮文庫) ジェフリー アーチャー
誇りと復讐〈下〉 (新潮文庫) ジェフリー アーチャー
なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? (リュウ・ブックス アステ新書) 佐伯 照道
トーキョー・プリズン (角川文庫): 柳 広司
0241 2009年6月 6月前半の読書 2009/6/14 (日) 他人と深く関わらずに生きるには 池田清彦 新潮文庫 雇用はなぜ壊れたのか 会社の論理VS.労働者の論理 大内伸哉 ちくま新書 あの日にドライブ 荻原浩 光文社文庫 東京奇譚集 村上春樹 新潮文庫 ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言 中川淳一郎
0240 2009年5月 5月の読書 2009/5/28 (木) 相剋 堂場瞬一 中央公論新社 蒼の悔恨 堂場瞬一 PHP文庫 GOEMON 竹内清人(原案:紀里谷和明) 幻冬舎文庫 京都七不思議の真実 姉小路 祐 講談社文庫 天使と悪魔(上)(中)(下) ダン・ブラウン 角川文庫 13階段 高野和明 講談社文庫 冷たい銃声 ロバート・B・パーカー ハヤカワ文庫
0239 つるかめつるかめ 2009/5/18 (月) 鶴と亀でなにを想像するかというと私の場合は謎の多い童謡「かごめかごめ」ですが、この鶴亀(つるかめ)という言葉はとにかく幅が広くて調べれば調べるほど面白くなります。
0238 5月映画(DVD)鑑賞 2009/5/8 (金) ダークナイト (The Dark Knight) 2008年米 ハンコック(Hancock) 2008年米 スカイ・クロラ(The Sky Crawlers) 2008年日本 私をスキーに連れて行って 1987年日本 ホイチョイ・プロダクションズ
0237 4月後半の読書 2009/5/7 (木) 異端の大義 上・下 楡周平 新潮文庫 飛ぶ想い 佐々木譲 扶桑社文庫 ラストラン 佐々木譲 ポプラ文庫 それでは訴えさせていただきます 労働者を守る弁護士有志の会 激闘ニューギニア戦記 星野一雄 光人社NF文庫 トリップ 角田光代 光文社文庫
0236 2009年4月 4月前半の読書とDVD 2009/4/12 (日) 蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾 堂場瞬一 中公文庫 ネクロポリス 上・下 恩田陸 朝日文庫 上 下 未納が増えると年金が破綻するって誰が言った? 細野真宏 扶桑社新書 20世紀少年 第1章 終わりの始まり2008年日本 監督堤幸彦 出演唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子 スピードレーサー 2008年米 監督アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー 出演エミール・ハーシュ、クリスティーナ・リッチ ラスベガスをぶっつぶせ(原題:21)2008年米  監督ロバート・ルケティックジム 出演ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ケヴィン・スペイシー
0235 3月の読書後半 2009/4/4 (土) 撃墜 日米空戦記 豊田穣 NF文庫 町長選挙 奥田英朗 文春文庫 クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの 西田宗千佳 朝日新書 カカシの夏休み 重松清 文春文庫 闇の中の黄金 半村良 河出書房新社 犬どもの栄光 佐々木譲 集英社文庫
0234 2009年3月 雇用保険法改正 2009/3/19 (木) 非正社員への雇用保険の適用拡大を柱とした雇用保険関連法改正案が19日、衆院本会議で全会一致で可決された。
0233 日本野球とベースボール 2009/3/17 (火) WBCのキューバVS日本を見ていて感じたことは、勝ち負けだけにこだわる日本の野球というのはなんて矮小でせこくつまらないんだと言うことです。
0232 3月の読書前半 2009/3/15 (日) SEがゆく 北村よしみ アルファポリス文庫 幕末下級武士のリストラ戦記 安藤優一郎 文春新書 紀州 中上健次 角川文庫 制服捜査 佐々木譲 社長の器 高杉良 光文社文庫
0231 エコロジーの胡散臭さ 2009/3/9 (月) もう一昨年になりますが「恐怖の存在」(State of Fear)マイクル・クライトン著で書きましたが地球温暖化対策やエコロジー、環境保護という言葉はそれ自体が「ご意見無用!異論は許さない!」と言った雰囲気があります。
0230 2009年2月の読書 2009/3/8 (日) 火の道(上・下)乃南アサ 講談社文庫 ママの狙撃銃 荻原浩 双葉文庫 キラー・イン・ザ・レイン(KILLER IN THE RAIN AND OTHER STORIES) レイモンド・チャンドラー ハヤカワ・ミステリー文庫 北辰群盗録 佐々木譲 徳間文庫 パチンコ30兆円の闇 溝口敦 小学館文庫
0229 2009年2月 1月の読書&DVD 2009/2/7 (土) 地球が制止する日 デヴィッド・スカルパ 悪党達は千里を走る  貫井徳郎 猛禽の宴 楡周平 千日紅の恋人 帚木蓬生 新潮文庫 彰義隊 吉村昭 草原からの使者 浅田次郎 徳間文庫 ジェネラル・ルージュの凱旋(上・下) 海堂尊 宝島社文庫 門 夏目漱石 新潮文庫 押入のちよ 荻原浩 新潮文庫 ガール 奥田英朗 講談社文庫 ミスト(THE MIST) 2007年/ アメリカ 陽気なギャングが地球を回す 2006年/ 日本 最高の人生の見つけ方(THE BUCKET LIST) 2007年/ アメリカ
0228 2007年9月 恐怖の存在 2007/9/2 (日) 「恐怖の存在」(StateofFear)マイクル・クライトン著を読みました。マイクル・クライトンは「ジュラシックパーク」や「タイムライン」のような荒唐無稽なSF作家という一面と、「失われた黄金都市」や「エアフレーム」や「ER」シリーズなど社会問題をテーマにしたサスペンスの面もありますが、この恐怖の存在はいま毎日、新聞や雑誌に載らない日はない「地球温暖化」やそれを強力に推し進める環境保護団体に疑問を投げかける社会問題をテーマにした小説です。
0227 2007年8月 携帯電話 2007/8/26 (日) 仕事でも使うので外回りの仕事をしている人には携帯電話は必須です。以前勤務していたところは太っ腹?で仕事に使うことを前提に営業社員には全員携帯電話を無料で支給していましたが、今のところはこちらが普通なのかわかりませんがもちろん支給はされていません。
0226 夏休みとレトロな自動車 2007/8/18 (土) この夏休みは子供達がクラブ活動や行事などで忙しく、ほぼ恒例となっていた海水浴には行かずに日帰りでプールへ行ったり自動車工場見学をしたりで家族サービス?を終えました。
0225 自家用車2 2007/8/16 (木) 車を乗り換えるべきかそれとも現状にとどまるべきかで引き続き思案中ですが、せっかくの機会だからということで、近所の車のディーラーへ立ち寄ってみました。ちなみに今乗っている車(国産、9年落ち)は正規ディーラーで購入したのではなく、近所の新車・中古車販売会社から購入しています。
0224 自家用車 2007/8/14 (火) 今乗っている車もまもなく9年で4回目の車検を迎えます。今までは故障知らずで車検の時も近所のガソリンスタンドで格安に仕上げてもらっていたけれどそろそろあちこちに痛みや異常が見られるようになってきたので交換や修理が必要になってきました。
0223 夏休みな日々 2007/8/11 (土) 今年の夏休みは子供達がそれぞれに結構忙しい予定があるので、特に予定を立てずにのんびりと過ごしました。
0222 エアコン掃除 2007/8/10 (金) 今頃何を言っているんだと言われてしまうかもしれないのだけど、部屋に付いているエアコンの本格的な掃除を初めておこないました。
0221 2007年7月 ジュークボックス 2007/7/4 (水) 古い時代の探偵小説を読んでいたら最近さっぱり目にしなくなったものが出てきてふと考えてしまいました。それはジュークボックス(jukebox)です。
0220 2007年2月 加齢臭との闘い 2007/2/25 (日) 40歳ぐらいを超えると誰でも気になってくるのが加齢臭というものです。たぶんこの加齢臭が科学的に証明されたのはホンの数年前だったと記憶しています。それまでは「オヤジ臭い」「年寄り臭い」など一般論として使われていたのがハッキリと年を重ねてくると嫌な臭いを発生していることがわかってきました。
0219 2006年12月 硫黄島映画2作 2006/12/17 (日) クリント・イーストウッド監督の2本の「硫黄島シリーズ」を見てきました。まずは第1作目の「父親たちの星条旗」ですが、日本映画が太平洋戦争をテーマに映画を作るといかにも張りぼてや特撮、最近は明らかなCGでどうも嘘くさいものになってしまうのに対してアメリカ映画というのはよくこんな古い上陸用舟艇や航空機、戦車などが実働するものとして登場するのかと不思議でなりません。
