★ 生々流転!酔狂仙人!三度の飯より酒びたり!?
  〜 近代日本画壇の最高峰・横山大観の酒人生!!

ホーム>バックナンバー2015>芸術の秋

芸術の秋
1.岡倉天心
2.滝沢 文
3.遠藤直子
4.横山静子
5.五島慶太

 はい、みなさんこんにちは。
 先月はゲイの話
(「男色味」参照)だったので、今月はゲイジュツの話です。
 平成三十三年(2020)に予定されている東京五輪関連で、二人の芸術家
(ザハ・ハディド&佐野研二郎)が追い払われましたが、「芸術の秋」なんです。

 という訳で今回は近代日本画壇の最高峰・横山大観と酒の逸話を紹介します。
 そうです。
 大観といえば、覚えている方は覚えている、
「酒を主食にしていながら九十一歳という天寿を全うした男」
 なのです
(「朦朧味」参照)
 では、実際どのような酒人生だったんでしょうか?
 あっ、あらかじめお断りしておきますが、大観ファンの方は、こんなの読んじゃいけません。
 この物語には彼の名作は何一つ出てきませんし、偉大さも感じませんので
(ある意味偉大ですが)、そういうものをお求めの方は、関連の美術館や記念館へどうぞ(「ゆかりの地の地図」参照)

[2015年9月末日執筆]
ゆかりの地の地図
参考文献はコチラ

「横山大観の酒人生」登場人物

【横山大観】よこやまたいかん。酒豪。人生朦朧体。

【滝沢文(文子)】
たきざわぶん(ぶんこ)。大観の最初の妻。
【遠藤直子】えんどうなおこ。大観の2番目の妻。
【横山静子】よこやましずこ。大観の3番目の妻。20歳以上年下。

【岡倉天心】おかくらてんしん。アルハラ上司。美術愛好家。

【山根 薫】やまねかおる。酒造家。酔心山根本店3代目当主。

【「酔心」東京支店の店員】
【五島慶太の部下たち】

【五島慶太】ごとうけいた。最強の運び屋。元運輸通信相。東急グループ創業者。