e.a
electoronic air@Reo.Okazaki

info
この場所です。各ページ紹介してます。初めての方、ようこそいらっしゃいました。
diary
お題を設けておもしろおかしく書いてるオカザキのBlog日記です。お口汚しをご覚悟のうえどうぞ。
novels
物語のゆりかごから墓場まで。皆さんをお待ちしてます。
現在連載中は「夏休み」純粋で騒がしい、夏目陽一郎と朝倉志乃の恋を中心に送るsummervacation。一日一日が大切です。
word
ss、短編中編の物語置き場。物語は止まらない。
works
オカザキレオのもう一つのテキストワークス、演劇脚本。僕と一緒に舞台に花を咲かせません?
text
詩的未満言葉以上と称した駄文の墓場。第六詩集「月の迷宮・星の回廊」更新中。
bbs
皆さんのメッセージお待ちしています♪
link
素晴らしき世界へ繋がる世界。電脳空間さらに開くさらに儚く


モドル
オカエリハコチラカラ。


Electoronic Air@Reo.Okazaki
小説書きに100の質問
LET'S!!!!!!

q1:前書き。意欲などどーぞ。
どうも超電導物語空間オカザキレオです。意欲ですか。えーと、そうですねぇ、まぁ僕本人よりお話楽しんでください。それだけで嬉しいです。貴方に出会えた事を感謝。

q2:あなたのペンネームは?
どうも超電導物語空間オカザキレオです(笑)一応、本名なんですよー。親につけてもらった(きちがい感覚に)感謝しつつ漢字だとちょっと一度で理解してもらえなそうなので、カタカナ表記にしてます。名は親からもらった最初で最大の宝ですよね。

q3:小説の中の登場人物としてオカザキを描写してください。
ヤツの行動範囲はたかがしれてる。インドア派で人間嫌い。なのに名前のせいで声はかけられる。本当はヘラヘラした顔で笑ってるな馬鹿と思いながら、自分がヘラヘラ笑っている。八方美人とも言えるし永遠の不器用とも言える。人間は嫌いなくせに誰かと笑うことは嫌いじゃない。本に埋もれ音楽の渦にのみこまれて映像の虜になってなお、空想少年であり続ける。他の他人は大人になっても、子どもの殻をぬけきれないでいる。ヤツのエリアがElectoronic air。危険区域だ。物語に飲まれないように用心しろ。言葉の葉も鋭い。空想大陸に引き込まれたらお終いだ。電気的空気に感染したら最後、夢から覚めない夢に落ちる。それを覚悟して接触しろ。以上。


q4:あなたの職業は?
元保育士。現在介護福祉士未満。現在、資格取得のために働きながら勉強してます。こう書くと苦労人のようですが、実は楽しく仕事させてもらってます。苦労も楽しさのうちです。

q5:あなたのバイト遍歴を教えてください。
高校の時レストランで。マスターと大喧嘩。思うに僕は料理はむかないらしい。短大時代は着ぐるみのバイト。こんな事しかしてません。レンタルビデオとか本屋で働きたいよなぁ〜と思う。僕に副業くれ(笑)つーか文章の副業欲しいわ。貰えるのなら(努力しましょう)

q6:小説書き歴は?
記憶では小学校五年生くらいからですかねぇ。小説と言えるものを書き始めたのは。2004.4月現在24歳ですから十年以上は書いてますが、ようやくアマチュアの域では見せられるものを書けるようになったのかも。それまでに十年費やしてます。ははは・・・・・

q7:小説書き以外の趣味を教えてください。
音楽。とにかくCDを買います。これが小説や詩のインスパイアになっていて、何か書くとき音楽が必要なんです。それから映画。演劇。映像も僕の原動力です。あと趣味にはならないですが、猫ですか。猫はいいです。癒されます。これも趣味になりませんがお茶も好きです。縁側で「ぼーっと」飲みたいです。

q8:好きな小説のジャンルは?
とくにジャンルは無いです。あえて言うとすればファンタジーですが。藤子F藤雄先生の言うところのSF(スコシフシギ)ワールド。これは少し意識してるかもです。

q9:好きな作家は?
j.ヴェルヌ。M.エンデ。ひかわ玲子。田中芳樹。恩田陸。小野冬美。コナン・ドイル。モンブラン。デュマ。デュフォー。とかとか読めばよむほど好きな作家はたくさん増えるしいるし、世界は広くて困ったものだ(笑)

q10:尊敬する作家は?
ヴェルヌ、エンデははずせません。そして藤子先生スコシフシギワールドを僕にくれた最大級の尊敬のつく人達です。今日の僕はこのクリエイターのおかげ。本当に感謝。