0218 年末ジャンボが街にやってくる 2006/12/12 (火) 宝くじを売っているのはみずほ銀行(旧第一勧業銀行)だということ(最近は規制緩和されて独占販売がなくなり他にも販売をしている業者もある)は誰でも知っているけれど、それでは誰が発行しているかというと、結構「宝くじ協会」とか「みずほ銀行」「財務省」とか言う人がいます。正しくは全国都道府県と全指定都市、つまり地方自治体ということなのですね。そう私の大嫌いなお役人が胴元なんですね。
0217 健康診断2006 2006/12/12 (火) 今年の健康診断へ行ってきました。30歳以上は「1日人間ドック」という名称で大げさに聞こえますが普通の定期健康診断に胃のレントゲンや臓器の超音波撮影などが加わるだけでかかる時間もそう変わりません。朝8時半から始まって検査が全部終了するのが10時頃。その後少し間が空いて11時頃に内科医の問診が5分ほどあって終了です。
0216 2006年10月 昭和30年代 2006/10/22 (日) 三連休があったのでALWAYS三丁目の夕日のDVDを借りて見ました。ビッグコミックオリジナルに連載中のコミックの実写版ですね。最近2007年問題(団塊世代が60歳定年を迎えるにあたり大量退職に関わる問題)ではないですが、団塊世代に向けての映画やサービスというのがとにかく流行っています。
0215 2006年9月 秋の夜長は読書で決まり 2006/9/30 (土) おっと9月もあと1時間で終わってしまう。早いもので今年もあと3ヶ月を残すのみとなりました。ETCについて続編を書く予定でしたが、まぁそれはさておき秋らしく読書の話を。
0214 ETC物語 2006/9/3 (日) ETC(ElectronicTollCollectionSystem)を遅ればせながら先日取り付けたと書きましたが、最近では付けていない車のほうが少ないような気がします。もちろん高速道路など有料道路の利用頻度が多い人ほど装着率が高いのでしょうけど、地方の高速道路への出入り口はどうみてもETC専用レーンを利用する車の方が多そうです。
0213 スーパーマンリターンズ 2006/9/3 (日) 映画「スーパーマンリターンズ」を見てきました。ひとりで見にいくにはちょっと恥ずかしいので、ポケモンやガイア戦記は見たがっていたけれどスーパーマンには興味はなさそうな子供(小学生5年生)を無理矢理連れていきました。
0212 2006年8月 防衛運転とトラウマ 2006/8/17 (木) 次にいつ書けるかわからないので、一気に2本!ガソリン代が高騰してうかつに車で旅行もできなくなりつつありますが、今乗っている車は購入してから8年が経ちました。そろそろ燃費のいい車に乗り換えたいところですが、子供の教育費やいまだに切り詰めている生活費のことを思うとそう簡単にはいきません。
0211 ロングテール 2006/8/17 (木) おぉ8月ももう半分過ぎてしまっている!って今更あわてても仕方がないのですが、今年の夏休みは今日と明日の2日間で取りました。例年だと夏休みは7月の終わり頃に取り、海水浴へ子供達を連れて行くのだけども、今年は子供達も合宿や帰省で忙しくお泊まりでの旅行はしないことになって仕事が一段落する今頃に取ったという次第です。
0210 2006年7月 夏休み2006 2006/7/30 (日) 今日ようやく関東地方の長い梅雨が明けました。降雨量は平年と変わらないが、日照量は半分だったそうで、曇り空が多かったと言うことです。子供達も夏休みに入りましたがどうもギラギラと照り続けるというような真夏らしい気分が起きずに変な感じだったのはそう言うことだったんですね。
0209 梅雨明けはいつだ? 2006/7/23 (日) 今年はまた梅雨明けが遅くなっています。ここ数年7月の終わり頃は真夏の日差しがないような気がします。一番下の子供がまだ小学生なので、いつもだいたい7月の終わり頃に泊まりがけで海へ行っているのにここ10年ぐらいはまともに夏の日差しの元での海水浴ができたような記憶がありません
0208 胃潰瘍と胃カメラ 2006/7/9 (日) ここのところ胃の調子がまたまた悪くなっています。この10数年つきあっている胃潰瘍と十二指腸潰瘍の痛みではなく新たな痛みが出だして「なんだろこれは」と思っていたときにソフトバンクホークスの王監督が胃の腫瘍の手術のニュースが出てきました。
0207 2006年6月 ワールドカップ 2006/6/18 (日) サッカーワールドカップが始まり今日は日本の第2戦クロアチアとの決戦があるとか。前の月曜日にオーストラリアにまさかの逆転負けをきしてしまい今日負けると全敗の危機と言うことで熱くなっている人も多い。
0206 かな漢字変換 2006/6/10 (土) あまりにもWindowsやMSオフィスに付いてくるMS-IME(かな漢字変換システム)がお馬鹿で仕事の効率が悪いので、とうとう昔懐かしのATOK(日本語入力システム)を大枚はたいて買ってきました。
0205 駐車違反の民間委託 2006/6/4 (日) 6月1日から駐車違反の摘発に民間業者が導入されました。この件についてはマスコミで大きく取り上げられているので様々な問題を考えさせられました。
0204 2006年5月 バイク通勤 2006/5/28 (日) 5月は前半が連休で半分なかったようなもので、後半に入ると仕事がその分忙しくてあっという間の月末です。だからと言って日記を書けないという理由にはならないのですが、、、
0203 夜のニュースショー 2006/5/14 (日) 困ったことにこの4月からNHKの夜のニュースが10時からあったのが9時からに変更となりました。ニュースステーションをやっていた頃は久米宏氏の好き嫌いはともかく、ニュースや特集の質が良かったのでそちらを見ていたのだが、報道ステーションになってからは、やはり二番煎じというか柳の下のドジョウというか内容は同じなのにタイトルとメンキャスターだけを変えちゃうという視聴者からすると違和感がぬぐいきれない失敗をやらかしてくれたので、それ以来ずっとNHKの10時のニュースを贔屓にして見ていました。
0202 ゴールデンウィーク 2006/5/7 (日) カレンダー通りの休みをキチンととれたので、家族を連れて一泊で旅行へ行ってきました。会社が入っている健康保険の提携保養所というところを使うとなんとリゾートホテルの2食付でなんと1泊ひとり4千円ぐらいで泊まれます。
0201 2006年4月 運動不足解消には? 2006/4/23 (日) 職場は丸の内といビジネス街にある関係で、皇居の二重橋近くの道をよく歩きます。この二重橋は観光コースに入っているので外国人を含め観光客が多く地図とカメラを持った人をよく見かけます。また皇居というとその周りを走るジョガー達のメッカでもあります。昼休みともなればランチの時間を削って走るサラリーマンランナーも結構いるようです。
0200 クビ論 2006/4/8 (土) 梅森浩一著の「クビ!」論。を遅まきながら読みました。この著者は外資系金融機関数社の人事部勤務時代に約1000人に対してトラブルなく「実質指名解雇」、表向きは「本人都合退職」を通知してきたとのことです。
0199 モータースポーツ 2006/4/2 (日) 一応世界一のモーターカーレースと言われているF-1グランプリの2006年シーズンが始まっています。すでに3月にバーレーン、マレーシアと開催され、今日はオーストラリアGPがありました。
0198 取材について 2006/4/1 (土) 年度末ということで仕事が忙しく(あまり理由にはなりませんが)て3月は2つしか書けなかったので4月は気合を入れてと。リストラ天国を開設して4年目に入っていますが、こんな素人丸出しのサイトでも見てくださる方は意外と多く、またyahooやGoogleなどの検索で「リストラ」と検索をかけると1位に検索結果が表示されることもあって、様々な問合せをいただきます。
0197 2006年3月 プロの職人さんの仕事をみた 2006/3/11 (土) 家を買ってから14年が経ち、ほとんど手入れをしていないせいか、もうあちこちが傷みまくりです。まず外壁と屋根の再塗装は11年が経ったときに、同時期に建築したご近所さんが再塗装していたのでその業者さんを紹介してもらい見積もってもらったところ、それほど高くはなかったので依頼して塗り直しました。
0196 子供のおやつ 2006/3/2 (木) 以前昭和時代の商品や商店街を復刻したレトロブームについて書きましたが、先日買い物で子供のお菓子売り場で思い出した私の子供の頃に食べたおやつについて書いてみます。
0195 2006年2月 車上荒らし 2006/2/25 (土) 昨晩新聞を読んでいたらこのようなことが書いてあった。「同じ車種やその同じメーカーの車上荒らしばかりが頻発していた。犯人を捕まえてみれば普通にコンビニでも売っているハサミを使って簡単にロックされた鍵を開けるという手口だった。
0194 黄金の十年が始まる? 2006/2/11 (土) 堺屋太一氏の団塊の世代「黄金の十年」が始まるを読みました。この本を読むきっかけになったのが重松清著のトワイライトという小説です。トワイライトについては189で書いていますのでここでは黄金の十年について感想を書いてみます。
0193 2006年1月 いつ頃からなんだろう? 2006/1/27 (金) いつ頃からなんだろう?大の大人が電車の中で少年漫画雑誌を平気で読むようになったのは。
