吟遊詩人ウィル

ネフロン大陸をさすらう美麗の吟遊詩人ウィル。
あらゆる魔法を使いこなし、伝説の《光の短剣》を持つ男。
この美しき魔人の行く手には何があるのか?
スーパー伝奇ファンタジー小説!


【短編・中編作品】

吟遊詩人ウィル・狼の祭壇

 辺境の村を訪れた美麗なる吟遊詩人ウィル。彼は村の少女リィーナを救った腕を見込まれて、狼退治を依頼される。だが、それはただの狼ではなく、十数年間、復活の時を待っていた怪物だった!
 「吟遊詩人ウィル」シリーズの記念すべき第一作目!
 (四百字詰め原稿用紙62枚程度)

吟遊詩人ウィル・呪縛人形

 極寒の辺境の地ドールは、毎日、人々が同じ生活を繰り返すという奇妙な町だった。だが、美しき吟遊詩人ウィルが訪れたとき、町は本来の姿を取り戻す。果たして、町が抱える秘密とは何か? そして、町の有力者、人形屋敷の主とは? ウィルの《光の短剣》が町の呪縛を解き放つ!
 あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙205枚程度)


吟遊詩人ウィル・許されざるもの

 村の少女ルンが助けた男は、重要機密を持ち出して隣国に亡命しようという犯罪者だったのか。冷酷な将軍ヘルムカと、その愛犬ヘルハウンドによる厳しい追及。その危機に現れた美麗の吟遊詩人ウィルが悪に裁きを下す!
 番外編競作企画「禁じられた言葉」より転載した、長編「神々の遺産」のミニ後日談。あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙76枚程度)


吟遊詩人ウィル・聖拳の継承者

 美しき吟遊詩人ウィルが訪れた山岳の村は、ハーピィの襲撃に見舞われていた。その村に残されているマスターモンクの伝説。聖拳が甦るとき、悲劇は再び繰り返される……。
 デンパンブックスより加筆・訂正し、転載。初版あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙158枚程度)


吟遊詩人ウィル・黒の館

 領主の姉だという妖艶な美女に館へ招待された吟遊詩人のウィル。だが、勧められた葡萄酒の中には睡眠薬が混ぜられていた。ウィルは甘美なる罠へと墜ちてしまうのか。病弱な若き領主と禁断の魔法実験が謎を呼ぶ。
 突発性競作企画第17弾「vs.Glim」参加作品。あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙58枚程度)


吟遊詩人ウィル・叛乱の挽歌 

 突如として侵攻してきた隣国ダクダバッド共和国によって滅ぼされたガリ公国。だが、奪われた故国を取り戻そうと、戦い続ける者たちがいた。策士“男爵”の冴えわたる機略が解放軍に勝利をもたらすか!? 吟遊詩人ウィルは、気高き男たちの魂を謳う!
 デンパンブックスより加筆・訂正し、転載。あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙307枚程度)


吟遊詩人ウィル・闇の哀歌<エレジー>

 誰であろうとも夜に出歩いてはならない……。廃城に棲むという怪物が何人もの男たちを餌食にしてゆく。新たなる犠牲者は、その地を訪れた若き新領主。吟遊詩人のウィルは、単身、捜索を開始するが……。過去にまつわる悲しい出来事が、狂気と怨讐を呼び覚ます!
 小説SNS-dNoVeLs-より加筆・訂正し、転載。あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙150枚程度)


吟遊詩人ウィル・夢幻の狂死曲<ラプソディ> 

 旅の途中、二人の山賊から襲撃を受けたウィル。しかし、そこへ忽然と現れた一人の少女と魔犬ケルベロスによって、山賊たちは惨殺されてしまう。ウィルは今際の際に聞いた名前を頼りに、とある村を訪ねる。そこには決して目覚めることのない少女ラナがおり、同時に怪異が村を押し包んでいた。夢と現の狭間をさまよい、美しき吟遊詩人が見たものとは!?
 あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙186枚程度)



【長編作品】

吟遊詩人ウィル・神々の遺産

 領主の座を巡って、父バルバロッサと長男ゴルバが死闘を繰り広げる。ショックで自我を失った幼い後継者デイビッド。故郷セルモアに戻ってきた異形兄弟カシオス、ソロ。そして、街に語り継がれてきた天空人たちの遺跡と過去の惨劇……。やがて戦いは、予想外の介入者を巻き込んでいく。「吟遊詩人ウィル」シリーズ初の長編作品!
 序章+36章+終章。あとがき有り。
   (四百字詰め原稿用紙1226枚程度)


吟遊詩人ウィル・暗黒街の歌姫

 ウィルはある少女の頼みから、悪名高き無法都市ベギラを訪れる。時を同じくして、盗賊ギルドを敵に回した青年剣士ラークと、酒場の歌姫である美女ロベリアが運命的な出会いを果たす。奪われたマジック・アイテム《恭順の耳》を巡って、戦いの火蓋は切って落とされた!
 あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙378枚程度)


吟遊詩人ウィル・冒された森

 エルフたちの聖地《神秘の森》に七名のダーク・エルフが侵入した。異形の力を操る卑劣なテロリストの出現によって、平和だったはずの森は大混乱に陥る。次々と繰り広げられる人外魔境の戦い! そこへ、とある使命をおびて黒衣の吟遊詩人ウィルが現れる。
 新章「エスクード篇」第一部、いよいよ開幕! あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙748枚程度)


吟遊詩人ウィル・死者の復活祭

 過去に邪神教団を壊滅させた僧侶たちが、次々と惨殺されていく。影から影へ渡る死の使い。すべては邪神復活への生贄なのか? 六芒星の封印が、今、解かれようとする! 果たして、右手が利かないウィルに勝機はあるのか!?
 デンパンブックスより加筆・訂正し、転載。初版あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙453枚程度)


吟遊詩人ウィル・仮面の魔女

 新しく発掘された小さな古代遺跡に、一攫千金を目論むならず者どもが集う。その中に素顔を仮面に隠した謎の魔女ヴァルキリーがいた。罠に満ちた死の迷宮の先に待つものとは一体何か!? 吟遊詩人のウィルは盗賊のザカリヤ一味と対決する!
 あとがき有り。
 (四百字詰め原稿用紙451枚程度)



 …………以下続刊。


お願い
ネット小説の人気投票です。
投票していただけると励みになります。(月1回)
ネット小説ランキング>【登録した部門】>吟遊詩人ウィル


RED文庫]  [新・読書感想文