正多面体




説明
このアプレットは、5種類の正多面体(正四面体、正六面体、 正八面体、正十二面体、正二十面体)およびその他の立体を表示し、マウスを使って 自由に回転させることができるものです。画面に表示された立体をドラッグしてみてください。

設定項目について
・・多面体(立方体)▼ 表示する多面体の種類を選択します。
視点 立体をどれだけ遠くから見るかを指定します。このスクロールバーを 右に動かすほど、立体を遠くから見ることになります。
陰影付けをする それぞれの面の向きに応じて明暗をつけます。デフォルトではオンに設定されています。
辺を描く 多面体の辺を描くかどうかを指定します。デフォルトではオンに設定されています。 この設定をオフにすると同時に「フレーム」の設定をオンにすることはできません。
フレーム 多面体を辺のみにより描画します。デフォルトではオフに設定されています。 この設定をオンにすると同時に「辺を描く」の設定をオフにすることはできません。
穴を開ける このチェックボックスをオンにすると、立体の各面に穴が空きます。 また、同時に穴の大きさを調節するスクロールバーが現れます。
面の色 面の色を多角形の種類ごとに設定できます。3つのスクロールバーは色の赤、緑、青 の成分を設定するものです。また、2種類以上の多角形の面を持つ多面体(準正多面体) を表示しているときには、まず上のコンボボックスから色を設定したい多角形を選びます。



トップページへ