0192 大事件? 2006/1/22 (日) 昨日関東で今年初の積雪がありました。10センチ以上積もったのは98年以来ということですが、主要道路以外には結構雪が積もっていました。半日たった今では積もった雪がカチカチに凍ってしまい、スケートセンターのごとく滑りやすくなっています。
0191 補修部品の調達について 2006/1/14 (土) もう8年目になる愛車にオプションで付けていたフォグランプが割れているのに気がつきました。このフォグランプはCIBIE製の100Wのもので、よくおまけみたいに付いているヤワなフォグランプと違い、実際に真っ暗な山道を走る時や濃霧の中、豪雨の時なんかにはたいへん重宝しています。
0190 WEBサイト制作 2006/1/9 (月) 年末年始のお仕事として先にも書いた「WEBサイトの制作」がありました。「ありました」と過去形にしましたが実はまだ終わっていません。知人から頼まれたものですが原稿が途切れ途切れで送られてくるのと、後々のために試行錯誤しながら更新や修正が便利なように作っているのでやたらと時間がかかってしまいます。
0189 多摩ニュータウン 2006/1/9 (月) この年末年始の休みはどこも遠くには行かず寝正月の毎日でした。その時に読んだ本で印象深く残っているのが重松清著の「トワイライト」という小説です。
0188 2005年12月 師走の風景 2005/12/31 (土) 2005年もあと数時間で終わろうとしています。懐かしのメロディが紅白で、そして恒例になってきた格闘家達の最大のお祭りで盛り上がってきつつもなにかむなしい大晦日です。なんて感傷的な書き出しをしてしまいましたが、今日は1日中買い物、掃除、タイヤ交換など普段は使わない筋肉を使ってもうクタクタです。
0187 パソコン故障顛末記2 2005/12/11 (日) HDDのフォーマットが終了すると今度はまた別のドライバを入れるためFDをセットせよと出た。マジかよと?と思いながらやはりDELLのCD-ROMからFDにそれらしきドライバを移してセットするもうまく次へ進めず終了してしまいます。FDDから変な音もするので故障か?と思い何度かやったけれどうまくいかず、再びDELLのサポートへ。
0186 パソコン故障顛末記1 2005/12/11 (日) 早いもので今年もあと3週間ほどになりました。12月は公私とも慌ただしく転職活動にはあまり適した時期ではないのでしょうが、逆に考えると応募者が少なければ人事面接も時間をとってもらえたりする可能性も高いのでは?と思ったり。
0185 復刻版とレトロブーム 2005/12/4 (日) 今復刻版ブームです。有名なものは食品としては「リボンシトロン」、お風呂屋さんの定番で復刻ブームの火付け役でもある「フルーツオレ(フルーツ牛乳)」や「ミルクセーキ」「ミルクコーヒー」、ビン入りの「ヨーグルト」、「リポビタンD」「森永キャラメル」などなど、他にはプラモデルやミニカーで昔の乗用車やガンダム系の玩具、歌も百恵ちゃんやグループサウンズの歌をカバーしています。
0184 2005年11月 もう一回投資の話し 2005/11/27 (日) 日経平均株価がここのところずっと伸びていて、またバブルが始ったと警戒する向きもありますが、20年前と違うところは政治主導で内需拡大とか大風呂敷をひらき企業が調子に乗って土地や株や海外資産を買いあさっているのではなく、外国投資家や個人投資家が増えてきての株価上昇と見ています。
0183 新規株式公開取引 2005/11/26 (土) 昼間はサラリーマンをやりながら、夜や土日になにかできないかと考えて、今は少ない資金ながら新規公開株のブックビルディング(BB)を細々とやっています。新規公開株のBBと言えばほとんどの方はわかると思いますが、要は証券取引所に新しく公開する会社が公開日までにおおよその値付けをするために公募で特別に売り出しをおこなうことです。
0182 景気上昇?ムード 2005/11/23 (水) 最近仕事で人材紹介会社を訪問することが何回かありました。世間話で最近の状況を聞くと2年ぐらい前とは打って変わって完全に売り手市場になってきているようです。但し売り手とは35歳以下の若手層というのはあまり変わっていないのですが。
0181 NTTドコモの策略 2005/11/20 (日) 長く使ってきたドコモのPHSからムーバ、FOMAへの買い替えを促す手紙がしつこく来るので、意地でもPHSを使い続けてやると思っていたのだけど、電波が届かずあまりにも使えない場所が多くて知人や友人からの抗議が相次いだものだから仕方なくドコモの思惑にはまって買い替えました。もちろん仕事でも使っているので単なる贅沢品とは言えません。
0180 2005年10月 関西日帰り旅行 2005/10/30 (日) 久しぶりに親の3回忌の法要のため関西にある実家に帰りました。「帰る」という言葉はもう25年も実家を離れているのでどうも使いにくいものです。実家に入るときも「こんにちは!」か「ただいま」か一瞬迷いましたが、今では実家は兄夫婦が住んでいるのでやっぱり「こんにちは」なのでしょう。
0179 歯磨き 2005/10/23 (日) 子供の頃の歯磨きの方法と言えば歯の生えてくる方向、つまり上下にブラッシングをすることを勧められていましたが、今ではもう当たり前になっていますが左右に細かく動かしながら歯茎と歯の間のプラークという歯垢をかき出すことを勧められています。
0178 インターネット中継 2005/10/16 (日) 永くプロ野球パリーグファンの私には今年のマリーンズとホークスのプレーオフが面白い。セリーグの優勝は関西の阪神なので、関東の人はせめてパリーグからは関東からという思いからか福岡ホークスより千葉マリーンズを応援しているようだけど、家の近所にあるダイエーのバーゲンを期待しているので私はホークスを応援しています。
0177 住宅ローン 2005/10/10 (月) 12年ほど前に家を買ったのですが、当然その時には住宅ローンを組んでいます。12年前といえば仕事も順調で20年間の返済にはなんら不安もなく、50代半ばで返し終えてそれ以降は老後の貯蓄へ回せるなと楽観的な設計をしていたわけですが、4年前に仕事を失って半年ばかり無職の間に、このままでは破綻が見えているので銀行と交渉を行い月々の返済額を下げる目的で返済期間を延長しました。
0176 2005年9月 連休中にみたテレビ番組2作 2005/9/18 (日) 今日9月18日は中秋の名月ですが、箱根は仙石原のススキは一番見頃なのでしょう。3連休なので家族と出掛けたいところですが、誰も考えることは同じでとても道が混んでいて渋滞情報を見るとその気がおきません。だからというわけではないのですが、毎週日曜日の定例になっている13時〜14時で「噂の東京マガジン」、14時〜15時は「ザ・ノンフィクション」を見ました。
0175 アンチウイルスソフトについて2 2005/9/18 (日) アンチウイルスソフトの続編です。結局継続のために4000円近く払うのが馬鹿馬鹿しいので、近所のお店へ行って他社のソフトを買ってきました。まず平日の9時から5時の間に仕事を抜け出して(と言ってもお昼休みの時間ですが)カスタマーセンターへ電話をしました。
0174 2005年8月 アンチウイルスソフトについて 2005/8/27 (土) 今までにいくつものアンチウイルスソフトを使ってきました。アンチウイルスソフトの主なソフトとしてはシマンテックの「Norton
0173 衆院解散 2005/8/21 (日) 郵政解散で衆議院が解散して選挙がおこなわれます。いずれにしても任期がもうあと1年もない状態なのでいつやっても不思議ではなかったのだけども、政治の世界は魑魅魍魎なにが裏にあるかわかったものではありません。
0172 本日のニュースより 2005/8/11 (木) >パソコン世界最大手の米国メーカーの日本法人デル(川崎市)が店頭販売員を採用する際、自社で面接試験を行った上で人材派遣会社に派遣社員として採用させ、働かせていた疑いの
0171 スポーツ観戦 2005/8/6 (土) 夏の甲子園が始りました。高校野球ではブラスバンドとチアリーダー、応援団が組織されて華やかな応援が風物詩となっています。そういう私も昔高校生時代に甲子園へ応援へ行ったことがあります。応援団の指定席は内野席と外野席の中間、と言ってもより外野席に近いアルプススタンドというグランドから果てしなく遠い場所で、その時既に目が悪かった私には試合がどうなっているのかさっぱりわからないまま応援をしていた記憶があります。
0170 2005年7月 雇用保険料の無駄遣い(7/27テレ朝番組から) 2005/7/27 (水) 道路公団の欲で突っ張った顔したバカアホ内田副理事長もアレだけど、失業保険等に使われると思ってサラリーマンが嫌々ながら納めている雇用保険を自由に使える立場の独立行政法人となった雇用・能力開発機構も呆れたことをやっています。
0169 夏休み 2005/7/27 (水) さっそく7月24日から夏休みをとって子供達を海に連れていきました。ところが梅雨明けはしたものの24〜25日は梅雨空のような厚い雲に覆われてイマイチ夏らしい天気にはなっていません。一昨年はやはり海へ行ったものの梅雨が明けずに曇り空で寒く、泳げたものじゃありませんでしたし、今回もとても長くは海に入れないぐらい冷たい海水でした。
