★ 生殺与奪!無理無体!官に負けたら民イジメ!
   〜 増税すればこうなるの!? 能登守・藤原通宗!!

ホーム>バックナンバー2012>消費増税国会

消費増税国会
1.シロアリの城
2.シロアリ取りがシロアリ
3.シロアリの親玉

 はい、みなさま。
 復興元年も二か月目に入りました。
 日本復興のために今日もがんばって生きましょう!

 国会は攻守交代しました。
 打って守って前と同じことをやっています。
 また、チェンジがあるんでしょうか?
 野球じゃありません!

 国会議員の活躍が見えません。
 官僚は今のうちに色々やっているようです。
 福島第一原発の状況もよく分かりません
(「福島味」参照)
 長期戦になることだけは分かっています。

 各地で原発が止まってます。
 燃料費は上がってます。
 電気代も上がります。
 医療費負担も上がります。
 年金は削られます。
 収入は増えません。
 デフレは収まりません。
 なのに消費税ほか増税なんです。
 これって、いわゆるその、圧政じゃないんでしょうか?

「財政が苦しいんだから、増税は仕方がない」
 政府は分かっていません。
 国と民は一心同体なんです。
 国家の財政が苦しいときは、国民の生活だって苦しいんです。
 今に分かります。
 無理やり増税したところで、思うように徴収できるはずがありません。

 はい、というわけで今回は平安時代末期の歌人・藤原通宗(ふじわらのみちむね)能登として赴任していた時の話を取り上げます。
 弊サイトではよく使う『今昔物語集』にある話なので、御存知の方もおられるかと存じます。
 御存知でない方も、どこかで見たような錯覚をされる方も多いかと存じます。

[2012年1月末日執筆]
参考文献はコチラ

「能登守藤原通宗」登場人物

【藤原通宗】ふじわらのみちむね。能登守。歌人。実頼の子孫。

【シロアリのボス】在庁官人の長老。

【国衙の役人たち】
【押領使】
【能登光浦の漁民たち


【オレの女!な海女】