治療経過について 

     ○ 身体の中にまだ残る癌細胞をやっつけるため、TS−1という抗癌剤を服用することになりました。1日2回、朝と夜食事後に服用します。
        主な副作用として、「口内炎」「4回以上の下痢」「発疹」「皮膚や爪の黒ずみ」など様々です。私がこれまでに出た副作用としては、味がよく
       わからない・下痢・口内炎が少し出来た・皮膚や爪の黒ずみです。何か気になることがあれば、いつでも主治医に相談をといわれ、また休み
       のときでも、大学病院へ電話して宿直の先生に相談できたので、安心できました。私の副作用は軽いらしいです。

    

       H、17,12,20からH、18年1月16日まで・・・1クール目
            (退院後、1月1日ごろから6日ごろまで下痢が続く。食事もあまりとれず、下痢を1日5回から7回ほど続くので、体力を消耗した。
             そこで、かかりつけの医院へ7日にかかり、まずは栄養をと点滴をしてもらう。血液検査後、整腸剤、下痢止めを処方してもらう。
             ようやく下痢も治まり、食事も少しづつ食べられるようになる。)

    
   
          H.18年1月20日〜2月2日で・・・お休み
            1月26日(血液検査の結果)・・・CEA 49.0, CA19−9が41.6(CEAの正常値は、5.0以下です。ちなみに退院時は150でした。)
            2月3日〜3月2日まで・・・・・2クール目(このときはほとんど副作用がなく、おいしく食事がいただけました。)
            3月3日〜3月16日まで・・・・お休み
            3月14日(血液検査の結果)・・・CEA 9.2, CA19ー9 が35.3(37以下正常値)
            3月17日〜4月13日まで・・・3クール目(3クール目のときは、口の中が腫れ、味がややわかりづらく小さい口内炎ができました。)
            4月15日〜4月27日まで・・・お休み
            4月27日(血液検査の結果)・・・CEA 4.6, CA19−9が 33.0(どちらも正常値になりました。)
            4月28日〜5月24日まで・・・4クール目(今のところ、副作用はありません。後半、食事の量が少し減りました。また、口内炎が少し
                               できました。)
            5月25日〜6月7日まで・・・お休み
            6月8日(血液検査の結果)・・・・CEA 4.6,CA19−9は37.5(O.5オーバーですが、問題ないとのことでした。)
                 (CTの結果)・・・・・・・・・異常なし
            6月9日〜7月6日まで・・・・・・5クール目(後半、舌のしびれがでる。また、7/2ごろから口内炎ができました。)
            7月7日〜7月21日まで・・・・・お休み
            7月20日(血液検査の結果)・・・CEA 4.1、 CA19−9が34.1(どちらも正常値でほっとしました。)
            7月22日〜8月18日まで・・・6クール目
            8月5日・・・・・・・・・・・・・・・・・6クール目も後半にさしかかったせいか、口内炎がひとつできた。なんとなく舌の先もしびれる感じが少し
                              する。食欲旺盛なことが救い?
            8月19日〜9月1日まで・・・・・お休み。(口内炎が口の奥に1〜2個できています。そのせいか?味はわかりずらいです。体重は41kg台)
            8月31日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA 5.9,CA19―9が38.4(正常値を少しオーバー。前後することはあるので、また来月の結果
                               で様子を見ましょうとのことでした。)
            9月2日〜9月29日まで・・・・・7クール目に突入!最近、けっこう食事の量が健康な人とあまり変わらず食べられるようになってきました。
            10月4日・・・・・・・・・・・・・・・・・現在抗癌剤お休み期間ですが、口内炎ができたり舌の違和感で味覚がわかりづらかったりとちょっと副作
                                用に悩むまるこです。体重現在40kg台。夕食の量がやや減っています。でも、味がわからづとも栄養を摂
                                るよう心がけています。
            10月14日〜11月10日まで・・・8クール目
            10月19日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA 5.1(前回よりも下がりました^−^。),CA19−9 は57.6とこちらは上がりました。
                                また、GOTとGPT(肝臓)の数値が高かったのが少し心配でしたが、ちょうど検査したあたり軽いかぜぎみ
                               だったので、そういうことも関係するらしいので、こちらも経過観察となりました。
            11月18日・・・・・・・・・・・・・・・・抗がん剤お休み期間1週間目。徐々に舌のしびれも減り、食欲がもどってくる。今日は、なんとピザ6切れ
                               10時のおやつには、トーストと卵も食べた(いわゆるモーニング)しかし、めずらしく便秘になる。(3日間)
            11月25日〜12月22日まで・・・9クール目(今日現在11/28ですが、食欲旺盛。味はちょっとわかりづらくとも、けっこう食べてます^^;)
            11月30日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA 6.9,CA19−9 は60.4(前回より微妙に上がりました。)GOTとGPTの値は正常値に!
            12月14日・・・・・・・・・・・・・・・・超音波検査で卵巣、子宮への転移なし。CT検査の結果、異常なし。大動脈、肝臓もきれいとのこと。
                                ほっとした。しかし、医師より「タキソール」の投与の話。CEA19-9の数値が少し高いことから、提案される。
                                が、来年の1/11の血液検査の結果を見てから判断したいと申し出る。
            12月28日・・・・・・・・・・・・・・・・K病院で、セカンドオピニオンを聞く。がんの状態や今後の転移の可能性について詳しく教えていただく。
                                肺への転移の可能性が高いことから、定期的にレントゲンを撮るとよいことを勧められる。また、がんがおと
                                なしいうちに、次の抗がん剤を加えると効果が高いので、タキソールの投与を勧められた。しかし、最終的
                                には、患者である自分自身が決断することを言われた。こういわれると、悩むんですよね・・・。
                   