0168 暑い夏と冷夏 2005/7/18 (月) 関東地方も梅雨明けということらしい。今年の梅雨はというとあちこちで豪雨がありましたが、全体の降雨量としてはまぁまぁってところでしょうか。冷夏や少雨だと売れるものも売れずに野菜や米の生育にもにも大きな影響が出て経済が悪くなってしまうのでそれは避けられたようです。あとは台風が近づかないかだけが心配の種です。
0167 リストラ起業家物語(風樹 茂著) 2005/7/10 (日) リストラ起業家物語を読み終えました。8人の起業家が苦労して事業を始めたことをドキュメント風にレポートされたものです。ただタイトル通りの「リストラ起業家」というのは8話中3話だけで、出版社や編集者の意向もあるのだろうけどちょっとタイトルでウケを狙ったきらいはあります。
0166 カイロプラクティック3 2005/7/7 (木) この話題は2回で十分と思ってましたが、後日談があります。カイロプラクターが「これからは1週間に1回も来れば大丈夫でしょう」ということで、毎週土曜日に予約を入れていたのですが、今日木曜日の朝から右足が猛烈に痛くなりまともに歩けず引きずるようにして出勤しました。
0165 カイロプラクティック2 2005/7/3 (日) さて、カイロプラクティックです。前回に整体では健康保険が使えるところもあるように書きましたが、調べてみたところ普通ではまず使えないとのことです。使えるのは国家資格によって下記のふたつだけに制限されているようです。
0164 2005年6月 カイロプラクティック 2005/6/30 (木) やばい!6月も今日でお終いじゃないか!と気が付きあわてて日記を書く私が好きです。今日は仕事を早々に切り上げて前からひどく痛んでいる両足を直しにカイロプラクティックへ初めて行ってきました。
0163 運動会 2005/6/5 (日) 一番下の子供はまだ小学生なので、毎年運動会にはちゃんと行ってます。でも公立小学校の運動会ってなぜか何十年も前からまったくと言っていいほど変わっていませんね。私立校の運動会は見に行ったことがないのでわからないのですが、これも文部省主導の決まりを全国津々浦々の小学校が律儀に守り通しているのだからでしょうか。
0162 2005年5月 交流戦 2005/5/29 (日) 長い間パリーグの希望であったプロ野球のセパ交流戦がたけなわですが、見ていてとても新鮮で面白いです。セリーグ1位だった中日が交流戦ではさっぱり勝てず、セリーグダントツビリだった巨人が盛り返してきてるし、普段の勝手知ったる投手や打者ではなく初めての対戦が多いので中日や西武のようにデータを元に緻密な野球をするチームが不利で、自由勝手に振舞うロッテや阪神が強いというのもなんとなくうなづけます。
0161 歯を抜きました2 2005/5/24 (火) とうとう親知らずを抜く日がやってきました。できればこの日は永遠に来ないことを願っていましたが幸か不幸か仕事が忙しかったので気が付いたらその日になっていました。朝からまもなく抜かれてしまう親知らずをいつもよりも丁寧に磨き、その他の歯もできるだけガリガリされないようにと少しでも自分で歯垢などを取る無駄な努力をおこなって祈るような気持ちで歯医者へ向かいました。
0160 歯を抜きました1 2005/5/22 (日) 最後までひとつだけ右下に元気に残っていた親知らずを抜きました。理由はその親知らずが虫歯となってしまい冷たいものを食べたり飲んだりするとズキーと痛むようになってしまい、しばらくはキシリトール入りの歯磨きでなんとかしのいでいたものの、とうとう我慢が限界にきて抜く決心をしました
0159 ユーズド書籍 2005/5/8 (日) 読書が数少ない趣味のひとつなので月に何度か本屋へ行って何冊か購入します。でも新刊などの単行本は1冊で2000円とかするのでまず買えずいつも文庫本かよくて新書という感じです。
0158 ドッグイヤーのスロービジネス 2005/5/4 (水) 独立をしたいと言いながら子供の教育費や住宅ローンなどの制約もあってずっと実現できずにいます。もちろん独立する事業内容と事業資金に問題が一番あることだと思ってます。
0157 2005年4月 懐古趣味? 絶滅寸前の日本語はいろいろありますが、最近話題になった「三重県ぶどう酒殺人事件の死刑囚の再審が決定」というニュースを聞いてそういや「ぶどう酒」って最近聞いたことがないなと思った。若い人にぶどう酒と言ってもわからない人もきっといるのでは?と思ってしまう。
0156 エレベーターの進化 営業の仕事が長いので外出先でエレベータに乗る機会が多いです。新人の頃には飛び込み営業を数年間やっていたので1日に何十機種のエレベータに乗ることもありました。東京・大阪・名古屋の企業の多くはビルの上に入っているので古くて大丈夫か?と思うようなエレベータもあれば高所恐怖症気味の私にとってつらいシースルーの最新型のものまで様々です。
0155 絶滅寸前種? 値段が一番安いこともあって私は5年ほど前からずっとPHSを携帯電話の代わりに使っていました。7年ほど前は高くて通信速度も遅い携帯電話と画期的なPHSの2種類がシェアを2分していましたが、その後携帯電話が第2世代第3世代と進化していき値段もリーズナブルになってきたこともあってPHSの優位性が徐々になくなってきました。
0154 車の衣替え 4月になってもうさすがに雪の心配もなくなったので車の衣替えをしました。つまり昨年の12月に子供達をスキーに連れて行くためスタッドレスを入れましたがそれを夏タイヤに交換をしたわけです。12月の時にはスタッドレスタイヤを新しく買ったので、そのまま買った店で付け替えをしてくれましたが今回は自宅に保管していた夏タイヤに自分で交換しなくてはなりません。
0153 2005年3月 久しぶりに大きな買い物2 3つ目の店ではもうへとへとに疲れていたのと、慣れていたこともあって、つかつかとまっすぐに売り場へ近づき年配の店員さんをつかまえて(若いのはあまり融通が利かないのと価格について厳しい注文を付けるとすぐにキレそうになる傾向あり)希望のサイズを言って「安いのを買うから教えてください」と言うと、各メーカーの商品の特徴や初心者向けの説明をはじめるから「もうそれらは知っているから値段で決めるから」と言い放ち、こちらのペースに引きずり込み、ターゲットを絞っていきなり価格の交渉からスタートしました。
0152 久しぶりに大きな買い物1 家の8年前に買ったブラウン管式の旧式のテレビがとうとう壊れてしまって買い換えることになりました。安い旧来のブラウン管式にするか、それとも流行の薄型式のものにするか大いに迷いましたが、また8年ぐらいは使い続けることも考え、値は張りますがプラズマか液晶の薄型を購入することにしました。そこでサイズやプラズマと液晶の違いなどについて研究を始めました。
0151 メディア論争 時事ネタはすぐに古くなるのと、その後の動きでまったく無意味な感想になってしまうのであまり書きたくはないのですが、書いてしまいます(笑)ライブドアとフジテレビのニッポン放送株の取得合戦のことです。
0150 球春到来 球春のシーズンが始まり日米でのオープン戦のニュースや中継がいよいよ春を告げています。中学生の頃に野球少年だったので、いまの野球の服装についてひとこと苦言を。
0149 バイクは便利か?2 前回はバイク歴を書きましたが、今回はバイクのトラブルや不満点などです。まず前回にも書きましたがバイクの盗難はたいへん多いと聞きます。エンジンキー、ハンドルロックの2重ロックでは不十分でチェーンロックを加える事が最近では当たり前となってきています。
0148 バイクは便利か?1 今から30年以上前に自動二輪の試験が細分化されてしまい、原付か自動二輪かの2者択一ではなく、あいだに小型2輪(二種原付)と中型2輪、大型2輪という区分けがなされました。私が免許を取れる年代はちょうどその改定が実施された直後で割を食う結果になってしまいました。
0147 2005年2月 最後の護送船団業界 どうにも放送局の話題が止まりません。NHK職員の横領からはじまった海老様への集中攻撃や受信料未払い問題。その騒ぎの中で今度は朝日新聞社のスクープ?によってNHKの番組が政治的圧力を受けたの受けていないの不毛な闘い。
0146 牛丼とハンバーガー 昨日吉野家の牛丼が1年ぶりに1日(全国で150万食)だけ復活しました。吉野家と言えば高校生、大学時代にお金はないけどとにかく腹が空く時に24時間やっていてしかも安いので重宝したものです。
0145 納税について 136で書いた「税金の季節」からもうすぐ1年経ちます。どういう話かというと固定資産税と都市計画税の納付が昨年から一括払いと年4回払いで同額となり一昨年まであった一括払いの割引き(奨励金)がなくなったために、アホらしくて4回払いにすると宣言したわけですが、この2月の末の振込みで無事4回の納付が終了します。
0144 終戦のローレライ いま福井晴敏著の小説「終戦のローレライ」を読んでいます。1945年終戦間近の日本海軍にすでに降伏しているドイツから秘密兵器「ローレライ」が潜水艦で運ばれてくるという小説です。
0143 スタッドレスタイヤ 子供達をスキーに連れて行ったのがもう3年も前のことで、「私をスキーに連れていって!」とばかりに合唱されたため仕方なく長野の安い宿をおさえて行ってきました。しかし4駆とは言え慣れない雪道を家族を乗せて走るのにノーマルタイヤはちょっと危険です。
0142 電動シェーバー 「男の朝は髭剃りではじまる」と言ったのは他でもない私ですが、最近はサラリーマンでも髭を伸ばしている人がいるのでそうともばかり言えません。私が髭剃りを日常化したのは高校生の途中だったかハッキリとは思い出せませんが、やはり父親の習慣の影響を受けて最初は剃刀式の髭剃りを使ってました。
