★ 妨害! 恐喝! 暴行! 殺人! そこまでやっても勝てなーい!
〜 古今未曽有の流血選挙戦・明治二十五年選挙干渉事件!!
!

ホーム>バックナンバー2003>第四十三回衆議院議員総選挙

第四十三回衆議院議員総選挙
1.第一議会 〜 第一次山県有朋内閣
2.第二議会 〜 第一次松方正義内閣
3.第二回衆議院議員総選挙 〜 選挙大干渉

 平成十五年(2003)十月二十八日、第四十三回衆議院議員総選挙が公示され、十一月九日の投票日に向け、選挙戦が開始された。
 今回の注目は、自民党vs民主党である。
 自民党は、安倍晋三
(あべしんぞう。「安倍味」参照)幹事長人気に乗じて圧勝することができるのか?
 それとも、自由党と合体し、いち早くマニフェストを掲げた民主党が、まさかの政権交代を成し遂げることができるのか?
 すべては投票箱を開けてのお楽しみである。

*          *          *

 今回は「明治二十五年選挙干渉事件」を採り上げたい。
 第一次松方正義内閣を崩壊させた「品川弥二郎
(しながわやじろう)の選挙大干渉」である。
民党候補者を一人も議場に戻すな」
 元老山県有朋の内命を受けた内相
(内務省長官)・品川弥二郎が全国の知事・警部長(今の警察本部長)に号令、思い付く限りの手段を尽くして吏党候補者を応援、民党候補者をつぶしにかかったのである。
 この事件で、全国で二十五人が死亡、三百八十八人が負傷するという未曽有の大流血選挙戦となった。

 たかが選挙でなぜこのような凄惨(せいさん)な殺戮(さつりく)が行われたのか?
 なぜ山県や品川は、これほどまでに民党を嫌ったのか?
 それでもなぜ、民党候補者たちは戦わなければならなかったのか?
 すべては読んでのお楽しみである。

[2003年10月末日執筆]
ゆかりの地の地図
参考文献はコチラ

「明治二十五年選挙干渉事件」主な登場人物 

【山県有朋】やまがたありとも。首相。元老。陸軍閥の巨人。

【品川弥二郎】しながわやじろう。内相。山県有朋の側近。

【伊藤博文】いとうひろぶみ。貴族院議長。元老。
【松方正義】まつかたまさよし。首相・蔵相。
【樺山資紀】かばやますけのり。海相。蛮勇演説をぶちまかす。

【徒党の連中】警察に雇われた右翼・暴力団・チンピラなど。


【大江 卓】
おおえたく。衆院予算委員長。立憲自由党土佐派。
【中江兆民】なかえちょうみん。立憲自由党の実力者。
【松田正久】まつだまさひさ。衆院予算委員長。

【 星 亨 】ほしとおる。立憲自由党の実力者。自由党を再建。

歴史チップスホームページ