q11:好きな小説は?
「海底二万里」「神秘の島」ヴェルヌ著。「果てしない物語」「モモ」「ジムボタンの冒険」エンデ著。他。

q12:好きな映画は?
実は映画歴は浅くて、これというものには出会ってませんが、子どもの時衝撃の映画があります。それは「大長編ドラえもん」なんです。もう子どもの時の空想少年はドラがあってこそ。本当はドラちゃん大好き同盟を作りたいくらい。ただ大人になって映画館に行くのは少し恥ずかしいものがあるんだよねぇ(苦笑)

q13:好きな漫画・アニメは?
ドラです。とにかくドラドラドラドラドラ。後はねナディアとかブリンクとか。あまりメジャーなのは見てない子どもなのかもしれないです。

q14:好きなドラマは?
最近、はまっているんですけど、Xファイル! これ面白いよ。続き物もあるけど、毎回ほぼ一話完結。映像の醍醐味を味わえる。しかもシリーズを一貫してのテーマがさらにストーリーを熱くする。モルダー、スカリーと一緒に真実の探求を。真実はそこにある。そこ

q15:良く聞く音楽は?
Scudelia Electoro。Air。と言っても大半の方はご存知ないでしょ。B'zはご存知ですね。中学の頃から聞いています。彼らの歌詞世界が、言葉の言い回しに影響されているのは事実です。だから詩とかでも、彼らに影響された言葉がちらほらと出てきます。それも僕は否定しません。影響は影響です。彼らがいたおかげで僕はあるから。心より感謝と敬意をこめて。

q16:心に残る名台詞とその出典は?
「見上げてごらん、広くて素敵な宇宙じゃないか」
・演劇集団キャラメルボックス成井豊「広くて素敵な宇宙じゃないか」より
「夏休みを終わらせちゃいけない。僕の夏休みもまだまだ始まったばかりだ」
・演劇集団キャラメルボックス成井豊「ナツヤスミ語辞典」
「好きでした。貴方と出会う前からずっと好きでした」
・演劇集団キャラメルボックス成井豊「銀河旋律」
「一人でいけるさ、もっと遠くへ」
・演劇集団キャラメルボックス真柴あずき+成井豊「Alone Again」他、キャラメルボックスの多数の芝居より。

q17:月に何冊くらい読む?
一冊〜十冊・・・それ以上の時も。メンタル的なものが左右するのが多いです。ただ基本的に活字中毒なので、本はとにかく欲しい。僕にとって本は酸素と言えるかもしれません。音楽が水だとしたら。

q18:小説以外はどんな本を読みますか?
制限なし。とにかく興味あるのは何でも、歴史から旅行記から宗教、社会、考古学がでもけっこう多いかもしれません。偏った情報を信じるな。情報は満遍なく収集し判断判別できるほどの選択肢を持て。そして疑問を持て。これが我が父上が耳にたこがでるほど言う台詞です。一つの価値観にできるだけ固執したくない、とは常に思います。

q19:読書は早い方ですか?
夢中になると早いですねぇ。これでもかと言うスピードで読破していきます。逆にどうも読んでて楽しくないと、他の事に興味がうつっていきます。だからこそ、名作との(僕の思うところの)出会いは素晴らしい瞬間なんです。

q20:あなたは自分を活字中毒だと思いますか?
思うんですけど、世の中には上がいますからね。とりあえず活字は好きですけど、その世界が魅力的でないと無理に読みたいとは思いません。それがどんな名作古典芸術作品であってもです。

q21:執筆に使用しているソフトは?
僕はMacを使っています。web用と詩にはjeditというテキストエディター。これが軽くてとても爽快です。しかもwindows用ファイルへの変換も簡単。マクロでファイルをHTML変換。姉妹ソフトhtmlエディターであるJcheckerとの相性も抜群。コヤツは主戦力。投稿用や脚本、また長編の書き下ろしにはlijht way text。こちらも枠組みはテキストエディターなんですけど、ワープロ領域のエディターです。なんたって物書きさんの為に作られたソフトで、原稿用紙機能は当たり前。シナリオモードや、アウトライン。縦書きもオッケー。動作もそんなに重くないし、さらに縮小拡大もできる。この二つのソフトはMacの中でも日本語文書荷台ソフトなんですけど、いいいですね。手放せません。

q22:初めて書いた小説のタイトルと内容
タイトルは覚えてないと言うか、いいたくない。とりあえず掲載してある「少年達の英雄伝説」の原型で、その登場人物である集太君と今日子ちゃんはその頃から活躍していたと言っておきます。