0141 2005年1月 携帯電話に物申す マナー向上の掛け声のおかげで電車の中で携帯電話を大声でかけている人は減ってきました。でも喋らなけりゃいいんだろ?と言わんばかりに携帯電話のメールチェックやメール送信のための入力作業、暇つぶしのゲームで忙しい人は相変わらず多い。
0140 ラスベガスの思い出2 ラスベガス第2弾です。ラスベガスで有名なナイトショーといえばやっぱりLANCE BURTON MASTER MAGICIANやSIEGFRIED & ROYのイリュージョン・マジシャン系や、SPLASHなどのレビュー系、O(オー)や Mystere などの劇団ショー系などがあります。
0139 ラスベガスの思い出1 浅田次郎の「オーマイガッ!」を読みました。どういう小説家というと、舞台はアメリカはネバダの砂漠の真ん中、ラスベガスで出会った3人(日本人2人とアメリカ人1人)の物語です。浅田次郎のファンなら「プリズンホテル」のラスベガス版というか「王妃の館」の続編というか、まぁコミック的なハチャメチャ小説です。
0138 か弱き女性かな? 前職時代に利用していた通勤電車でのことです。もちろん座っての通勤はできませんが、車内で週刊誌ぐらいは楽に読めるぐらいの混雑で首都圏ではまだ楽な電車でした。毎朝ほぼ同じ時間の電車にしかも降りる際に便利なように同じ位置に乗るわけですが、途中の駅からやはり同じドアから乗ってくる20代後半か30代前半と思える小柄な女性がいました。
0137 ポイントカード しばらくお休みしていましたが復活です。またいつ休眠するかわかりませんが、、、お店やカードなどのサービスについてくるポイント制について最近考えることが多くなりました。
0136 2004年4月 税金の季節 2004/4/18 税金の季節がやってきました。まずは11年前に買った自宅の固定資産税、都市計画税が4月末が期限だと送られてきました。来月にはミニバイクと自動車の税金が県と区から送られてくる事になります。
0135 散髪屋、理容店、ヘアーサロン? 2004/4/11 散髪に行こうと思って近所でも仕上げが丁寧で腕の良いお店へ昨日と今日も出掛けたものの順番を待っている人が何人もいるので断念しました。このお店は予約制をとらないので下手すると1時間半以上なにもしないでボーっと待っている事になり(マンガ雑誌はたった2種類ほど置いてあるがもうこの歳になりゃ少年漫画でもない)堅くて窮屈な椅子で疲れることったらありません。
0134 2004年3月 退職準備あれこれ 2004/3/21 もうすぐ桜の咲く季節となりました。東京では市場2番目の速さで開花宣言が出されたようです。この季節になるとやはり2年前にリストラによる失業を喫した事を思い出してしまいます。
0133 夜明け前の目覚め 2004/3/14 土曜日の夜は趣味の会の宴会があって新宿まで出かけてきました。土曜日の夜の新宿はそれはもうどこの国かと思うほどいろんな国の老若男女が真っ直ぐには歩けないほどの盛況ぶりでいったいこの国のどこが不景気なのか?という感じがします。
0132 2004年2月 私の読書法 2004/2/28 頭がいい人の習慣術(小泉十三著)を読みました。よくある「思考を変えればあなたも変る」がうたい文句のビジネスマン向けの新書ですが、基本的に読んでいるのは「変らなければならないバカ」か「変りたいと思っているバカ」という方向性が明らかなので迷いましたがやっぱり「バカ」なので買っちゃいました。
0131 バレンタインデー 2004/2/14 バレンタインデーです。昨年のこの日は社会人になってから初めてチョコレート0個の悲しい?思いを綴ったような気がしますが、今年は取引先の(女性の)担当者より1日早い13日にいただきました(嬉涙)。
0130 読書なんかについて 2004/2/8 日経新聞に掲載されてからというものメーリングリストの登録者が急増したり、掲示板への書き込みが増えての返事でいまだにてんやわんやです。と日記のサボリの言い訳です。
0129 2004年1月 日経新聞掲載!とサンダーバード(関連なし) 2004/1/31 128にも少し書きましたが日本経済新聞社の取材がありその記事が1月26日の朝刊に掲載されました。当日は朝からメールと会議室への書き込みラッシュで、結局その日のアクセス数は4000件を超えました。新聞にはサイト名は書かれていましたがURLはなかったのですが、検索エンジンなどで調べて来訪されたのでしょう。
0128 日々淡々と、、、 2004/1/24 ついこの前お正月だったと思ったらもうあと1週間で1月も終わります。年末ジャンボも不発に終わり(泣)変化のない毎日を過ごしています。
0127 厳冬時は布団の中で読書 2004/1/12 体調もあまりよろしくないので最近は読書が一番の楽しみです。近々映画でもありますがマイケルクライトンの「タイムライン」を読んでいます。
0126 つかの間の正月休み 2004/1/4 昨年末には少ないながらもボーナスが入ったので1年以上交換していなかった自動車のエンジンオイルを交換しに遠くにある大きなカーショップへ行ってきました。そこのカーショップは家から遠いのですが私の好きな銘柄があるのでわざわざ高速道路料金を出してまでこだわりをもって行ってきました。
0125 謹賀新年2004 2004/1/1 あけましておめでとうございます。長引く不況を引きずりながらも2003年が終わってなにかが変って欲しいと願う2004年がスタートしました。
0124 2003年12月 年1回のお約束と世も末 2003/12/27 なぜか1年に1回風邪気味で辛い日があります。今年は年の瀬もいよいよ押し迫った26日。会社の仕事は29日まであるので最終日ではないのですが、そろそろ身の回りも綺麗にしたり机の中を整理したりする時期でもあります。
0123 懐かしのメロディその2 前回は大学時代によく聞いた曲の歌手を書きましたが、少し思い出せそうなので70年代の中高生のころによく聞いた歌手名をいくつか。
0122 懐かしのメロディ 2003/12/23 年を重ねてくるとなぜか昔の良い時の思い出が時々頭をよぎっていきます。例えば保育園時代に積み木の取り合いをしたこと、小学生時代にかけっこが得意だったのでクラスで一番を長く保っていて学校対抗にも選手として出たこと、中学生時代は初めての入院を経験したけどその時のつらい思い出ではなく野球部で活躍はできなかったけど夏の苦しい練習によく耐えてやっと飲めた水道水が美味しかったこと、高校生活では甲子園へ野球部の応援へ行ったこと、大学時代は一番華やかで数え切れない楽しい事の数々、、、
0121 携帯電話の功罪? 2003/12/8 私の身近に未だ携帯電話を持っていない人がいます。必要がないと思える人ならば別に不思議とも思わないのですが、その人は企業の役員でしかも1日の半分は外出をしているので彼と確実に連絡をとろうと思えばメールということになってしまいます。
0120 2003年11月 休日の丸の内に想う 2003/11/24 どうしても中高年になると病気や体調の話しが多くなってしまうのはつらいところです。過去の日記を読み返してそう思った次第です。しかし今まで大きな病気や怪我がなかったことだけでもラッキーだったと思わなければならないですね。
0119 なんだか神経痛? 2003/11/16 少し前から股関節と膝の関節に時々痛みを感じるようになり、なんだか年寄り臭いなぁって思っていたら笑い事ではなく歩くのもつらくなるときが出始めました。歩いていると膝の関節が棒のようになって痛くて曲がらなくなり立ち止まってしばらく休まなくていけなくなる。
0118 再びコンタクトレンズ 2003/11/3 昨年の夏に「不覚にもコンタクトレンズをなくして・・・」という日記を書きましたが、1年経ってどうもそのコンタクトレンズの調子が悪く、うまく目のピントが合わせられなくなったり白濁し不鮮明な状態が続きます。汚れがひどいのかそれとも目に合わなくなってきたようなので、思い切って買いに行きました。
0117 2003年10月 週末起業 2003/10/19 週末起業、藤井孝一著、ちくま新書を読みました。要約すると会社に勤めながらローリスクで起業しようというものだが、別にそれ自体は目新しいものではなく、多くの事業家やサラリーマンがすでにやっている事でもあります。
0116 職業紹介会社のキャリアコンサルタントについて 2003/10/19 40代の転職事情は本当にひどい状態です。よほどの何かがないとすぐには決まらないと思います。何かというのは例えば「人脈」「親・親戚・妻などのコネ」「特殊技能・資格」「運」などです。その中で「運」に関して少し書いてみたいと思います。
0115 今度はおめでたい話し 2003/10/4 夏らしい夏ではなかった夏が過ぎ去ってから早くも10月となりました。昨年の今頃はいったん再就職した先でうまくいかずに再失業。
0114 2003年9月 自転車修理 すっかり秋めいてきましたが、天気予報ではこのまま秋は素通りして一気に冬へと突入しそうだとかなんとか言ってます。日本の春と秋はおそらく世界中でももっとも人間に過ごしやすい気候だと思っているのですが、それがないとなると悲しい限りです。
