★ 燎原之火!周章狼狽!火の水、泥流迫りくる!!
  〜 上野国鎌原村壊滅!天明の浅間山大噴火!!

ホーム>バックナンバー2012>富士山などは噴火するのか?

富士山などは噴火するのか?
1.地獄を呼ぶ女
2.地獄が近い女
3.地獄を見た女
4.地獄が来た女

 富士山(ふじさん。山梨県静岡県)はいつ噴火してもおかしくないという。
 周期的にはそろそろきそうだといわれている。
 もう何十年も前からいわれていることである。

 かつて富士山は活発に活動していた。
 平安時代の伝奇物語『竹取物語
(「偽装味」参照)には、山頂から噴煙を上げていたことが記されている。
 有史以来の大規模な噴火としては、貞観六年(864)七月のものと、宝永四年(1707)十一月のものが知られている。
 が、宝永の噴火を最後に不気味に沈黙してしまった。

 富士山の女神・木花開耶姫(このはなのさくやびめ)については「山岳味」で紹介したので(「富士味」も参照)、今回は天明の飢饉の一因にもなった江戸時代最大級の火山噴火「天明の浅間山大噴火」を採り上げます。
 そうです。「東洋のポンペイ
(Pompeii)」とも呼ばれる上野の鎌原村(かんばらむら。群馬県嬬恋村)を襲った悲劇の物語です。
ああ。ってことは、今回は悲しい物語なのか……」
 申し訳ございません。そのつもりで書き始めたのですが、どうにも私には悲しい物語は書けないようです。

[2012年3月末日執筆]
参考文献はコチラ

「天明の浅間山大噴火」登場人物

【悪い女】上野国鎌原村の村民。死ね死ねブスブス女。

【二股男】

【良い女】

【二股男の母親】

【古老】

【ブサイクナンバーワン】

【悪い女のダチの若者たち】
【子供たち】

【黒岩長左衛門】
くろいわちょうざえもん。大笹村の富裕層。