★ 正体不明!恐怖絶頂!雨の夜には何かが起こる!?
  〜 御存知!身の毛がよだつ最恐怪物?「ふるやのもり」!!

ホーム>バックナンバー2013>「半沢直樹」と福島第一原発汚染水漏れ問題

「半沢直樹」と汚染水漏れ問題
1.やられたらやり返す
2.泥棒とオオカミに倍返し
3.サルには十倍返し

 NHK朝の連ドラ「あまちゃん(宮藤官九郎作)」は甘ちゃんではあるまい。
 大河ドラマ「八重の桜
(山本むつみ作)」もうらやむ平均視聴率二十パーセントを超す優良連ドラである(平成二十五年八月現在)
 ところが、漏れ聞くところによると、TBS系の夜ドラ「半沢直樹
(はんざわなおき。池井戸潤作)」は、もっとすごいらしい。

 漏れといえば、福島第一原発地上タンク汚染水漏れ問題である。
 東京電力は八月十九日に、
漏れたのは少なくとも百二十リットル」
 としていたが、翌二十日に、
「三百トンだった」
 と、桁違いに大幅訂正した。
 この問題は国際的な事故評価尺度(INES)のレベル三とされ、世界中のメディアが大々的に取り上げた。

 はい。というわけで今回は「怖い漏れ」ということで昔話「ふるやのもり」をお届けします。
なんか見たことあるなー」
 とか、おっしゃらないでください。
 有名な昔話なので、少年少女の頃に誰でも一度は御覧になったはずです。
「そうじゃなくて、何か最近見たことあるなー」
 それはいわゆる、パクパク――、じゃなくて、パロディーという気のせいでしょう。

[2013年8月末日執筆]
参考文献はコチラ

「ふるやのもり」登場人物

【おじいさん】

【おばあさん】

【鳥鎌メッシ】とりかまめっし。ニワトリ。
【国光恵子】こっこうけいこ。ニワトリ。
【戸坂ジャン】とさかじゃん。ニワトリ。
【鳥羽沙紀】とばさき。ニワトリ。

【泥棒】

【サル】

【オオカミ】