1.裏切り者と呼ばれて

ホーム>バックナンバー2014>1.裏切り者と呼ばれて

アナと雪の女王
1.裏切り者と呼ばれて
2.私は裏切ってはいない
3.本当の裏切り者とは?

 誰も好き好んで裏切る者はいません。
 弱者につけば滅びるんです。
 強者につかなければ生き残れないんです。
 義なんて叫んだところで何もなりません。
 天正三年(1575)の長篠城の戦で、私はそれを目の当たりにしました。
 そうです。あの時、鳥居強右衛門
(とりいすねえもん。勝商)を捕えたのは私の部下でした(「人質味」参照)
 当時の私の主君・武田勝頼
(たけだかつより)は寛容でした。
 強右衛門に義を捨てさせて勇者の軍団・武田軍に加えようとしたのです。
 私も強右衛門を説得しました。
『お前は勇者になるべきだ。共に勝頼様のもと、天下を目指そうではないか』
 しかし彼は義を捨てませんでした。
 そのため命を奪われたのです。
 カラスに食われていた彼の無残な遺体を見て、私は心に誓いました。
(義は無力だ。私はこんな死に方はしない!私は誰にも押さえつけられず、自分のために、ありのままに生きてやる!)

 戦国時代は強者と弱者はめまぐるしく入れ替わります。
 状況に応じて主君を替えることは仕方のないことでしょう。
 私はまだ我慢強い方です。
 武田から織田、一回替えただけじゃないですか。
 それなのに私は、小山田信茂
(おやまだのぶしげ)と並ぶ武田家中随一の裏切り者とされています。
 私をおとしめたものは何でしょうか?
 やはり、あの無残な最期でしょう。
「アハハ!武田を裏切ったむくいだ!これ以上裏切り者にふさわしい死に方があろうか?」
 そうです。皮肉なことに何よりも無残な最期を嫌っていた私が、あんなにも無残な最期を遂げてしまったのです。
 私の失敗もまた、義を捨てなかったことでした。
(まさか、あの方が私を裏切るはずがない……)
 そうです。義を信じていなかった私もまた、義に殉じてしまったのです……。

歴史チップス ホームページ