0113 秋霖 110に最初に入った会社の同期生が脳腫瘍で入院していると書きました。8月の終わりにお見舞いに行きましたがその時はあまり体調が良くなかったらしく(その前日はかなり良かったと家族は言っていました)あまり多くの話はできなかったのですが、リハビリもおこなっていて早く復帰したいと話しをしていました。
0112 読書の秋? 毎週休みの日には書店へ出掛けることが多くなりました。以前ですと営業の仕事を兼ねていましたので昼休みの時間や次のアポイントの合間の時間に書店へ行けましたが、最近は社内での仕事が多い事と、たまの外出時も次の仕事が待ち構えているのでゆっくりと書店めぐりをする余裕がありません。
0111 サービス業での中高年 セミの鳴き声から虫の鳴き声に変ってきました。もうすぐ中秋の名月です。今年の名月はすぐ隣に赤く輝く火星付きですからまたおつなものです。
0110 2003年8月 厄年は遅れてやってくる? 学校を卒業して入社した会社はまだそれほど規模も大きくなく従って新卒で入社をしたのは私を含めてたったの3名でした。そんな少ない同期入社だったのでお互いライバルというよりも兄弟みたいな関係で長くそれぞれの部署で仕事をやってきました。
0109 転職話の後日談 先日知り合いからある会社の支店長の後任にならないかという話しがあったことを書きましたが、その後日談です。
0108 やっと梅雨明け 8月になってやっと梅雨が明けたと思ったら夏休みも今日で終わりです。先日ある会社の東京支店長の話しですが、夏休み中に再度伺って話しを聞きに行って来ました。
0107 2003年7月 歴史的な梅雨明けの遅さ 夏休みです。2年ぶりに7月に取れた夏休みです。昨年は8月のお盆中に2日間しか休めなかったので例年2泊で子供達を海に連れて行っていたのを土日の1泊でした。今回は7〜9月の間に5日間も休みを取れるので7月下旬に予約をして2泊で海へ行ってきました。
0106 大手セキュリティソフト会社の傲慢 めずらしく今回はパソコン関連の話しです。今使っているパソコンは4年ほど前にインターネット通販で買った某米国メーカーのものです。
0105 キャリアについて 仕事で20代から30代の人のこれからのキャリアについて考える事があります。最近の20代は最初からずっとひとつの会社で働き続けるという思いはあまりないようで、一方会社側も従来からの制度や慣習にとらわれずにリストラと言う名の雇用調整をおこないつつ並行して中途採用をもおこなっています。
0104 梅雨の憂鬱 今年の梅雨は名ばかりではなくホントよく降ります。この調子だと夏野菜もお米も順調かやや多雨気味で生育が悪いかな?でも水気たっぷりのスイカが楽しみでもあります。
0103 2003年6月 年金について 最近年金に付いて考えるようになりました。同じ会社でずっと25年以上働いていると将来受け取る自分の年金の金額はわかりやすいと思うのだけども、途中で会社を変わっていたり、転職をした際に間に失業期間があったりすると複雑になってきます。
0102 本の話し 最近は会社の中で外出もできないほどずっと根を詰めて仕事をしていた関係で、好きな本屋さんへ出掛ける事がありませんでした。そこで今日の午後に大き目の本屋さんへバイクで行き、1時間ほど見てまわり、苦しいお小遣いの中から4冊の本を選んで買いました。
0101 生活費の見直し リストラや失業生活に入るととにかく日々の生活費を如何に下げていくかを考えなくてはなりません。
0100 まもなく入梅 もうすぐ梅雨です。外国から見ると単なる「雨季」と言うことですが、私たちには「雨季」というと東南アジア亜熱帯のジャングル地帯などを思い浮かべてしまいます。小学校でもそのように習ったような気がします。
0099 2003年5月 衣替えって 衣替えっていうのはいったいいつ頃からどういう経緯でできたのかを調べてみました。あるWEBサイトによると「平安中期の頃には、宮中の年中行事のひとつとして定着してきたそうだ。
0098 季節はずれの台風直撃 季節はずれの台風が5月の末に日本列島を直撃していたころ、私はプライベートで楽しみにしていた趣味で加入しているクラブのお祭りに出掛けました。
0097 取締役という職業について よくある話しですがある会社でそこの一事業部を独立させ関連子会社にすることがあります。そこの事業部を見ていた親会社の社員がそのままそこの代表取締役社長に任命されるケースが多いのでしょう。これも立派な独立起業ですね。と言っても社員数はせいぜい数名程度の零細会社ですが。
0096 GWはサッカー観戦 昨年のゴールデンウィークは失業生活もすっかり板について来た頃でした。ご近所さまに会いたくないので平日の昼間は家の中でジッと引きこもり状態ですが、休日には大手を振って外へ出られる事をいい事にお金のかからないところへ出掛けてばかりでした。
0095 2003年4月 たまには経済問題 NHKスペシャルは昔からよく見る番組です。その昔は「NHK特集」とか言っていたような記憶があります。社会人になってからは唯一の勉強としてビデオ録画してほとんど見るようにしていたぐらいです。本当に勉強になったかどうかは不明ですが。
0094 中高年者の採用基準 今私は40代の半ばです。人材紹介会社の方に言わせると「話を聞くだけ無駄な人」ということですが、では何歳までならば「話を聞くに値する人か?」と聞くと30歳〜33歳が限度ということです。
0093 健康法2 社会人になって23年間の間に有給休暇をとったのはおそらく20日間もないと思います。いわゆる風邪を引いて休んだこともここ5年ぐらいないと思います。有給休暇は遠くにある実家へ帰るためとか、土日にあわせて旅行する時ぐらいで、ずっと今まで大病もせず健康を維持しています。
0092 健康法と食べ物うんちく 最近サボりがちの日記です。3月はとうとう1つとなってしまいました。2・3年前は物書きに憧れていた私としては、それではいかんと反省しきりです。もちろん物書きの夢は22年前にはあきらめましたが。
0091 2003年3月 ご近所さんとのトラブル発生 掲示板にも同様のことを書きましたが、せっかくの力作?なのでこっちにも(笑)法律相談の場ではないのは良くわかっているのですが、ご近所さんとこんなやり取りがありました。
0090 2003年2月 お弁当と花粉症 先日丸の内の路上でお昼時に380円お弁当屋さんが出ると書きましたが、やはり路上販売は闇の商売(違法)ということで、この前は警察の手入れ?がありました。
0089 出不精 週末土日曜日は時々仕事が入るものの、ほとんどはちゃんと休めます。この週末も土日曜日が休みで、一応急ぎの仕事を持ち帰ったものの、なにもやる気が起こらずに結局手付かずの状態です。
0088 2003年1月 試用期間終了 11月1日に再々就職を果たしてからようやく試用期間の3ヶ月が過ぎました。前回失業後に入社した会社では3ヶ月間で解雇になってしまい、中高年の再就職の厳しさを嫌というほど味わいましたが、リストラスパイラルという言葉もできているぐらいに、短期間で再就職を繰り返す事になってしまう人も多いのでしょう。
0087 年齢制限 メーリングリストで会員さんから知らされましたが、ある高校生が求人に年齢制限が設けられている事に対してそれを撤廃するように厚生労働省へ申し入れをおこないました。
0086 取材についての感想 昨年3月よりこのリストラ天国を始めてから様々な取材の申込みや取材させてくれる人を紹介して欲しいと依頼されました。テレビ局(の制作会社)、雑誌社、通信社、新聞社、ドキュメント本を書いている方などです。
0085 求人件数の増加 会社の仕事で今まで個人的に頼りにしていた人材紹介会社の方と接触する機会が増えました。
0084 丸の内ランチ事情 会社のある丸の内のランチ事情をちょっと書いてみます。
0083 2002年12月 2002年締めの日記 いよいよ私にとって激動だった2002年も終わりです。既に本厄はとうに過ぎていたのだけれども、本厄+仏滅+13日の金曜日+大凶が手をつないでやってきたというのが私の率直な今年一年の感想です。
0082 胃薬とボーナス 12月になって世間では賞与の季節です。今年はかなり多くの企業で賞与の引き下げがあったようで、上がったと言うような話は聞こえてきません。もっともこういうご時世で「上がった上がった!」と浮かれていると袋叩きに会いそうな雰囲気ですが。
0081 年末に思うこと 年末もいよいよ近くなってきました。会社のあるビルのすぐ近くの丸の内仲通りには今年で4年目を向かえる東京ルミナリオの準備が着々と進んでいます。ぜひその模様は「リストラ天国」で紹介したいと思ってます。しかし丸ビル効果もあってすごい人が押し寄せるのでしょう。
0080 2002年11月 師走近し 新しく再々就職したところでは毎夜10〜11時頃まで根詰めて働いてます(笑)なんたって試用期間中の身ですからここが踏ん張り時と必死です。
0079 キャリアの見直し 再々就職を果たしてから3週間が経ちました。今までに経験のない業界なのでそこで普通に使われている業界用語や仕事の進め方と言った基本的な行動まで慣れるのがたいへんでしたが、どうにかペースは遅いもののついていっています。
0078 元同僚からのメール 先日、元同僚からメールが突然送られてきました。私をリストラした会社での同僚で、なかなかの働き手だった方です。
0077 オフライン 再々就職初日は社長からのオリエンテーションで会社のビジョンなどを詳しく聞く事ができました。手続きも一通りおこなっていよいよ真剣に仕事に取り組まなければなりません。
