埼玉・栃木コラボイベント

今年のSAI・ROCKは栃木の雷麺'Zとの共同企画。
2008年12月23日に、新座市の麺家うえだで開催しました。

今回の参加店。

SAI・ROCK(埼玉)
とんこつ津気屋(さいたま市大宮区)、麺家うえだ(新座市)、こだわりラーメン津気屋(さいたま市桜区)、麺匠喜楽々(川口市)、近喜屋(川越市)、和風らーめん凪(富士見市)、麺や双六(戸田市)、羅麺家匠(さいたま市浦和区)。

雷麺'Z(栃木)
中華そば一楽(小山市)、麺堂稲葉(茨城県古河市)、ラーメン駿河(栃木市)、柳麺まる重(宇都宮市)、ラーメン専門店E・Y竹末(さくら市)、麺屋穂華(下野市)、ラーメン虹ノ麺(小山市)。


当日は朝早く寒い時間から、大勢の方が行列をしてくれ開店を待ってくれ100人以上の行列に。


店頭には幹書房さんの販売コーナーを設置。


SAI・ROCKはお揃いのTシャツを作って着用。


厨房は両チーム入り乱れて準備に大あらわ。


埼玉のSAI・ROCKは「冬塩ラーメン」
スープは埼玉産の牛と鴨を使用、鴨はガラやモミジを使用し牛は牛骨に筋、スネ肉からダシをとります。
鴨から出てくる独特の野趣あふれる薫りと旨味が独特のスープになっています。
麺には貴重な鴨の有精卵を練り込んだ太麺。
130gと少なめにしてるのを感じさせないしっかりとした麺。
具には牛タタキ、鴨と軟骨と蓮根のつみれ、揚げゴボウ、ミツバ。


栃木の雷麺'Zは「深海ラーメン」
透明な鶏スープが上に、白濁した鶏白湯スープが下にの二層スープ。
一番下からは魚介の旨味が立ち上がってきます。
最初は清湯スープから徐々に鶏白湯スープが混ざり濃厚に変わっていき魚介が加わり完成系になります。
麺は栃木産小麦ブレンドの中細麺。
各店主の工夫が引き出した麺。
具には軟らかいチャーシューと桜海老、栃木名産の白美人葱、丼の底からは鶏チャーシューとメンマが沈んでいます。
繊細て旨味たっぷりの塩ラーメンでした。