q23:小説のタイトルはどうやってつけますか?
なんとなく・・・うん、なんとなくです。

q24:あなたの書く小説のジャンルは?
ファンタジーが多かったんですけど、最近は現代が舞台だったり、恋愛とか多いですね。ジャンルは不特定多数です。限定はしてません。僕の書きたいもの。それが僕の物語、という認識でいかがでしょう。

q25:一人称と三人称、どちらで書くことが多いですか?
明らかに三人称ですね。「僕」「私」の一人称は少ない。映画的な進行を心がけているせいでしょうか。勿論、心情も大切たと思いますが、映画的なビジョンを書けたら、と僕は思います。

q26:短編と長編、どちらが多いですか?
その気はないんですけど、長編なんです。短編で書いたつもりのものが長編になっていたりして。まぁ、物語は連続性のあるものとしてはいいことなのかもしれませんが、読む方も書く方も大変です(笑)しかし、こればかりは登場人物が暴れてくれるんだから、どうしようもない。作者の責任じゃありません、とか言い訳しときます

q27:どのくらいのペースで小説を書いていますか?
これもまばらです。のるときはのるし、のらない時はのらない。ただ書ける時にたくさん書きたい、というのはありますね。

q28:ストーリーと登場人物、どちらを先に決めますか?
ほぼ同時です。ストーリーがあるからこそキャラが。キャラが居るからこそストーリーが生まれるんじゃないですかね。

q29:ストーリーはどんな時に思いつきますか?
なんとなく・・・うん、なんとなくです。どことなく、ふわふわと。

q30:ストーリーをどの程度決めてから書き出しますか?
僕は無謀だ、とだけ言っておきます。ある程度の設定が決まるといきなり書き出してしまいます。後は流れるがまま、僕自身、お話を楽しんでいるので(苦笑)

q31:人物の名前はどのようにして決めますか?
これもなんとなくだなぁ。僕、平凡な名前多いんですよ。本当になんとなくつけてます。あまり意識はしてないですねぇ。

q32:資料をどのくらい集めてから書き出しますか?
資料は集めるんですけど、それは小説のことを何も考えてない時。実際、小説を書く時、資料収集をする事は少ないです。なんと言うか恋愛とかファンタジーが多いから、かなぁ。必要になれば集めるけど、基本的に僕の書き方は物語の登場人物の暴走で構成されているので(笑)

q33:小説を書く時、あなたが気を付けている事は?
一人よがりにならないことですかね。あと、僕、なんだか誤字多いんですよ。気を付けているんですけど、あったらご報告ください(コラコラ!)一応、編集スタッフさんもいるのにこの自堕落です(駄目じゃん)

q34:小説を書く能力はどのようにして磨きますか?
読む。とにかく読む。ジャンルに限定される事なく読む。書く。とにかく書く。小説もそうだけど、エッセイとか他のテキストも書いてみる。僕の場合は必然的に演劇の脚本を書いていて、それが結びついているのかもしれません。詩とかも。未熟者ですけど。とにかく吸収する。小説以外のメディアやカルチャーを。僕ももっと頑張らなきゃです。

q35:ネタが無い時はどうしますか?
ネタの無い時はない。まぁ、これはしゃーない。いつか降ってきます。書きたいと思う限り。とにかくリラックス&リフレッシュですね。大量多作が現在の日本の風習ですが、それが全てじゃないですよ。うん。

q36:あなたが小説を書くうえで影響を受けたものはありますか?
影響は色々。と言うか僕、影響されやすい人間なんです。演劇であったり、映画であったり、音楽であったり。そういう全てのものがパズルのピースになってるはず。そのピースをもっともっと増やさなくちゃいけない。現在進行形で勉強中です。

q37:他の人の書いた小説を読む時、ついつい注目してしまうのはどういうところですか?
自分に無いものですね。それすごい! と単純に読後は思います。それをどう吸収するか。でもね、面白い作品は問答無用で夢中になります。それはアマプロ関係ないです。やっぱり面白いものは面白い、だと思います。

q38:これから書きたいテーマは?
愛でしょ愛。まぁ日本という国は愛が語られすぎているので、冒険と友情と笑いとか。不変なのはスコシフシギ(SF)ワールドですね。

q39:感想はどのように得ていますか?
自分のホームページの掲示板が主です。また書き込み寺という共同コンテンツに参加しているおかげで、色々な刺激を得ています。本当に一人にでも読んで頂く事ができて僕は幸せ者です。感謝。

q40:批評されてもいいですか?
書いて発表している時点で批評されるのは当然です。それが嫌なら掲載しなきゃいい。ただ、批評と批判は違うし、その言葉をより良い方向へ吸収するよう努力が必要でしょうね。何よりその作品を評価してくれる人は貴重だし、大切にしなくちゃいけない存在と僕は考えています。