0076 2002年10月 再就職前夜 10月は後半にかけて新しい就職先への臨時的な勤務が続いています。新しいプロジェクトが来年早々のカットオーバーのためにもう1日たりとも無駄にできない状況なので、実質的には本格的に巻き込まれてしまってます。
0075 近況報告 近況報告です。11月1日より東京のITベンチャー企業への就職が決まっていますが、先週・今週・来週とその都度呼び出しをされて、既に一部の仕事がはじまってます。
0074 体育の日3連休 体育の日は世間での3連休(私はずっと連休中)でしたが、真ん中の1日は町内会の運動会へ行ってきました。
0073 再々就職活動最終回 3回目となる面接に行ってきました。今回の面接は面接と言う形ではなく、今後私と組んでやることになるチームメンバーとの顔合わせと、条件面の提示がありました。
0072 人脈セミナー MLや掲示板で知り合ったナカモリさんの講演会が東京であったので、参加してきました。
0071 再々就職活動3 本命の会社2次面接に行ってきました。会社の社長より前述の通りあらかじめ今後の事業プランについて私なりに考えて資料を準備してくるように言われていたので約1週間かかって作ったものを持っていきました。
0070 2002年9月 再々就職活動2 再就職活動で動きがありました。まず第一のそれほど希望はしていない最初に面接を受けた会社は、斡旋会社から連絡があって2次面接へ進めたことは良い事なんですが、なんと入社時期が最悪は来年4月からとなるかも知れないと連絡がありました。
0069 −−− −−−
0068 再々就職活動 先週1社の面接の結果は意外にも一次通過との連絡がありました。正直言ってほとんど私から話をする事もなく一方的に面接相手の人事部長がしゃべりまくって終わったので、私の適正などの判断もしようがないと思っていたのですが。
0067 再び失業状態 9月20日付けで退職(解雇)となり、再び無職の状態です。就業規則では3ヶ月経つと有給休暇がとれるというようになっていたので、3ヶ月を過ぎてから、退職日まで引き継ぎに必要なところ以外は有給休暇をとって独立や就職活動を少しずつはじめていました。
0066 派遣・契約社員・請負(派遣)の違い 雇用環境が悪化している事と、働き方が多様化してきていることがあいまって、様々な雇用形態があります。使う側の企業からみたこれらの違いというのは良く見かけますが、ここでは働く側に立って考えてみたいと思います。
0065 雇用契約上の試用期間について 法律では特に期間の定めはなく、会社によって就業規則等で決められているようです。一般的には3ヶ月とか6ヶ月間が多いようです。
0064 事業計画 独立を目指して事業計画書を作成しています。参考になるのは様々なサイトがありますが、中でも財団法人中小企業ベンチャー振興基金(NEWTEC)「http://www.newtec.or.jp/menu.html」のサイトが比較的良くできていてわかりやすく説明がされています。リンク集も充実しています。
0063 面接日記 9月も中旬となってそろそろ暑さも収まるかと思いきや、今日は外出すると汗がどっと出てくるほどの蒸し暑さでした。
0062 偶然という名の・・ スパイものの小説を読んでいると偶然と言うのは絶対に信じてはダメで、その裏に隠された偶然と言う名の必然や故意・罠を見抜けなくてはいけないという事になるのですが、、、
0061 解雇通知 6月から勤めはじめた現在の会社から解雇通知を言い渡されました。当初より3ヶ月間の試用期間というものがあり、彼等としては試用期間であればいつでもどういう理由でも解雇が可能と理解しているようです。
0060 自信喪失気味 祭囃子と太鼓の音が家の近所でも聞こえてきます。秋祭りは元々お米の収穫の豊作を願って(祝って)の事だと思いますが、子供達には忘れる事のできない楽しい想い出のひとつになるのでしょう。
0059 不安要素 家の外では虫の鳴き声が日に日に大きくなっていくこの季節はなんだか去り行く夏を惜しんで寂しくもあります。
0058 2002年8月 無題 一口に独立開業といってもそのやり方は様々です。資金に余裕があれば(そんな人は少ないでしょうが、親や兄弟からの資金援助が得られる場合などでしょうか)問題はないのでしょうが、例えば資本金というものをひとつ取ってみてもこれがまたたいへんなことです。
0057 無題 独立開業をほぼ決断しました。しかしこれからやらなければならない事が目白押しです。独立開業を決めた経過はこうです。
0056 無題 長らく日記をサボっていました、、、(ーー;)仕事がそこそこ忙しかったこともありますが、上司とどうしてもうまくいかずに、どうしたら良いかをずっと悩んでいました。
0055 2002年7月 再就職状況 6月10日からスタートして1ヵ月半、仕事にちょっと行き詰まってます。私のやっている仕事は入社してからすぐに契約が安定してとれるものではなく(このご時世ではどんな仕事もそうでしょうが)、できるだけ多くの企業にPRしたあとで、その後も何度かお客さんをまわって、ニーズがでてくる機会を待つしかないのです。
0054 商売の基本? 不覚にもコンタクトレンズを片方なくしてしまい、さっそく土曜日に買いに行ってきました。
0053 夏休みと健康診断 3月で退職、6月から再就職となったわけですが、普通の会社では中途入社の場合、当初3ヶ月間は試用期間、6ヶ月間は有給休暇がありません。
0052 自殺考その2 先日昨年の自殺者の発表が警察庁から発表されました。4年連続3万人を越すことはこの日本の状況を見る限り疑いの余地もないことだったけれど、自殺者の中の動機にリストラ・失業・借金などによる「経済・生活問題」による自殺が約7千名と大幅に増加している事については他人事とも思えず、心苦しい思いです。
0051 夏休みのスケジュール まもなく子供達の夏休みです。お父さん達には決してゆっくり休める休日にはならないケースが多いようですが、それでも夏休みは夏休み。子供の頃の夏休みの記憶が原色で蘇ってきます。
0050 2002年6月 初給料 再就職後に初めての給料が出ました。いつかは給料をもらう側ではなく支払う側になりたいと思いつつまだ実現できずにいるけれど、残りの20年弱の現役生活で果たしてかなうかどうかはかなり怪しい。
0049 通勤経路について 勤務をはじめて2週間が経ちました。仕事の中身については相変わらずで、まだそれほど本格的な業務をおこなっているわけではありません。今日は通勤経路について考えてみたいと思います。
0048 再就職後初の休日 再就職後初めてのお休みです。まだ再就職後の緊張が持続しているのか休みなのに朝は早くから目が醒めてしまいます。
0047 再就職その2+おまけ リストラ後2ヵ月半でようやく仕事が決まり、出社初日から1週間が経ちました。この間はまだまだ実践的な仕事は出来ずに、見習い程度の仕事ですが、この年齢になると指示待ちというわけにもいきません。
0046 再就職後その1 すっかりサボっていました。再就職後のあれこれは土日曜日にまとめて書きたいと思いますが、今日で再就職してなんとか4日目を終えました。まだホンの見習期間ですが英語はビシビシと鍛えられています。
0045 就職決定! 少し日記をサボっていましたが結局B社に就職が決定いたしました。そのように返答したらさっそく翌日に営業戦略会議をおこなうので、ぜひ出てきて欲しいと言われまだ入社していないのに出社しました。
0044 就職活動大詰め? 3月下旬から真っ白けのビジネス手帳や部屋に架けているカレンダーに今日は失業保険の認定日だと書いておいたので、朝早く起きだしてなんの疑いもなく「失業認定申告書」をサクサクと記入してから職安へ行って来ました。
0043 再就職活動3 ML(メーリングリスト)にて詳しくは日記に書いておきますとか書いておきながらどうも興が乗らないのでさぼろうとしてましたが、「むくげの会」管理者のむくげさんに「律儀な人」とお褒めいただいていたのを思い出しヨロヨロと起き上がり今日の面接の事を書いています(笑)
0042 再就職活動2 40代50代の就職活動で難しいなぁと感じるのは求人件数の少なさだけではありません。
0041 2002年5月 再就職活動 就職活動をやっていて全然進捗がない時もあれば、得てして就職が決まりかけてきた時に別の話しが入ってくる事があります。
0040 2次面接 2次面接に行ってきました。前回は社長と部長の2名と1時間に渡り面接をしましたが、今回は条件提示などより突っ込んだところの話しをする事になりますと紹介会社から聞かされていました。 と、ところが、、、、、
0039 引きこもりについて 明日は先日面接に行った会社へ今度は条件提示などの話しを聞きに行ってきます。つまりはとりあえず一時面接は通過したという事で喜ばしい事ではあるものの、仕事内容や条件面、それに会社のことについてやや不安が残ったままです
0038 住宅ローンについて 住宅ローンの問題について週刊朝日が特集を組んでいました。特にリストラで失業した人や会社倒産で支払いが厳しい人向けの話しですが、最近は給料や賞与が大幅に減ったために支払いが滞るケースもあると思います。
0037 テレビからの衝撃2 テレ朝系のJチャンネル「密着!そうだったのか〜名古屋ホームレス」の完結編がありました。Jチャンネルは夕方5時からの番組なので仕事をしている人はまず見られないと思います。この特集は今年の2月から全4回ありましたが、ちょうど私が失業した時期と重なっていて大きな衝撃を受けた番組でした。
