★ 一網打尽!万事休す!そして私は燃やされる!?
 〜 約束破れば火あぶりの刑!?北条泰時の善政!!

ホーム>バックナンバー2009>善政とは何か?

善政とは何か?
1.一家心中寸前の家族
2.売り飛ばされる家族
3.追い詰められる家族

 自民党(麻生太郎総裁)民主党(鳩山由紀夫代表)は争っています。
 自民党内だけでも割れています。
 相変わらず政治家は官僚に歯が立ちません。
 地方は中央に対して反旗を翻しました。

 彼らの戦いに、国民の心意はあるのでしょうか?
「国民のために戦う!」
 と、叫びながら、結局は利権の奪い合いをしているだけではないでしょうか?

 善政とは何でしょうか?
 税金を安くすることでしょうか?
 国民によりよいサービスを提供することでしょうか?

 が、政治家はこの両方はできないと言います。
 よりよいサービスを提供するためには、それなりの税金が必要だというのです。

 それでは当たり前のことではないでしょうか?
 当たり前の政治ではないでしょうか?
 安い税金なのにサービスがいい!
 両方を同時に行ってこそ、善政というのではありませんか?

 もっとも、当たり前の政治すら、なかなかできないのでしょうが――。

 はい。というわけで今回は鎌倉時代三代執権北条泰時に登場してもらいました(「北条氏略系図」参照)
 これは泰時執権になる前、十九歳の時の逸話です。

[2009年6月末日執筆]
参考文献はコチラ

「北条泰時の善政」登場人物

【 私 】伊豆北条の農民。

【私の妻】
【私の老母】
【私の子供たち】

【隣家のダンナ】
【隣家の隣家のダンナ】

【その他伊豆北条の人々】
【役人たち】
【北条泰時の家来たち】

【北条泰時】
ほうじょうやすとき。御曹司。義時の子。後の鎌倉幕府三代執権。


歴史チップス ホームページ