麺匠 むさし坊 東川口店 (06年ご飯メニュー)

川口市戸塚2-24-4 JR武蔵野線東川口駅徒歩2分 地図
048-298-8634 11:30〜1:00 第三火曜日休 駐車場3台

武蔵浦和店蕨店に続く、むさし坊の3店目のお店、4店鋪目が仙台市にオープン。
店内は明るく、外の光が射し込みます。
カウンターには玉砂利やコケ玉が並び和風の雰囲気、席はカウンターのみの11席。

夜になるとお店の小窓から駐車場に向けて、プロジェクターから映画が写し出され、行列のお客を飽きさせない工夫もあります。

通常メニュー04年ご飯メニュー05年ご飯メニュー07年ご飯メニューはこちらへ。


2006年一月のご飯は、「巣籠もりピリカラそぼろ丼」
ピリカラに味付けした鶏そぼろの上には、うずらの卵とチェダーチーズがのっていて、辛味の中にほのかな甘味を感じられるご飯です。


二月のご飯は、「イタメシないか飯」
うるち米、もち米、北イタリア産のポレンタ(とうもろこしの粉)をいか飯に。
モッツアレラチーズ、フレッシュトマト、ルッコラを添えてエキストラバージンオイルをかけてあり、イカ墨ソースがちりばめられています。
イタリアンのような日本食のような不思議なご飯。


三月のご飯は、「鶏プル飯」
鶏白湯スープに白きくらげ、鶏モモ肉の入ったプルプルの煮こごりに酸味のきいたタレをかけ、ご飯の上にのせてあります。
ご飯の熱で溶けた煮こごりの旨味が染み渡っていきます。
葉わさびの塩漬け、無添加柚子こしょうがアクセントをつけています。


四月のご飯は「小女子の釘煮飯」
福島県相馬漁港直送の小女子を水揚げ当日に直送し、甘醤油で釘煮にしてあります。
生のりも相馬名産で風味豊か。


五月のご飯は、「チーチャー(茶)飯」
ご飯に手摘みの新茶生茶葉を混ぜ混み俵型にし、その上にチャーシューがのっています。
添えられているのはクリスピーチーズ、こちらの中にも茶葉が入っています。
赤柚子胡椒とボウフウも一緒に。


六月のご飯は、「田子ライス」
名前の由来は、沖縄名物タコライス(タコスの具をご飯にのせたもの)に、国産ニンニクの有名な産地、青森田子町産にんにくをカリカリに揚げてのせてあります。
ついているメキシカンサルサソースをかけて食べます。
一緒に出てくる珍しいスモークタイプタバスコをかけると、よりスパイシーになり美味しくなります。

 
七月のご飯は、山形の「だし」
だしとは、夏野菜を細かく刻み、山形名物「なっと昆布」を加えてとろ身をつけたもの。
あっさり醤油味で爽やかな旨味が食欲を駆り立てます。
ご飯は五穀米。


八月のご飯は、「麻辣豆腐飯」
豆腐と葉にんにく(にんにくを育てる過程で伸びてくる葉)を使い、二年熟成豆板醤と花胡椒で味付けをしてあります。
ピリリとした辛さが刺激的、坦々麺との組み合わせで汗びっしょり.


夏限定メニューの「氷宇治金時」
まず氷は柔らかくふんわりした不思議な食感の氷。
攻撃的な冷たさではなく柔らかい冷たさで頭が痛くなることもありません。
金時は生の小豆から手作り。
抹茶シロップは幻と言われ大手亡で白あんを作り宇治抹茶とあわせています。


2回目のかき氷は「いちごミルク」
ダビンチオールナチュラルフレーバーシロップを使ったシロップは、色は鮮やかではありませんが、苺の天然の色で添加物は入っていません。
カスタードソースを牛乳から手作りしたミルクは甘過ぎずまろやか。


3回目のかき氷は「氷うめ」
山に自生している梅とオーガニックシュガーのみ使用。
ほどよい甘味とすっきりした酸味がいいです。


九月のご飯は、「さつまさんま飯」
サツマイモを秋刀魚節からとったダシで炊き込み、焼き秋刀魚をのせた川越の郷土料理。
秋刀魚のいい味とサツマイモの甘味がマッチしています。


十月のご飯は、「真烏賊で作った自家製いかの塩辛飯」
岩手県山田湾三陸産の真烏賊を直送してもらい、天日塩で漬けた塩辛は少し塩っぱめですが、それが更に食欲をそそります。
大根おろし、シソ、柚子の皮がさっぱりさせてくれます。


十月十日だけの限定のご飯、「自家製いくらご飯」
昨日までの限定ラーメンで使っていたいくらを使用。
鮭のお腹の中で粒になった腹子は、プチプチした食感で美味しい。
海苔とシソ、バターが意外と合います。


十一月のご飯は、「エスニ丼」
秋刀魚のつみれの上にトムヤムクン風のタレがのります。
レモングラス、バイマックルー、ブリッキーヌ、ガランガルー、海老の風味を凝縮したカピ、辛味の効いたナンブリックパオをもちいたエスニック風。
香菜(パクチー)の風味がいい。
香草風味の餡は完全なエスニック風味、それでいて秋刀魚のつみれは完全な和風テイストを出しています。


十二月のご飯は、「モンブラン」
去年も登場したモンブランの進化系。
ご飯は赤米、黒米、緑米、緑香米、紅黐米の五穀米、その中に栗を炊き込んでいます。
上にはパルミジャーノチーズがかかり、ブルーチーズと栗の蜂蜜、イカスミのソースがつきます。
見た目も美味しさも一風変わったご飯です。