       H.19年1月6日〜2月2日・・・・・・・・・・10クール目(9クール目終了後、食欲もあまり落ちず体重も維持。1月5日現在42kg。少し増えました。)
            1月11日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA7.7,CA19-9は61.4(前回よりもさらに微妙に上昇)
                                数値が上昇していることから、やはりりタキソールの投与がよいとのこと。1,2回目は入院して副作用を
                                見ながら行う。3回目からは通院で。しかし、3週行い1週休むというサークルでは仕事をしながら不可能
                                に近い。そこで、土曜日の点滴はどうかと尋ねたところ。国公立の病院は土曜日の診察をやっていない
                                とのこと。そこで、先日セカンドオピニオンを受けた病院が土曜の診察を行っているということで、主治医
                                の方から問い合わせてくれるようお願いをする。明日、結果がわかる。
            1月15日・・・・・・・・・・・・・・・・・・国立がんセンターでサードオピニオンを聞く。やはり、タキソールの治療を勧められる。
            1月16日・・・・・・・・・・・・・・・・・・k病院での治療中心となる。今後の治療計画の決定。タキソール単独治療。1か月に3回の点滴治療。
                                仕事をしながらでも、治療が可能ということがわかる。

     
        H.19年
            1月23日から・・・・・・・・・・・・・・タキソール治療開始。アレルギー症状を抑える点滴(15分)→吐き気止めの点滴(30分)→タキソール
                                (1時間)です。点滴前には毎回血液検査を行います。白血球値3600。数値的に異常がなければ点滴
                                治療になります。1回目の治療でしたが、気持ち悪くなるなどの症状も出ず、無事終わることができました
                                治療費は1万7880円でした。CEAは4.0、CA19-9は61.6
                                 タキソールの主な副作用・・・吐き気、嘔吐、脱毛白血球減少口内炎便秘や下痢、感染症
                                                     関節や筋肉の痛み手足のしびれ
(下線がこれまで出た副作用です。)

