吉原豪遊!大金乱舞!雪見の席にヤツが来た!
  〜 豪商頂上決戦!奈良屋茂左衛門vs紀伊国屋文左衛門!!

ホーム>バックナンバー2011>井川意高(いかわもとたか)大王製紙前会長巨額借り入れ事件

大王製紙巨額借り入れ事件
★  奈良茂vs紀文
「時事チップス」井川大王関連記事
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61396091.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61462281.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61466800.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61526090.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61554992.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61557558.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61557927.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61558071.html

  売り家と唐様(からよう)で書く三代目

 先月(平成二十三年十一月)江戸時代川柳を地でゆく男が逮捕された。
 会社のカネ百数十億円をマカオのカジノですっちまった井川意高
(いかわもとたか)大王製紙前会長である。

  人としてクズは景気にとって神

(「時事チップス」2011.10/18条より)

 惜しむらくは、国外で使っちまったことである。
 マカオの「GDP」を上げるくらいであれば、国内で浪費すべきであった!
 使って使って使いまくって、日本復興景気回復経済大爆発に貢献すべきであった!
 神にもなれなかった彼は、ただのクズである。

 そうそう。江戸時代にもとんでもない放蕩(ほうとう)豪商がいた。
消費味」では淀屋辰五郎
(よどやたつごろう)を紹介したが、彼にも勝って有名なのが、江戸霊岸島(れいがんじま。東京都中央区)豪商・奈良屋茂左衛門(ならやもざえもん)と、江戸八丁堀(はっちょうぼり。中央区)豪商・紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)である。
 今回は両豪商による吉原
(よしわら。東京都台東区)での意地の張り合いを紹介します
「ああ!雪見のヤツだな」
 ハタと手を打たれた方もおられると思いますが、おそらく、その勝敗は逆になっております。

[2011年11月末日執筆]
参考文献はコチラ

「奈良茂vs紀文」登場人物

【奈良屋茂左衛門】ならやもざえもん。江戸霊岸島の豪商。

【 お 糸 】おいと。茂左衛門の妻。文左衛門の妹(または娘)。

【市兵衛】
いちべえ。奈良屋の番頭。

【吉原の花魁・禿・幇間たち】
【ド貧民たち】

【治兵衛】じへえ。紀伊国屋の番頭。

【紀伊国屋文左衛門】
きのくにやぶんざえもん。江戸八丁堀の豪商。