q41:あなたの未来予想図。22世紀はどうなっていますか?
まずドラえもんがいます(笑)四次元ポケットに未来デパート、タイムマシーン、タケコプター、もう夢のような世界(なんだか違うぞ)個人的にはですね、22世紀までに戦争と核兵器を人類は完全に放棄して欲しい。戦争と血こそが歴史、と言う言葉は今世紀で消してほしい。それが多分、夢物語なのは理解していますけど。

q42:ますます発達する科学。人間のクローンについて貴方の考えは?
人間は神の領域に入ろうとしているんでしょ。禁断の果実。方法に罪はありません。問題はその方法をどう行使するかです。きっと科学医学の発展のためにクローンは作られていくでしょ。どう声高に叫んでも。人間が科学を過信して足下を救われないことを祈ります。そしてクローンとして作られた何らかの生物が、ゴミとして廃棄されない事を。

q43:超能力やUFOを信じますか?
能力を超えた力や未確認飛行物体はあると思いますよ。その昔は多くの人が、常識として天動説を信じていたわけだし。何が本当なのかは全然分からないわけで。もしかしたらさ、本当は地球が動いているように見えて、地球周囲の空間動いているだけなのかもしれないぜ? 引っ張られて(笑)世界に絶対は無い。だからそんなものは存在しないというのは証明しない限り吐いてはいけない言葉。もっともカルト的盲信もこれまた、いただけませんが。情報を整理し選択する冷静さが欲しいですね。常に。

q44:世界ま週末はどのように訪れると思いますか?
核戦争なのかウイルスなのか分かりませんが、地球という惑星の終局までは人類は生き残れない感じしますねぇ、なんだか。とりあえず武器はを捨てて、ペンで争えるようになれば、変わるかも知れませんが。

q45世界平和は実現しますか?
実現させなくちゃいけないんです(笑)僕たちは。生まれてくる子達に残してあげるものは核兵器の残骸と汚染と傷跡ではあまりに悲しすぎる。宗教紛争も簡単に解決できない問題ですけど、お互いがお互いの異文化を理解する。共用し、共感する。一緒に手を取り合う。ラインをなくして、本当の意味でのボーダーレス化をする。言葉の問題よりも心の問題です。世界の全てが「ピース」を掲げたら、案外、この問題はすぐに収まる。そう思います。「実現しますか?」は他人任せ。僕らに必要なのは「実現させましょう」なんです。何が出来るか分からないけど、生まれてくる子供達とこれからの未来のために。熱く語っちゃったなぁ(苦笑)

q46:最近の凶悪犯罪についてどう思いますか?
政治の対応の遅さと教育の反応の鈍さですね。時代は変わっているのに何もやっている事は変わらない。なぜこの国に終身刑は無いのだろうとか? どうして殺人を犯した未成年が懲役三年〜五年程度で出所するのだろうか? とか罪の重さに対しての償いの軽さ。そしてそういう時代に入っている教育の集団育成ではなく個々のメンタルな部分での成長になっているずなのに、未だに偏差値教育。これは僕が高校以前より騒がれている問題です。誰がではなく、社会の責任です。以前のモラルはあくまで以前の価値観という認識がこの国には薄いようです。

q47:政治家に物申す!
普通に仕事してください。貴方達の給料は国民の税金です。みあわない仕事しかできないのなら辞めてください。あんまりアホな事言わないで下さい。他の国の人達のいる前で。貴方達がいるから僕は日本人として恥ずかしい。そう言われたくないならまっとうに仕事して下さい。僕の言いたいのはそれだけです。

q48:宗教についてどう思いますか?
僕は宗教を信じるという感覚は無いのですが、素晴らしいと思います。それを支えにして生きられる。日々に教えがある。それに従ってつつましく生きる。昔の人はなんて勤勉だったんだろう、と思います。そこから一歩歩いて他人の信じている神様を許容するのだって全然オッケーでしょ。その宗教がその教えで誰かを傷つけない限り。

q49:一日は二十四時間ですが、ほんとは何時間くらい欲しいですか?
せめて倍は欲しいのですが、そうすると寝るまでに倍近くかかる・・・・僕、寝るの好きなので。やっぱり今のがベストなのかと最近しみじみ思います。

q50:現代に生まれて満足ですか? 現代以外ならいつ頃生まれたかった?
僕は満足です。現状には満足してないから、一生懸命なんですよね。で、生まれたかった時代ですか。時代と言うか好きな人の子どもの時、一緒だったらなぁ、なんて。知りたいじゃないですか、あの人のあの時こんな事して喜んだり悲しんだり・・・・いや、この話題やめましょ。もうやめましょ(苦笑)