            1月30日・・・・・・・・・・・・・・・・・タキソール2回目。13時から点滴開始。15時終了。その間、軽く昼食をとる。白血球値2900やや低い。
                                特に副作用なし。ただし白血球値が低く、抵抗力がおちているので、発熱しやすいとのこと。手洗い・うがい
                                をしっかり行うようにと言われる。本日の治療費17090円。薬代980円(解熱薬と抗生剤)
            2月3日・・・・・・・・・・・・・・・・・・2回目投与後、4日後あたりから口内炎ができる。食事を摂るとき、噛むと舌にあたって痛い。食欲旺盛な所
                               が幸いし、痛くても我慢して食事はちゃんと摂る。
            2月5日・・・・・・・・・・・・・・・・・・帰宅後、かつらをとって髪をとくと、細かい毛がけっこう抜けた。ついにきたか?と思う。一応薄いなりにも、自
                               毛はまだ生き残り中(笑)。
            2月10日・・・・・・・・・・・・・・・・・3回目投与。白血球値が2400とぎりぎりだっだので、点滴の量を減らす。
            2月24日・・・・・・・・・・・・・・・・・2クール目開始。白血球値4600。標準量点滴投入。日記にも書きましたが、8割位の方が点滴をされると
                               食欲がおちるそうです。私はありがたいことに、食欲もありおいしく食事がいただけています。体重44、5kg
                               CEAは4.0、CA19-9は44.9
            3月3日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2回目投与。白血球値3800。腫瘍マーカーの数値が今日わかりました。心配していたCA19-9の数値が
                               下がっていました。まだ2クール目が始まったばかりなので、抗がん剤の効果かどうかはわからないそうで
                               すが、上がっていないということはいい傾向だといわれ、安心しました。先生に頭痛のことを伝えると、副作用
                               ではないみたいでした。でも、念のために来週MRIの予約をとりました。何もなければ安心ですものね!早
                               め、早めの対応をこれからもしていきたいと思います。
            3月10日・・・・・・・・・・・・・・・・・3回目投与。白血球値3100。MRIの結果異常なし。
            3月22日・・・・・・・・・・・・・・・・・婦人科受診。卵巣、子宮異常なし。
            3月31日・・・・・・・・・・・・・・・・・3クール目開始。白血球値4400。玉川の効果はいかに??CEA5.5、CA19-9は45.1
            4月 7日・・・・・・・・・・・・・・・・・白血球値5000。3クール目開始後、手先の軽いしびれがありました。これも副作用のひとつです。
            4月14日・・・・・・・・・・・・・・・・・白血球値2600。点滴ができるぎりぎりの値でしたが、標準量投与。ただし、手洗い・マスク着用をしっかり
                               行うようにとのこと。
            5月1日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4クール目開始。CEA4.5,CA19−9は41.7
            5月8日・・・・・・・・・・・・・・・・・・CT検査実施。
            5月12日・・・・・・・・・・・・・・・・・CT検査の結果特に異常なしであったが、肺に小さな影があるとのこと。1月に撮った写真と見比べて今回
                               初めてできたのかを今度確認することになった。
            6月16日・・・・・・・・・・・・・・・・・先日のCTですが、1月に撮影したものは腹部中心で、肺の状態はしっかり確認できませんでした。しばらく
                               経過観察に。来月、CT検査の予定です・
                                5クルー目の前に腫瘍マーカー値が判明。CEA3.3、CA19−9は50.2。CEAは、術後一番値が減り
                               ましたが、CEA19-9が少し上昇しているのが気になるとのことです。こちらも経過観察になりました。
            7月7日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CT検査の結果、前回と変わらず。経過観察です。腹部は異常なし。
                               CEA2,8(退院後、一番低い数値!),CA19-9は、43,8
                               まずまずいい感じです。薬が効いてる証拠ですネ!
            7月26日・・・・・・・・・・・・・・・・・婦人科の検診。超音波では、卵巣、子宮異常なし。細胞をとり(めちゃめちゃ痛い!)、がん細胞がないかを
                               調べる。血液も採取。(結果は1週間後にわかります。)
            8月2日・・・・・・・・・・・・・・・・・・がん細胞なし。CA125は5.8(28.0 U.ml以下正常値)
            8月8日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.2CA19-9は41.5でした。
             9月12日・・・・・・・・・・・・・・・・CT検査実施。肺にある影の大きさ的に変化なし。細かい影はたくさん。それ以外のところは異常なし。
            9月18日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.8,CA19−9は39.5でした。
            10月20日・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.7,CA19−9は33.3でした。
            11月1日・・・・・・・・・・・・・・・・・婦人科の検診。超音波で、卵巣・子宮異常なしでした。^−^
            12月1日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.7,CA19−9は40.4でした。
            12月18日・・・・・・・・・・・・・・・CT検査実施。異常なし。
      
                         平成20年(術後3年目がスタート!)       
             1月19日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.5,CA19−9は40でした。
             2月16日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.0,CA19−9は37、CA125は6.4(基準値0−35)
             2月23日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.5,CA19−9は40、CA125は5.4
           
 3月15日・・・・・・・・・・・・・・CTの結果、異常なし。肺の影は変化なし。大動脈周り、画像上は何もなし。
             3月22日・・・・・・・・・・・・・・・・
CEA2.9,CA19−9は43.4
            
4月26日・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.9,CA19−9は29.5 
            
5月31日・・・・・・・・・・・・・CEA1.5,CA19−9は29.0
            
7月5日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.7,CA19-9は、31.1
              
8月9日・・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.5、CA19-9は29.6 

             
8月30日・・・・・・・・・・・・・・・抗がん剤(タキソール)終了し、PET検査を受ける。(9/27)

             
10月7日・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.3,CA19-9は、34.1   

                                
PET検査 ・・・・・異常なし
                             
   CTC検査(血液中のミクロのがん細胞を調べる検査)・・・異常なし  
            

                  画像上、血液検査において、がん細胞が消滅したと判断され、
                  1年と7ヶ月 タキソールによる治療を終え、抗がん剤治療を中止する。

             抗がん剤治療のあとは、定期的に検査を続けることにしました。月1回の血液検査、3ヶ月に1回CT検査。あと婦人科の検査は半年1回。
            12月16日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.7、CA19−9は47.8(37以下が基準値なので、少し高めです)、CA125は6.6
            12月17日・・・・・・・・・・・・・・・・子宮頸部・体部ともに陰性で異常なし。
       H.21年 1月16日・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.6 ,CA19-9は44.6   
             2月14日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.7 ,CA19-9は51.9
             
                 
CA19-9が上昇したこと、ALP値が380以上などのことから、タキソールを3月から再開する
                 画像上には問題がないが、小さいがん細胞が体内に残っている可能性が高いということで判断する。
                 再開にあたり、千葉ポートメディカル
クリニックの院長にもセカンド・オピニオンを聞く。抗がん剤をやめるきっかけをくださった先生である。)       

             3月4日・・・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.6 ,CA19-9は43.6
            
4月4日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA1.5 ,CA19-9は39.6
             5月13日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.7 ,CA19-9は25.2
             6月13日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.1,CA19-9は28.5
             7月18日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.6,CA19-9は31
             8月13日・・・・・・・・・・・・・・・・CEA3.1,CA19-9は29.8
             9月26日・・・・・・・・・・・・・・・CEA2.3,CA9−9は30.6