★ 白砂青松!遠路遥々!?波のまにまに何かいる!!
  〜 仰天!奈良十輪院開基・朝野魚養の秘密!!

ホーム>バックナンバー2012>何ちゅうか中韓

何ちゅうか中韓
1.日本の妻
2.唐のオンナ
3.波のまにまに

 平成二十四年(2012)八月十七日、「十年に一人の大物次官」とされる勝栄二郎(かつえいじろう)財務事務次官が退官した。
 長年の財務省の悲願、消費税増税法成立を見届けてのことであった。
 消費増税法が成立したのは八月十日のことである。
(今がチャンス!)
 と、思ったかどうか知らないが、この日韓国で動いた男がいた。
 韓国大統領・李明博
(イ・ミョンバク)である。
 李はこの日午後に電撃的に竹島
(たけしま。島根県隠岐の島町。「国境味」参照)を訪問、
独島
(ドクト・トクト。竹島)は我が領土!」
 と、高らかに宣言したのである。

 野田佳彦(のだよしひこ)首相は動くことはできなかった。
 野田にとっては勝への「贖罪
(しょくざい)」の方が大切だったのであろう。
 玄葉光一郎
(げんばこういちろう)外相が、
国際司法裁判所に提訴する」
 と、韓国を非難したのは、十一日のことであった。

 一方、この機に乗じて中国では尖閣諸島(せんかくしょとう。沖縄県石垣市。「尖閣味」参照)を目指す連中がいた。
 八月十五日、香港
(ホンコン)の活動団体「保釣行動委員会(ほしゃくこうどういいんかい)」のメンバーが尖閣諸島の魚釣島(うおつりじま)に上陸し、海上保安庁に逮捕されたのである。
 メンバーは強制送還されたが、中国国内では反日デモが続発、二十七日には、丹羽宇一郎
(にわういちろう)中国大使の公用車が北京市内で襲われ、国旗が奪われる事件まで起こった。

 はい。というわけで今回は中国味である。
 奈良時代の学者政治家・吉備真備の「隠し子」のお話をお届けします。
 真備の弊サイト登場は六回目ですが、今回は初めての主人公です
(「暴発味」「辞任味」「意地味」「女帝味」「ヤミ味」参照)

[2012年8月末日執筆]
参考文献はコチラ

「朝野魚養の秘密」登場人物

【下道(吉備)真備】しもつみちの(きび)まきび。遣唐留学生→官人。

【下道真備の妻】


【下道(吉備)由利】
しもつみちの(きび)ゆり。真備の娘または妹。

【朝野(忍海原)魚養】
あさのの(おしぬみはら)なかい・うおかい。真備の隠し子。

【唐のオンナ】