q51:「ファンタジー」とは?
現実では書くことの出来ない世界です。ある意味、既存でない世界。だから既存である世界をベースにしたファンタジーが多いので、なんというか少し薄いお話が多いのは事実ですね。僕を含めて。エンデのオリジナル性の瑞々しさが、それを証明しています。

q52:何処かに引っ越しするとしたら次すは何処へ?
最近引っ越かせ多いのでしばらくは・・・と思いつつ、青森を出たいです。どこか南・・・雪の無い所へ(笑)

q53:旅は好きですか? 何処へ行きたいですか
可でも不可でもないですかね。僕、インドア派なんですよ。そうですねぇ行くとしたら、歴史的遺産のある場所。それこそエジプトであったりとか。ただ具合悪くなりそう。環境に適応できず(貧弱め!)

q54:登場人物の死について貴方の所見を
そりゃ痛いし嫌ですよ。できるだけ殺したくないし。だから死という死はあまり書かないですよね。アクションモノは別ですけど。血生臭いのはあまり好きじゃないですね、男のくせに(苦笑)

q55:メールや掲示板の書き込みなどで「顔文字」や「(笑)(爆)(死)」の類は使いますか??
ご覧の通り使ってます。顔文字も使いますよ。ただあくまでコミュニケーションのツールとしてですね。書くべき言葉、言うべき言葉、綴るべき言葉の時にはできるだけ描写する事を心がけます。だってテキスト系ですぜ? テキスト使わないと、はっはっはっ、みたいなね(この回答が一番意味不明)

q56:昨今の日本語の乱れはどう思いますか?
いゃあ、僕自身も乱れたものを使っているけど、言葉って常に変化しているじゃないですか。だから現時点でどれが正しい日本語なのかという疑問もありますが、せめて最低限、儀礼としての敬語は使いたいですよも。会社の面接で「オイッス」「自分的には〜みたいな〜」とか言うのはやばいでしょ。いや、後者のは今、言う人いないかも・・・・

q57:社会に不満を感じる時はありますか? どういう時ですか??
弱者が虐げられている時です。幼児虐待にしろ高齢者の介護にしろ、なんらかの障害を持って生まれた人、もってしまった人、それに対する悪意ある言葉や言動の全て。国・行政の対応。新幹線も道路も整備されなくてもいい、僕的には。ただ彼らが生きる事を保証されてこそ国家なんじゃないですしょうか? 観光地? オリンピック? それも大切かもしれませんが、それなら国家でなくても企業のレベルの話じゃないですか? 資本主義としての。それは経済の指針で、僕ら生きてる人間は金にはかえられない。まぁ、この国そのものが超大赤字国家なんですけどね。

q58:小さい頃、何になろうと思っていましたか?
警察官→どうぶつ王国(はははは、見たテレビの影響がなんだかわかる)→学校の先生→図書館司書・・・って感じで、なんで僕は今、介護福祉をやってんでしょ、という話です(笑)

q59:あなたの人生設計を教えてください?
今、好きな人がいて、その人とできるだけ長い距離を歩くことです。なんてね(笑)

q60:外はどんな天気ですか。風景も含めて少し描写してください。
窓を少し開けてみようと思います。アパートです。ここは裏に私立の大学があるので、そういうアパートが建ち並んでいます。そのアパートとアパートの隙間を縫って猫が全力疾走。うちの猫も一緒に走っていた気がするのは目の錯覚です。きっと。通りは人の通りはあまりありません。山に近い場所なんですけど、大学のおかげて少し賑やかな程度。近所にスーパーと銀行があるのがせめてもの救いでしょう。その閑散とした、というより静けさが包む中、聞こえる風の囁きに耳を傾けつつ、空を見上げてみました。青さが目に沁みます。どこまでも青く、その青さの中、雲の断片が流れるように通り過ぎていく。陽射しが雲に隠れて、またその暖かい素顔をさらす。素敵な休日です。お腹もすいたし、少し外を歩いてこようかな、とかそんな気分にさせてくれます。うん、腹減った・・・・

q61:読書感想文は得意でしたか?
はっきり言って苦手でした。あれに何のメリットがあるのか分かりません。文章を書く能力の育成と言うにしては仮題の幅が広すぎる。日本人は創造性や他者との議論という意味でのディスカッションをもっと力にしないと。いっそ、夏休みの仮題が「探偵小説」を書けとか、「学校」をお題にお話を作ってこいというのであれば、なんだか分かりますけどね。だから、僕、赤川次郎を読書感想文にしてやり直しくらったんですよ。本を読めば読書のはずなのにねぇ。今なら「ふたり」も読書感想文として受け入れられる気もするけど。なんにせよ、教育の素材は嫌いです。

