「究極の迷路」とは

本アプレットは,コンピュータが自動生成した迷路を楽しむことが できます.
迷路は,コンピュータがランダムに生成しますので, いくらでも新しい迷路にトライすることができます.
迷路のサイズ,道の曲がり具合を設定したり,制限時間を指定することもできます.
更に,敵キャラや,アイテムの個数を設定することもできます.
今後,本作品にどんどん新しい機能を追加していこうと思っています.


ゲームの進め方


設定画面の「迷路の設定」について

迷路の横のサイズ(何マス分あるか) を設定します.20〜99までの値を設定できます.デフォルトは25です.
高さ迷路の縦のサイズ(何マス分あるか) を設定します.20〜99までの値を設定できます.デフォルトは25です.
迷路の道がどれだけまっすぐか, どれだけ曲がっているかを設定します.
0〜99までの値を設定でき, 0に近いほど迷路の道は曲がり易く,99に近いほど迷路の道は
まっすぐになる傾向があります.デフォルトは50です.
制限時間 ゲームの制限時間を設定します. 60秒〜990秒までの値を,10秒間隔で設定できます.
また,制限時間なしに設定することもできます. デフォルトでは,制限時間なしが設定されています.
制限時間なしの時に▲をクリックすると,制限時間は60秒に,
制限時間が60秒の時に▼をクリックすると,制限時間なしに設定されます.
スタートX スタートのX座標を設定します.1〜「幅」,「?」,-1〜-「幅」 のいずれかを設定できます.
「幅」のところには,幅で設定した値 が入ります.
スタートXを k に設定した場合,スタートの位置は左から数えて k 番目になり,
-k に設定した場合,スタートの位置は右から数えて k 番目になります.
また,? に設定した場合は,スタートのX座標はランダムに設定されます.
スタートY スタートのY座標を設定します.1〜「高さ」,「?」,-1〜-「高さ」 のいずれかを設定できます.
「高さ」のところには,高さで設定した値 が入ります.
スタートYを k に設定した場合,スタートの位置は上から数えて k 番目になり,
-k に設定した場合,スタートの位置は下から数えて k 番目になります.
また,? に設定した場合は,スタートのY座標はランダムに設定されます.
ゴールX ゴールのX座標を設定します.表示の意味は,スタートXと同じです.
ゴールY ゴールのY座標を設定します.表示の意味は,スタートYと同じです.
床の種類 床の模様の種類を設定します.1〜4までの数値,または?を設定することができます.
壁の種類 壁の模様の種類を設定します.1〜6までの数値,または?を設定することができます.


敵キャラの紹介

敵の名前画像説明
黒スライム 体当たりで攻撃をしてきます.体当たりを受けると,主人公の体力(HP)が6減り, 少しの間,画面が赤く点滅します.
赤スライム 火の玉を吐いて攻撃をしてきます.火の玉に当たると,8ダメージを受けます.


アイテムの紹介

アイテムの名前画像説明
ポーション 主人公の体力(HP)を25回復します.体力が回復すると,少しの間, 画面が緑に点滅します.
アーマー 敵から攻撃を受けた時,ダメージの一部を吸収します. ただし,攻撃を受けるにつれ,アーマーも次第に壊されていきます. そうしたら,また新しいアーマーを見つけなければなりません.


ゲーム中のキー操作

アプレットがキー操作に反応しない場合は,一度アプレットをマウスクリックし, 再度キー操作をお試しください.

キー操作動作
主人公を右に移動させます.
主人公を左に移動させます.
主人公を上に移動させます.
主人公を下に移動させます.
A主人公が敵を攻撃する状態になります. ただし,このキーを押している間に敵から攻撃を受けると,通常の 2倍のダメージを受けるので,必要のない時にはこのキーを押さないようにします.
Escゲームを一時中断します.また, 中断している時に再び押すと,ゲームを再開します.
Back spaceゲームを中断している時や, 時間切れなどでゲームオーバーになった時に押すと, 同じゲームを初めからやり直すことができます.
Enterゲームを中断している時や, 時間切れなどでゲームオーバーになった時に押すと, タイトルへ戻ります.


トップページへ



Copyright © 2004-2013 Michitaka. All rights reserved.