労働基準法の話 本文へジャンプ
休暇中の出勤について

会社でたまったあらゆるストレスを発散しはるためにも、休暇はきちんと取っておきたいちうのが本音だと思うで。
そねんうな休暇中に会社からの呼び出しがあるようでは、休まる体も休まりまへんし、余計にストレスがたまるでっしゃろ。
労働基準法には休暇中の労働者の権利やらなんやらについて何ぞしらの規定はあるのでっしゃろか。

休暇ちうものは労働時間とは明確に区別されるものやろから、休暇中の労働者に対して会社ねきから業務命令を下すことは、原則としてでけへんとされてい まんねんわ。
これは労働基準法にある労働時間の上限に関わる話ともからんでおり、休暇まで出勤した場合にはその時間数を超えてしまう事がほとんどとなってしまうからとも考えられまんねん。
またぐら、労働基準法にある週に1日以上の休みを設けることを義務付けるちうもけど違反しはる可能性がえらい高くなると考えらまっしゃろから、休暇中の連絡に対しては、会社ねきは労働者ねきへ強制はでけへんのや。

やけどアンタ、災害時等の緊急事態やらなんやらによる連絡については不可欠と考えられとるので、これに関しては休暇中であっても連絡を取れる状態にしておいてほしいと労働契約に入っとる場合があるんや。
ほんでよーよー休暇中に会社に呼び出されてしもた場合、労働者が同意せん限りは出勤を強制しはることはできまへんし、仮に出たとしても労働基準法に定められた時間外の分を割り増しした賃金を支払う義務が会社ねきにはあるんや。
もしもこねんうなことが起きたときは、仕方なく出るちうだけでなく、労働基準法に反しておらへんかちうことに気を配るようにしていきまひょ。


36協定について

労働基準法によって労働者を働かせる事ができる労働時間数に制限はついとるものの、やはりこれが守られておらへんちうことがようけあると思うで。
ほんで、ようけの会社では労働者達による労働組合と共に36協定ちう書面による協定を定めてい まんねんわ。

36協定とは、労働基準法第36条に準じて拡張しはる内容として定められた協定の事で、労働者に対して条件を設けることで労働時間の上限を延長したり、休日に労働をさせたりしはることができるようにしはる協定のことで、これが定められることにより時間外労働や休日労働が違法ではなくなるんや。
36協定には、時間外労働をさせる具体的な理由と、その業務の種類、労働者数、延長できる限界時間、労働をさせる休日について、ケツに協定の有効期限を明記せななりまへん。
以上を明記したうえで労働基準監督署に届け出し、承認されることで協定は効果を持ちまんねん。

またぐら、36協定によって設定できる時間外労働時間数の上限やけどアンタ、1週間に15時間を基礎として、1カ月に43時間、1年間に360時間までの時間数まで、時間外労働をさせてよいちうように定めることができまんねん。
これを具体的に計算してみると、1週間の間に毎日3時間残業をした場合でも週5日制の会社であっても15時間となってしまおるさかいに、この上限時間はかんたんに超えてしまうこともあると思うで。
もちろんこの上限時間を超えた場合は労働基準法に違反しはるさかいに、会社ねきに対して訴えかけることができまんねん。
毎晩遅くまで残業をしとるような方は、36協定に関しはる書類を調べてみるとええかもしれまへん。



定年に関する規定

きょうびは60歳を区切りとしてようけの会社で定年退職を導入してい まんねんわ。
せやけどこのトコ58歳で定年としはるやらなんやら、60歳未満を指定してくる会社も存在しとるのが現状や。
定年退職について、労働基準法ではどねんうな規定がなされとるのでっしゃろか。

労働基準法では、労働者の解雇に関して客観的に合理的な理由がなく、会社の暗黙の了解として正当でなければ解雇をチャラとしはると定められてい まんねんわ。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は、会社の就業規制に記載されとる理由でない限りは解雇しはることはでけへんのや。
このため、就業規制には定年退職に関しはる記述が必ずなされてい まんねんわ。

せやけど就業規制に書きさえすれば定年は何歳でもええちゅうわけではなく、労働基準法とは別にこれについても高齢者法ちう法律で定められてい まんねんわ。
これによれば、労働者に対して定年の設定をしはる場合は60歳を下回ってはならへんとされてい まんねんわ。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は、満60歳になる前に定年退職となるような就業規制は違法ちうことになるんや。

また、きょうびでは定年退職者を継続して雇うケースが増えておるけどダンはん、これについても就業規制に明記しはる必要があるんや。

これによって、現在問題視されとる『2007年問題』に対しても言われとるほどに問題にならへんのではおまへんかちう見方が存在してい まんねんわ。
60歳定年から65歳定年に引き上げされる企業が多い現在、いわゆる団塊の世代の方々がはかばはかばと休める日は、まだちびっと遠いかもしれまへん。

   労働基準法の話

夕暮れの色