人と人の関係を「つなぎ」、金属と金属を「つなぎ」ます。それが蓮合金属です。

アルミと銅、ステンレス…金属接合ならどんなモノでも!つなぎます。
今まで難しいと思われた金属の結合もお任せ下さい。・・・つないでみせます。

開設日:2006年1月28日 最終更新日:2006年1月28日

Counter

接合サンプル画像・分割機械加工アルミハンダ付け
アルミローラー部品・接合前サンプルアルミローラー部品・接合後サンプル
アルミローラー部品、接合サンプルです。

@「A」・「B」の内径の旋盤加工を行ってから

A「A」と「B」をアルミハンダAM-350で接合したものがCです。
B強度は母材切断で接合部分では、はずれません。
ロー付け、ハンダ付けノウハウには自信あり。
ご相談いただけたら、要望に合うご提案をいたします。



蓮合金属の技術は全て私のによるものです。

アルミと銅、ステンレスなど技術のいる金属接合が得意!

「何のために必要な部品なのか」という視点から考え必要な技術に集中したご提案することでコストをかけずに最高の技術をご提供することをモットーにしています!




ただいま金属を接合中です。

この時・・・じっくりと「金属と対話」をしております。対話を通じて、「金属の表情、金属同士が溶け合う様、表面の色の変化」などをつかんで最適な接合を行います。


蓮合金属代表・茅野卓史(ちの たかし)・技術習得歴
石川島播磨重工業・・・溶接と図面の展開
日本アルミット・・・アルミハンダ を習得
現在、蓮合金属にてお客様からのご要望にお応えし
最適な接合技術を創意工夫開発しご提供しております
仕事についての考え方
・最初から、仕事を断らないまず相手と仲良くなってから、打ち合わせに入る。
・人とのつながりを大事にする・・・多くの人との繋がりが自分を助けてくれる
・自分がして欲しい事を相手にしてあげる・・・相手の立場を自分の立場に変換して対応する。
・自分が作ったものが、実際に世の中で活躍しているのを見ると本当に嬉しくなる。
蓮合金属・会社概要
代表 茅野卓史(ちの たかし)
開業年 平成元年・1989年
営業品目 金属(アルミ、銅、真鍮、亜鉛、ステンレス、鉄など)の
はんだ付・ろう付加工・異種金属間の接合技術開発
特徴的な接合品受注例 アルミ鋳物とステンレスの金属間接合
(液晶テレビを作る機械の部品・・・熱交換器)

ヒートシンク
  (コンピューターのCPUを冷却する放熱フィン)
本社・工場所在地 〒173-0012 東京都板橋区大和町48-13
電話 03−3961−8894
ファクシミリ 03−3962−6725
E−Mail・アドレス chino@mono-net.gr.jp
このホームページの内容
1、私の技術歴 今までの技術習得歴をまとめてみました。
2、仕事の進め方 お問合せから生産まで仕事の進め方です。(工事中)
3、リンク集 仕事に役立つサイトから楽しいサイトまでリンクしています。
0、トップページ トップページに戻る時はこちら