q62:国語は好きでしたか? 好きだった学科を教えて下さい
国語は嫌いではなかったですよ。ただ、僕、興味ないものは興味ないので、偉い人らしい文章とか読んでても感銘うけなくて。強制的というのが好きじゃないらしいです。好きな学科は歴史でしたね。とにかくその授業になると先のページを読んでるんです。で、授業のポイントは押さえてなくて、点数がまた低い(駄目じゃん)まぁ、それなりの点数だからいいんです(苦笑)

q63:学校は好きですか?
嫌いですね。ただ学ぶ為に行く事を決めた短大時代は好きでしたよ。自分から勉強したかった分野だから、保育は。高校の時、演劇部の活動として学校に行くのは好きでしたね。あとはそこそこに勉強(笑)今考えるとなんてヤツだ、僕は(まったく)

q64:運動は得意ですか?
運動神経の無い人にそういう事を聞くのはいじめだと思いませんか?(苦笑)

q65:鉛筆の持ち方、正しく持ってますか?
持ってないです。それ言われると苦しいのですが、教えられる前に握っていたので、まぁ仕方ない。そう開き直ってます。ちなみに、僕、箸の持ち方も変なんだよねぇ。直す気さらさらないけど。

q66:実生活で「あぁ自分は小説書きだな……」と実感することはありますか?どういう時ですか
何気なくネタ考えたり、お話を頭の中で映像化してる時かなぁ。まぁ、自然な流れなんですよ、僕の中では。でもふと冷静になって、ああ他の人はこんな事、考えないんかなぁ、とか我に返る時があります。

q67:新聞はどこまでちゃんと読みますか?
うち新聞とってないんですけど、銭湯とか行くと風呂上がりにじっくり読みますよ。それこそ「天声人語」のコーナーまで。新聞は色々な事が盛りだくさんで面白いですが、いかせん。あんな広告ののってるものに金を出す気にはさらさらなりません。ゴミになるしね。

q68:購読している雑誌は?
今は買うのやめていますが、演劇ぶっくとMac Fan。前者はミーハー的な若者に支持のある若手劇団や役者のクローズアップ。後者はMacintosh専門誌。なんたって僕はMacユーザーですから。

q69:本は本屋で買いますか?古本屋?図書館派?
よほどの事が無い限り、新書は買いません。ほとんど古本屋。ちなみに図書館には僕の目当ての本が無いので、最近ほとんど行ってないのですが、ただで借りられる事を考えたら、利用しない手もないよなぁ、と思う昨今なのです。

q70:詩・短歌・絵など、小説以外で創作をしていますか?
一応、詩と演劇脚本なんかやってます。脚本の方は量が多くはないですが。詩は微妙です。詩のような歌詞のような。でも歌詞にも詩にもならない中途半端なものになってます(笑)

q71:恋人はいますか?
はい・・・なんか、そう言うと照れるじゃないですか。やめよーよ、こんな質問っ(赤面)

q72:何をしている時が一番、楽しいですか?
自分のしたい事をしてる時ですね。こういう時の僕は周りが目に入りません。親からも友達からも今まで散々、苦情の嵐が(マズイ)

q73:あなたの人生の支えはなんですか?
こんな僕を支えてくれる人。そして隣にいてくれる人。育ててくれた家族。今まで関わってきた人達。その人達がいてくれたから、諦めるという言葉は絶対に口にしたくない。同じく「しょうがないよね」という言葉も。何ができるかよりも、何をしてあげられるかを教えてくれた人達、全てに感謝を。人に優しくされたいのなら優しくしなさい、愛したいなら愛しなさい。そう教えてくれた人達の言葉を僕も伝えていきたいと思います。この場を借りてですが、ありがとうごさいます。

q74:懸賞小説に応募した事がありますか?
2004,springの時点ではまだです。これからガンガンと投稿してみなくちゃという気はしますけどね。何より挑戦しない事には何も始まりませんからね。で落選したら、ホームページで発表すりゃいい。こりゃお得(ソレなんか違う)

q75:日記は書いてますか?
書いてます。webのみですが。一応、お題なんか設けてつれづれと書いてます。オカザキのアホまるだしでよろしければ、こちらからお入り頂けるとオカザキ、どんなアホなのかよく分かりますので(感染注意)