0036 会社設立という選択肢は? まだ独立開業すると決まったわけではありませんが、今後の事も考えて会社設立についていろいろと調べてみました。
0035 2社目の面接 サッカーワールドカップ日本代表メンバー発表されました。サッカー選手としては中高年の域にある?ゴン中山選手とぬり壁秋田選手が代表に入ったのはちょっと心強く感じたのは私だけでしょうか(笑)
0034 中高年齢者の再就職について 昨日、知人のところを含む2社の紹介会社へ行ってきました。久しぶりにしゃべりまくってのどがかれました(笑)。そのうち1社から具体的な話し(紹介)があり明日にも面接へ行くこととなりました。まだ数名で手探り状態の大手会社の関連事業(ジョイントベンチャー子会社)ですが、私の経歴を買ってくれそうな感じです。
0033 失業連休の終わり? ここ1ヶ月間ほどまったく動きのなかった(動けなかった)就職活動が、不思議な偶然で3件同時に動き始めた。「動き始めた」とはまだとても言えない段階だけどなにもないよりは精神的に少しはマシって気がします。
0032 TVからの衝撃 最近テレビではリストラや失業者の特集が良く組まれていてその悲惨な状況を繰り返して流しています。テレビ番組である以上少々脚色をしてでも衝撃的な映像やオーバーな表現もあるとは言え、自分がその中にいるとまったく他人事ではありません。
0031 雇用保険説明会 昨日の失業保険の初認定に続き本来は逆だけど今日は雇用保険説明会に行ってきました。平日2日続けて外出するなんて久しぶりのことだなぁ、、、と感動している場合ではないのだけど。
0030 失業保険の初認定 失業保険の初めての認定日のため職安へ行きました。普段平日はご近所さんの目を気にして引きこもり生活者(笑)なので、たまに出掛けると新鮮です。バイクに乗って9時少し前に着くよう行きましたが、給付の窓口はもう立ち見満員です。
0029 自殺考 3月末で退職が決まった3月の上旬頃、その時には「23年間長い休みなしに働き続けてきたのだからまぁ1ヶ月ぐらいゆっくりと休んで、4月中に次の仕事を決めて5月1日から働けばいいや」って思ってました。
0028 戦士?の休息 ゴールデンウィーク真っ盛りの中、子供達を連れてBBQへ出掛けました。昨年までは温泉1泊旅行かお金の掛かる遊園地へ連れて行ってましたが、今年は精神的にも金銭的にもその余裕がないため、一番手軽にお安く、しかも子供達もそれなりに満足できるサービスに変更です。
0027 黄金週間2 今年のゴールデンウィークは10連休のところもあるらしいが、失業者にとってはありがたくもない何ヶ月何年もの長い休日となってしまっているわけで、特に感慨や安らぎと言ったものはありません。
0026 退職後1ヶ月経過 とうとう失業したまま5月を迎える事になりました。3月末付けで退職だったので、まる30日間無職だったわけです。この間提出書類等で職業を書かねばいけなかったのは一度だけスピード違反の免停行政処分の交通裁判の時だけでした。もちろん「無職」と記入。ああ空しい
0025 2002年4月 黄金週間 週末に受けた面接の結果についてはまだ連絡がありませんがまったく期待はしてません。もう少し期待ができそうだったり「これは受かる!」って思うような状況でダメだったりするとショックが倍増しそうですが、今回はまったく期待させられるような感じではなかったので逆に気が楽です。
0024 初めての面接終了 面接から帰ってきました。結論から言うと肩を落としての帰宅です、、、(ーー;)
0023 明日は面接! 明日は失業後初めての面接です。家からは比較的近くて通勤するには楽でいいと思っていますが、なんせ出来たてのベンチャー企業でしかも中堅企業の子会社。つまりオーナーがいて親会社があってそこの役員がいてまたその会社の役員がいてという人間関係が結構大変そうな感じがします。
0022 リストラ安全協会ってないの? 今回はリストラや失業の話題からちょっと離れてしまいます。春分の日のスピード違反で免許停止の行政処分が下りました。悪い時には悪い事が続くものです。休日の朝にガラガラ空いた道で油断をし違反を犯した私がもちろん一番悪いんですけど、、、
0021 失業者 NHKスペシャルで「ホームレス」をやっていました。土曜日夜のNHKスペシャルはゴールデンアワーと言うこともあり視聴率も高く社会への影響度はかなりあると思います。
0020 人材ビジネス1 私は以前(前々職)には人材ビジネス会社に勤めていました。
0019 投資の話し ここ2週間は就職について特にやるべき事がなくて焦りだけが支配しています。朝は大リーグLIVEや懐かしい「探偵物語」の再放送、昼はワイドショー&映画、夕方からニュースと毎日テレビを横に見ながらボ〜としています。ホントにこんな生活続けているとダメになっていきますが、、、
0018 紹介会社3 昨日電話のかかってきた紹介会社から、郵便が2通届きました。1通は来週に面接に行く会社の資料で、キチンと場所の地図、会社案内などが揃えて入っていました。
0017 紹介会社2 今朝ようやく前述の紹介会社から連絡がありました。候補先と話をした結果、一応興味は持ってくれたみたいで、面談の設定をしてくださることになりました(^o^)/
0016 貯金 日本の1世帯平均の貯蓄残高は確か2千万円ぐらいだったような記憶があるのですが、どこへ行けばそのような家庭があるのだろうかと思っていましたが、この4月からのペイオフによって慌てて銀行からお金を下ろしてタンス預金をはじめたり、金やプラチナに投資したりと騒いでいる方が多いというのをニュースとかで見るにつけ、それらは事実だったんだなぁって思います。
0015 ライフプランの作成 失業してから、これからのライフプランはどのように変化するものなのかが知りたくて、いろいろと調べてみました。懇意にしている生保会社などがあれば、そういうところ(担当者)に聞くのもいいでしょうが、疑いたくはないけれど、どうしても営利企業の出すライフプランというものは、信用が置けない部分もあります。
0014 温かな人達、、、 WEBサイトを立ち上げて、さぁこれからどうするか?と思いつつ、とりあえず様々な検索エンジンに登録しました。でもそれだけだと当然ながら、カウンターはまったく上がりません、、、(ーー;)
0013 失業保険について3 失業保険の申請に行った時にもらった「受給資格者のしおり」というものをよく読んでみました。ふむふむ、不正受給についての警告というかダメよん!っていうのがかなり詳しくしつこく書いてあるところを見るとよくあるのだろう、、、
0012 健康保険と国民年金 退職した時に行わなければならないのが、健康保険の変更と国民年金(国保)への変更です。まず健康保険は、今までの保険組合の保険を任意継続するか、新たに国保にはいるかを選択しなければなりません。
0011 失業保険について2 紹介会社へ行った翌日は、職安(通称ハローワーク)へ行ってきました。朝は9時からと聞いていたので、混むとやだなと思って9時半に行けばもうあふれんばかりの大混雑!
0010 紹介会社1 行って来ました、紹介会社。WEBで登録(仮?)はしていましたが、実際に進めていくには、やっぱり直接コンサルタント?と話をしてからでないと紹介はしてもらえない。まともな会社なら当然そうでしょう。
0009 失業保険について 一向に次の勤め先が決まりそうもないので、失業保険の給付申請をしようと思います。
0008 就職活動2 就職活動と同時に、独立開業と言う手もあるんじゃないかな?って思うようになってきました。つまり就職しても、またいつ会社都合でリストラされるかわからないし、しかも60歳程度で定年になればそれ以降の再就職はもっと難しいでしょ?
0007 失業中に思ったこと 一応3月末日までは会社勤務となっていたものの4月以降は無職。失業保険の件や社会保険の件を調べているうちに、とんでもない発見!
0006 不幸は続く 忘れもしない3月21日、そう桜も満開になった春分の日!子供達を映画に連れて行くために、映画館へ向けて車を走らせていたその時!
0005 就職活動開始1 3月も終盤近くになって、知り合いに頼んでいた就職斡旋もどうも不調。どこも今は景気が悪くて特殊技能もない中高年者を喜んで雇ってくれるところなんてないですね(キッパリ)。
0004 リストラ通告4 そして引継ぎも終わって、3月18日(月)からは毎日が日曜日!う〜むぅ!夜遅くまで遊んでていても朝はゆっくりできるし、もう最高!
0003 リストラ通告3 3月2週目に業務の引継ぎを行い、3週目からは残った有給休暇をあてて、社会人になって初めての長期休暇がゆっくりととれるなぁ、、、なんて考えもチラホラ(笑)それまでに昔勤めていた会社に頼みに行けば、悪くても子会社ぐらいは紹介してくれるだろうと、タカをくくってました。
0002 リストラ通告2 副社長から退職を勧奨された後、社長あてに「なぜ私がリストラされなければならないのか?会社の不振は誰のせいなのか?私の担当部署は実質黒字、、、等をメールで訴えかけましたが、返事はなく、1週間後に直接会って話をする事に。
0001 リストラ通告1 2002年2月25日(月)突然副社長から呼び出されて、リストラ通告を受ける。担当業務上まったく落ち度はなかったものの(と本人は理解)、会社の組織変更による中高年者リストラの一環。