★ ああ非情!邦人たちの無念の叫びがこだまする!!
  〜 日本史上最悪の理不尽海難・ノルマントン号事件!!

ホーム>バックナンバー2008>イージス艦衝突事故

イージス艦衝突事故
1.ああ、乗っちまった
2.ああ、遊んじまった
3.ああ、沈んじまった

 平成二十年(2008)二月、千葉県房総半島沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」とマグロ延縄(はえなわ)漁船「清徳丸(せいとくまる)」が衝突、清徳丸は沈没し、漁師父子は行方不明になった。

「時事チップス」イージス艦事故関連
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52030254.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52049407.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52050742.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52072662.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52087680.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52177670.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52210316.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/52261963.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61026534.html

「漁船のほうが退いてくれると思った」
 失敗時に誰でも言いそうな言い訳である。言い訳は言い訳であって、反省ではない。
 衝突時の諸情報がコロコロ変わるのも不思議である。
 自衛隊はいったい何を守っているのか、今一度よく考えるべきであろう。
 また、誰に食わせてもらっているかも、今一度よく思い出すべきであろう。

 軍事的にもこの事故は大ミスである。
 自衛隊は国内だけではなく、世界中に大恥を公表し、弱点をさらけ出したことになるからである。脆弱
(ぜいじゃく)な体制や、非戦略上の隠蔽(いんぺい)体質はただちに改善されなければならない。

 それにしても、日本は海に囲まれているだけあって海難事故が多い。
 日本史上最悪の海難事故は、死者千百五十五名を出した昭和二十九年(1954)の台風十五号
(洞爺丸台風)による青函連絡船「洞爺丸(とうやまる)」沈没事故であるが、今回は日本史上最悪の理不尽海難事件・ノルマントン号事件を紹介したい。

 不平等条約下で起こったこの海難事件は、当時の大英帝国のおごりを示すものである。
 海上自衛隊の面々には、ぜひこの事件を見習ってほしくないものである。

[2008年2月末日執筆]
参考文献はコチラ

「ノルマントン号事件」登場人物

【 私 】ノルマントン号日本人乗客。

【私の友人】
【イギリス人を悪く言う人】

【病 人】ノルマントン号日本人乗客。元巡査。高知出身。

【女子供】ノルマントン号日本人乗客。

【日本人乗客たち】
【外国人乗員たち】

【国民たち】

【イギリス人水夫】

【ドレーク】ノルマントン号船長。イギリス人。


歴史チップス ホームページ