q75:日記は書いてますか?
書いてます。webのみですが。一応、お題なんか設けてつれづれと書いてます。オカザキのアホまるだしでよろしければ、こちらからお入り頂けるとオカザキ、どんなアホなのかよく分かりますので(感染注意)

q76:今までで一番衝撃的だった事は?
まぁ、衝撃という衝撃はやっぱりヴェルヌとエンデという作家と出会えた事でしょうか。児童文学としても有名な方々なのですが、それでもこの方達の本と出会えた事の意味はかなり僕の中では重いです。

q77:睡眠時間は何時間くらいですか?
若いので六時間・五時間でも平気ですが(いつまで言えるそのセリフ)僕自身は平均八時間は欲しい・・・・寝るの大好き人間なもんで。ちなみに休みの日は10時間くらい平気で寝たい人です(自堕落決定)

q78:夜、眠りにつく前に布団の中で何を考えていますか?
お話かなぁ。うん。空想少年の名残と言うか、そんな感じ。とめどなくお話を考えて寝て、それの断片がヒントになってMac起動し書いて・・・になってると想います。はい。

q79:長時間電車に乗る時、電車の中で何をしますか?
電車通学は高校以来で旅行以外は乗らないのですが、乗るとやっぱ本ですね。とにかく読んで読んで読んでます。

q80:ネタになりそうな実体験を教えてください
僕は元保育士なのですが・・・・・その担当していた子のお姉さんが・・・・・ええ、小学生の初恋ですか、きっと? 僕にアタックしてきて、そりゃもう大変でした。なんかこんなジュニアノベルあるよねぇ。年齢差の恋みたいな。近所のお兄ちゃんみたいなさぁ。絶対、そんなのいいもんじゃないから! だいたい多感な時期で、どうすればベストに傷つけないか、とか本当に大変だったんだから。下手すりゃ教育問題たぜ? ネタにしなくないよぅ、こんなの(泣)

q81:どうして小説を書くのですか?
書きたいから書く。呼吸と同じですね。昔はプロになりたいみたいな事も考えていましたが、今は書ける事読む事が本当に好きなだ、という結論に達しました。それで評価されたらそれはされでありがたいことですし、嬉しいです。

q82:小説を書いていて嬉しい・楽しい時はどんな時ですか?
お話が乗っている時ですね、文章に。もうキャラクター達の賑やかなことといったら。でも最大に嬉しいのはやっぱり感想をもらった時。楽しんで頂けた時。努力怠ることなかれ、ですね。本当に。精進精進。

q83:小説を書くうえで苦労する事は?
自分の文章力、描写力、構成力の無さ。低さ。レベルの低さ。そりゃもう小人なみに。より映像的でありながら心理描写がひりひりと伝わる、それでいてテンポのいい、ページをめくる手が止まらない、そんなお話を書けるようになりたい。それが目標ですか。うーん・・・遠い目標だ・・・・

q84:小説を書くう時の状況は?
Macの前。音楽はガンガンにかけてます。ジャンル不特定。後は特にないかなぁ。資料があれば資料を広げるし。後はとにかく書く書く書く書く、これに尽きます。飲み物はあまり飲まないですね。集中していると。お菓子とかも。それはリラックスタイムまでお預けです(笑)

q85:周りの友人、家族などは貴方が小説書きである事を知っていますか?
仲のいい人はほとんど知っていますね。家族なんか呆れて口が塞がらないとすら言ってます。ただ最近は知り合う人にそういう事を言いません。それは僕の個人的な趣味でそれを高らかに言う必要もないし、今ここで出会って僕のお話を読んでくれる人達の方が重要ですから。だから、ありがとうございます、なんです。 

q86:あなたの周りには小説書きはいますか?
あぁ、いないですねぇ。そういえば(笑)むしろいないから、僕は偏りなく挑めるのかもしれません。いいんですよ。誰がやってるからじゃなくて好きなものは好きですから。

q86:スランプに陥ったらどうしますか? どう乗り切りましたか? 
スランプはいつでもありますからねぇ、本を読む。音楽を聴く。映画を見る。演劇を見る。猫と遊ぶ。料理をする。ドライブに行く。まぁ、色々ですが、とにかくリフレッシュandリラックスですかね。

q88:長時間パソコンと向き合うと目が疲れませんか? 対策はしていますか?
まぁ、休憩と目薬くらいかなぁ。できるだけ休憩いれて散歩とかするようにしてますよ、集中する日は特に。それぐらいしか僕、してないなぁ。フィルターをディスプレイにつければ違うかもだけど。

q89:最近、難解な漢字を使用する作家が多いようですが、あなたはどうですか?
僕はさほど難解な漢字は使用しないですね。たまに読めないものあるらしいですが、まぁそれは愛嬌。ただ読めない漢字は辞書を開けばわかるわけで、それが門だいなのかどうか、僕はイチマイチぴんときません。言葉を知る事つまりは新しい表現領域を広げることだと思いますしね。

q90:こういう小説は許せない!
まぁ、人を傷つけてなきゃ良しじゃないでしょうか。書くのは人の自由だし。それこそプライバシーの侵害とか言葉の暴力でなければ。表現のモラルは人が人としてのモラルでしょ。ただ、あれですね。許せないというかしてほしくないのは、言語武装して「自分はすげー作家だぜぇ」みたいなのはやめようね。大事なのはお話で、書き手の個性ではないとオカザキは思いますよ。

q91:自分の小説に満足していますか?
してないですね。これでもかというくらいしてないです。したら僕は小説書かないんじゃないかなぁ、と思います。そう意味で欲求不満(笑)だから書くんでしょーね。

q92:他人のオンライン小説をどのくらい読みますか?
読む頻度は高いですね。特に読書欲高くて、お金の無い時なんか(オイオイオイオイッ)それは冗談としても出版されたものにはない、ストレートで瑞々しい感性に溢れてますからね。勉強させてもらってます。

q93:同人誌に参加したことはありますか?
無いです(きっぱり)いや、だってね、第三者に小説を読ませるのはホームページを開設してからなんですわ、これがまた。嘘のような本当の話なんです。

q94:将来プロの作家になりたいですか?
それはなりたいですよぅ(笑)でも「なる」と思ってなれるものでもないし、僕はお話を書くことが好きなんです。それを嫌いになりたくないので。まぁ、なるようになるんじゃないですか、という感じです。

q95:それはどうしてですか?
なれるかどうかは僕の決める事じゃありません。運が左右されるとは赤川次郎さんがエッセイの中で言ってましたし、僕もそうおもいます。まして好きなことをビジネスにするわけですから、半端な覚悟じゃできません。僕は自分の文章を売る度胸はまだないですね。

q96:あなたの自作小説を一つだけ薦めて下さい。
「星降る夜に願いをかけて」

q97:構想中のネタをこっそりと教えて下さい
動物の言葉を理解する獣医と人間の言葉を学習した猫/スーパーコンピュータC.H(シャーロックホームズ)/クローンから生まれた超能力少年少女の物語。少年達の英雄伝説のキャラで/サードアイという超常現象が見える少年の物語。タイトル、南極星の演劇団/ホワイト・クリスという女性町医者がおこす奇跡と人情。不可能を可能にする医療/保育園の保育士佐々木集太君の日々戦争のような挑戦。子どもはみんなの宝物です/21st century ノーチラス号 あるいは深海のネバーランド/ムーン・ナイト・レジェンド。大河ファンタジー。月の洗礼を受けた騎士が巻き起こすアクションファンタジー。月が目覚めるとき、国が滅び生まれる/モノガタライズ 詩と物語の連動/ナイトキャット 昔ニンゲンだった猫の守るべきもの、彷徨う夜/空中都市の栄華と滅亡/世界の誕生とともにあった金と銀のメダル/電脳空間漂流。ネットのロビンソンクルーソー/ショウコ先生フライアウト オカザキ流教師物語/貴方にそっくりのクローンが僕を本気で好きになる/オシャベリ天使/そして街は黄昏へと消える 古代遺跡の上に街ができた/普通の女の子が魔王に恋をした/歴史物語 銀王子と白鷹が巡る七世界/spiral螺旋世界に迷い込んだ女の子/・・・・・とか、まぁ、色々考えてました(苦笑)そのうちの幾つ実現可能なのか、オカザキには皆目見当もつきません(書けや)

q98:いつまで小説を書きつづけますか?
書けるまで。書けなくなるまで。僕が諦めるまで。僕がお話を嫌いになるまで。呼吸をやめる時です、やめるのは。それまでは全力で書いて書いて書いて精進します(笑)

q99:読者に一言
とにかく読んで損はない、というお話が書けるように頑張りますので、気ままなオカザキについてきて頂けるのなら、是非とも応援よろしくお願いします。それから、自分も物書きだ、という方。ガンガンと教えて下さい。僕も貴方のお話が読みたいし、一緒にピックになりたいです。そして、超電導物語空間をどうかよろしくお願い致します。

q100:あとがき
終わった・・・・100の質問って大変だなぁ、としみじみしつつ。この質問を提供してくださいました紺野様に本当に感謝を。そして最後まで読んで下さいました皆様にも改めて感謝御礼申し上げます。ありがとうごさいましたm(__)m




モドル
オカエリハコチラカラ。